エクレール=セーアエット。 ラフタリアが急成長した理由ってなんだっけ? 獣人の特徴とか何とかいう一言で済まされた記憶があるんだが 性格も大人びた感じに変わったみたいだけどそういうもの?

エクレール

エクレール=セーアエット

Contents [] Appearance Her appearance is that of a standard female knight from a game with blue eyes and strawberry-blonde hair. Personality Eclair is one of the few, out of the many of Melromarc, to not discriminate against demi-humans. She would question Naofumi's methods, such as how he extorted from bandits, which became ironic later as she did the same thing. She is a noble person in belief and a staunch in her ideal belief until it was shaken by the incidents. Eclair also seems to have an innocent side where she believes in Santa and had waited all night just to meet him. Background Eclair is the daughter of the person who used to be the lord of Naofumi's land. Though she was away at the castle for a long time training to be a knight. She never spent much time there, so her memories of the place were vague. Later, she and many others were stationed in that land, however, adventurers and a portion of the knights and soldiers began hunting Demi-Humans. She objected to these people and was imprisoned for standing up for the Demi-humans who were supposed to be living peacefully on that land. She considered the slave system to be a necessary evil. But, for people who were being devastated by the wave, people who, until that day were citizens they were supposed to protect, what meaning was there for knights to assault them!? She was accused of having Demi-Human blood and being a brainwashed follower of the Devil of the Shield. She was told that she was not a suitable individual for knighthood. So when the heroes were summoned and she was being treated as a prisoner, in a jail cell at the castle. Eventually, she was proclaimed innocent by the Queen and released. This was around the time the heroes were at Cal Mira Island. Summary The Rising of the Shield Hero She is introduced in chapter 137 accompanied by other knights, one of whom is identified as part of the volunteer army that helped Naofumi during the third wave. She was often referred by Naofumi Iwatani as the Female Knight. Rn completely looked down on her which led her to a duel with him. Ren broke the rules and beat her much to ire of everyone. He completely threw a tantrum and called her weak. She was enraged until the queen stepped in to diffuse the situation. Female Knight participated on the front lines of some of the fights against the Spirit Turtle. Raphtalia gave credit to her success to Eclair for training her. Once again she was taken back by Naofumi's attempt to claim the treasure of spirit tortoise and assisted in stopping everyone of the coalition army from taking the treasure. After returning from the other world, Naofumi highly criticized Eclair's naivety in rebuilding the territory and took it upon himself to rebuild it. Shortly after his village was attacked by 50 or so slave hunters, Naofumi apprehended all of them and Eclair identified at least a few of the former soldiers in them. Eclairs revealed about their punishment and the pressure in favor of the culprits by the nobles. Even Eclairs was more shocked by Naofumi's way of handling things of planning to sell all of the slave hunters Siltvelt and using the money to buy all the Raphtalia's villagers. But she remained silent as they might able to escape the grasp of the royal with the help of nobles. This incident also threatened any other slave hunters from approaching the village. Eclairs for the first time saw Naofumi's realistic approach from her idealistic one. Later when Granny was appointed as the Battle Instructor and took some of the residents to the mountains for training, Eclair took a "vacation" to follow her so she can learn the Hengen Musou style under the instructor's tutelage. Being impressed by Eclair's enthusiasm to learn, the instructor taught her the sword basics of the style. She joined Naofumi, Rishia, Atla, and Gaelion on a mission to subdue bandits in the area, but was perplexed by Naofumi's actions in his robbing of the bandits' treasures due to her noble beliefs in justice. Naofumi promised to return the stolen goods if she was able to find the genuine owner. She realized that all of Naofumi's action are a necessary evil and that his village alone is bouncing back in full force than any-other territory affect by spirit tortoise and realized it was all of the actions which she disgusted with. Eclair later stopped Naofumi from committing a serious error in killing Ren, who was afflicted with the Curse Series of Greed and Gluttony and became the bandits' current leader. After returning to the village with Ren, Eclair revealed to Naofumi she promised Raphtalia to prevent him from doing something bad while his right-hand ally is away on her training with Granny, to which Naofumi agreed reflectively on the events that happened in his attempted murder on Ren. She later acts as Ren's surveillance guard and trainer during his recuperation and adaption to Rock Valley's residence. During the rebellion, Eclair joined Ren in protecting the neighboring village against the brainwashed victims of Justice and the remnants of the Three Heroes Church. However, she became shocked at the Justice zombies' arguments that questioned to positions of humans and demi-slaves that her morale was affected and eventually withdrew herself into Melty's mansion over the course of the incident. Due to the rebellion affecting her sense of ideals, Eclair believes that the incident taught her to be more realistic and that committing evil for the sake of the people in Rock Valley is just, especially by imitating Naofumi's conducts. This greatly worries Naofumi though as he thinks Eclair is growing in a weird direction that may turn into a tyrant if handled badly, so he leaves it to Ren to help prevent her from going down that path. The Reprise of the Spear Hero Information to be added later on. Legacy As the Hero of the Katana, she saved the world. She was the daughter of a feudal lord who tried to offer the same treatment to Human and Demi-Human alike in the Demi-Human persecuting country of Melromark. Abilities Skills Mengen Musou:• Peerless Activity - Eclair builds up essence inside during the instant she attacks or avoids. So to speak, it's similar to handling protection magic. Rishia excels at maintaining that activity for a long time. If Eclair tries to imitate her, she can probably only hold it for a minute. Multilayer Crumble Attack - A barrage of many defense penetrating attacks. Heat Haze - Eclair becomes a blur while avoiding. Relationships Information to be added later on. Trivia Information to be added later on. References• Web Novel Chapter 377• Web Novel Chapter 377.

次の

天木錬

エクレール=セーアエット

「うう……お義父さん。 酷いですぞ」 謁見の帰り道、俺はそう言いました。 「とは言っても、サクラちゃん達もとても楽しそうだったじゃないか」 「確かに……メルティ王女のあの様な顔は見た覚えがない。 ユキ達も楽しげにしていた」 会議を終え、一旦応接間に戻った俺達ですぞ。 尚、エクレアも同席していますな。 なんですかな? お前も俺の敵なのですかな? そういう事ならこれからキビキビ働いてもらいますぞ。 「さながらフィロリアルマスターだね。 第二王女様」 「それは俺の称号なのですぞ!」 どうして婚約者がそんな羨ましい称号を持っているのですかな! 「俺もフィロリアルマスターなのですぞ!」 「自称フィロリアルマスター……」 「キタムラ殿のぶれない所は安心して見て居られると私も感じている。 さて……」 そう言ってからエクレアはシルトヴェルトの代表達に一礼をしてから敬礼交じりに答えました。 あっさりと流された気がしますぞ。 「改めてメルロマルクから勇者様方の警護の為に派遣されたエクレール=セーアエットと申します」 「盾の勇者様がメルロマルクから召喚され、シルトヴェルトに来る道中を補佐した実績、友好の代表としての家柄、人材としてはこれほど適した者がいないであろうな」 シュサク種の代表は納得と言った様子で頷いております。 異議は無いのですな。 「先日の戦に関してもメルロマルクの女王との連絡役もこなしたのだ。 シルトヴェルトの者は誰でも彼女を認めるでしょうな」 ゲンム種の翁も異議を唱える気は無い様ですぞ。 まあ今までのループ的に考えても、エクレアは信用出来るでしょうな。 「シルトヴェルトの代表としてエクレール=セーアエットが盾の勇者様の護衛を任を受ける事を許可する」 と言う訳でエクレアが正式にお義父さんの護衛組に組み込まれる事になった様ですぞ。 「これからよろしくね、エクレールさん」 「うむ。 イワタニ殿達もしばらく見ない内に仲間が増えたのだな」 エクレアがパンダとゾウに顔を向けますぞ。 「うん。 なんて言うか……この前の戦争で活躍したラーサズサさんと、タクトの妹を捕縛したエルメロ=プハントさん。 それぞれ功績を上げた事で、俺の守護騎士に任命されて護衛をしてくれるようになったんだ」 「なるほど。 何度も耳にしていると思うがエクレール=セーアエットだ。 これから一緒に仕事をする事になる。 よろしく頼む」 そう言って握手をエクレアは求めますぞ。 パンダはそんなエクレアと握手をしました。 「あいよ。 あたいはラーサズサ。 お堅いのは勘弁願いたいね。 あんまり序列とか騒がないでくれよ?」 パンダは若干無礼な口調でエクレアに答えますな。 「ラーサ、失礼でしょ。 すみません。 コイツは根っからの傭兵でして、活躍で抜擢されたから騎士の地位を与えられたんです」 「そうか……シルトヴェルトは野生的な所に美的を感じる風潮がある。 私も些細な事を気にするつもりは無い。 して……貴方はエルメロ=プハントと言ったか」 「はい。 本日任命されたばかりの新参者ですが、よろしくお願いします」 ちなみにゾウは城内で常時屈んだ姿勢で行動していますぞ。 天井に頭が当たるのですな。 しかも場所によっては廊下や扉を通る事が出来ません。 巨体故に色々と困る様子ですな。 シルトヴェルトの様に大柄の人種を前提にメルロマルクの城は作られていないのですぞ。 「プハント……ああ、あのシルトヴェルトでも代表四種とは別に、力強さに名を轟かせる名家の者か」 「……はい」 ゾウが若干顔を背けながら頷きますな。 エクレアが僅かに首を傾げつつゾウとも握手をしましたな。 「あたいを元傭兵って言うけど、そういうアンタは放蕩するなんちゃって騎士だったじゃないのさ。 それといつまで借りてきた猫のフリをするんだい?」 「ラーサ!」 パンダとゾウは知っているからこその言い争う関係の様ですぞ。 最初の世界のお義父さんと婚約者がこんな感じだった気がしますな。 きっとめちゃくちゃ仲が良いんですぞ。 「いえ、気にしないでください。 ラーサは本当に口が悪くて、ほほほほ……」 「問題ない。 盾の勇者であるイワタニ殿と私の経緯は耳にしていると思うが、あまり気にしないで欲しい。 諸君達も各々役目があって任命されたのであろう?」 「そりゃあね。 あんまりがっつく気も無いよ」 「はい。 十分に存じております。 この任を受け持つだけでも栄誉ですので」 各々の目論見は承知の上と言った様子で話をしているようですな。 「まあ、既にイワタニ殿達は己自身で十分に身は守れると思うが、共に騎士という立場……後でどれほどの実力者であるのか教えてもらえると嬉しい」 「あいよ。 最近は肩が凝ってた所だから良いかもしれないね」 「騎士仲間の強さがわかれば力も合わせやすくなるからね」 ゾウの言葉が若干、柔らかい感じになってきていますな。 エクレアみたいなタイプの方が話し易いという事でしょうか? 「竹林の二つ名を見せつける事になるんでしょうね?」 「地響きの女王様程じゃないよ」 メラメラとパンダとゾウがそれぞれ闘志を燃やしているのがわかりますぞ。 竹林と地響きの女王? う~ん? どこかで聞いたフレーズですな。 どこでしたかな? 「何かカッコイイね、二人共」 「愛の狩人! 北村元康も負けられませんぞ」 「いや、元康くんの場合は自称だし……」 「うむ、実に楽しみだ。 それでイワタニ殿、メルロマルクに来た本来の目的は何なのだ?」 おっと忘れる所でしたな。 本来の目的はエターナルフィーロたん計画ですぞ。 「あー……エクレールさんに話すとメルロマルクの女王様に伝わっちゃうんじゃない?」 「イワタニ殿、私も機密に関わる立場なのだ。 友好国としての関係を築いているシルトヴェルトの問題に関して不利になる様な真似をする気は無い」 「それなら良いんだけどね……簡潔に言うとシルドフリーデンでの統治とタクト残党の処理をする為に色々とメルロマルクでする事があるって感じかな。 元康くんの知識を元に仕入れた情報でね」 「なるほど……」 これまでループなどの知識を話していた影響か、エクレアは何の引っ掛かりもなく信じてくれました。 スムーズで良いですな。 「それと……まあ、こっちもオルトクレイの脱走に関して咎められない程の不祥事がね。 そう言った面で手打ちにして欲しいかな」 「現状のメルロマルク側から強く言う事は出来ないので問題ない。 それで具体的に何があったのだ?」 「タクトのドラゴンの核石が盗まれたんだ。 だから色々とメルロマルクの方で手立てをね」 おお……これは竜帝の仕組みがわからねば伝わらない話ですぞ。 まあ今までの道中でエクレアも少しは耳にしているはずですが、詳細まではわからないはずですぞ。 「ふむ……オルトクレイの問題と似通った点があるな。 同一犯の可能性が高いな」 「そうだね。 まあ、ここまでは女王の方に聞いてもらっても良かったかもしれないから、後で話をしておいても良いよ」 「良いのか?」 「うん。 元康くんからの信頼もあるし、実際に話してみてそう思ったんだ。 で……このドラゴンの核石なんだけど、使い方次第でとんでもない化け物を呼び出しかねないってわかったから対策をしたい……で判断して欲しい」 「承知した。 詳しい話はイワタニ殿……果てはシルトヴェルトが判断した段階で教えてくれれば良い。 私は、オルトクレイの暴走からイワタニ殿達を守る為に派遣されたのだからな」 ふむ。 エクレアは真面目なので、基本的に問題ないと思いますぞ。 「それで……元康くんの知識だとメルロマルクの東方面の山辺りで錬が討伐したドラゴンの死骸が元で疫病が蔓延してしまうらしいんだけど、確認出来る? 俺達が処理したい案件なんだ」 「む? その様な話があっただろうか? では少しばかり確認してくるとしよう」 「ナオフミー、サクラ、メルちゃんと遊びたい」 「遊びたーい!」 サクラちゃんとコウが退屈を感じているのか、お義父さんにお願いを始めました。 ダメですぞ! これ以上、婚約者と関わるとハートが増えてしまいますぞ。 MAXハートだけは避けないといけませんな。 「まあ、移動するまでの間に時間はあるだろうし……良いよ、行っておいで」 「ではメルティ第二王女の下へ案内しよう。 伸び伸びとこの城の庭で遊ぶと良い」 「うん!」 「やったー」 こ、これは……流れ的にダメだと言えない流れですぞ。 しょうがないですな。 まあ、婚約者がサクラちゃん達に危害を加える事は無いので、今回だけは見逃してやりますぞ。 今回だけですからな! 「ユキちゃんも行くと良いですぞ」 「はいですわー!」 ゾウがそんな様子を見せるサクラちゃん達を見つめていますぞ。 「……エルメロさんは窮屈だろうし……うん、サクラちゃん達を見守っていてくれないかな?」 「ですが……」 「ラーサさんや元康くんがいるから大丈夫。 むしろサクラちゃん達が勝手にどこか行かない様に見ていて欲しいんだ」 お義父さんが察してゾウにお願いしました。 するとゾウは深く頭を下げてから答えますぞ。 「ありがとうございます。 では……」 「うむ、こちらだ」 「お義父さん! 俺もご一緒しても良いですかな?」 「元康くんしか詳しい場所がわからないんだから居てくれなきゃ困るよ」 「そんなーですぞ!」 なんて感じでエクレアがサクラちゃん達とゾウを連れて部屋を出て行きました。 シュサク種の代表とゲンム種の翁も何やらメルロマルクの貴族と話があると言って出て行きましたな。 エクレアと似た様な志の連中とこの機会に話し合いをするようですぞ。 やがて城の庭の方からキャッキャと楽しげな声が聞こえてきました。 窓の外から確認すると……ゾウがサクラちゃん達や婚約者を頭に乗せたり、鼻を上にして更に高い所を見せている様ですぞ。 「似合わない事やってるねぇ……」 パンダがそんな事を呟きながら答えますぞ。 「エルメロさんって子供好きなのかな?」 「さてねぇ……ただ、誰かを乗せたりするのは好きなんじゃないかって所があるねぇ。 どっちかって言うと細かい攻撃を部下にさせる為にやって居たと思うけど」 ゾウ故に大雑把って事ですな。 しかし……言ってはなんですが、子守の仕方がお義父さんやお姉さんのお姉さん程上手には見えないですぞ。 世話上手や世話好きとも異なる……子供好きという単語がピッタリ来る感じですな。 「似合うと言えば似合うね。 なんか安心して任せられる感じがするんだ」 お義父さんは面倒見の良いタイプに弱いですからな。 そう言った意味でシルトヴェルトの者達の選定に間違いは無いのでしょう。 気を付けねばなりませんな。 なんて様子を窓から眺めているとエクレアが帰ってきました。 「イワタニ殿、キタムラ殿、失礼する」 「エクレールさんおかえり、どうだった?」 「うむ……イワタニ殿の証言を元に城内の情報機関や冒険者ギルドに問い合わせたのだが、メルロマルクの東地域でその様な事件は起こっていないそうだ」 「え?」 「そもそもメルロマルクで剣の勇者が倒したドラゴンなどの話が無い」 お義父さんが俺の方を見ますぞ。 そうは言ってもこの時期だと錬が足がかりにとばかりにメルロマルクの東の方でドラゴン退治をして、その死体が腐ったはずなのですぞ。 とはいえ、起こっていないという事は起こっていないのでしょう。 なので最初の波が終わった頃の錬を思い出してみますぞ。 もう随分と過去の事なので、かなり曖昧になっている所ですが……。 「確か錬は、メルロマルクにとって最初の波を乗り越えた後に、クズ共にもっとがんばってもらわねば困る、とか言われたと愚痴っていた覚えがありますな。 そう言った不快な所から、ゼルトブルに逃げると言っていたのですぞ」 確かそんな事を言っていたはずですぞ。 「キタムラ殿が脅威的な力を見せつけながら国境砦を強行突破した経緯があるからな。 それに引き摺られてそう述べたと証言が出ている」 「となると錬が国への不信感からLv上げもそこそこに、本来は倒してから行こうとしていた、もしくはゼルトブルに行ってから倒したはずのドラゴンは討伐されていないって事なのかな?」 なんと……この世界ではあのドラゴンがまだ存命していると言う事ですな。 最弱を自称する情けないドラゴンが、ですぞ。 「となると無駄足ですかな?」 まあ錬も身体は一つなので出来る事には限界があるでしょう。 その結果、メルロマルクから脱出する為にドラゴンは諦めたのかもしれません。 いえ……錬の性格から言って、気に入らない国であるメルロマルクに貢献したくなかった、と考えるのはどうですかな? これは当りかもしれませんな。 「いや……仮に今も元康くんの槍の中でその子がいるとなると、俺や元康くんの近くでドラゴンを育てると、本来その子だった子の魂が引き抜かれてしまうかもしれない。 危ないけどまずはその子に出来るか実験した方が余計な悲劇を生まずに済むと思う」 「お義父さんは妙に気を使うのですな。 ライバルの生死など気にしても問題ないのではないですかな? きっと謎の病死程度でライバルの親や助手は弱肉強食の掟に従う程度で済ませると思いますぞ」 「いや……さすがにこれ以上、悲しませてどうするのさ。 出来るならやっておいて損は無いでしょ」 ドラゴン風情に会いに行かなければいけない時間的損失がありますぞ。 と言うと、さすがにお義父さんが呆れてしまうので、黙っていましょう。

次の

エクレール=セーアエット (えくれーるせーあえっと)とは【ピクシブ百科事典】

エクレール=セーアエット

概要 CV: TVアニメ メルロマルクの第一王女。 セミロングの真っなの可愛らしい見た目でやや。 最初は「 マイン=スフィア」と言う名の冒険者として身分を偽って行動していた。 盾の勇者となったの仲間に立候補するも、次の日にを着せた張本人にして。 性格 人を誑かし欺き弄び陥れ踏みにじり嘲笑うことが大好きというの外道。 他者の存在価値を 自分にとっての利用価値だけでしか測っておらず、彼女にかかわった人間の大半は騙されて破滅するか、利用された挙句捨てられるか、そして利用価値が最初から無いと思われたなら道端の小石の如く蹴っ飛ばされ気にも留められないかのいずれかとなっている。 尚文の仲間になったのも善意からではなく、自分を信頼させてに嵌めるためであり、内心では尚文を ブサイクと貶して見ていた。 (彼女の中での顔の好みは元康>樹>錬>尚文の順。 ただし尚文以外の三人のいずれかが盾の勇者だった場合は好み関係なく罠に嵌める) 「次期女王」という肩書きへの執着は もはや異常とすら言え、 魔法の詠唱文に入れてくる程で(それを聞いた尚文から「傲慢な詠唱だな」と呆れられた)、web版・カルミラ島にて 王族の身分を剥奪された後でも次期女王、クーデターを扇動した際にも 「この国の女王になる偉人」と自称、書籍版において 王位継承権が妹より下であっても次期女王、ミレリア亡き後 メルティが即位しても次期女王、挙句 「私の思い通りにならない国も世界も要らなーい」とでも言わんばかりの気軽さで波の尖兵に取り入りに成り下がっても次期女王…何がこの女をしてそこまで…。 奴隷紋を刻まれ 「虚偽の証言をすれば激痛に苛まれる」とわかっていながら質問にことごとく嘘で答え、その都度のたうち回る(書籍・漫画・アニメ版。 漫画版では弾劾の最中、これ見よがしにさめざめと泣いていたがそれすらウソ泣きと即バレした)というのだから、「素直で誠実ないい子(アニメ版にて自称)」が聞いて呆れる話である。 肉親への情も微塵もなく、であるに対しては「」とさえ思っており後述のように殺そうとする。 母のに至っては自分を尚文とともに失脚させた張本人としてためらうことなくタクトに殺害させている。 父のにはなついているように見えるが、利用価値があるからそうしているだけであり、ミレリア殺害時には「パパも同罪」とついでに殺そうとした。 各シリーズにおける動向 盾の勇者の成り上がり 悪知恵が天才的で女王が留守の間は一行に加わり様々な悪行を行っていたが、尚文にまつわるすべてのものを有形無形問わず毟り尽くさんと躍起になればなる程、そのことごとくが裏目に出続けるというじみたムーブを繰り返した挙句、ミレリアの帰還と同時に王権を剥奪され、名前を、冒険者名はに改名される。 その後も懲りずに暗躍を続けたため、()のビッチを超越したビッチ、略して ヴィッチと呼ばれるようになった。 原作では、弾劾裁判の場で改名された後にオルトクレイと共に尚文に対して強制的にをさせられる。 ちなみに原作では元康と、自身のは元康に捧げたと発言したものの、ミレリアには本当は誰が最初だったかまでとっくにバレていた。 改名後は尚文をししようとするが失敗し、元康が霊亀に敗北した際のドサクサで行方をくらまし様々な人に取り入っては切り捨てを繰り返してきたが、メルロマルクのクーデターの首謀者として捕らえられ、フォーブレイの加虐趣味ののもとへと(事実上の処刑)。 途中一派により見た目そっくりのと入れ替えられることにより救われて(ただし、そこまでの段階ですでにフォーブレイ王の「プレイ」により体のいくらかの部位や器官を破壊・欠損させられており、その部位のホムンクルス技術による再生医療を余儀なくされてはいた模様)、タクト一派に付き共にに乗り出し、その過程で母を殺させるが尚文たちに再び捕らわれ、唯一の救いであるオルトクレイ改めクズからも遂に見限られ最終的にはタクト一派としてに処され、魂すらも魔物に食われた。 ミレリアとオルトクレイの悪いところを引き継いだと言われているが、オルトクレイが過去の悲劇から盾の勇者や亜人に半ば逆恨みではあるが私怨(その根底にあったのは「 もう二度と大切な家族を喪いたくない」という切なる想いだったが、彼女はそれすらも利用した挙句、無残にも踏みにじったのである)で動いていたのに対し、彼女の場合は行動に信念や動機がなく、おおよそ とても二人の血を引いているとは思えないほどの外道ぶり。 元は次期女王の立場であったため、正しい女王になれるように徹底した教育もされていたはずにもかかわらず、である。 そのため尚文は、あの自分本位な性格は家族内にあって異質に過ぎる、まるで 勇者や国をいがみ合わせ世界を引っ掻き回す為だけに生まれ、生きてきたようではないかと違和感を抱いた。 また、色々と悪知恵を働かせる割には、自分を守る対策はほとんどしておらず、せいぜい追い詰められて命乞いをする程度であり、処刑後に尚文が「 霊亀事件の直後くらいまでなら母親に必死に謝れば、少なくても命は助かったはず」と一切保身をしていないことにも不自然さを感じている。 尚文が抱いた違和感の正体とは… web版と他コンテンツでの差異 書籍版では革命騒ぎを起こしておらず、を騙して逃走した後一度姿をくらませており、その間にタクトに取り入ってweb版同様に母を殺害させる。 メルロマルク侵攻の折にはフォーブレイに残留しており(「アイツの性格だったら 国が滅ぼされる様を最前線で笑いながら見たがる筈なのに 実際web版ではそうしに来た 」と尚文は訝しんだ)、タクト一派が敗戦したと知るや逃亡し処刑されていない。 方法は不明だがいつの間にかセインの宿敵勢力に取り入ってや達のいる異世界に渡り、そこでも暗躍していた。 しかし、元康のパーティにいた頃に騙して売り飛ばした女性ライノが復讐も兼ねて密偵として潜伏しており(しかも、ヴィッチはライノの存在すら忘れていた)、尚文達との戦闘中に正体を現した彼女に殺される。 しかし仲間により魂は回収されており復活する可能性がある。 書籍版、コミック版では女王からは全く信頼されていないため、王位継承権もweb版と比べると第一位から第二位に下がっており、メルティを殺そうとする理由が追加されている。 アニメ版では原作以上に亜人蔑視発言が多く見られ、ラフタリアと絡む度に「亜人風情が」という台詞を口に出していた。 21話の弾劾裁判では死刑が確定し、その日のうちにオルトクレイと共にで処刑される段になって、元康に助命を乞うものの目を背けられ、尚文にも助命を乞い(奴隷紋が反応しなかったため、本音での命乞いである模様)、殺す事を躊躇っていた尚文から改名が提案されるという違いがあった(なお、女王は家族としての情もあり自らの命を賭してでも減刑を嘆願する予定であったことが示唆されている)。 最終話のエンディングでは原作よりも早くに尚文が領地を得た事を疎ましく思い元康に愚痴っていた。 一部書き下ろしや日常スピンオフ作品『盾の勇者のとある一日』では味よりも高くて贅を尽くした料理を好み、妹や母親がフィロリアル好きなのを知っててフィロリアルのを出させたり(メルティ曰く高い割に美味しくない)、元康が作ってくれた手料理を「土臭い」と本人がいないもしくは心の中で貶す、外食先で等偏った食事嗜好の面について触れられている。 またにおいて家族の中で一番弱く、父親とは逆イカサマで勝って喜ぶ一方で自分よりも強い相手には圧力や買収・ルール無視(所謂全開で相手がそれを使うのも許さない)を平然と行い、遊びでもズルをして勝とうとする卑怯な面が目立つ。 さらにはメルティが呆れて勝負放棄した事への腹いせで彼女を夜中に驚かせて暗所に恐怖心を抱く原因を作ったりもしている。 (真)槍の勇者のやり直し 元康からは 赤豚と呼ばれる。 こちらの世界でも勇者一行の不和を招こうとするものの、本性を知っている元康にことごとく破られ殺される。 メルロマルク編までは元康の代わりに樹一行に付くが、樹とは全く性格が合わないためボロが出るのを恐れてかあまり一緒に行動せず、王女の立場から間接的に支援している。 また元の世界で元康にとって「最初のフィロリアル」であるフレオンを殺害した犯人であることが示唆された。 (後述) シルトヴェルト編ではあまり登場せず、メルロマルク編では最初の世界とほぼ同じなので省略。 いずれの周回も最後は元康によって殺される。 フォーブレイ編でも元康に殺されてしまうが、ミレリアの親戚である三勇教徒の女性にとり憑き三勇教を導き、更に同じく死亡して幽霊になっていた杖の勇者であるクズの力を悪用してメルロマルクを悪魔と亡霊とゾンビが蔓延る魔都に変え、周囲の魂を吸収する力と霊体であるため大半の攻撃がすり抜ける特性でラスボスの如く大暴れした上に四聖勇者の「資格剥奪」の魔法も力技で無効化し、不正な力で武器を所持すると言うことを行ってきた他の転生者とは別格のスペックを見せつけ、元康でも焦ったが、クズに見放されて資格剥奪+クズのアシストで杖の力がミレリアに渡ってしまい、力を失ったことと元康のソウルイータースピアの前に敗れる。 赤豚が死んで魂の状態になっても悪事を働くことを知った元康はこの周回以降ソウルイータースピアで魂ごと爆殺するように心がける。 ゼルトブル後編ではミレリアの願いで殺されはしなかったものの、赤豚に改名されてもなお懲りずに脱走するが元康に魂を抜かれ廃人と化す。 真・やり直しでも当然のごとく殺されて即退場の扱いを受けている。 真・チュートリアル編では突然愛の狩人に豹変した元康に尚文の信用を受けるためだけに取り巻き諸共ブリューナクXで殺害される。 シルトヴェルト編アフターでは終戦の際に殺されて魂の状態で漂っていたところを元康に即感知されてやはり殺害。 伝承のフィロリアル編ではフレオン殺害が決定的に判明し、改名の罰後にクズと一緒に毒を盛ろうとする場面にて同じ場で潜伏していた元康にウロボロス劇毒を 希釈なしで盛られ(本来ならば千倍に薄める代物)、毒見させられた直後に苦しみのたうち回りながら「 ウロボロスの使徒」として取り巻き(レスティ)を巻き込んで魔物化。 異常な耐久力の高さで手こずらせられるもののやはり元康に殺される。 フィーロがヤンデレ化した周回(書籍版世界)と伝承のフィロリアル編の間に元康が遡行したメルロマルク編アフターでは先述のフォーブレイ編のように亡霊化した事が作者によって仄めかされている。 その他 サイドストーリーでは 公式設定資料集に収録されたサイドストーリーの一つである『 もしもマインが清楚な性格だったら』では、自分が王女である事を明かした上で盾の勇者が冷遇されていることを忠告し「逃げるなんて負けを認めるようなもの」と檄を飛ばして国内で成り上がるように勧める、依頼の引き受けや怪しい人間からの勧誘拒否等のマネージメント全般を担う、途中で仲間になったエレナと共に尚文の剣になる代わり彼に様々な技能を習わせるなど、 きれいなマインとなっている。 誰だお前。 ネタでは 2019年4月1日に投稿された真・やり直しの番外編『 転生したら盾の勇者の極悪王女だったんだけど、どうすればいいと思う?』では現代日本でOLをしていた女性が 憑依したという状態で主人公を務めている。 『盾の勇者の成り上がり』シリーズのである女性は自分の好きな物語世界に来た事で推しのカップリング( 、逆もイケるとの事)を実現させようと張り切った直後に自分が来た世界は「成り上がり」と「やり直し」のどちらなのかに疑問を抱く。 (「成り上がり」であれば劇中でマルティが引き起こした悪事を行わずかつ尚文を導いていけば生き残れる可能性があるが、「やり直し」だとマルティを赤豚と見なして殺意を抱いている元康に殺される危険性が常時 1%以上ついてまわる) さらに完結した「やり直し」ならともかくまだ未完である「真・やり直し」では先行きがわからない上、自身と同じ憑依者の例があった波の尖兵の事を迂闊に喋れない(=機密防止機能が作動して死亡する可能性がある)事もあり、半ば詰みが確定してしまっている。 そんな蔓延る地雷と死亡フラグの山を想像しつつも、恐る恐る謁見の間を覗き…「ですぞ!」の声を聞いて(=「やり直し」の世界に来てしまった)絶望したところで終わっている。 ちなみに当人曰くやモブのフィロリアルあたりに転生したかったらしい。 一方で憑依先のマルティの父親であるオルトクレイの事は「 色々なものを失わないと目が覚めない」と辛口で評している。 いわゆるエイプリルフールネタのためこの話はここで終わっており、この「マルティ」がどうなったかは不明だが、そもそも「やり直し」も元はエイプリルフールネタから始まった話であるため、もしかしたら……。 行った悪行 『盾の勇者の成り上がり』においての悪行• 元康をそそのかし、国敵である尚文の身包みを剥いだ上で強姦魔の濡れ衣を着せ糾弾する• 〃 尚文に決闘をふっかけさせを剥奪しようとする• 元康のパーティーに入った新入り女性メンバー(ライノ)を遊行費目的で風俗に売り飛ばし、元康には自主的にやめたと報告(書籍版1巻書き下ろし)。 なお、他にも真面目で反りが合わない、自分に与しない、強姦冤罪に疑問を抱いた者などは片っ端から陰でいびり倒し追い出してきた• 金銭感覚がゼロな元康をかつぎ、波の被害から復興中のリユート村に対し独断で復興特別税をでっち上げ徴収しようとする。 村の宿屋に 食事つきで百泊でき、大人一人が 約一年四ヶ月半もの間つつましく暮らせる)という、確実に村が破たんするレベル 書籍・漫画・アニメ版• 負けても「相手が不正をした」と言いがかりをつけようとした挙句に騎竜は「負けた奴なんかいらない」と村に放置した。 なお、見捨てられた騎竜は尚文にも同情され、見かねたリユート村に引き取られた 書籍版• 元康が尚文に対して 城下町のド真ん中で一方的に始めた私闘を「国が認める権利」だとして正当化しようとする(しかもアニメでの描写を見るに、三勇教の教会とは目と鼻の先の場所であった)• 三勇教がメルティをしようとしたことに心配するフリをして、便乗して加担。 尚文が洗脳の盾を持つという嘘を三勇者に吹きこんだり、メルティを盾の力で洗脳されたことにして魔法を放ち殺害しようとしたりした(そもそもクズが「メルティに会いたい」と書状を送りつけたのも 近くにいる者が唆した所為であろう、とミレリアには推理された)。 なお、自分自身も三勇教の抹殺対象に含まれていたと知るや、• 尚文たちが潜伏する山に火を放ち(書籍版では単独犯、アニメでは三勇教派の兵士や魔導師連中に放たせた。 漫画版では あろうことか槍の勇者一行全員グル)、「盾の悪魔が追っ手を撒く為にやった」と嘘を言いふらさせる• アニメ版でのみ 三勇教に関する調査を始めた錬と樹たちを物陰から監視、それを一派へと密告。 これによっていよいよ切羽詰まった教皇たちは 四聖全員、および次期女王候補二人もついでに抹殺せんと動き出した(のちの弾劾の場で奴隷紋が作動しなかったのも当たり前である。 既に三勇教の思惑はビッチ自身の思い描いていた筋書きから逸脱していたのだから)• 漫画版でのみ 決別を言い渡された元康を あっさり見捨て、更にはそれまでの所業も 丸ごと棚に上げ「全部なにかの間違いだったのよ!私は何も悪くないわ!」と 自分ひとりだけ尚文に縋ろうとした• 国庫を横領し流行りのアクセサリや会員制高級エステクラブに行くなど贅沢の限りを尽くす• カルミラ島でのパーティ交換で尚文と行動中、奴隷紋の禁則事項の穴を突いて範囲魔法に尚文を巻き込み殺害しようとする Web版• カルミラ島滞在四日目の晩、元康やラルク達による女湯覗きがバレた際に「この場にいない盾が首謀者よ!そうでないとしても止めなかった奴にも非があるわ!」と暴論を振り回す(公式設定資料集書き下ろしにてラフタリアが証言。 なお、罰として正座させられた男連中に対し、テリスや各パーティーの女性メンバー達が交代で見張りに当たる中、 自分はとっとと寝た 藍屋球スペシャルワークス書き下ろし )• 霊亀にまるで歯が立たない…どころか相手にもされなかった元康を見捨てて逃げ出す(「槍の勇者の仲間として世界平和に貢献する事」こそが死よりも恐ろしい重罰を回避する条件だったのだが、この時点でそれを 自らフイにした)• 元康の面前でに乗り換え、元康を捨てて逃げる(web版ではそれからほどなくして樹の元仲間の鎧ことと接触、クーデターの準備はこの時点で行われていた事になる)。 書籍版ではこの件以降、 全世界となった• 樹に謎の武器の破片を渡し洗脳道具を作り出し、三勇教残党や樹の元仲間たちと共にメルロマルクにクーデターを起こす(書籍版ではクーデターを起こさない代わりに樹を言葉巧みにだましてコロシアムで稼がせ、それを浪費した挙句借金を押し付けて逃げた)• タクト一派に取り入り国家転覆に加担し、実の母親を殺害させ世界征服を企む• タクトが負けたことを察すると、即行でタクトを見限り、鎧とともに不正所持した七星武器を異世界へ持ち逃げ。 さらにセインの姉の勢力に加わる 書籍版• 四聖勇者全員を召喚するよう三勇教会とクズに提案、 国際協定ガン無視の大暴挙でメルロマルクを世界各国と一触即発の状態にする(web版でのヴィッチ処刑後のクズの証言にて判明。 このためミレリアは調停に奔走、国を留守にすることを余儀なくされた。 上記1~13は、その約3ヶ月の間にやらかした事である。 では使い物にならないと見切りをつけ、 疑り深いので利用しづらいよりかは(ボロさえ出さなければ、という条件付きでだが) 操りやすいに鞍替えして尚文を陥れる(チュートリアル、シルトヴェルト、メルロマルク編。 また書籍版本編の特典SS『もしも尚文が槍、元康が盾の勇者だったら』では先述した顔の好みの元、最初から樹に取り入った)• シルトヴェルト編にてクズに便乗し、元康を罠にかけて分断した上でシルトヴェルトからの使者(に見せかけた兵士もしくは三勇教徒)に尚文を連れ出させ、道中で暗殺させようとする• 同編にて自身との婚約を餌に焚きつけたタクト(とその一派)に、尚文と元康を殺させようと目論む• フォーブレイ編にて魂だけの状態で女王の親戚に憑依し、三勇教の新教皇とクズの影武者を利用し悪魔を召喚。 さらには七星の杖を不正利用した上、メルロマルク中の人間の命や魂を吸い取ろうとし大勢の国民を死に追いやる。 数あるヴィッチの悪行の中でも最大最悪レベル• これは悪行と言うよりも 奇行ではあるが、帰還編で元康が錬に糾弾役を押し付けた周回にて、 城下町からふたつ離れた村に泊まっていた錬をまる一晩かけて探し出し、目にクマまで作って連れ帰った(その飽くなき執念を、元康は 只々気持ち悪いと思った)• 「フレオン」と名づけられ、可愛がられ育ったそのフィロリアルを、成鳥となる前に殺害。 悲しみにくれる元康に嘘八百を吹き込み、尚文に対する不信感を決定的なものにさせる• ほどなく、計ったかのようなタイミングで「波」がセーアエット領一帯を直撃、領地に戻らされていたの父(並びにエクレールが武芸の師として尊敬していたリザードマン)は戦死。 、、達が味わわされた地獄も、遠洋に漁に出ていたの後悔も、エクレールの獄中生活も、更には優男ことヴァンをはじめとした女王派の貴族達が左遷された結果クズの暴走が歯止めを失い、尚文が理不尽な迫害を受けたのも すべてはこれが発端 「」の暗躍だったらしいが 関連タグ リンク先ネタバレ注意 関連記事 親記事.

次の