フォートナイト クロスプレイ サーバー。 フォートナイト pc switch サーバー

【フォートナイト】フロッパーとスラープフィッシュは持つべきか?~おまけ~隠し宝箱発見

フォートナイト クロスプレイ サーバー

プレイ環境の差はクロスプレイ時のデメリットの一つではありますが、クロスプレイとはそういうものです。 PCとPS4の人口比は調べても特に情報がありませんでしたが、多プラットフォームで展開しているマインクラフトのケースから見て、おそらく最終的にはPS4のほうが多くなるが、PC版のユーザーが少ないわけではなく、『圧倒的な』差は無いでしょう。 PCユーザーが優遇されているということは全くありません。 すべてのプレイヤーは同じ条件でプレイしています。 プレイするプラットフォームはプレイヤー自身が選択しているのです。 プラットフォームだけを比べた場合の差は避けようがありません。 それを受け入れ、様々なプレイヤーと一緒に遊びたいという人がクロスプレイを楽しむのです。 それが受け入れられないのならば、クロスプレイ非対応のサーバーでプレイすべきです。 PCユーザーにはチーターが多くいます。 運営はそれにもちろん日々対策を行っています。 PCゲーマーの私としては、コンシューマー版のキッズ達のほうがチーターよりよっぽどタチが悪いですがね。 クロスプレイ対応のサーバを選択しなければ、他のプラットフォームのプレイヤーとは一緒にならないでしょう。 なので、ズルじゃないです。 チーターは勿論ズル。 スマホやPS4などをまとめて「コンシューマー勢」と呼びますが、そもそもPUBG,Fortnite,BF,COD etc... と、様々なシューターゲームはキーボードとマウスで操作すること前提です。 むしろコンシューマーでやらさせてもらってる感じです。 もっと快適にプレイしたいのならPCを使えという話です。 中でもPS4のパッドは操作難しいですからね。 あれは流石に…って感じはしますが。 あ、あと、PS4のマウス勢は公式チートですからあきらめてください。 長文失礼いたしました。 既に他の方が回答されてる通り、PS4とPCはそもそものサーバーが違います。 クロスプレイでもしない限りは同じPS4ユーザーとの戦闘になります。 それとシューター系のゲームはもともとマウスとキーボードでやる事を前提に開発されてるので、コンシューマーと相性が悪いのは当然の事です。 例えるならスマホでアクションゲームをやると操作が覚束ないのと同じで、もともとジャンルそのものがPCに最適化されてるゲームを、無理やりCSに移植してるので本家に劣るのは仕方ないんですよね…。 それでも文句を言いたいならゲームを開発した会社よりも、いつまでも時代遅れなパッドを使わせる企業側に苦情を言った方がよっぽど有意義かなと。 特にPS4のパッドはシューターや格ゲーをやるには不向きなので、もっとマトモな設計のパッドが欲しくなります。

次の

【フォートナイト】フロッパーとスラープフィッシュは持つべきか?~おまけ~隠し宝箱発見

フォートナイト クロスプレイ サーバー

こんにちわ、わなび~です。 チャプター2に入ってから全てのプラットフォームのサーバーが混合になりました。 バトルロイヤルに入ればスイッチ、PS4、PC、どのデバイスの人ともマッチングします。 そうなってくるとPCが圧倒的に有利になります。 (主にFPSの関係、下の方で説明しています) 自分はPS4を使っていますが、この混合サーバーになってからPCがとても欲しくなりました。 だけどPCを買おうと思っても、 正直ゲーミングPCってたくさんあって、どれが良いか全然分かりません。 なので、今回の記事では、フォートナイトにおけるPCの有利点と、もしゲーミングPCを選ぶならどんなポイントを見て選べばいいのかまとめていきます。 【目次】• 1秒間に何回画面が更新されるかという意味になります。 スイッチだと30FPSなので、1秒間に30回画面が更新されます。 PS4だと60FPSなので、1秒間に60回画面が更新されます。 PCだとMAX240FPSなので、1秒間に240回画面が更新されます。 頻繁に画面が更新されるほど、ヌルヌル動きます。 逆に低FPSだとカクカクと動きます。 イメージとしてはめっちゃ低FPSではパラパラ漫画みたいな動きになるという事です。 実際にスイッチとPS4のどちらもプレイした事がある人には分かりますが、全然動きのスムーズさが違います。 そして、 低FPSだと一瞬動きが飛ぶ事になるのでエイムが定めにくかったり、動きがワンテンポ遅れてしまいます。 PCを使っている人からすればPS4ですら動きが悪く、一度PCに移ったらもう戻れないと言います。 それほどFPSは重要な要素であり、FPSに差があった場合、よほど実力差がない限りは勝つ事が難しくなります。 PCのみ設定できる項目 FPS以外のメリットとして設定項目がPCとPS4で違っていたりします。 PS4版では木の下などに影ができており暗くて見にくいですが、PC版ではこの影を消す事ができ、圧倒的に見やすくなります。 引用画像 PCのデメリットは? いくつかあったのですが、 混合サーバーになった事でほぼ解消されたと言って良いと思います。 チャプター1までに存在していたデメリットを下記します。 ・PCはPCとしかマッチングしなかった もともとは「PS4、スイッチのサーバー」と「PCのサーバー」は分けられていました。 つまりPCでバトルロイヤルに潜るとマッチングするのはPC同士でした。 PCはFPSの関係から快適にプレイできる事や、キーボード・マウスが使える事から 猛者が多いです。 なのでPCを使うと猛者と当たる可能性が高いので、初心者には厳しかった。 ・過疎り気味 スイッチ、PS4のユーザー数に対してPCのユーザー数は少ない為、時間帯によって人数が集まらない事がありました。 アクティブユーザーが少ない朝方なんかは、本来100人降りるはずが半分くらいになったり。。 この様なデメリットが存在していましたが、チャプター2の混合サーバーになってからPCのデメリットは解消されたと言って良いでしょう。 PCを選ぶ際のポイント FPSいくつ出せるのか やはりここが重要になってきます。 スペックによってFPSの値が変わってきます。 144FPS(推奨):かなり快適 240FPS(最大):めちゃくちゃ快適、但し価格が高い このFPSはPCの中でもグラフィックボード(ディスプレイに映像を映す為の部品)というパーツが重要になります。 このグラフィックボードのグレードによってFPSが変わってきます。 次いでCPU(処理能力に関わる。 脳みたいな役割)も大事です。 処理能力が低いと良いグラフィックボードでもその性能が活かせません。 参考価格 では240FPSが出せる良いグラフィックボードのPCを買えば良い事になりますが、もちろんそこは価格が変わってきます。 参考価格として、コスパが良いとされているガレリアのPCで比較します。 確かに圧倒的な性能差は存在しますが、144FPSでもPS4と比較すると雲泥の差があります。 お金に余裕がある人や競技としてガチでやっていく人以外は、144FPSのモデルでも必要十分であると思います。 モニターのリフレッシュレート ちなみに、高FPSが出せるPCを買ってもモニターのリフレッシュレートが低いとその良さを活かせません。 リフレッシュレートはモニターが1秒間に何回画面を更新するかの値であり、Hzの単位で表されます。 多くのテレビでは60Hzとなっており、PS4ならこれで十分です。 ただ、 ゲーミングPCを使う場合はそのFPSに合わせたリフレッシュレートのゲーミングモニターも用意する必要があります。 まとめ ・今のフォートナイトの環境(混合サーバー)ではPS4よりもPCの方が圧倒的に有利である。 ・PC選定のポイントはFPSが重要となる。 ・かなり快適な144FPSのモデルは10万円以下で購入可能。 ・最高スペックである240FPSを出そうと思うと144FPSのモデルの倍くらいの価格になる。 ・お金に余裕のある人や競技者以外はまずは144FPSがおすすめ 以上、とりあえず今回はPCについての入門的な内容を紹介しました。 僕もPC欲しいので、もっと詳細についても今後紹介していきたいと思います。 まずは144FPS出せるやつ買おうかな〜 by わなび〜 twitterにて、記事更新の連絡やフォートナイト関連の役立つツイート・リツイートしていますのでフォローよろしくお願いします。

次の

任天堂スイッチ版フォートナイトはPS4版とクロスプレイできない?

フォートナイト クロスプレイ サーバー

フォートナイトがゲーム界を変えちまった。 あのビッグタイトル、 マインクラフトを皆様知っていることでしょう。 世界的にめちゃくちゃ売れてる マインクラフトでさえもソニーは クロスプレイ無し。 ソニー以外のほかのプラットフォーム間ではクロスプレイできていたのに。 マインクラフトでもクロスプレイを解禁させなかったあのソニーが。。。 フォートナイトの勢いでついに折れた・・・!! ソニー側にもクロスプレイを渋っていた理由はあると思うんですが (ハードごとで性能が違うからクロスプレイをすることでPS4が高性能を生かせない?だとか 利益の独占???とか) 一つでもクロスプレイ対応ソフトを解禁したことでゲーム界が少し明るくなってきた気がするよ。 ファッ〇ューソニーなんて言ってごめんな。 手のひらクルクルだわ。 さいごに とりあえずフォートナイト最高っす。 ほんとありがとう。 フォートナイトがゲーム界を統一してくれた。 ゲーム界を楽しく面白くしてくれてありがとう。 ありがとう。 ありがとう。

次の