フシギバナ ハイパー リーグ。 【ポケモンGO】メガニウムのおすすめ技と強さ:スーパー・ハイパーリーグで活躍!|ポケらく

【ハイパーリーグ】タネマシンガンの調整でジュカインの評価が急上昇!?

フシギバナ ハイパー リーグ

やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! シンオウ地方イベントはどうだったかな? お兄さんはとりあえず色違いヒポポタスを1匹ゲット!! リオルとフカマルについては…… 聞かないでおくれ。 まあ、しばらくはコツコツと7kmタマゴを割り続けるよ! それはさておき、現在開催中のGOバトルリーグ「 ハイパーリーグ」のプレシーズンは楽しんでいるだろうか? これまで2回に渡ってオススメパーティをご紹介してきたが、今回は第3弾! とりあえず戦える態勢を整えたい人は、ぜひ参考にしてくれよな! ・まずは何体かだけでも育てよう お兄さんはハイパーリーグのプレシーズンを何回か戦ってみて、いくつか感じたことがある。 それは「 スーパーリーグより出てくるポケモンの種類が少なくね?」ということ。 スーパーリーグと比べて「うぉッ! それ!? 」と驚くようなポケモンが少ないような気がするのだ。 どういうことかと言うと、おそらくコレは「ハイパーリーグの育成まで手が回っていないトレーナーが多い」という証拠ではなかろうか? つまりは「 何体か育てればとりあえずは戦える。 あとは腕次第」となるハズ。 なので「何したらいいかわからない……(絶望)」というトレーナーもまずは目先の何体かだけを育ててみよう。 きっと、それで、大丈夫、なハズ。 スーパーリーグのプレシーズンは「260戦ほどしました~」と穏やか表情で語っていたAさんだが、いやおかしいだろ! 1日何キロ歩いてんだ!! 底なしのスタミナかよ! それはどうでもいいとして、第1回の「」第2回の「」に続き、今回もAさんにオススメパーティを教えてもらった。 ・メガニウム 「スーパーリーグでメチャメチャ強いメガニウムは、 ハイパーでもかなり強力です。 本当にメガニウムはステータスが優秀で、それはハイパーリーグになっても変わりません。 1体くさタイプを育てるなら、迷わずメガニウムをオススメします。 あとはやはり、ニョロボンやラグラージ対策ですね。 わざも回転の早さもステータスも言うことはありません。 メガニウムのベスト個体値は100%なので近い個体値がいれば迷わず育てましょう。 ステータスも優秀ですし、ギラティナの攻撃をほぼ無力化するフェアリータイプなので、対面になって負けることはありません。 むしろギラティナには余裕勝ちです。 抱え落ちのリスクは高いです。 とはいえ、その他のポケモン、例えばラグラージなどには強くないので運用には気をつけたいところ。 ピクシーもベスト個体値は100%なので、ほしのすなが少なくて済むキラを育てるといいでしょう」 ・ラグラージ 「スーパーリーグで大活躍のラグラージは、ハイパーリーグでも みずタイプのエース格として活躍できます。 じしんはレジスチルに刺さり、またギラティナにもかなりダメージを与えられます。 みずタイプを1体育てるなら、ハイドロカノンを覚えたラグラージがオススメです」 スーパーリーグと比べた場合、ハイパーリーグは ほしのすなもアメも大量にかかるため、手広くポケモンを育てるのは難しい。 とはいえ、最低限のポケモンを育てないと戦えないこともまた事実。 なので、 これまでご紹介した9体くらいは頑張って何とかしたいところだ。 というわけで、ほしのすな獲得とアメ確保にも全力を出しつつ、ハイパーリーグ用のポケモンもコツコツ育てていこう。 とりあえずお兄さんは不足してるレジスチルのアメを200個くらい集めるよ……! それではトレーナー諸君の健闘を祈る!! 参考リンク: Report: Photo:c2017 Niantic, Inc. c2017 Pokemon. ScreenShot:ポケモンGO (iOS).

次の

【ポケモンGO】GBLプレシーズン総評&採用率ランキング(ハイパーリーグ)

フシギバナ ハイパー リーグ

プレシーズン採用率 リーグ別リンク バトルリーグ ハイパーリーグ のランク9~10帯の 700戦以上のバトルを集計し、対戦相手が使用したポケモンの採用数と採用率をまとめました。 集計対象 集計期間 2020年2月11日 火 〜 2月24日 月 リーグ ハイパーリーグ ランク帯 9~10 採用率ランキング 順位 ポケモン 採用率 採用数 ギラティナ A 46. 優秀すぎる二つの通常技 ギラティナが覚える通常技には りゅうのいぶきと シャドークローがあるがどちらも優秀だ。 この二つの技は DPT・EPTともに高水準であり通常技で相手のHPを削りながらゲージを早く溜めることができるため非常に優れた性能となっている。 さらにこの二つの技は タイプが異なるため両方を考慮すると相手としては対処しづらい(どちらかの技に耐性があってももう片方が等倍以上で通る場合が多い)点も優秀だ。 ゲージ技にも優れている ギラティナが主に使うゲージ技として ドラゴンクローと げんしのちからがある。 この二つの技の消費ゲージ量はドラゴンクローが35、げんしのちからが45と少ないため 通常技の性能と合わせることで比較的早く発動することが可能になる。 ゲージ技を早く発動できることが多くの局面で戦いを安定させることにつながってくる。 ドラゴンクローは タイプ一致の安定した打点として使われ、 げんしのちからは ギラティナが弱いトゲキッスや氷タイプへの有効打になる。 げんしのちからが強力 前述した通り げんしのちからはギラティナが弱い トゲキッスや氷タイプへの有効打となったり、ドラゴンタイプとして炎タイプに役割を持てるようになるため ギラティナにはとてもマッチした技だ。 さらに、 げんしのちからには 発動すると10%の確率で攻撃力と防御力が二段階上昇する追加効果も備わっている。 この 追加効果が発動すればとても有利に試合を進めることができ、場合によっては不利な戦況もひっくり返すことができる。 このようにギラティナメタへの有効打に加えて能力上昇の追加効果も狙えるげんしのちからは非常に強力だ。 耐久力とタイプも優秀 ギラティナは持ち前の 高い耐久力により 多くの局面で相手の攻撃を耐えることができるため安定して戦うことができる。 高い耐久力は対戦中の選択肢を増やせることにつながるので魅力的だ。 そしてギラティナが持つ ドラゴン・ゴーストというタイプは 耐性が8種類あるので相性補完を考えるうえでも優れているため多くのパーティに採用しやすい。 複合タイプだが 二重弱点がないため役割破壊されづらい点も優秀といえるだろう。 第2位:ラグラージ• 技の性能と範囲が優秀 ハイパーリーグで使われる ラグラージの技構成は通常技に マッドショット、ゲージ技に ハイドロカノンと じしんが採用されることが多い。 マッドショットによってゲージを早くためられるので 二つのゲージ技を早い回転で打ち分けることができる。 スーパーリーグと違ってヘドロウェーブではなく じしんが採用されるのは ハイパーリーグのトップメタであるギラティナに対して打点を確保するためだろう。 この技構成であれば採用率トップ10をはじめとする多くのポケモンたちに対して等倍以上の打点となるため優れた技範囲といえる。 弱点が一つしかない ラグラージは 水・地面の複合タイプなので 弱点が草タイプのみとなっている。 そのため相手が草タイプの技を持っていない場合は安定して戦うことができる。 環境上位のギラティナ・レジスチル・トゲキッスに対して草技の通りが悪いためパーティに採用していない場合も多く、そういった 草技に耐性がある環境上位のポケモンたちと組み合わせやすい点もラグラージにとっては追い風だったといえそうだ。 高い耐久力と鋼単タイプが強い レジスチルはハイパーリーグにおいて トップクラスの耐久力を持っている。 弱点をつかれても一撃で倒れることはほとんどないため相手の攻撃に耐えて反撃することができる。 その点に加えてレジスチルは 鋼単タイプであり 11種類ものタイプに耐性を持っている。 そのため、もともと高い耐久力が多くの耐性によってさらに高く感じられるだろう。 耐性が豊富なことから パーティ内の相性補完や対戦中の交代受け先などで重宝される。 レジスチルが使う ラスターカノンと きあいだまは比較的 多くのゲージ量を必要とするゲージ技なのでロックオンと相性が良い。 ラスターカノンときあいだまの両方に耐性があるポケモンは環境に少ないため技範囲にも優れている。 第4位:トゲキッス• 通常技のあまえるが強い トゲキッスが覚える あまえるという通常技は 威力が高く通常技のみで相手に大きなダメージを与えることができる。 あまえるは フェアリータイプの技なので 環境のトップメタであるギラティナに対して抜群をとることができるため活躍の場面は多かった印象だ。 通常技のみで押していけるので シールドが残っている状態でも仮想敵を逃さず倒すことができるのは非常に強力だ。 通常技とゲージ技を合わせた技範囲が優秀 トゲキッスが主に扱う 通常技のあまえるに耐性があるタイプは 炎・鋼・毒タイプの3種類だ。 しかしトゲキッスが覚えるゲージ技には 炎タイプに有効な げんしのちから、 鋼タイプに有効な かえんほうしゃ、 毒タイプの環境上位であるフシギバナに有効な つばめがえし かえんほうしゃ があり、 通常技のあまえるに耐性のあるポケモンへの有効打となるため優秀な技範囲といえるだろう。 本来トゲキッスが有利な相手をあまえるで倒してから苦手な相手に有効なゲージ技をうつ流れを作り出せれば非常に強力だ。 優れた技性能と技範囲 ニョロボンが覚えるゲージ技の ばくれつパンチ・れいとうパンチという組み合わせは 技範囲がとても優秀だ。 採用率上位60位まで考慮してもどちらかの技を等倍以上で通すことができる。 そしてニョロボンは マッドショットという ゲージ量を非常に早くためられる通常技を使うことでこの優秀なゲージ技の範囲を十分に生かすことができるので強力だ。 格闘打点と水ミラーに強いタイプ ニョロボンはハイパーリーグにおいて 格闘タイプでトップの採用率だ。 鋼タイプへの打点であれば地面タイプの技でも構わないが 採用率上位のカビゴンに対して格闘打点が有効になるため差別化は可能だろう。 加えてニョロボンは水タイプでありながら格闘タイプの技をメインで使っているので 水タイプミラーになったときでも水耐性を生かしてタイプ一致の格闘技で押していくことができる。 このようにニョロボンはタイプと技の組み合わせがとても優秀なポケモンなのでその点を生かして活躍していた印象だ。 第5位:フシギバナ• 技性能が優秀 フシギバナが覚える ハードプラントというゲージ技はすべての技の中でもトップクラスに優秀だ。 少ないゲージ消費量で発動することができるにもかかわらず威力がとても高い。 もう一つのゲージ技である ヘドロばくだんもハードプラントが通らない 草・炎・飛行タイプへのタイプ一致の打点として重宝される。 その点に加えて通常技の つるのむちは ゲージ量を早くためることができるので優秀なゲージ技との相性が良い。 このように通常技・ゲージ技の両方に優れているため非常に強力なポケモンだ。 圧倒的にラグラージに有利 フシギバナは採用率2位の ラグラージに対して圧倒的に強い点は魅力だろう。 ラグラージは優秀な技性能を持っていて弱点が草タイプしかないため パーティに草技を採用していない場合にパーティを大きく崩されてしまう恐れがある。 しかし フシギバナを採用することで 容易に対処することが可能になる。 ほかにも採用率5位のニョロボンに対してもフシギバナは強いため水タイプへの回答として活躍する場面は多かった。 環境上位との補完に優れた複合タイプ ハイパーリーグのトップメタには ギラティナ・レジスチルといったポケモンたちがいるがフシギバナが持つ 草・毒タイプは これらのポケモンたちとの相性補完に優れている(レジスチルが弱い地面・格闘タイプにフシギバナが強く、フシギバナが弱い飛行・エスパータイプにレジスチルが強い。 またギラティナが弱いフェアリータイプにフシギバナが強く、フシギバナが弱い炎タイプにギラティナが強い)。 そのため パーティのバランスを考えるうえでもフシギバナは優秀といえるだろう。 環境総評 ギラティナ・ラグラージの2強時代 採用率ランキングからも読み取れるようにハイパーリーグにおいては ギラティナと ラグラージがとにかく強かった。 この二体は[ 単体でも十分に強いが相性補完にも優れているため組み合わせることによって更に力を発揮することができる(ギラティナが弱い鋼タイプ・ベトベトン アローラ にラグラージが強く、ラグラージが弱い草タイプにギラティナが強い)。 耐久力重視のリーグ ハイパーリーグはスーパーリーグに比べると実用的なポケモンたちの攻撃力に対して耐久力が上がっているため 相手の攻撃に耐えたり再交代がしやすかった印象だ。 例えば、 スーパーリーグにおけるレジスチルからラグラージへのきあいだまのダメージは84 60. それに対して ハイパーリーグにおける同様の対面でのきあいだまのダメージは86 48. 同じ対面で ラグラージからのハイドロカノンもスーパーリーグでは40 30. このように 使用するポケモンと技は同じでもダメージの割合が変わってくるので実戦の中で対応する必要があっただろう。 スーパーリーグに引き続きランクイン 今回、採用率が上位だった ラグラージと レジスチルだが実は前回の スーパーリーグの採用率においてもトップ5にランクインしている。 なぜリーグが変わっても引き続き使われているのだろうか。 その要因としては タイプと技性能が変わらないことがあげられる。 リーグが変わるとステータスに違いは出てくるが、ある程度の適性があれば実用可能だ。 それよりもポケモン自体が持っている タイプと技性能は変えることができない要素なのでとても重要になってくるといえる。 そういった観点から今回採用率1位だった ギラティナが何らかの形でCP1500以下で実装された場合は スーパーリーグの環境に大きな影響を与えるかもしれない。

次の

【ポケモンGO】フシギバナのおすすめ技と最大CP&弱点

フシギバナ ハイパー リーグ

シーズン2ハイパーリーグの期間は? ハイパーリーグ専用の開催期間は 2020年6月2日 火 朝5:00~2020年6月23日 火 朝5:00まで(日本時間)となっています。 選出上位ポケモンの動向 まずシーズン1ハイパーリーグ期間(3月28日~4月10日)での選出率上位15のポケモンをおさらいしておきます。 15位未満でしたが、その他に本記事で紹介したい3種も追加して掲載しています。 なお、全データをまとめた記事のリンクは本記事の最後に貼っておきますので、気になる方はチェックしてみてください。 — ポケモン 選出数 選出率 1 ギラティナ(アナザー) 83 14. ギラティナは飴の投資がほぼ技の解放100のみで済み、それでいてハイパーリーグ最強なんだから、作らないほうがどうかしているレベルです。 その代わり他の伝説ポケモンにまでアメを回せる余裕がない方は多かったのではと感じています。 しかし シーズン2からは溜まってきたアメを使ってギラティナ以外の伝説ポケモンも育成してきたプレーヤーも増えてくると予想します。 候補はレジスチル、アーマードミュウツー、フリーザー、クレセリアの4種です(クレセリアは後述)。 筆頭はレジスチル。 こいつはハイパーリーグだとMAX強化が前提となるためアメの消費量がえげつないですが、それに見合った活躍を見せてくれます。 アーマードミュウツーは幅広いポケモンに対応できるオールラウンダーです。 (スーパーリーグでいうところのデオキシスのポジション?) フリーザーはギラティナに有利なうえ、攻撃ダウン効果のこごえるかぜ連発が非常にウザいです。 このくさむすびクレセリアは、ラグラージが多いハイパーリーグ環境が最も活躍すると予想します。 増加:クレセリア• 不利:ラグラージ、ニョロボン• ギラティナとしてはかなりの逆風になります。 グランブルについては以下の記事でもさらに詳しくまとめてあります。 増加:グランブル• 不利:ギラティナ• 対策:レジスチル(インファイトには注意) 新・レジスチル対策 ここまで見てくると、 新規に台頭する勢力の多くはレジスチルで対策できるということが見えてきます。 そうなると、従来からレジスチルに有利であったラグラージ、ニョロボン以外で、新たにレジスチルを対策するポケモンを検討する必要がでてきます。 ここで注目したいのは リザードン! レジスチルのすべての技とフェアリー勢のあまえるに耐性があります。 また、草系としては メガニウムはラグラージとレジスチルの両方を見ることができ、ギラティナにも地震を等倍で通せますので、シーズン1と同様にフシギバナに代わって台頭してくると予想します。 どちらもリザードンで対応できますね。 増加:レジスチル、メガニウム• 対策:リザードン 以上、シーズン2ハイパーリーグ開幕前の環境予想でした。 しっかり対策を練って、がんばっていきましょう!.

次の