国民 年金 支払 額。 国民年金 厚生年金支給額変更通知書が送られてきました。開けて驚愕しま...

国民年金はいくら払う?国民年金保険料の月平均額・免除・割引について [年金] All About

国民 年金 支払 額

国民年金の毎月の支払い金額はいくら? まずは国民年金について解説します。 毎月の支払い金額は加入者一律で、通知書や納付書が送られてきます。 ちなみに、平成30年度(平成30年4月~平成31年3月)は月額16,340円で、平成29年度の16,490円と比較して、150円安くなります。 ところで、この金額はどのように決定されているのでしょうか。 実は平成16年の年金改正で、100年安心プランという名の改革が行われました。 それまで採用されていた「給付水準維持方式」から「保険料水準固定方式」になったのです。 簡単にいうと、年金の給付額ありきで保険料を変えるのではなく、国民から集める年金保険料の水準を、一定に保つことを優先するものです。 もう保険料は上がり続けませんから、しっかり払ってください、かわりに給付額は現役世代の収入の50%程度になりますという改革がなされたわけです。 その際に、月額13,860円であった保険料を、平成29年度まで毎年280円ずつ引き上げることになりました。 そして、それを最後に引き上げは終了し、あとは政府の資産運用や徴収率アップの努力で年金財政は今後100年間安心という改革だったのです。 実際の年金保険料の月額は、その金額を基準として、賃金や物価などにスライドさせた改定率を掛けていたので、微妙に変化がありました。 国民年金の毎月の支払い額がまた上がる理由 ところで、平成31年からの年金保険料の毎月の基準の支払い金額が17,000円になります。 たしか平成16年度の改革では、平成29年度から上がらないことになっていたのに、変ですよね。 実は、平成28年に再度年金改革が行われて、第1号被保険者の産前産後期間の保険料を免除するため、100円アップが決定しました。 このように、年金改革が行われれば、実は年金保険料も年金受給額も、すべて変更することができてしまうわけです。 もちろん、国民にとってありがたい改革もあれば、そうでない改革もあります。 実際に、年金の受け取り資格が25年払い込みから10年払い込みに緩和されました。 しかしこれは、ただでさえ逼迫する年金財政にとって、一時的には潤いをもたらすかもしれませんが、将来に今以上の財政難をもたらすかもしれません。 そして、確実にいえることは、超少子高齢社会は確実に進行し続けているということです。 年金の視点でいい換えれば、年金を納める人の数はどんどん減り、受け取る人の数は増え続けているのです。 根本的にこれに歯止めがかからない限り、現在のままでは、年金財政が破綻することは否めません。 結局、今後も改正によって年金保険料の毎月の支払い額は上がり、年金受給額は減っていくということになるでしょう。 国民年金の特例、第3号被保険者 もうひとつ、特例があるのでお話しておきたいと思います。 国民年金の被保険者には第1号から第3号まであります。 先に述べた自営業者やフリーランスの方などは第1号被保険者に当たります。 そして、厚生年金に加入している会社員の方などは、実は国民年金の第2号被保険者になります。 詳しくは後述しますが、厚生年金に加入している人は、同時に国民年金にも加入しているのです。 そして、最後が第3号被保険者です。 これは、第2号被保険者の妻で、専業主婦である国民年金加入者を指します。 では、なにが特例なのでしょう。 自営業者の方などは、自分で国民年金を支払います。 そして、会社員の方は、給料から天引きして、会社がまとめて年金保険料を納付してくれます。 どちらも形は違いますが、自分の収入の中から年金を納付しています。 ところが、第3号被保険者に関しては、年金保険料の納付が免除されているのです。 妻が第3号被保険者になることで、夫の支払う保険料が増えるわけでもありません。 これは、会社員の負担を軽減するための優遇措置で、もらえる受給額も他の国民年金加入者と変わりません。 年金保険料の毎月の支払いなくして受給はできるという、とても優遇された特例なのです。 厚生年金の毎月の支払い金額が高い理由 さて、次に厚生年金の毎月の支払い金額についてみていきましょう。 会社員のみなさんは、厚生年金保険料は毎月給料から天引きされていますね。 給料明細を見て、結構大きな金額だと思った方もいるのではないでしょうか。 しかし、あなたの厚生年金保険料は、実際にはその倍の金額になります。 つまり、会社員の給料から天引きされているのは全体の半分で、会社が納付するときに、もう半分を補てんして支払ってくれているのです。 そう考えると、毎月17,000円程度の国民年金の支払い額と比べると、かなり多いように思いますね。 それにも理由があります。 実は、厚生年金加入者は、自動的に国民年金にも加入しています。 日本は国民皆年金という制度を有しており、20歳以上60歳未満の国民は、すべて国民年金に加入しなければなりません。 そして、厚生年金は、国民年金の上乗せ部分に当たるため、当然支払い保険料も高額になるのです。 もし、会社が負担してくれなければ、毎月の支払いは総支給額に対してものすごく高い金額になるはずです。 もしかしたら、いくらもらえるかわからないような年金に加入しないで、その分貯蓄した方が老後の蓄えになると感じるかもしれません。 とはいえ、年金加入は国民の義務なので、勝手に外れるわけにはいきませんが、国民の年金離れの理由のひとつになりかねません。 そこで、会社が福利厚生の一環として、半額を負担することになっています。 厚生年金の毎月の支払い金額はいくら? では、毎月の支払い金額はどのようにして決まっているのでしょう。 それは、給料によって違います。 基準となるのは、標準報酬月額というもので、毎年4~6月の3ヶ月間の支給額の平均をとって決定されます。 厚生年金保険料は、その標準報酬月額によって、1~31等級に分かれています。 日本年金機構のHPに、その納付金額を一覧表にした厚生年金保険料額表が掲載されており、見ていただければわかりやすいと思います。 たとえば、実際の給料支給額が21万円の人は、14等級で標準報酬月額が20万円です。 表を横にたどっていくと、年金保険料は全額で36,600円、会社と折半した額が18,300円になります。 また、これについても、平成16年の年金改革で、平成29年まで段階的に引き上げることになっていて、現状の18.3%がその上限とされています。 国民年金と違うところは、全員一律ではなく、給料の支給額によってかわるところですが、もうひとつ、厚生年金には上限があります。 給料支給額60.5万円以上(標準報酬月額で62万円)が上限で、厚生年金の支払い額は113460円、折半で56730円となっています。 これ以上、たとえば給料が100万円であっても、この金額であるということになります。 年金の毎月の支払い金額や受給金額は変わる可能性大! 国民年金、厚生年金保険料の毎月の支払い額については、平成29年度はある意味区切りの年でした。 平成16年の年金改革当時は、平成29年度には100年後まで安心して年金が受け取れる基礎が築けている予定でした。 そして、平成29年度の保険料で制度を継続していけば、年金制度の破綻はないという皮算用がされていたわけですね。 しかし、実際は目標には到達していないようで、政府の年金資源の運用利率も、保険料徴収率も思うようにはいっていません。 そこで平成28年の年金改革が行われるにいたったというのが実情といえます。 まさかの年金受け取り開始が75歳に?という間違った情報まで流れましたが、今後はあながちないともいえないかもしれません。 年金の毎月の支払い額だけでなく、高齢者になってからの受け取り額や受け取り時期についても、改革という名のもとに変わっていくはずです。 そもそも現役世代の収入の50%の受給額では、住む家があったとしても、安心して老後を迎えることができるわけがありませんね。 年金に頼りすぎず、自分で将来に備えることが大切 年金を補てんする備えは、働けなくなってからでは、遅いです。 貯蓄や個人年金、投資など、人によってやりかたはいろいろだと思います。 ただ、私たちは自分の将来は自分で守るという意思を持って、準備をしていかなければならないのではないでしょうか。

次の

国民年金保険料の免除制度・納付猶予制度|日本年金機構

国民 年金 支払 額

納付書の内訳 の納付書が届いた。 4月まで会社員で厚生年金に加入していたので、• 今年6月から来年3月までの10ヶ月前納(166,930円)• 今年10月から来年3月までの6ヶ月前納(100,810円) の13枚が入っていた。 10ヶ月前納の納付書もあるとは知らなかった。 2020年のは一ヶ月16,540円だが、で付加保険料400円も申し込んだので、16,940円の納付書になっている。 全期間前納で払うと 2,470円の割引、6ヶ月前納で払うと 830円の割引になる。 割引額を比較 5月~9月は単月払いで、10月から来年3月までを6ヶ月前納するつもりだった。 納付書での単月払は 還元率1. 2%のカードでチャージしたで支払。 6ヶ月前納はクレジットカード払の手続きをして、 還元率1. 25%でキャッシュバックできるREXカードで払う予定だった。 この場合、前納とカード払による割引額は 3,106円。 納付額 割引額 払 (1. 2%) カード払 (1. 25%) 割引計 5月~9月単月 84,700 1,016 1,016 6ヶ月前納 100,810 830 1,260 2,090 合計 185,510 830 1,016 1,260 3,106 でも10ヶ月前納の納付書がついていたので予定を変更。 今年はカード払せず、5月分の単月払と6月から来年3月までの10ヶ月前納をで支払う。 2%) カード払 (1. 25%) 割引計 5月単月 16,940 203 203 10ヶ月前納 166,930 2,470 2,003 4,473 合計 183,870 2,470 2,206 4,676 6ヶ月前納のクレジットカード払を申し込んでしまったけど、先に納付書で払ってしまえば引かれないか、たとえ引かれても返金されるだろう。 支払とチャージ 早速、で2枚のを使って払ってきた。 センター預かりから払うのは、慣れていない店員だと手間取るので、通勤通学時間帯を避けてコンビニにいったが、慣れた店員に当たってスムーズに払えた。 住民税の納付書もそろそろ届くはず。 月3万円までしかポイントがつかないカードのチャージだけではまにあわないので、J'sコンシェルで10万円分のギフト(98,000円)も購入した。 登録漏れがあってもどれが漏れているかはわからないので、最初の1件目から入力して確認していかないといけないけど・・・。 単純な前納の割引額だけの比較なら、カード払よりの方が有利。 でも、カードのポイント還元を考慮すると カード払の方が有利になるので、2年前納のクレジットカード払の申請をするつもり。 申請書はネットからダウンロードしてもいいし、にいくと切手不要の返信用封筒と一緒にもらうこともできる。 前納 振替 カード払(1. zhizuchangle.

次の

国民年金を40年以上納付した場合は、給付額が増えるか、40年以上は納...

国民 年金 支払 額

20歳から60歳までが国民年金保険料を支払う期間 20歳から60歳までが国民年金保険料を支払う期間です。 20歳から60歳までの厚生年金に加入している期間は厚生年金保険料を支払うことにより、国民年金保険料も払っていることになります。 【国民年金の満額についてはコチラの動画をご覧ください】 国民年金保険料はいくら? 令和2年度の国民年金保険料は月額1万6540円で、翌月末日までに支払う必要があります。 年金保険料は毎月払い、半年払い、1年払い、2年払いがあり、現金、口座振替、クレジットカードで支払うことができます。 国民年金の被保険者とは? 国民年金の被保険者とは、老齢、障害、死亡など保険事故が起きたとき、公的年金を受けることができる対象者です。 被保険者の種別は、自営業者、退職者、学生等が加入する第1号被保険者、会社員や公務員など厚生年金に加入している第2号被保険者、第2号被保険者に扶養されている配偶者として第3号被保険者があります。 会社員、公務員は「第2号被保険者」として厚生年金を支払うと同時に国民年金にも加入している 厚生年金に加入している会社員、公務員は20歳前でも勤務し始めた翌月(給与計算によっては当月)から第2号被保険者となり厚生年金保険料を支払います。 例えば高校卒業後に会社員になったら、18歳で厚生年金に加入となり、毎月の給与から厚生年金保険料が差し引かれます。 20歳以上60歳未満の厚生年金期間は国民年金の期間も兼ねていて、老齢年金をもらうときには国民年金に厚生年金が上乗せされる形となります。 厚生年金は国民年金に上乗せされています。 共済年金と厚生年金は2015年10月に一元化されましたが、それ以前に老齢年金を受ける権利(受給権)が生じた元公務員の方は、今も共済年金をもらっています 厚生年金に加入している会社員、公務員等(第2号被保険者)の妻で20歳以上60歳未満の人は、第3号被保険者として国民年金保険料を支払っている扱いになります。 60歳から65歳まで加入できる国民年金の任意加入 20歳から60歳まで国民全員が加入しなければならない国民年金ですが、実際には40年(480カ月)全期間、年金保険料を払い続けている人はまれです。 20歳以上でも学生時代は支払っていなかったり、主婦でいた時に払っていない期間があったり、年金保険料を支払えないこともあるからです。 そこで480カ月年金保険料をかけられなかった人が、60歳以降65歳までの間、最長480カ月になるまで国民年金保険料を支払うと、満額の国民年金(令和2年度で78万1700円)をもらえるようになります。 65歳から70歳まで加入できる国民年金の特例任意加入 また、老齢年金をもらうには、最低10年の年金期間が必要ですが、65歳になっても年金期間が満たない人は70歳まで国民年金に特例任意加入し、国民年金保険料を支払うことができます。 70歳以降も加入できる厚生年金の高齢任意加入 そしてどうしても最低10年の年金期間を満たせないときは、70歳以降も厚生年金のある事業所で働き、事業主の同意を得て、厚生年金に加入(高齢任意加入)させてもらうこともできます。 最低10年の年金期間を満たすため、または少しでも老後の年金を増やすには、年金保険料を支払うか、支払えないなら滞納にせず、免除・猶予してもらいましょう。 【関連記事】.

次の