ほとり の 遊び場 キャンプ 場。 【 裏磐梯 】曽原湖 で キャンプ と リベンジ 登山 【 磐梯山】

温川キャンプ場

ほとり の 遊び場 キャンプ 場

究極のツーリング写真 touring-photography. com 読者の皆さま、紅葉の景色とツーリング写真を楽しまれていますか?紅葉風景はピークと休日とお天気の兼ね合いが悩ましいですよね。 先日、15年ぶりくらいに蔵王エコーラインを走ってきました。 15年前の当時、私はF650GSダカールにキャンプ道具を積載しエコーラインを越えて山形蔵王へ降り、坊平高原でキャンプしようとしました。 しかし空は真っ黒な雲で怪しく、風がつよく吹いて木々がざわざわとしていた様子に、すっかりメンタルが委縮してしまい近くにあったペンションに駆け込んだのを今でも覚えています。 そのキャンプ場もペンションも今でも健在で、今回の旅ではお天気も良かったのでちゃんとキャンプできました。 そのキャンプ場は蔵王坊平国設野営場なのですが低料金で雰囲気も良くお勧めのキャンプ場です。 さて今回はツーリング写真のことについて、今回の旅で撮った写真から私なりに思ったことを独り言風にいってみたいと思います。 8L IS この写真は蔵王坊平国設野営場ではなく翌日、檜原湖のエリアでキャンプしたときのものです。 湖畔の林間サイトで素晴らしいロケーションにただ感動するだけでした。 こんな景色のいいキャンプ場があったなんて…と。 ここでEOS6D Mark2を手に無心、夢中で撮影に没頭していました。 何カットもシャッターを切っていくうちに、情景に対する気持ちも高揚してくるような不思議な感覚がありました。 当初は木々の間隔が構図を作る上で難しいピッチで林立していて、それに苦しめられていましたが、汗ばむほど動き回っているうちにベストと呼べそうなアングルを探り当てることができました。 自分の持てる力をフル動員させて挑みたい、そんな素晴らしいロケーションを前に「もしかしたらこの旅でのベスト1枚が撮れるかも」という予感がしてきました。 この写真がいい写真かどうかは見る人が決めることですが、撮った私本人としてはいい写真であるかは別として納得のいく1枚になったかなと感じます。 いつも悩ましいな、と感じるのは美しい凄いといったインパクト系の写真と、自然な切り口で見る人にうったえるナチュラル系の写真と、この場合はどっちで表現するか?ということです。 前者は写真に力がありますし後者は普遍的な写真芸術性を持っています。 今回のこの作品ではどちらとも言えないような気がしますが、望遠レンズを使ったことを考えるとナチュラルとは言えないかもしれませんね。 ただ帰宅してこのシーンのベスト1枚をセレクトし、そしてディスプレイとにらめっこしながらLightroomレタッチ作業をしていると「あぁ、これは良かったな」と思える納得の1枚だったと感じます。 いい写真かは分かりませんが自分が好きなコト、感動した情景を自分なりに納得できるよう写真になったことに幸福感を覚えます。 写真って見てくれる人の存在を意識するのは凄く大切ですが、それと同じくらいに自分の好きなコトを自分が納得できるように撮ることも大切だと思います。 この写真をSNSで発表しても「いいね」は少ないかもしれませんが、分かる人の心に入ってくれればそれで充分嬉しいと思います。 自己満足の写真じゃ駄目…みたいな話はよく聞くけど一週巡って行きつく先はやはり自己満足なのかもしれませんね。 自己満足っていうと言葉の印象は悪いですが「私が納得するまで撮った写真、あなた様はどう感じていただけましたか?」というのが写真芸術なのでしょうか? 今回はこの辺で!!.

次の

有野実苑オートキャンプ場のレビューブログ ~ 子供の遊び場が多くワイルドなキャンプ場

ほとり の 遊び場 キャンプ 場

bambi夫婦キャンプ ほとりの遊びばキャンプ場へ ここのキャンプ場は予約制ではないため 湖畔のサイトを取るためには 早く行かなければなりません。 なるべく近所迷惑にならないように 朝からコソコソと車に積載して いざ、朝6時に出発! 食材は前日に購入済みです。 キャンプ場へ到着 受付は? 無事に8時半頃にキャンプ場へ到着。 これこれ!この看板はネットで見たぞ。 受付は?駐車場は? 一見わからずに隅に車を駐車して2人でウロウロ。 ここが駐車場か。 とりあえず管理人さんに電話してみたところ お昼前に来るから好きなところで 準備しちゃっててとのこと。 基本、土日は車のサイト横付けはダメだけど 混み具合では許してもらえる感じでした。 すぐに挨拶もしてくれて ギアも素敵なものばかり。 きっとベテランおしゃれキャンパーさん。 憧れの目線でチラチラみる怪しい夫婦、、、ww この日は奥のサイトに団体予約が入っていたので 手前側の湖畔近くに決定! ウトガルドをせっせと設営します。 ウトガルドだけでの写真を撮りたい嫁と カーリ20を早く広げたくて「まだー?」の旦那w カーリ20のポールを新調したので ウトガルドと連結しながらの ポール4本を使って張ってみました。 木製かマットブラックのポールか悩みましたが あまり見かけないマットブラックのポールにしてみました。 ちょっとたるんでるけど、ご愛嬌。 ネギマです。 焼き鳥のタレ忘れたので塩のみ!笑 そして写真撮り忘れました! 料理よりもキレイな景色ばっかり撮っちゃう。 キャンプ場も高規格より絶景とかに 惹きつけられるタイプです。 曽原湖を眺めながらのんびり お昼ごはんのあとは 曽原湖を眺めながらのんびりタイム。 サイトの方を眺めるとこんな感じ。 しばらくしてちょっとお昼寝タイム。 お昼寝していたら 奥の団体客さまが来ていて 少し賑やかになっていました。 みんなでバレーしてる。 曽原湖はキレイなピンク色に。 雲がなかったら磐梯山もちゃんと見えて もう少し違った景色なんだろうな。 でも雨に降られなかっただけでも 幸せなことです。 コットンテント以外の 雨に強いテントを新調したら 雨キャンプもしてみたいな。 ボタニカルキャンドルも作って飾りたいな。 これからやりたいことたくさん! 一つ一つ実践していきたいです。 イザナミハーフでアヒージョ 旦那ちゃんが焚き火を開始。 夜の楽しい時間の始まりです。 スノーピークの焚き火台Mにぴったりサイズの イザナミハーフも新入りです。 しばらくキャンプできていなかったので 新しいギアが増えております。 イザナミハーフを使って 今晩はアヒージョです。 スキレットに タコ、ホタテ、えび、マッシュルームを入れて。 先日、30歳にもなって 初めてライブに行ってきました。 その時に買ったペンライト。 良い味出してます。 まだライブの気持ちが抜けず BGMもずっとケツメ。 笑 次は地元のエコパか沖縄に行きたいね〜 なんて話しながらのんびり。 満天の星空 22時近くなってきたので 片付けてランタンの灯りも消す頃、 いつの間にか雲がなくなり ふと空を見上げると満天の星空が! 新月あたりで月がなかったため 本当に星がよく見えました。 こんな星空初めて見ました。 カメラに納めたかったけれど 私たちのスキル不足で撮れず残念。 目に焼き付けるように 何度も星空を見上げていました。 そういえば七夕の日でした。 いつの間にか暖かい夜 キャンプが久しぶりだったので いつの間にか夜もそこまで冷え込まない 暖かい夜になっていました。 それでも寒がり嫁はユニクロ極暖着用ですが、、、 1日目は終わり。 続きは次の記事で。 最後まで読んでいただきありがとうございます。 この記事がイイね!っと思ったらポチッとお願いします。

次の

【bambi夫婦キャンプ】ほとりの遊びばキャンプ場|BAMBI CAMP

ほとり の 遊び場 キャンプ 場

ワイルドで子供たちが楽しめるキャンプ場 というのが特徴。 それぞれ簡単にご紹介します。 色々なサイトが楽しめるキャンプ場 有野実苑オートキャンプ場の特徴はサイトのバリエーション。 整然と並んだ区画サイト• 砂利の敷いてある広めのサイト• プライベート感の高いサイト 色々なサイトがあるので、飽きなさそうです。 砂利が敷いてある、垣根で区切られたガーデンサイト。 坂道の合間に作られたプライペート感の高いサイト こちらも、坂道の合間に作られたプライペート感の高いサイト。 階段が素敵です。 子供たちが楽しめるアクティビティが沢山ある 有野実苑オートキャンプ場は、子供たが遊べるアクティビティが色々なところに点在しています。 立派なアスレチックがあったり ブランコが配置してあったり ボール遊びができる広場があったり。 見晴らし台があったり プールがあったり 冬に訪れたのでお休みでした 広い敷地の中にサイトがぎっしり詰まっているのですが、色々な場所にアクティビティーが分散しているのも面白い構成です。 クラフト体験が充実 有野実苑オートキャンプ場では、クラフト体験が充実しています。 ダンディーな先生が手伝ってくれます。 体験できるクラフトの種類も豊富。 開始時間が決まっていないので、営業時間内 9時~12時、14時~17時 ならいつでも楽しめます。 ウッドクラフト 600円~• プチオカリナ 800円• ウッドビーズ 600円• オリジナルジグソー 600円• ドルハウスファニチャー 700円• 収穫体験は時期によって採れる野菜が違うのでを確認すると良いです。 管理棟前で販売しています。 夕方には、移動販売でも周ってきてくれました。 商売熱心です 笑 ただ、おすすめの食べものに絞って紹介してもらったり、対面で説明してもらうと購買意欲が湧きますね。 ということで、ついつい買ってしまいました。 移動販売でお買うとオマケが付いてお得かも? こちらが有野実苑の畑。 キャンプ場から歩いて見に行くことができます。 全体的にワイルド 建物やアスレチックは手作り感があります。 手作りの設備をワイルドに楽しめます。 サイトの構成 ここからは、有野実苑オートキャンプ場のサイト構成についてご紹介します。 有野実苑オートキャンプ場のサイトマップ 有野実苑オートキャンプ場のサイトマップがこちら。 キッチリ区画整理 … キッチリと区画整理されたサイト。 やや狭め• ワイルド … 坂などがありワイルドな印象。 プライベート感が高い• 開放的な区画 … 開放的で、ゆったりとした印象 全体的に、トイレ・水場が分散しているので当たり外れが少ない印象です。 キャンプ場の雰囲気 サイトの雰囲気、遊び場、サニタリー関連を少し掘り下げてご紹介していきます。 サイトに関しては、先ほどの「キッチリ区画整理」「ワイルド」「開放的な区画」に区分けしてご紹介します。 管理棟が充実している キャンプ場に入ると、最初に管理棟が見えてきます。 管理棟はとても、充実しています。 おしゃれなキャンプ用品があったり、お土産、野菜・地ビールの販売、周辺のパンフレットなどが置いてあるので、見ていて楽しめます。 こちらが野菜の販売。 かなりの種類がそろっていて充実しています。 野菜が販売されるのは土日などの人が集まる日程です。 キャンプ場の脇には、休憩スペースがあります。 キャンプ用品のテーブル、椅子、ランタン、スモーカー、薪ストーブなどが置いてあります。 管理棟の向かいにはイベントスペース。 なかなか広い空間です。 薪棚も立派です。 管理棟からチョット奥に進むと、キャンプ場 A~Cサイト の入り口と有野実苑の看板が見えてきます。 キッチリ区画整理ゾーン 有野実苑の看板からキャンプ場に入ると、キッチリと区画が整理されたゾーンが広がっています。 CサイトとAサイトの一部です。 ここは、通路の両側に区画が並んでいます。 計画的に整備された区画が並んでいる 垣根で覆われていてプライベート感は高い 区画のサイズは狭めの印象 真っ直ぐに伸びた通路の両脇に区画が広がっています。 サイトはちょっと狭めに感じます。 区画が縦に長いのと、植栽が高いためでしょうか。 両脇の垣根が高いので、プライベート感は高いです。 通路側に車を横向きに停めれば他の方の視線が気になることはありません。 アクティビティはA~Cサイトの中央に集中 キッチリ区画サイト、ワイルドゾーンの中央 A~Cサイトの中央 には、アティビティが集まっています。 ブール• アスレチック• バスケットゴール• クラフト広場 子供が楽しめる大きなプール。 夏の時期にオーブンします。 クラフト広場があったり。 そうそう、クラフト広場では焚き火をしていました。 ワイルドなアスレチック。 バスケットゴールがある広場 子供が遊べるスペース。 どれも、手作り感たっぷりでワイルドな印象です。 ワイルドゾーン ワイルドゾーンは、BサイトとAサイトの一部。 キャンプ場の外側です。 高低差のある地形を活かして作られたサイトなので、他者の視線を遮ってくれます。 斜面の地形に切り開かれた区画 プライベート感が高い Bサイトの通路は坂道が多いです。 綺麗に区画されたサイトもありますが、ここのサイトは、前後左右が隣の区画というわけではないので、開放感があります。 坂道の脇に切り出されたサイト。 少し離れになっているのは、どんちゃん騒ぎ対策でしょうか。 静かにキャンプを楽しみたい方や、ソロキャンプなら、ワイルドゾーンがおすすめ。 開放的な区画ゾーン 管理棟の裏側の区画は、広く整備されたサイトがある印象です。 キャンプ場の区分けだとDとFのサイト群。 ここは、中央の遊び場を中心として、開放感のあるサイトが囲んでいます。 それでいてプライベート感も高いです。 対面に区画がない立地が多いためだと思います。 広い区画が多い印象 砂利が綺麗に敷き詰められている プライベート感は高い 中心には子供のアスレチック、遊び場があります。 通路はこんな感じ。 キッチリ区画整理ゾーンと比べると、明るくて開放感がある印象。 サイトは砂利で整備されていて、広々。 この区画には、バンガローが建っています。 隣には、モーターホームプール。 キャンピングカーやキャンピングトレーラーを駐車場、兼キャンプサイト。 月額契約者が使えるサイトっぽいです。 そして通路脇にはブランコ。 Dサイトの奥には有野実苑の畑が広がっています。 全体的に明るくて開放的な印象を受けました。 農園レストランが併設 有野実苑オートキャンプ場の敷地には、農園レストランが併設されています。 雰囲気も素敵です。 営業情報• 11:00 ~ 14:00 … ランチ• 14:00 ~ 17:00 … ティータイム 土~日• 17:00 ~ 21:00 … ディナー 金~日 ランチメニューは1,800円~4,000ほど。 店内はゆったりしていて、とてもお洒落です。 サニタリー関連 炊事場・トイレ・お風呂 有野実苑オートキャンプ場の炊事場、トイレは綺麗に管理されています。 炊事場 炊事場は、綺麗に管理されてます。 お湯も出る蛇口も多いので、寒い時期でも洗い物が楽です。 トイレ・シャワー トイレも綺麗です。 子供にも配慮がされていて、Kids用のトイレがあります。 お風呂 有野実苑オートキャンプ場は、露天風呂が人気です。 貸切 家族風呂 40分で2,500円• 露天風呂 中学生以上500円、小学生以上400円 小学生2人の4人家族なら、露天風呂で1,800円。 家族風呂だと2,500円。 ドライヤーもあるので、寒い時期でも湯冷めを気にせずにお風呂に入れます。 ちなみに、貸切り家族風呂は予約が必要なので、チェックイン開始時刻に並ぶ必要があります。 防災の備えにもなって安心。

次の