さらば シベリア 鉄道 コード。 さらばシベリア鉄道(太田裕美) / コード譜 / ギター

さらばシベリア鉄道 / 大瀧詠一

さらば シベリア 鉄道 コード

本連載「」(ほぼ毎週水曜更新)は、30年以上バックパッカースタイルで旅をする旅行作家のさんと相棒の写真家・阿部稔哉さんと中田浩資さん(交代制)による15枚の写真「旅のフォト物語」と動画でつづる旅エッセーです。 (写真:阿部稔哉) シベリア鉄道ダイジェスト 新型コロナウイルスの影響で予定していた「沖縄の離島の路線バス旅」の掲載が延期。 クリックディープ旅の連載は長年続いている。 そのなかから、もう一度見たいシーンや未掲載シーンを、エリアや取材時期を問わずにピックアップしたシリーズを配信します。 今回はシベリア鉄道。 世界で最も長い区間を走る超長距離列車だ。 鉄道ファンだけでなく、多くの人が一度は乗ってみたい……という列車旅を15枚の写真と動画で紹介します。 季節は冬。 西に向かって粘り強く走り続ける列車旅の世界に浸ってみてください。 長編動画 シベリア鉄道は6泊7日。 車窓風景を録画した長編動画の本数も多い。 そのなかからいちばんシベリア鉄道らしい風景が続くイルクーツクの手前の車窓風景を。 僕と阿部稔哉カメラマンとのシベリア鉄道話も聞くことができます。 音声はテレワークでよく使われるアプリZoomを利用して録音しました。 短編動画 未発表の動画を軸に再構成しました。 車内や停車中のホームの様子を。 Scene01 ウラジオストクとモスクワを結ぶシベリア鉄道。 走行距離は9259キロに及ぶ。 この路線には多くの列車が走っているが、そのなかで乗り換えなしで一気に走るロシア号を選んだ。 隔日運行だ。 運賃はクーペと呼ばれる2等寝台で約3万7146円だった。 出発は夕方。 発車ベルもなく、ロシア号はウラジオストク駅を発車する。 Scene02 乗車を前に、ウラジオストクで買いそろえた食料。 パン3袋、カップ麺12個、チーズ、ソーセージ、リンゴ……。 列車に乗るのではなく、山に登る感覚で買った。 一応、毎日の食料計画を立てた。 もちろんこれだけでは足りない。 途中駅で買い足していく構え。 さてこのなかでどう寝るか。 シベリア鉄道は荷物の整理能力も必要。 Scene03 ウラジオストクを発車した列車は、ハバロフスク、ウランウデ、イルクーツクと停車していく。 主要駅での停車時間は15分以上。 駅のホームにあるこんな売店で食料を補充していく。 しかしホームで売られているものは高くてまずい……と乗客から教えられる。 で、どうした? シーン6で。 Scene04 実は2、3日乗車した区間も加えると、シベリア鉄道はこれで5回目。 2回目に乗ったときにホームで買った不思議な食べ物に今回も遭遇。 松ヤニを固めたようなガム。 これをポキッと折って口に含むと、サーと口中に松ヤニの風味が広がる。 シベリアの風味ですなぁ。 ただし2分ほどで風味が消える。 これもシベリア? Scene05 冬のシベリアの気温はマイナス20度を下まわる。 そんな厳寒の街を列車はつないでいく。 家や工場の煙突から立ちのぼる蒸気はくっきりと白い。 川は完全に凍りつき、その上を車が走っていく。 僕は毎朝、ホームでコーヒーを飲んだ。 その湯気の濃さで気温を推測できるようになる。 なにしろ7日間ですから。 Scene06 「買い足す食料は駅の外のスーパーや雑貨屋で買う」。 乗客に教えられた。 駅には一応、改札やセキュリティーチェックがあるのだが、列車の乗客は大目にみてもらえるようだ。 揚げたてのピロシキ、スーパーに並ぶ50種類の総菜。 ロシアのルーブルが安くなり、総菜は100グラムで100円前後。 長い列車旅を乗りきるコツを身に付けた。 Scene07 車内の温度は25度前後に保たれている。 Tシャツ1枚でもすごせるほど。 で、困るのは、買った食材が腐ってしまうこと。 ウラジオストクで野菜不足を補おうと買った生の赤カブ。 せっせと食べたのだが、3日目にはぬるぬるに腐ってしまった。 同室のロシア人は、腐ったチキンサラダにあたり、トイレを往復していた。 冷蔵庫がほしい。 Scene08 シベリア鉄道は1等から3等まで。 僕らはクーペという2等寝台。 二段ベッドがふたつ入った4人用コンパートメントだ。 2等以下はシャワーなし。 7日間シャワーなしで? そうです。 シベリア鉄道に乗りたい人はこの事実を知って引いてしまう。 僕は大丈夫ですが。 トイレには大判ウェットティッシュ。 これで体を拭けますが。 Scene09 シベリア鉄道には音がない。 しんと静まり返った冬ざれた風景が延々と続く。 都市を離れると、車も消え、動物の姿も目にしない。 ウラジオストクを発車して3日目、列車がイルクーツクに近づき、川にカラスの姿を見たときは、救われた気分になった。 シベリア鉄道は、人を寡黙にする列車だと思った。 Scene10 冬のシベリアは日照時間が短い。 日が暮れた寒い駅に止まることが多い。 乗客の大半はホームに出て気分転換。 犬を連れた人は、20分ほどの停車時間に散歩。 若者はホームでジョギング。 寂しい夜のホームが一気ににぎやかになる。 その間、僕らは……。 それは次の写真を見てください。 Scene11 僕らは、駅を出たスーパーで買ったビールを、ホームの雪のなかで冷やしていました。 停車時間の間だけで、キンキンに。 ロシアは酒のみ大国。 ウォッカ4本は酒ではないということわざがあるほど。 スーパーで売られているペットボトル入りビールも、主流は1. 5リットルボトル。 アルコールに関する感覚が違います。 Scene12 小さな駅に停車したときは、ホームの片隅で食料調達。 彼女が家でつくったピロシキだ。 はじめてシベリア鉄道に乗ったのは1988年。 当時のシベリアは荒廃していた。 社会主義の体制が崩れかけている不安のなかで、人々は生きることに必死だった。 駅のホームからあふれるほどの物売りが集まっていた。 それから30年。 物売りはずいぶん減った。 Scene13 僕らのベッドは上段だった。 下段に乗るロシア人は入れ替わっていく。 多くが食料持参。 しばしば彼らから声がかかり、一緒に食事。 ウォッカを持ち込んだおじさんは、ちゃんと4人分のグラスを用意。 これは女性の乗客が持ち込んだ食事。 パンにチーズを2センチの厚さに塗ったサンドイッチをもらった。 これは太る。 Scene14 ウラジオストクを発車した列車は延々と走り続け、5日目、ウラル山脈にさしかかった。 ここがシベリアとヨーロッパロシアの境になる。 深く、静かなタイガの森を眺めながら、また寡黙になってしまう。 冬のシベリアは美しいが、静かすぎる。 終点のモスクワまではあと2日……。 Scene15 モスクワに到着した。 着いたのはヤロスラフスキー駅。 モスクワ市内のターミナル駅のひとつで、シベリア鉄道を走る多くの列車が利用する。 7日間世話になった車掌と、「いろいろ迷惑をかけてすいません」とおわびをしながら握手。 車掌は折り返す列車に乗って、ウラジオストクに戻っていくという。 言葉を失った。

次の

さらばシベリア鉄道 / 太田 裕美 のタブ譜(Tab譜)

さらば シベリア 鉄道 コード

[1]• [2]• [3]• [4]• [5]• [6]• [7]• [8]• [9]• [10]• [11]• [12]• [13]• [14]• [15]• [16]• [17]• [18]• [19]• [20]• [21]• [22]• [23]• [24]• [25]• [26]• [27]• [28]• [29]• [30]• [31]• [32]• [33]• [34]• [35]• [36]• [37]• [38]• [39]• [40]• [41]• [42]• [43]• [44]• [45]• [46]• [47]• [48]• [49]• [50]• [51]• [52]• [53]• [54]• [55]• [56]• [57]• [58]• [59]• [60]• [61]• [62]• [63]• [64]• [65]• [66]• [67]• [68]• [69]• [70]• [71]• [72]• [73]• [74]• [75]• [76]• [77]• [78]• [79]• [80]• [81]• [82]• [83]• [84]• [85]• [86]• [87]• [88]• [89]• [90]• [91]• [92]• [93]• [94]• [95]• [96]• [97]• [98]• [99]• [100]• [101]• [102]• [103]• [104]• [105]• [106]• [107]• [108]• [109]• [110]• [111]• [112]• [113]• [114]• [115]• [116]• [117]• [118]• [119]• [120]• [121]• [122]• [123]• [124]• [125]• [126]• [127]• [128]• [129]• [130]• [131]• [132]• [133]• [134]• [135]• [136]• [137]• [138]• [139]• [140]• [141]• [142]• [143]• [144]• [145]• [146]• [147]• [148]• [149]• [150]• [151]• [152]• [153]• [154]• [155]• [156]• [157]• [158]• [159]• [160]• [161]• [162]• [163]• [164]• [165]• [166]• [167]• [168]• [169]• [170]• [171]• [172]• [173]• [174]• [175]• [176]• [177]• [178]• [179]• [180]• [181]• [182]• [183]• [184]• [185]• [186]• [187]• [188]• [189]• [190]• [191]• [192]• [193]• [194]• [195]• [196]• [197]• [198]• [199]• [200]• [201]• [202]• [203]• [204]• [205]• [206]• [207]• [208]• [209]• [210]• [211]• [212]• [213]• [214]• [215]• [216]• [217]• [218]• [219]• [220]• [221]• [222]• [223]• [224]• [225]• [226]• [227]• [228]• [229]• [230]• [231]• [232]• [233]• [234]• [235]• [236]• [237]• [238]• [239]• [240]• [241]• [242]• [243]• [244]• [245]• [246]• [247]• [248]• [249]• [250]• [251]• [252]• [253]• [254]• [255]• [256]• [257]• [258]• [259]• [260]• [261]• [262]• [263]• [264]• [265]• [266]• [267]• [268]• [269]• [270]• [271]• [272]• [273]• [274]• [275]• [276]• [277]• [278]• [279]• [280]• [281]• [282]• [283]• [284]• [285]• [286]• [287]• [288]• [289]• [290]• [291]• [292]• [293]• [294]• [295]• [296]• [297]• [298]• [299]• [300]• [301]• [302]• [303]• [304]• [305]• [306]• [307]• [308]• [309]• [310]• [311]• [312]• [313]• [314]• [315]• [316]• [317]• [318]• [319]• [320]• [321]• [322]• [323]• [324]• [325]• [326]• [327]• [328]• [329]• [330]• [331]• [332]• [333]• [334]• [335]• [336]• [337]• [338]• [339]• [340]• [341]• [342]• [343]• [344]• [345]• [346]• [347]• [348]• [349]• [350]• [351]• [352]• [353]• [354]• [355]• [356]• [357]• [358]• [359]• [360]• [361]• [362]• [363]• [364]• [365]• [366]• [367]• [368]• [369]• [370]• [371]• [372]• [373]• [374]• [375]• [376]• [377]• [378]• [379]• [380]• [381]• [382]• [383].

次の

さらばシベリア鉄道 / 太田 裕美 のタブ譜(Tab譜)

さらば シベリア 鉄道 コード

解説 [ ] もともとはが ()「 ()」に刺激され、アルバム『』のために作った曲である。 大瀧はいったんレコーディングを始めたが、慣れない女言葉で歌うのを気持ち悪がり 、担当が同じだった事もあり太田裕美への提供を思い立ったという。 ただ、自身の録音スケジュールの関係や、これまでの太田裕美のサウンドとの一貫性を大事にしたいという大瀧の意向から、についてはに全面的に依頼した。 ただ、先に出来上がっていた自身のバージョンのオケ(編曲は大瀧自身)を代わりに萩田に渡したため、大瀧の原編曲が生かされている部分もあり、間奏のギターソロは大瀧バージョンと同じが担当している。 太田裕美のシングルとしての発表時、ランキングは最高で70位留まりだったものの、大瀧にとっては作曲家として、初めて100位以内にランクインした楽曲である。 その後、『A LONG VACATION』のにより、アルバム収録の「さらばシベリア鉄道」に注目が集まるようになった。 現在では太田自身最大のヒット曲「」等と同じく、当曲を歌謡番組で披露する事が多い。 収録曲 [ ] SIDE A [ ]• さらばシベリア鉄道 作詞:松本隆、作曲:、編曲: SIDE B [ ]• 君は天然色• Velvet Motel• カナリア諸島にて• Pap-Pi-Doo-Bi-Doo-Ba物語(ストーリー)• 我が心のピンボール SIDE B• 雨のウェンズデイ• スピーチ・バルーン• 恋するカレン• さらばシベリア鉄道 解説 [ ] 「さらばシベリア鉄道」はアルバム『』 からのシングル・カット曲で、ナイアガラ・トライアングル「」との両A面でリリースされたが、はアルバムと異なるシングル・ミックスで、アルバムより46秒短く、最後の・ソロ前でフェードアウトする。 レコーディングについて大瀧は、「はアップライトを2台使って、んです。 お得意のサウンドにしたかったので。 でも本当はNGなんですよ、画びょうは。 ハンマーが傷むし、チューニングが狂いやすい。 ムチの音はで、間奏抜けのタムはダビング。 その後(2分18秒)に続く金山功のティンパニはわざとずらしてもらったものだという。 メロディ・歌い回しが一部太田版と異なるが、太田によれば自分のバージョンの方がオリジナル(大瀧がデモテープ代わりに送ってきたバージョン)のメロディに近く、同じように歌うのはつまらないと思った大瀧が歌い方を変えたのではないかと推測している。 収録曲 [ ] SIDE A [ ]• by 多羅尾伴内 SIDE B [ ]• by クレジット [ ]• PRODUCER : EIICHI OHTAKI• ENGINEER :• 大瀧が「」を提供した際、小林の担当ティレクターの意向で企画された。 アレンジはセルフカバー版と大体同じ。 監修によるカヴァー曲集『』(発売 CD:SRCL 5012)にも収録。 英作詞 : TIM JENSEN• 、、大滝詠一 (1976年3月25日 1976-03-25 )• (1976年10月25日 1976-10-25 )• (1977年3月25日 1977-03-25 )• 夢で逢えたら シリア・ポール (1977年6月25日 1977-06-25 )• 多羅尾伴内楽團 (1977年11月25日 1977-11-25 )• (1977年12月25日 1977-12-25 )• 多羅尾伴内楽團 (1978年6月25日 1978-06-25 )• (1978年8月25日 1978-08-25 )• NIAGARA FALLIN' STARS (1978年11月25日 1978-11-25 )• NIAGARA CM STARS (1981年4月1日 1981-04-01 )• (NIAGARA FALLIN' STARS) (1981年4月1日 1981-04-01 )• (1981年7月21日 1981-07-21 )• NIAGARA FALL OF SOUND ORCHESTRAL (1982年6月1日 1982-06-01 )• NIAGARA CM STARS (1982年10月1日 1982-10-01 )• NIAGARA CM STARS (1983年11月1日 1983-11-01 )• NIAGARA FALL OF SOUND ORCHESTRAL (1984年6月1日 1984-06-01 )• (1987年6月21日 1987-06-21 )• NIAGARA FALLIN' STARS (1987年6月21日 1987-06-21 ) BOXセット• (2001年3月21日 2001-03-21 )• NIAGARA TRIANGLE Vol. EACH TIME 20th Anniversary Edition (2004年3月21日 2004-03-21 )• NIAGARA MOON 30th Anniversary Edition (2005年3月21日 2005-03-21 )• NIAGARA TRIANGLE Vol. NIAGARA 30th Anniversary Edition (2006年9月21日 2006-09-21 )• 多羅尾伴内楽團 Vol. 2 (2007年9月21日 2007-09-21 )• NIAGARA CALENDAR 30th Anniversary Edition (2008年3月21日 2008-03-21 )• (2011年3月21日 2011-03-21 )• NIAGARA CD BOOK I (2011年3月21日 2011-03-21 )• NIAGARA TRIANGLE Vol. 2 30th Edition (2012年3月21日 2012-03-21 )• (2014年3月21日 2014-03-21 )• (1973年11月21日 1973-11-21 )• ( 1982年12月21日 1982-12-21 )• (1991年3月21日 1991-03-21 )• (1995年3月24日 1995-03-24 )• (2010年3月21日 2010-03-21 )• (2010年3月21日 2010-03-21 )• (2018年3月21日 2018-03-21 )• (2018年3月21日 2018-03-21 ).

次の