生理 前 眠 すぎる。 生理 前 眠 すぎる

【月経前過眠症】PMSの時期の極度の眠気の原因は?

生理 前 眠 すぎる

日本産科婦人科学会専門医、婦人科腫瘍専門医、細胞診専門医、がん治療認定医、日本がん治療認定医機構暫定教育医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医、日本内視鏡外科学会技術認定医で、現在は藤東クリニック院長... 生理中はなぜか疲れやすく、眠くなるという人は多いのではないでしょうか?「眠気がひどくて仕事や家事もままならない」なんていうこともあるかもしれません。 そこで今回は、生理中に眠いのはなぜか、その眠気の原因と対策をご紹介します。 生理中に寝ても寝ても眠い原因は? 生理中にいつもより眠いときは、下記のような原因が考えられます。 ホルモンバランスの影響 女性の体内では、生理周期に合わせて「プロゲステロン(黄体ホルモン)」と「エストロゲン(卵胞ホルモン)」という2種類の女性ホルモンが分泌されています。 通常、排卵前後から生理前にかけてはプロゲステロンが、生理から次の排卵まではエストロゲンが多く分泌されます。 前述のとおり、プロゲステロンは生理が始まると分泌量が徐々に減少しますが、しばらくの間は影響を受けます。 また、ホルモンバランスが乱れてプロゲステロンの分泌量が多くなってしまうと、生理中まで強い眠気を感じることもあります。 基礎体温の影響 先に説明した女性ホルモンの影響を受けて、基礎体温も生理周期に合わせて変化します。 一般的に、排卵前後から生理前までは基礎体温が高く、生理が始まると基礎体温は低くなります。 人間の体は、体温が低くなると眠気を感じやすくなるため、生理中は眠くなりやすい状態であるといえます。 貧血の影響 生理中は、経血をスムーズに排出するために、全身の血液が優先的に子宮に集まります。 すると脳に充分な血液や酸素が行き渡らなくなり、一時的に貧血のような状態を起こすことがあります。 貧血になると、だるくなったり眠くなったりします。 関連記事 生理中の眠気の対策は? 生理中の眠気は生理周期における自然な現象なので、ある程度仕方ありません。 ただ、眠気が強すぎると家事や仕事にも支障が出ることがあり、どうにかしたいと思う人も多いですよね。 そこで、生理中に眠気が現れたときの対処法をいくつかご紹介します。 仮眠を取る 眠気は我慢していると強くなってしまうもの。 いっそのこと15~20分程度の仮眠をとってしまうのもよい方法です。 仮眠を取ることが難しい場合は、目をつぶって静かにしているだけでも眠気がやわらぎます。 周りの人に見られるのが嫌という人は、トイレの個室に入るなど、人目がない場所に移動するのもいいですね。 ツボを押す 眠気解消の効果が期待できるツボを押すのもひとつの方法です。 親指と人差し指の骨が合わさる手の甲の人差し指寄りにある「合谷(ごうこく)」や、手の中指の爪の生え際で親指側にある「中衝(ちゅうしょう)」などは気軽に押せておすすめですよ。 体を動かす ストレッチをして体を動かしたり、少しの時間外を散歩したりするのも眠気覚ましに効果的です。 冷たい水で顔や手を洗うなど、物理的な刺激を与えるのもいいですね。 鉄分を補給する 貧血気味の人は、鉄分の補給も忘れずに行いましょう。 レバーや牛もも肉を食事に取り入れたり、おやつの代わりにプルーンを食べたりするのがおすすめです。 関連記事 生理中に眠いのを予防するには? 生理中の眠気を根本的になくすことは難しいですが、生活習慣を見直すことで、その程度をおさえることは可能です。 プロゲステロンが過剰分泌されないようにホルモンバランスを整えるほか、貧血予防をしたり、睡眠の質を高めたりすることが大切ですよ。 ストレスをうまく解消する ホルモンバランスの乱れはストレスによって引き起こされます。 ストレスを感じること自体は避けられないと思いますが、趣味を楽しんだり、リラックスしたりする余裕を持って、1日のストレスはその日のうちに解消するようにしたいですね。 睡眠の質を高める 毎日ぐっすり眠れていれば、日中の眠さもだいぶやわらぎます。 そのためにも、日々の睡眠の質を高めていきましょう。 就寝前にはカフェインを取らないようにする、スマートフォンやパソコンの画面を見ないようにするなど、眠りに入りやすくすることが大切です。 また、朝起きたらすぐに朝日を浴びて睡眠のメリハリをつけていくと、夜は眠りやすくなりますよ。 貧血予防に鉄分を摂取する 貧血を防ぐことも、生理中の眠気予防につながります。 先に説明したような鉄分を多く含む食材を、積極的に食事に取り入れましょう。 また、通常の食事でまかなえない場合は、鉄分が入ったサプリメントを利用するのもいいでしょう。 その際は摂取目安量を守り、過剰摂取にならないように気をつけてくださいね。 関連記事 生理中の眠気対策は生活の改善から 生理中に現れる症状は、生活習慣の改善である程度おさえることができるものです。 日頃の生活習慣が乱れている人は、早寝早起き、十分な睡眠、栄養バランスの取れた食事など、できる限り規則正しい健康的な生活を送るように心がけましょう。 生理中は生理痛などもあり、なかなか生活の改善に踏み切る気持ちになれないかもしれませんが、できることから少しずつ変えていけるといいですね。 また、生活を見直しても眠気が改善されないときや、眠すぎて日常生活に支障をきたすようなときは、一度婦人科を受診してください。 症状の程度に合わせて適切な治療を行うことで、眠気が改善され、生理中の生活がより快適になることもありますよ。

次の

生理中の眠気

生理 前 眠 すぎる

1.生理前のひどい眠気の主な原因は? それではさっそく、生理前に襲ってくる眠気の主な原因をご紹介しましょう。 生理前になると、どうしようもなく眠くなる… このひどい眠気は女性ホルモンの働きによるものだとされています。 女性ホルモンは、生理中、または生理が始まる数日前から多くなるといわれています。 この、女性ホルモンが生理前の眠気と関係しているといわれているのです。 というのも、女性ホルモンには基礎体温を上げる働きがあるとされているためなのです。 通常、眠気は体温が下がるときに起こるといわれていますが、生理前に女性ホルモンが増えると体温が高く保たれるため、寝つきが悪くなったり睡眠の質が下がったりしてしまうことがあるようです。 そのため、夜に熟睡できず十分な睡眠が取れないことが原因となり、日中に強い眠気を感じることがあるとされているのです。 2.生理前のひどい眠気を和らげる方法 生理前に眠気に襲われる主な原因を知ったところで、今回は生理前の眠気に襲われた時の、対策方法をご紹介します。 生理前の眠気自体を感じなくすることは難しいかもしれませんが、一時的にでも眠気を和らげる対策方法を知っておくことで、眠気と上手に付き合っていくことができるかもしれません。 ぜひ、実践してみてくださいね。 仕事中や外出先など、仮眠を取ることができない環境である場合は、しばらくそっと目をつぶっているだけでも、少しだけ眠気を緩和する事が出来るとされています。 眠気を無理に追いやろうとすると、余計に眠気が強くなったり苛立ちを感じてしまうこともあります。 時には仮眠を取る、という形で眠気を受け入れてみると、生理前の眠気と上手に付き合っていけるかもしれませんよ。 体をほぐすことはストレス解消にもなり、健やかな体づくりに欠かせないので、ストレッチを毎日の習慣にすることをおすすめします。 気持ちが良いと感じるところまで全身を伸ばしましょう。 ゆっくり呼吸をしながら行うと、気分がすっきりします。 ラジオ体操のように、腕や体を伸ばしながら行うとより良いでしょう。 軽くウォーキングなどをするのも良いでしょう。 日中に日光を浴びると、夜寝つきが良くなるのでおすすめです。 カフェインが含まれていないので、時間や量などを気にせず飲めます。 また、異常な眠気解消と言えば、コーヒーが浮かぶ方も多いと思います。 でも、カフェインを摂り過ぎると、夜の眠りが浅くなったり、寝つきが悪くなってしまうことがあります。 生理前の眠気に悩む方はカフェインの摂取バランスに注意して、コーヒーは夕方以降に飲まないようにしましょう。 さらに冷えた手で首を冷やすと、気分がすっきりして眠気解消が期待できます。 3.まとめ 生理前の強い眠気は、排卵後~生理前にかけて、眠気を起こすホルモンが増えることで起きるといわれています。 生理前の強い眠気がおさまらない時は、仮眠・マッサージ・ストレッチなどで眠気を解消しましょう!.

次の

SOS!生理前、生理中の眠気に打ち勝つには?|mb(モテコビューティー)

生理 前 眠 すぎる

あなたは、PMS(月経前症候群)がツラくて、仕事にミスや、支障が出たことはありませんか? 生理前になると、自分ではコントロールしきれないほどのイライラや憂鬱感、だるさ、眠気などの不調があらわれる PMS(月経前症候群)。 あらわれる症状の種類や、重さに個人差が大きいため、同じPMSに悩む女性同士でも、完全に理解しあうことができない、難しいものです。 PMSの症状がひどいと、人間関係に影響を及ぼすことも少なくありません。 それが家族だったら、まだ理解を得られるかもしれません。 改善に協力してくれるかもしれません。 しかし、仕事ではどうでしょうか? 上司、PMSのことを知らない男性社員、同僚の女子……。 果たして、理解を得られるでしょうか。 「体調が悪い。 つらい……」と思っても、仕事の場では我慢しなければいけない。 残念ながら、それが現実です。 ですが、自分でも、感情やカラダを完全にコントロールすることが難しいわけですから、頭ではわかっていても、行動がついていかないこともあるわけです。 その結果、 PMSで仕事に支障が出てしまうことも、決して少なくありません。 仕事にミスや問題が起こるくらいなら、休んだり、欠勤するほうがよい気もします。 そこで、今回は、PMSがひどい人のために、仕事の対策をまとめてみました。 PMSで仕事に支障が出るケース タイプ1:PMSで、仕事を欠勤することが続いてしまう 誰だって、仕事にはある程度の責任感をもってのぞむと思います。 無責任な仕事をしたい、と考えている人もいないはずです。 「仕事を休むのは悪いことである」という刷り込みが、日本人には少なからずある、とわたしは考えています。 欧米諸国では、仕事に対するスタンスが、もっと自由ですよね。 会社や、何かしらの団体に属して仕事をするからには、仕事に支障が出ないように出勤することも、責任のひとつです。 しかし、PMSの症状で苦しむことで、仕事の精度が下がってしまうなど、仕事が効率よく進められないケースも出てきます。 自分の意思に反して、出勤できないことが続き、職場で気まずい思いをする方も少なくありません。 上司に理解が得られなくてもつらい状況になりますが、得られたとしても、迷惑をかけているという罪悪感は、簡単には消えず、自分自身を精神的に追い詰めてしまうこともあります。 それによって、余計に症状が重くなり仕事に出られなくなる、という悪循環に陥ることも珍しくないです。 生理休暇という制度が、労働基準法で定められているとはいえ、その権利を当然の権利として使える環境が整っていない社風のある企業のほうが多いのです。 特に中小企業やベンチャー企業は、生理休暇を取りづらいです。 PMSによる不調だけでなく、職場環境の悪化が原因で、仕事を辞めざるを得ないということもあり得ます。 対策:PMSの時は無理せず、決断もさける ただ、PMSの症状が出ているときは、冷静な判断ができる状態ではないことがままあるので、症状が出ているときは、退職などの決断をするのは避けましょう。 その場の感情で、生活にかかわる決断をしてしまうと、あとあと後悔することも珍しくないからです。 PMSの症状が出ていないときに、次のことについて考えていきましょう。 PMSのことについて会社に相談する• 今後について改めて考えてみる• PMSとうまく付き合っていく方法• PMSそのものを改善すること なお、PMSそのものを改善する方法として、PMSサプリや薬があります。 PMSサプリや薬は、憂うつ、不安感、イライラといった精神的な症状への改善効果、さらには眠い、だるい、胸が痛い、腹痛といった身体的な症状への効果もあるので、仕事に支障が出る人は、ぜひ試してみてください。 関連記事 タイプ2:眠すぎて仕事に支障が出る PMSの症状で、眠気が強くなる、または生理中に眠気が強いというタイプ。 これは、 月経過眠症と呼ばれることもあります。 たくさん寝ているのに、昼間も眠い• 逆に、夜眠ることができないために昼間が眠い という2つのケースがあります。 いずれにしても、日中に強い眠気に襲われて、仕事に支障が出ます。 「日中、眠い」だなんて、甘いといわれてしまいそうですが、女性ホルモンプロゲステロンは、睡眠薬と同等の働きをすることがあるそうです。 睡眠薬を飲んだら、普通に起きていようと思っても、できないのが当然ですよね。 この作用は、妊娠中の体を守る、という重要な役割をもっています。 妊娠していない状態なのに眠気が強くなるのは、非常に迷惑な話ですが、体がそういう仕組みになっているので、仕方がありません。 対策:眠気との闘いは生活を整えることから 眠気対策として、生活リズムを整えるのは大前提で、睡眠の質を高める、朝はしっかり朝日を浴びて目を覚ます、運動をするなどつきやすくする工夫をするなどがあります。 また、日中に眠気覚ましにカフェインを摂取したり、午後3時以降に昼寝をしたりといったことは、夜眠れなくなる原因の一つなので避けるようにしましょう。 生活リズムを整える• 睡眠の質を高める• しっかり朝日を浴びて、目を覚ます• 運動する タイプ3:集中できない、考えがまとまらない、ミスが増える PMSが原因で、集中力、思考力が低下する、結果としてミスが増えてしまうという負の連鎖に悩んでいる人は多いです。 人間は誰でも、間違いを犯すものだとはいうものの、ミスが多くても許されるというわけではありません。 ミスが増えてしまうと、精神的に落ち込む原因にもなりますし、自分自身の評価にも影響を与えるため、決して笑いごとではないですよね。 仕事では、個人のミスを前提に、話が進みません。 ミスをしていないことが前提で進んでいくので、重大な仕事を任されている人ほど、ストレスやプレッシャーもかかるし、ミスしたときの影響も大きくなってしまうので、難しい問題になってきます。 おまけに、チームリーダーのように、役職や立場がある人の場合、周囲に相談すると、「PMSだから」という理由で、割り振られる仕事の重要度や、案件量が変わってしまうことがありますよね。 最悪、昇進や昇給にも関わってくるのではないか、と思うと簡単に相談できない悩みもあるようです。 対策:ミスを自分でフォローできるように工夫しよう、周囲に協力を求めよう とはいえ、自分自身の集中力や思考力なんて、どうやってコントロールすればよいのかわかりませんし、「そんなことできるのか?」という気持ちですよね。 集中できない、考えがまとらない、ミスしやすい時期がわかっているということが幸いだと思って、対策を練っておくことが大切です。 自分自身でミスをフォローできるように、仕事の仕方を工夫するほか、周りにフォローを頼めるのであれば、思いきって相談しておきましょう。 また、先ほどちらっと紹介したPMSサプリも効果的ですので、ぜひ試してみてください。 生理痛にロキソニンがあるなら、PMSもちゃんとサプリや薬で改善していきましょう! 関連記事 まとめ.

次の