たかの こうき。 ミャンマー/ヤンゴン特派員ブログ

ミャンマー/ヤンゴン特派員ブログ

たかの こうき

この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2015年10月) の実父の転勤に伴い小学校から中学校時代までは転校を数回経験したが、野球に打ち込んだ。 ではエースとしてのに進む。 準決勝での、決勝ではのらに投げ勝ち優勝を飾る。 これによりのへの出場を決めるが、部員が不祥事を起こしたため辞退。 同年も出場停止処分によって参加できなかった。 その後、第1回でから4位指名を受けるが、元々大学進学希望だったため入団を拒否し、へ進学した。 この時の西鉄1位指名が同じ高校で同級生のであったため、4番で投手の自分が4位指名で、3番打者の浜村が1位指名であることに納得できなかった、とされているが江本はこれを否定している。 では在学中に3度の優勝を経験する。 1年生の春からベンチ入りし、春季リーグには同期のと投の二本柱を組み活躍、同季のリーグ優勝に貢献した。 しかし監督のの方針に合わず幾度となく反発、最終シーズンはベンチ入りからも外れ、半ば退部状態となった(後に松永とは和解する)。 リーグ通算14試合に登板し6勝1敗、防御率2. 35、39奪三振。 法大の1年先輩には「法政三羽ガラス」の、、、同期には東京六大学リーグ戦で史上最多の通算48勝を挙げた山中をはじめ、、らがいる。 社会人野球からプロ野球へ [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2015年10月) 大学卒業後は社会人野球・へ進み、のに出場。 1回戦でと対戦するも大敗を喫するが、江本は大会で唯一の登板となったこの試合を1回無失点で抑えた。 社会人時代は調子が良く、公式戦で完封勝ちを収めるなど成績も良かったことからドラフト会議での指名を期待していたが、では予想に反して指名されなかった。 その後、法政大学の前任監督でのスカウトを担当していたから入団を勧誘されたが、当時のロッテには、、、などのエース投手が多く在籍しており、先発投手陣に加わるのは難しいと判断して拒否した。 の春季キャンプ直前、のスカウトから、前年のドラフトで2位指名したが入団拒否したため、「ウチ来る気はないか? 」と江本を勧誘、「行きます」と返答したが、周囲からは「プロは無理」「スカウトに騙されている」などと猛反対され、さらに母親からも「熊谷組のような立派な会社に入れて将来も安定しているのに…」と言われたが、父親は唯一賛成した。 結局、江本は契約金400万(税金で引かれて手取り330万)、年俸120万でサインし、東映フライヤーズへ入団した。 背番号は49。 キャンプ直前の入団だったこともあって、チームへ合流後に登板したフリー打撃では 、、に一球もストライクが入らず 、あまりの酷さに投手コーチのは激怒し、大杉や白からは「バカ野郎! アホか」「ストライク入らんヤツがプロの投手か」と貶され、終いには江本の元へバットとボールが飛んできたという。 江本は「次の打者にストライクが入らなければ辞める」と言う覚悟で、足が震えたままへ投球し、案の定ストライクが入らなかったが、張本は外れたボールを片手で打ち、その後も江本が投げるボールを一言の文句も言わず当て、そのうちに江本はストライクが入るよう修正できたという。 これで自信を付けた江本は紅白戦でも調子を上げ、3月からのオープン戦で一軍、公式戦も開幕一軍スタートを勝ちとり、「この年(1971年)に入団した中では100人いたら(自分は)100番目の選手だ。 ドラフト外として最後の最後にプロ入りしたルーキーが開幕一軍に食い込むことが出来たのも、あのフリー打撃があったから。 これは全て張本さんのおかげ。 間違いなく大恩人の一人だ」と回想している。 プロ初登板は4月11日の対戦()だったが、連続四球と安打を浴び、2失点で終わった。 この年は26試合で未勝利(4敗)に終わる が、成長株として好評価を受け、翌年の先発ローテーションの一角として秋季キャンプでは「江本を先発入りさせるためのようなもの」とされた猛練習をこなした。 しかし、同年オフにとの交換トレードで、と共にへの移籍が決まり、入団後僅か一年で所属チームが変わることとなった。 これについて江本は著書で、「いずれにしてもこのトレードはの戦略、商売上手を示す伝説として語られるようになった。 世間では江本は野村監督に発掘されて育てられたという伝説が流布しているが、これは違うと断言させて頂く」「少なくとも投げられる『ピッチャー・江本』に育ててくれたのは東映であり、(投手コーチの)土橋さんだ。 一年目、東映で徹底的に鍛えられた。 そこでのように蓄えられたパワーが2年目に噴き出すのは自然な流れ。 勝てるピッチャー・江本にしたのが野村さんだった。 ただし野村さんがただ者では無いことは事実だ」と記している。 南海時代 [ ] 南海へ入団した初日、グラウンドへリンカーンを乗りつけて降りたは、「お前ら、オレみたいに良い車乗りたかったらしっかり練習して頑張れや」と憎たらしい顔で言ったという。 また、煙草を吸った野村から「お前なぁ、敗戦処理でよう投げてきよったけど…お前のボール、オレが受けたらお前は二桁勝つぞ」と言われ、背番号16を渡された。 江本は、「東映よりは全然良かった。 東映は恐ろしかった。 南海はとか同級生がいっぱいいたし、全然違和感なかった 」「東映では49番でしたから、(16を渡されて)電気が走りました。 人間って一言で変わるんですよ 」と語っている。 野村の一言で発奮した江本は、から先発ローテーションに加わり、背番号と同じ16勝を挙げと並ぶ南海のエース級投手へと成長した。 には開幕投手に抜擢され、12勝を挙げてチームの前期優勝に貢献、第5戦(対戦)においても9回二死・一打同点の場面で、代打本塁打世界記録保持者であるを迎えたところで、に代わって登板して三振を奪い、胴上げ投手となった。 日本シリーズ(対戦)においても第1戦の先発投手を野村から指名され、とに本塁打を浴びたが、3失点で完投勝利を挙げた。 しかし、第4戦では2回4失点(自責点は0)で敗れ、日本一は逃した。 にはにも出場、第2戦では先発投手を務めた。 野村の愛人である伊東芳枝(のちの)が本拠地・へ電話をかけて直接選手起用に口出しするなどの現場介入を繰り返し、試合にまで悪影響を及ぼすようになっていた。 1973年のリーグ優勝から、成績は低迷し、1974年は3位、は5位となった。 1975年オフには、とうとう我慢の限界に達した選手たちが芳枝の排除を要求する事態に発展し、11月に江本と西岡三四郎、の3人がチームを代表して、大阪市内のホテルで野村に「公私混同を止めて下さい」と直訴した。 しかし、江本らの必死の訴えは聞き入れられることはなく、かえって野村の不興を買い、12月に4対2のでに放出された(南海からは江本と、、。 阪神からは、)。 この時、江本と同様に首謀者と見なされた西岡もへとトレードされている。 このトレードの際に、江本を格下に見ていた江夏との間で激しい舌戦を繰り広げたが(江夏は江本に対して「俺はあんな奴と交換させられるのか。 」と発言しこれに対し江本も「言いたいことばかり言って。 」と応酬した)、後に和解し、3月に江夏が違反で逮捕された際には、江本も法廷で情状陳述を行い 、服役中も面会に訪れるなど、江夏をサポートする間柄となった。 阪神時代 [ ] 移籍後初の春季キャンプでは、甘いマスクで女性ファンの人気を集め、キャンプ地は常に多くの人だかりが出来ていた。 はシーズン130試合中、江本の他に、、で120試合近くに登板し、江本自身も8完投を含む15勝9敗 の好成績を収めた。 には先発ローテーションに加わりながら中継ぎも担当し、11勝13敗11セーブを記録した。 だが阪神移籍後、投球する際のサインが一つしか存在せず、さらに複雑なサインが存在しなかったこと、さらに監督のも例えチームが敗れても敗因を分析するのではなく、単に相手が頑張ったからとしか考えていないことに、江本と同時に移籍した島野は「それで勝っているんだから。 逆にいえばこのチーム本当に強いということや」と感心していた が、南海時代に野村仕込みの「シンキング・ベースボール」で鍛えられた江本は拍子抜けし、「戦術もクソも無い野球を続けていればチームの長期低迷は避けられない」と考えていた。 この江本の危機感や不安はやがて現実のものとなり、1977年は4位、監督がに交代した1978年は球団史上初の最下位に終わり、感覚のズレによる違和感は引退まで拭うことが出来なかった。 江本は、阪神タイガースが球団史上初の最下位に終わる屈辱を味わったことで、チーム再建案について盟友・古沢と大学の先輩であると共に話していた矢先、二人がへトレードされたことについて大きなショックを受け、球団に自らのトレードの申し入れを行ったほどである。 この年のオフに江本は球団初の選手会長を要請されたが、当初は拒否していた。 しかし、同時に球団社長に就任したは、阪神電鉄本社内でも労働組合を相手に手腕を発揮して就任した実力者で、その小津に対抗できる人物として、選手会の会合で要請されたことを受けて就任した。 小津は江本と初対面の際に、「タイガースの改革に一番必要なものは? 」と意見を求めた際、江本は「フロントにゴマすって長年コーチをやっているヤツがいる。 実力のみで評価できる監督を呼んで下さい」と返答した。 これに対し、小津は後日になって江本を再び呼び出し、次期監督をに決定したことを伝えた。 ブレイザーは南海ホークスでヘッドコーチを務めていた時期があるが、江本が理由を尋ねると「お前、言うとったやろ? 野球を知っている人物でゴマすったりしない人をって」と答え、江本も「グッド・チョイス。 確かに実力優先主義。 いつも『コンセントレイションしろ(集中しろ)』が口癖だった。 ブレイザーならチームも変わると確信めいたものがあった」とし、後年「それにしても選手会長の意見を取り入れて監督を決めるとは、今では考えられないだろう。 」と回想している。 は最下位を脱して4位となり、江本は名門再建の道筋が見えてきたと感じていた。 には後に阪神で主力選手となる大型ルーキー・が入団した。 しかし、岡田のポジションである二塁には名手・がおり、ブレイザーは「オカダはまだ新人。 一軍でずっと活躍出来ると確信を持てるまでオカダを安易には使わない」と宣言した。 これに岡田は「そんなの関係ないだろ」と言い、マスコミやファンもブレイザーの信念を受け入れず、挙句の果てにはブレイザーの自宅へ剃刀が入った手紙が届き、ブレイザーは退団した。 江本は著書の中で、「ブレイザー監督が無ければ阪神は改革できなかった。 (ブレイザーが退団したことで)ついに再建のチャンスは消えたな、とオレは失望感を覚えた」と記している。 さらに江本は、ブレイザーの後任となったの選手起用に不満を募らせ、先発登板したの対戦()の8回表途中に交代を命じられると、ベンチ裏で新聞記者などを前に「 ベンチがアホやから野球がでけへん」と発言()した。 この発言が監督批判というニュアンスで翌日のスポーツ紙を賑わせたことから、「チームやファンに迷惑をかけて申し訳ない」と謝罪したうえで、同年限りでの現役引退を表明した。 江本と中西はキャンプ中から対立していた険悪な仲だった。 阪神移籍後は、南海時代に野村が禁じていた口ひげをトレードマークのように生やしていた。 から大型トレードで移籍し、から正捕手を務めたと共に、絶えず黒い交際を噂されていた。 しかし実際には、阪神で選手会長を務めたこともあるほど、選手からの人望があった。 対巨人戦成績15勝14敗、対67打数9安打3被本塁打10打点、打率. 134。 タレント活動から政界へ [ ] に発売された著書『』が200万部を超えるとなった。 主演ではスナックのマスター役 、1982年からは・野球解説者、の野球評論家の傍ら、活動も行い、映画、ドラマ、バラエティ出演、歌手デビュー、週刊誌コラム、コメンテーターなど、1983年に上映されたでは監督から誘われが相手役という事で出演し 、からはとフジテレビ系ドキュメンタリー番組『』の司会(三代目)を務める。 その後政界入りし、7月のでより選出で出馬し、初当選する。 10月、党の副代表を辞任、離党して無所属になる。 その後、、に在籍。 で支持したがを務める入党も検討したが、らと12月26日、、1998年の1月23日、4月27日の結成に参加。 監督の支援も受けて7月のに、民主党より比例代表選出で再選。 8月12日成立のなど組織犯罪対策三法案では、反対の党議に従わず退席した。 江本は後に「民主党に合流してからは特に嫌だった。 もうとにかく、右から左までみんな意見が違って、あそこは国家観がないからね。 」と述べている。 1月から8月にかけて(第151回・152回国会)参議院委員長を務めた。 に民主党を離党し、に立候補。 自身最後の政治活動として表明し、選挙に臨んだが、当時知事であったに完敗。 その後も自身が代表の政治団体「エモヤンサポーターズクラブ」は現在も大阪府知事候補としての届出として存続している。 また、法大の同窓で1992年参院初当選同期のやら政治家や言論人などとも交流が続いている [ ]。 世界各国での活動 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2015年10月) 10月、のであるに加盟を予定していたカルガリー・フォースの特別顧問(スペシャルアドバイザー)に就任することを発表した。 同球団は日本人の三沢博明と樋口直人の出資によるもので、彼らの依頼を受けた形だった。 就任会見の席で度からのの設立構想を明かし、設立後はこちらもコミッショナーに就任することが予定されていた。 しかし、カルガリー・フォースは進展がなかったことから、三沢と樋口は同年12月にリーグから運営権を剥奪されて頓挫(地元の経営者が引き継ぎ、となる)。 それに連動する予定だった日本独立リーグも事実上頓挫した状態になっている [ ]。 その後、4月にアメリカ独立リーグののバイスコミッショナーに就任し、このシーズンのみ同リーグに参加したにも人脈面などで援助した。 ジャパン・サムライ・ベアーズがシーズン後に日本でクラブチームなどと試合を行った際には監督を務めた。 同年11月にはジャパン・サムライ・ベアーズは日本のクラブチームであるとして再発足することとなり、監督兼主催者となる。 この京都ファイアーバーズには上記の樋口直人も代表者として名を連ねている。 、率いるによるの株式所得問題が起こった際、「ニッポン放送をホリエモンが買収するようなことがあれば、同局の解説から撤退する」ことを示唆する発言が行われた。 7月24日にの総監督に就任。 この年11月に台湾・台中で行われたに出場したが、予選リーグ敗退に終わった。 2010年代の活動 [ ] 度から法政大学で非常勤講師を務める。 2010年5月、に公認の比例代表候補として立候補することを発表。 6月、のが土俵下の「維持員席」(いわゆる「砂かぶり」の席)を組長に手配していたとされる問題に関連して、9月の大相撲秋場所4日目に、砂かぶり席で江本が暴力団組長2人と言葉を交わしながら相撲観戦しているところをのカメラに捉えられていたことが報じられた。 これについて江本は「議員になった暁には、この問題をの委員会にかけて、の正常化を訴える」などと釈明した。 7月、参議院選挙落選。 選択的制度導入に反対していた [ ]。 2015年10月26日、来シーズンからので総監督(現場指揮をおこなう監督とは別)に就任することが決定した。 2017年秋の叙勲でを受章。 2018年1月29日に「叙勲受章祝賀会」が行われ、が祝辞を述べ、乾杯の音頭はが取り、司会はが務め 、、野村克也、、 、、、、、など球界、政界、芸能界から約650名が出席した。 2018年4月に71冊目の著書「野球バカは死なず」を上梓しから「私はこれを朝のの原作にすればいいのにと思った。 笑えるところもたくさんあるし、こんな波乱万丈な男な男の子の人生はなかなかないと」と言われた。 現役引退をめぐるエピソード [ ] 江本の阪神退団・現役引退のきっかけになったとされる「ベンチがアホやから野球がでけへん」という発言をめぐっては、以下のような周囲の証言があり、それらにともなって江本自身の発言にも変遷が見られる。 江本は1981年8月26日の甲子園球場でのヤクルト戦に先発で登板すると、7回表まで3安打1失点と好投。 しかし、阪神の3点リードで迎えた8回表、一死からに安打、に二塁打を打たれ一死二、三塁となり、続くに適時打を喫し2対4と2点差となる。 ここで投手コーチのがマウンドに向かうが、江本は続投。 を三振に打ち取るが続くに2点適時打を打たれ4-4の同点となる。 を三振に打ち取ってチェンジとなるが、マウンドから一塁側のベンチに向かう際グラブを投げ付け、球場の2階にあった選手用のロッカールームに向かった。 『』への入社3年目に阪神担当記者として上記の発言に接した田所龍一は、の運動部長に就任した2009年に、同紙の署名記事で一部始終を回顧。 降板直後の江本の発言を取りにベンチ裏へ向かったところ、通路からロッカールームへ向かって田所の視界から消えたところで江本が「アホやから」発言を大声で叫んだという。 その発言を田所から聞いたサンケイほか各紙のキャップ記者が江本へ囲み取材を行い発言の真意を質したところ、発言を「独り言」や「愚痴」ではなく「公式発言」として認めたことを明かした。 また、江本が阪神を退団した翌日に、田所が江本の自宅を訪れたところ「アホやのう、お前がまだ通路の入り口で立っとると思ったから、わざと聞こえるように言うたんや。 お前のせいで辞めたんやない。 気にするな」と慰められたことも紹介した。 当時『』で阪神戦中継の実況を担当していた()は、西澤が阪神戦の実況を離れた後の2014年に著した『阪神戦・実況32年。 』() で、江本発言に触れている。 西澤は当日、翌日の実況に向けて、発言の当日に取材を兼ねて甲子園球場の放送ブースでこの試合を観戦していた。 ところが、マウンドを降りた後の江本の様子にただならぬ気配を感じたことから、ロッカールームに向かう階段の踊り場で待機。 やがて、スポーツ紙の阪神担当記者と共に姿を現した江本に向けて、顔なじみのよしみで「エモ、お疲れさん」と声を掛けた。 西澤によれば、この直後に江本が「ベンチがアホやから、やってられませんわ」と言い放ったため、「若い記者のいる前でそんなことを言うな」とたしなめながらしばらく2人だけでやり取りを続けたという。 江本自身の発言を見ると、引退直後の1982年に刊行した『プロ野球を10倍楽しく見る方法』では、「ベンチがアホやから野球がでけへん」という発言を「ぼくの発言じゃない」と明確に否定していた。 その後も複数の著書において「そういうセリフは何も言っていない」 と否定したり、「人に言わせると……」という表現で間接的に否定 していた。 しかし、上記の田所と西澤の証言が出た後の2014年には、自ら行った発言であることを認め、その背景を以下のように述べている。 当時監督だったとは1979年キャンプでの練習中、打撃コーチの中西が狭いスペースで打撃練習を始めさせ、打球が別の練習をしている選手に当たるという事件があり、「私は選手会長だったから、中西さんに文句を言った。 それだけならまだよかったんですが、のらりくらりとした中西さんの態度に腹が立ち、熱くなってタバコまで投げつけてしまった。 以来、犬猿の仲でした。 そんな中西さんが翌年から監督になったものだからシーズン中、先発だリリーフだとめちゃくちゃな起用されてきた。 そんな伏線があった上で迎えたのが8月26日のヤクルト戦でした。 あの発言は、積もり積もった恨みに対するものだったんです。 議員をやったり、指導者をやったりして、自分も人に何かを伝える側に立った時、ふと中西さんの気持ちが分かるようになったんです。 人間は立場によって言いたくないことも言わなければならない。 私のように生意気な選手には、中西さんは厳しく接するしかなかった。 そうしなければ監督としての威厳が保てなくなり、チームは機能しなくなっていたでしょう。 」と述べている。 江本が降板後に阪神ベンチの方向へグラブを投げた瞬間をベンチ側から映したモノクロの報道用写真は、現在でも以上のエピソードをメディアで紹介する際に、「(江本が暴言を吐く)決定的瞬間が見られる唯一の証拠資料」として引用されている。 江本によれば、ベンチへ投げ付けるつもりだったグラブがベンチ前のフェンスに当たってグラウンドへ跳ね返ったため、改めて一塁側の内野スタンドにグラブを投げたという。 さらに、江本のグラブをスタンドで受け取った観客が(南海時代の江本・野村・江夏などが実名で登場する野球漫画「」の作者)にグラブを見せたことから、水島はグラブに江本の似顔絵を描画。 観客が後にそのグラブを『』()へ持ち込んだところ、スタジオゲストとして出演していた江本の目の前で、「60万円の価値がある」という鑑定結果が示された。 プレースタイル [ ] 通算24は記録。 1973年のシーズン10ボークも、2003年にのに抜かれるまで日本記録であった。 なお、この記録が生まれた原因として、からまでの2年間、パ・リーグの関西所属の審判が、一時静止違反を極端に厳しく判定したことが背景にあると指摘されている。 が現役時代に苦手としていた投手であり、通算対戦打率. 134と、50打席以上の対戦がある投手の中では1位。 被本塁打はわずかに3本。 これは満塁本塁打で、いつもと違う攻めを試した結果であったという(自著『おれ、紆球曲球』)。 球速は高校時代は150を超えていたと自称するが、プロ入り後すぐに速球派から技巧派へ転向、コントロール中心型のピッチャーであった(自著『プロ野球を20倍楽しむ方法』)。 しかし変化球を多数種類おぼえるタイプではなく、同じカーブ・フォークでも幾種類かのカーブ、フォークを使い分けるというピッチングをしていた。 変化球に関しては「エモ・ボール(魔球)はフォークのスッポ抜け」(前著)、「フォークボールは高校時代から得意にしていた」「エモ・ボールは一種の都市伝説のようなもので、実際には投げていない」(自著『プロ野球 勝てる監督・使える選手』)、「ストレートとカーブしか投げられなかった」(『引退そのドラマ』)といった具合に、微妙に発言の内容を変えている。 の連続試合安打を阻止した投手である(1979年)。 実は高橋は日本記録を更新した試合で負傷して長期離脱を余儀なくされており、復帰戦で対決した江本は「ボールに目が慣れていない」と判断、速球で押し通す配球で無安打に抑え込んだという(近藤唯之『運命を変えた一球』)。 また『FNS27時間テレビ2011』では偶然にも高橋の話題になり、高橋を敬遠との指示を受け4球も投げるのが面倒だから1球(死球)で済ませたことがあると語っていた(直後に冗談ですと言ったので真偽は不明)。 高橋の前に連続試合安打(32試合)の記録を持っていたを抑えたのも江本である(高橋慶彦談)。 投手としては打撃が良く、通算7本塁打を記録している。 本塁打を打った試合でロッテ監督のから野次られたことがあり、後に金田自身の実績を逆手に取って反論し金田をしどろもどろにさせたことがある。 もちろん金田はベンチで感情にまかせて江本を野次っただけのことで、金田自身は「一流投手は打者としても一流」と主張し、その主張通り投手としての本塁打日本記録保持者である。 人物 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2015年6月) 野村克也との関係 [ ] 南海ホークス在籍時代に野村から叩き込まれた「シンキング・ベースボール(考える野球)」が自分の野球観の基本であるとしており、自分を見出し一流投手へと育て上げてくれた野村の技術力・指導力に最大級の尊敬の念を示し、「野村さんがいなかったらいまの自分は完全に存在していない 」「やはり野村監督の野球理論はしっかりしていました。 試合3時間前にミーティングをやって、1番打者から順に『ストライクだったら次は? もしボールだったら? 』とやるんです。 マウンドに立てばデータを忘れることもあるけど、『これだけ準備してきたんだ』というピッチングに集中できる 」と述べている。 また、メディア等で野村の美談を披露したり、野村に批判を加えた際にも「僕や江夏さんくらいしか言えないから」等と言い過ぎていることを示唆するようなフォローを入れることも多く、イベントでの共演や対談など、現役引退後も師弟としてのつながりは継続している。 その一方で、自身が南海を追われた経緯もあって、監督としての野村を無条件に礼賛することはなく、野村が楽天の監督を退任した後の2011年には、自著で「ヤクルトのときは、たまたま若くて良い選手が入って来て、もともといた選手と歯車が合ったから優勝できた。 野村は練習嫌いで喧嘩っ早い江本にずいぶん手を焼かされたという。 とある試合で、野村のリード通りに投げて相手打線に打ち込まれた江本は激昂し、降板後にベンチから野村に激しく野次を飛ばし続けた。 江本の気性を知っているチームメイトは誰も声をかけなかったが、見かねたコーチが「おい、いいかげんやめとけよ」と、静かではあるがドスの効いた口調で叱ったため、荒れ狂っていた江本は「この人、やばいな…」という恐怖心でようやく我に返ったという。 野村は江本と、の三人を、「自分の南海監督時代の三悪人」と評しているが、この「三悪人」は、「頭のいいヤンチャ坊主選手」という意味であり、野村は必ずしも悪い意味で使っていない(監督時代には野村と、の三人が「南海の三悪人」と呼ばれていた)。 野村は自著で「この三悪人に監督として鍛えられたおかげで、他のチームで少々クセのある選手がいても全然平気になったよ。 なんてあの三人に比べたら、フーン、くらいのレベル」と述べている。 江本は、野村の死後は緊急放送された追悼番組に出演し 、多くの雑誌などで野村との思い出を語っている。 エピソード [ ] 1980年代は、巨人・阪神・西武のような人気球団や、大御所に関して否定的な意見を口にすることが多かった。 に対しても、公然と落合の態度や手腕を否定する発言を繰り返している。 「(落合が中日監督をしている8年間の間に)1回しか直接取材をしていない」と公言し、雑誌EX大衆2009年9月号などでとを理想の監督だと述べ、「巨人が巨大戦力なら中日も巨大戦力」「完全日本一を3度達成している原監督を評価しないマスコミはおかしい」などといった意見を述べている。 逆に選手時代は人気の高かった原よりも、日の目が当たらなかった落合を高く評価していた。 を批判することも多い。 江川はの後輩に当たるが、著書の中でもともと2部の学部に入学し、後に1部の学部に転籍したことを挙げて「法政大学のOBとは認めない」と記すなど度々批判している。 ただし1981年に成績第1位の江川ではなく第2位のがを受賞した事に対しては「おかしい」 等と、している。 趣味は鑑賞。 好きなは、親友でもあった。 知人を介して知り合い、大塚の生前に、で一緒にコンサートをしたこともある。 また、大塚のメモリアルイベントに、何回か出演している。 阪神時代同僚だった古沢憲司とは「妙に気が合っていた。 よきライバルだった。 球場を一歩出れば一心同体。 食事、クラブ、ゴルフ、麻雀とありとあらゆる行動を共にし」、江本曰く古沢は誰からも好かれていたという。 60歳頃にになったことを 、63歳の頃に加齢黄斑変性になったことを後に告白している。 また、2018年にはのを前年に行い、の全摘出をしたことを週刊誌のインタビューで告白している。 江本は、後の野村との対談では食べすぎが原因だと語っている。 私生活の江本はは吸わず、酒も飲まない。 詳細情報 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2015年10月) 年度別投手成績 [ ] 26 4 0 0 0 0 4 -- --. 000 267 60. 2 61 4 35 1 0 29 5 0 34 34 5. 04 1. 58 38 32 14 1 0 16 13 -- --. 552 1014 237. 1 205 15 118 4 9 115 7 0 95 80 3. 03 1. 36 34 30 12 5 0 12 14 -- --. 462 889 217. 1 167 17 85 2 11 95 5 10 75 66 2. 73 1. 16 34 33 9 0 0 13 12 0 --. 520 921 216. 2 185 19 111 1 14 116 5 3 94 76 3. 16 1. 37 31 27 13 3 0 11 14 0 --. 440 878 207. 0 185 18 78 0 5 109 3 0 94 68 2. 96 1. 22 38 36 8 2 2 15 9 0 --. 625 1009 239. 2 239 27 66 1 9 115 4 3 107 100 3. 76 1. 27 36 33 10 3 0 11 14 1 --. 440 952 223. 2 202 21 92 1 11 129 4 2 98 92 3. 70 1. 31 56 10 2 0 0 11 13 11 --. 458 644 150. 2 124 16 70 5 9 103 9 2 63 52 3. 11 1. 29 47 24 5 3 0 12 12 6 --. 500 784 178. 2 181 21 67 4 16 141 5 2 93 87 4. 38 1. 39 31 26 4 0 0 8 15 0 --. 348 704 160. 0 168 28 64 6 9 108 5 2 93 85 4. 78 1. 45 24 12 1 0 0 4 6 1 --. 400 377 87. 0 77 11 36 8 4 70 1 0 39 34 3. 52 1. 30 通算:11年 395 267 78 17 2 113 126 19 --. 473 8439 1978. 2 1794 197 822 33 97 1130 53 24 885 774 3. 52 1. 各年度の 太字はリーグ最高、 赤太字はNPB記録 記録 [ ] 初記録• 初奪三振:1971年4月14日、対2回戦()、7回表にから• 初先発:1971年6月5日、対9回戦(後楽園球場)、2安打1四球3失点で敗戦投手• 初勝利・初完投勝利:1972年4月16日、対1回戦()、9回3失点• 初完封勝利:1972年6月2日、対近鉄バファローズ9回戦()• 初セーブ:1977年7月18日、対19回戦()、8回裏に2番手として救援登板・完了、2回無失点 節目の記録• 1000投球回:1976年5月26日、対7回戦()、6回表2死目に達成• 1500投球回:1978年7月28日、対15回戦(阪神甲子園球場)、9回表2死目に達成• 出場:4回 (1974年、1976年、1977年、1979年) 背番号 [ ]• 49 (1971年)• 16 (1972年 - 1975年)• 29 (1976年 - 1981年) 背番号について江本は「東映時代は四苦八苦(49)、ホークスに行って色男(16)、阪神ではニクイ奴(29)」とコメントしている。 関連情報 [ ] 野球以外での表彰 [ ]• (スポーツ界部門:1989年) 著書 [ ]• 『』シリーズ(映画化もされた)• 『プロ野球を10倍楽しく見る方法:抱腹絶倒! 』(、1982年5月、)• 『プロ野球を20倍楽しく見る方法:痛快無類! 』(ベストセラーズ、1982年9月、)• 『帰ってきたプロ野球を10倍楽しく見る方法:もっと抱腹! さらに絶倒! 』(ベストセラーズ、1988年6月、)• 『プロ野球を10倍楽しく見る方法:2002年版』()• 『プロ野球を10倍楽しく見る方法:2006年版』(日本文芸社、2005年11月、)• 『おれ、紆球曲球』(、1982年8月、/ワニ文庫、1985年6月、)• 『「プロ野球」仁義なき大戦争:ストーブリーグ乱闘編』(ベストセラーズ、1983年2月、)• 『女性に捧げるプロ野球 エモやんより愛をこめて』ワニの本 ベストセラーシリーズ 1983• 『江本孟紀と12人の美女打線 男のマウンド』 1984• 『これはヘンだぞプロ野球 エモやんの』ワニの本 ベストセラーシリーズ 1984• 『謀略にはまった選手たち : 今だからバラす』ベストセラーズ,ワニの本 1984• 『エモやんのああ言えば交遊録 今だからホンネ プロ野球の珍友・悪友・奇友たち』ベストセラーズ ワニの本 1985• 『プロ野球バカが勝負すりゃバカをみる』ワニの本 1985• 『よってたかって、みんな悪かった エモやんのザンゲ録 ごめんなさい阪神さん』ワニの本 1985• 『江本孟紀のプロ野球ウオッチング:のけぞりシュート、球界直撃!! 』(、1986年4月、)• 『エモやんの今年もファンは騙される プロ野球、選手たちは知らん顔』ワニの本 1986• 『今年は変わるぞプロ野球 気分すっきり 選手もファンも初体験! 』 1986• 『ひまつぶしに読む大胆な意見』青人社 1986• 『プロ野球がわかれば日本が見えてくる エモやんのサラリーマンに捧げる「自分主義宣言」』 1987• 『プロ野球夢球場 江本孟紀の球界大改造プラン』 1987• 『帰ってきたプロ野球を10倍楽しく見る方法 もっと抱腹! さらに絶倒! 』ワニの本、1988• 『ゴルフ好きをさらに10倍中毒症状にする本』ケイブンシャブックス 1988• 『その気にさせる星野監督術 ミラクル野球が10倍わかる本』出版 1988• 『巨人野球を面白くする本 これで巨人は優勝できる!! 』 実日新書 1989• 『超B級! ドーム場外放夢乱 体感編 女たちのbox seat』TIS,パパラブックス 1989• 『プロ野球天国・地獄のウラ勝負! ストーブリーグ情報局』ケイブンシャブックス 1989• 『プロ野球はチキンライスだッ!? 平成元年』ケイブンシャブックス 1989• 』ケイブンシャブックス 1990• 『プロ野球裏があるから面白い 野球ファンにおくる抱腹絶倒エピソード集』 1990• 『ミッドナイト・ベースボール 球界モデル小説』 1990• 『エモやんの巨人軍再建大計画』アイペックプレス 1991• 『エモやんのプロ野球ちょっといえないここだけの話』アイペックプレス 1991• 『エモやんのプロ野球非常事態宣言』アイペックプレス 1991• 『大胆不敵のがんばれ! ジャイアンツ!! 最悪阪神の再建案付き』ケイブンシャブックス 1991• 『プロ野球大反省大予想』ケイブンシャブックス 1991• 『主役・脇役・役立たず』ケイブンシャブックス 1992• 『プロ野球選手 わが思い出の波瀾の野球人生』実業之日本社 仕事-発見シリーズ 1992• 『赤じゅうたんのコリない紳士録』 1993• 』ケイブンシャブックス 1993• 『長嶋vs王、爆笑大バトル 勃発! プロ野球最終戦争 エモやんだけが知っている二人の真実』ベストセラーズ ワニの本 1995• 『神さま仏さま長嶋さま 巨人軍を100倍楽しむ法』 1996• 『誰もわかっちゃいない! 江本孟紀の超論プロ野球』芸神出版社 1996• 『野村監督部下が育つ「将の器」』 1996 『野村マジック・阪神再生の秘策』フタミ文庫• 『野球がベースボールを超える日!? 日本vs大リーグ徹底比較』勁文社 1996• 『生命エネルギーの秘密 江本孟紀が体験した究極のパワー』 1998• 『プロ野球勝てる監督・使える選手』 1998• 『野村監督知将の思考』東方出版 1999• 『野村阪神vs. 長嶋巨人 エモやんの僕だけが知っている!! 』 1999• 『ベースボールはひとつの小石から エモやんの痛快! プロ野球原論』学習研究社 2000• 『総理大臣長嶋茂雄:明るい破壊者だけが日本を救う』(、2001年)• 『ダメ虎を猛虎に復活させる方法:阪神タイガース再生計画虎の巻』(、2001年)• 『星野式「悪」の処世術』飛鳥新社 2002• 『痛快! 『読売巨人軍をダメにした「ジャイアンツバカ」』 2003• 『逆プライド 自分に負けない意地を持て! 』 2004• 『プロ野球をダメにする致命的構造 それでも、変革の芽は出ている』 2006• 『職業としてのプロ野球解説者』サンガ新書 2007• 『日本のプロ野球を作った男たち! 』 2007• 『野村克也解体新書:ノムさんは本当にスゴイのか? 』(、2011年7月、)• 『プロ野球経営が破綻するこれだけの理由』 2011• 『「アホ」がプロ野球を滅ぼす』ロング新書 2012• 『実は大したことない大リーグ』双葉新書 2014• 『星野仙一にみる名将の条件』(、2014年4月、)• 『野球バカは死なず』<文春新書>(、2018年) 編共著・監修 [ ]• 『プロ野球戦国志 1999年版』責任編集 1999• 『男涙のプロ野球 感動秘話100本ノック』監修 2004• 『マンガ日本政治入門』漫画 あおば出版 2006 ゲーム監修 [ ]• 『』(用ソフト、、1989年12月19日) 出演 [ ] レギュラー [ ]• (フジテレビ系地上波時代に出演、2016年からCS版にも出演する) 映画・ドラマ [ ]• - の吹替え、)• (1982年2月5日 - 5月21日、) - 栗本高夫• - 東谷(の婚約者役)、吉永が細川俊之、小坂一也を断った挙げくに最後に決める華族の役。 ラストのワンシーン出演で、口を開いた瞬間にカメラが窓の外へ引く演出でセリフはない。 (1983年)• - 喜多川(東都日報デスク)• ビートたけしのこにくらじいさん(1984年12月10日、)• (1987年4月14日 - 9月22日、)• ・おとんぼ(1987年)主演は母親役のと4兄弟の末っ子役ので江本は次男の役• (1988年1月10日 - 4月3日、) - 生島勝夫警部補• (1997年) 準レギュラー、不定期出演番組 [ ]• ()- 戦解説 過去の出演番組 [ ]• (フジテレビ)1984年10月 - 1985年3月 木・金曜スポーツコーナー担当• ()司会• (日本テレビ)1985年4月 - 1986年3月、月曜日担当司会• ()1985年11月 - 1986年3月、司会• (フジテレビ、司会)• (フジテレビ、コメンテーター)• (フジテレビ)• (、ほぼ月1ペース)• () - 「ぷいぷいパネリスト」の一員としてたまに登場する。 (フジテレビ)(番組終了)• (TBS)• (ニッポン放送)• 番組開始の2001年から出演している唯一の野球解説者であり、またフジテレビ専属解説者としても唯一の出演者だった) ゲスト出演 [ ]• (、2017年4月30日)- しくじり先生 舞台 [ ]• (1985年12月7日 - 22日)- 主演、ジョー・ハーディ CM出演 [ ]• 「純露」• (現:)• (現:。 と共演)• (イメージキャラクター)• (放送当時は津村順天堂)「ニューバスクリン」• 「住宅情報」(関西地区のみ)• スカイ(と共演)• マルコー• ディスコグラフィー [ ]• 恋する御堂筋(1979年)入江マチ子とデュエット• 霜降り橋まで(1980年)• アカシヤの面影(1982年)• あなたまかせの夜(1983年)• 素敵なジェラシー(1987年、アルバム) 脚注 [ ]• 『プロ野球人名事典 2003』、2003年、92 - 93頁。 『証言 プロ野球ドラフト会議50年』別冊宝島編集部 総編集、、2015年、47頁。 『法政大学野球部 六大学最多優勝校のプライド』〈B・B MOOK 1165 東京六大学野球連盟結成90周年シリーズ 4〉、2015年、15頁。 サンスポコム 2014年11月21日. 2018年8月1日閲覧。 『南海ホークス栄光の歴史 1938-1988』、2012年、34頁。 江本はこの時投球のための準備を全くしておらず、審判が運よくストライクを取ってくれたので助かったと後に著書で述べている。 野球バカは死なず、P143-144• 『野球バカは死なず』157-158頁• MEN人 2013年8月25日. 2016年1月24日閲覧。 野球バカは死なず、P167• Sponichi Annex. 2016年10月31日閲覧。 [ ]• 野球バカは死なず、P206-207• 野球バカは死なず、P211-213• 2012年2月4日. 2016年1月24日閲覧。 週プレNEWS. 2016年6月5日. 2019年10月18日閲覧。 国会会議録検索システム. 国立国会図書館 2001年2月8日. 2020年2月5日閲覧。 国会会議録検索システム. 国立国会図書館 2001年8月8日. 2020年2月5日閲覧。 2005年10月26日 日刊スポーツ 6面 など• 2016年1月24日閲覧。 2005年3月18日 社会面• 2007年11月30日 日刊スポーツ 6面• [ ] サンケイスポーツ• MSN産経ニュース. 2010年5月26日. の2010年5月29日時点におけるアーカイブ。 2016年10月31日閲覧。 2015年10月27日. の2015年10月30日時点におけるアーカイブ。 2016年10月31日閲覧。 ZAKZAK. 2018年2月1日. 2018年2月1日閲覧。 スポーツニッポン. 2018年1月30日. 2018年2月1日閲覧。 東京スポーツ. 2018年1月30日. 2018年2月1日閲覧。 『やっぱり「書いてよかった」』産経新聞2009年4月15日8時25分配信• MSN産経ニュース 産経新聞社. 2011年12月13日. の2011年12月13日時点におけるアーカイブ。 2014年5月30日閲覧。 甲子園の放送席から見続けたタイガースの真実』、2014年、10 - 14頁。 江本孟紀『プロ野球を10倍楽しく見る方法』、1982年、194頁。 江本孟紀「前書き」『プロ野球 裏があるから面白い 野球ファンにおくる抱腹絶倒エピソード集』、1990年。 江本孟紀『プロ野球 天国・地獄のウラ勝負! ストーブリーグ情報局』、1989年、177頁。 「江本孟紀 野球解説者 から中西太へ 「ベンチがアホ」発言 いまからでも謝りたい」『』、講談社、2014年4月19日、 188頁。 『プロ野球記録大鑑』 、1993年)931-932頁• 、2013年1月31日『第16回、赤ヘル機動力野球の申し子 高橋慶彦 赤い疾風伝説』• 江本孟紀『プロ野球を20倍楽しむ方法』ベストセラーズ、1982年、125 - 127頁。 『日本プロ野球 トレード大鑑 2004』〈B. MOOK スポーツシリーズ〉、2004年、48 - 49頁。 『野村克也解体新書』133頁• 『野村克也解体新書』125頁• 『野村克也解体新書』53頁• 野村克也「人格—人間的成長なくして技術的進歩なし」『この一球 野村克也の人生論』、2012年。 , pp. 195 - 197• 2007年1月5日. 2016年1月24日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - NPB. jp 日本野球機構•

次の

高野光希

たかの こうき

この記事には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 が不足しています。 の記事は特に、を満たしている必要があります。 ( 2019年1月)• ほとんどまたは完全に に頼っています。 ( 2019年1月)• または主題と関係の深い情報源のみに頼って書かれています。 ( 2019年1月)• を満たしていないおそれがあります。 ( 2015年12月) 本来の表記は「 髙野光希」です。 この記事に付けられた題名はまたはにより不正確なものとなっています。 弟の [ ]も同様に役者である。 出演作 [ ] 映画 [ ]• (2014年)• (2015年) テレビドラマ [ ]• 第12話(2012年)• 尾根のかなたに 〜父と息子の日航機墜落事故〜(2012年)• (2013年)• 第1話(2013年)• (2013年) - 大学生 役• 第3話(2014年)• (2014年)• 第6話(2014年) - 鈴木 役• 第10話(2015年) - 倉田 役• 第8話(2015年) - 恭介 役• 第7話(2015年) - 監視の男 役• スペシャルドラマ(2016年) - 日置啓太 役• (2016年)第6・7話• (2016年)シーズン1・第4・5話• オトナの土ドラ(2016年) - レギュラー• (2016年)第1話• (2016年)第6話 - 仮面男E 役• (2018年) - 千葉 役• (2019年7月29日、フジテレビ) 第3話 - 笠原和真 役 テレビ番組 [ ]• 舞台 [ ]• (2010年) - 陸 役• (2011年) - 香山 役• 天国の客席(2011年) - パパ 役• 少女と魚(2011年) - 魚の王 役• Dystopia(2011年) - 三神 役• (2012年) - ヒジカタ 役• (2015年) 脚注 [ ] [].

次の

高橋睦郎

たかの こうき

こんにちは。 ヤンゴン特派員の高野光輝(たかの こうき)です。 この頃私が住むヤンゴンは毎日40度を超える真夏日...。 日陰にいるだけでも額から汗がにじみ出てきます。 しかし、そんな暑さにも負けずに一歩路上へ出れば目に付くのがミャンマー式路上屋台の数々。 ミャンマーの国民食「モヒンガー」や串焼き、アイスクリームに中にはゲテモノまで...。 路上で食べられないものはない、というほどバラエティーも豊富です!今回はそんなミャンマー式路上屋台の中でいくつかピックアップしてご紹介します。 まずはなんと言ってもこちら。 ミャンマー料理といえば「モヒンガー」です。 魚介類をメインにしたスープと絡み合う細麺がクセになる大衆食です。 値段は500チャット(50円)から。 ミャンマーへ訪れたらまずこれを味わいましょう。 写真は屋台の中でも定番の串焼き。 鳥や豚などのあまり商品価値のない部位(足や耳、皮、ホルモンなど)を甘辛いタレに浸して食べるのがミャンマー流。 値段も200チャット(約20円)~とお財布にも優しい庶民のおやつとして親しまれています。 こちらはミャンマー・カレーの屋台。 鳥、豚、川魚やエビ、ゆで卵を甘辛いタレで煮たものなどが地元の人に人気です。 ちなみに注文するとご飯、カレー、付け合せ、スープ、山盛りの生野菜が出てきます。 写真は2人前ですが、1人大体1300チャット(約130円)くらいでお腹いっぱい食べれちゃいます。 注文の仕方は食べたい具材を指さしながら「ダー・ぺーバー(これちょうだい)」と言います。 慣れてきたら「チェッター(鶏肉)」「ンガー(川魚)」「バズン(川エビ)」など具材の名前で注文するのもよいでしょう。 「おっ、この外国人はミャンマー語を知っているな」と褒めてもらえることがあります(笑)。 「うーん、美味しそう。 でもお腹壊したりしないの?」とよく日本から来た方に聞かれます。 残念なことに5人に1人くらいは壊します。 その原因の一つが路上で食材を放置していること。 なので、ミャンマー路上屋台に興味がある方には朝一で屋台に直行することをオススメします!新鮮でおいしいミャンマー料理を堪能できますよ。 しかしそれでも当たる時には当たるもの。 そんなときは事前にパンシロンを飲んでおきましょう!食あたりのときはもちろん、飲みすぎ、食べすぎにも効果を発揮する優れものです。 ミャンマーへ旅行する際には忘れずに携帯し、地元の人に混ざって路上グルメを堪能してくださいね! 番外編としてこんなものも...。 ミャンマーの夜店ではこういったコオロギのスナックがよく売っています。 東南アジアではポピュラーで地元の人はよくビールのおつまみとしてかじっています。 あえてオススメはしませんが。。 こんにちは!ヤンゴン特派員高野光輝(たかの こうき)です。 日本ももうすぐ梅雨入りの時期かと思いますが、ここミャンマー・ヤンゴンでも数週間前から3~4ヶ月も続く「雨季」が始まりました。 ぐずついた外出できないこんな時には意外と気が散らずに勉強ができたりするものです。 というわけで、今回は旅の一言ミャンマー語と題して旅行中に役立つフレーズを紹介します! まずは定番中の定番の「ミンガラーバー」。 「こんにちは」や「どうも」といったニュアンスの挨拶言葉です。 フレーズの最後の「バー」をやや上げるように発音すると良いです。 空港や訪れた観光地、お土産屋さんなど旅行中に一番耳にする言葉です。 次は「チューズーティンバーデー」。 これは「ありがとうございます」を意味し、何か人に良くしてもらった時などに使います。 気の知れた仲であれば「チューズーバー(ありがとう)」と短縮して使うと親しみが伝わります。 逆に何か人に良いことをして「チューズバー」と言われたときはどう答えるでしょうか。 そんな時にミャンマーでは「ヤーバーデー(ヤーデー)」と答えます。 「気にしなくていいよ」「当然のことをしたまでだよ」と謙遜の意味があるフレーズです。 さりなげなく良いことをしてふと呟くとカッコイイ言葉で私も好きなミャンマー語の一つです。 しかし「ヤーバーデー」にはもう一つの使い方があります。 例えば旅行中ガイドが時間通りに来ずお目当ての場所に行きそびれてしまった…。 こんな時にガイドは「ヤーバーデー」と言うのです。 ここでの意味は「大丈夫さ」「たいしたことないさ」という言い訳にも聞こえる使われ方をするのです。 知り合いのミャンマー人いわく「ミャンマーでは約束事や時間がきっちり守られることが少ないからお互い様という意味で『ヤーバーデー』を使うんだよ」とのこと。 日本人の私たちからすれば理解に苦しむかもしれませんが、私はミャンマーの国民性をよく表して言葉だと思います。 難しいように思えるミャンマー語ですが、書き言葉を別にすれば語順も日本語と一緒で発音もそれほど気にすることはありません。 ミャンマーを訪れる際にはぜひ今回のフレーズを使ってみてくださいね。 ただし「ヤーバーデー」には気をつけて! ミンガラーバー(こんにちは)!この度ミャンマー・ヤンゴンで特派員として連載をすることになりました、高野光輝(たかの こうき)です。 ヤンゴン在住8ヶ月目、現地の某公的機関で勤務しています。 2015年10月の総選挙と今年4月の民主政権の発足、アジア最後のフロンティア、世界最大の上座部仏教国…。 この国を表す言葉は多くありますが、ミャンマーが大きな変化の中にあるのは間違いありません。 このブログではグルメや観光情報など柔らかい情報はもちろん、現地の情勢や人々の暮らしまで 幅広くミャンマーの「今」をお届けしたいと思います。 連載第1回目はヤンゴンで最近流行りの100円ショップをご紹介します。 みなさんは海外旅行に行く時に何を持参しますか?化粧品、日本食、電子機器のチャージャー、健康サプリメントなど 思いつく限りスーツケースに詰め込んで重量オーバー…なんてことを経験したことのある方もいるかもしれません。 でも、ミャンマーを旅する時にそんな心配はご無用。 実は国際空港のあるヤンゴンには日本発の100円ショップを模したお店が多くあり、 簡単に日本品質のモノが変えてしまうのです! (厳密には値段は以下の全てのお店で1800ミャンマー・チャット(約180円)均一で100円ショップではありません) まずは日本でお馴染みのDAISO。 ヤンゴン市内の大きなショッピングモール(Junction Square とTaw Win Centre)に2店舗を展開しています。

次の