スイカ メロン 生産 量。 メロン

メロン

スイカ メロン 生産 量

箱詰めのスイカやメロンが並ぶ道の駅「すいかの里植木」。 外出自粛を受け、インターネット販売に力を入れている 出荷の最盛期を迎えている熊本特産のスイカとメロンが、新型コロナウイルスの影響で販売不振に陥っている。 外食需要の低迷に加え、小売店での試食自粛などで家庭需要の取り込みにも苦戦。 一方、緊急事態宣言の段階的な解除など明るい兆しもあり、生産者らは早期の消費回復に期待を寄せている。 「花や牛肉と同じく売り上げが減っている」。 18日、医療関係者にスイカとメロンを贈る取り組みを熊本県の蒲島郁夫知事に報告したJA熊本中央会の宮本隆幸会長(66)は、厳しい実情を訴えた。 農家支援のため県内JAグループを挙げた購買運動も進めており、「なんとか消費拡大につなげたい」という。 スイカとメロンは県内生産量がそれぞれ全国1位と2位を占め、春~夏の熊本を代表する果物。 JA熊本経済連は両品目に特化した出荷大会を毎年3月に開くなど販売に力を入れているが、今年は新型コロナの感染拡大期に当たり開催を見送らざるをえなかった。 経済連によると、出荷先の8割は関東や関西、東海の大都市圏。 外出自粛や飲食店の休業などコロナ禍の影響が特に大きい地域で、「嗜好[しこう]品だけに、例年になく消費が鈍っている」という。 販売価格にも影響が及び、21日時点の平均単価はスイカが1キロ当たり253円、メロンが同487円で、いずれも前年同期に比べ11%安くなっている。 青果卸の国内最大手、東京青果によると、熊本産は全国産地の先陣を切って売り場に並び、「本来なら4月は熊本スイカの独壇場」。 その強みを生かせなかったことも販売不振の一因という。 「初物は味を確かめて買う人が多いが、今年は感染対策で各店とも試食を自粛した」と同社の森本隆史さん(43)。 需要が乏しい中で、都市部では必須のカット売りやブロック売りにかける手間暇も敬遠されたという。 生産者も不安を隠せない。 スイカとメロンを両方栽培する熊本市北区植木町の荻生省蔵さん(57)は、「この時期のスイカだけで年間収入の7割を占めるだけに、かなりきつい」とうつむく。 少しでも売り上げを確保しようと、農家仲間らと運営する臨時直売所を例年の2週間から1カ月に伸ばした。 県内店舗でも客足が鈍る中、インターネット通販に活路を求める動きも。 会員制交流サイト(SNS)などの情報発信に力を入れる同区の道の駅「すいかの里植木」では、4月の通販売上高が昨年の8倍に増えた。 「熊本スイカは全国区の知名度があるのが強み」と塩平英司駅長(51)。 消費回復の兆しも見えてきた。 5月に入り東京でも夏日を記録するなど全国的に気温が上昇し、「スイカやメロンの需要が高まっている」と東京青果。 全国の緊急事態宣言も首都圏の1都3県と北海道を除いて解除され、日常の消費生活が戻りつつある。 熊本経済連は「6月までの残り期間で少しでも販売を挽回したい」と販促活動に余念がない。 生産者の荻生さんも「高品質の産品を送り出すのがわれわれの使命。 コロナに負けず、産地を守っていく」と前を見据える。 (福山聡一郎).

次の

野菜と果物の違いは?スイカ・イチゴ・メロンはどっちなの?

スイカ メロン 生産 量

箱詰めのスイカやメロンが並ぶ道の駅「すいかの里植木」。 外出自粛を受け、インターネット販売に力を入れている 出荷の最盛期を迎えている熊本特産のスイカとメロンが、新型コロナウイルスの影響で販売不振に陥っている。 外食需要の低迷に加え、小売店での試食自粛などで家庭需要の取り込みにも苦戦。 一方、緊急事態宣言の段階的な解除など明るい兆しもあり、生産者らは早期の消費回復に期待を寄せている。 「花や牛肉と同じく売り上げが減っている」。 18日、医療関係者にスイカとメロンを贈る取り組みを熊本県の蒲島郁夫知事に報告したJA熊本中央会の宮本隆幸会長(66)は、厳しい実情を訴えた。 農家支援のため県内JAグループを挙げた購買運動も進めており、「なんとか消費拡大につなげたい」という。 スイカとメロンは県内生産量がそれぞれ全国1位と2位を占め、春~夏の熊本を代表する果物。 JA熊本経済連は両品目に特化した出荷大会を毎年3月に開くなど販売に力を入れているが、今年は新型コロナの感染拡大期に当たり開催を見送らざるをえなかった。 経済連によると、出荷先の8割は関東や関西、東海の大都市圏。 外出自粛や飲食店の休業などコロナ禍の影響が特に大きい地域で、「嗜好[しこう]品だけに、例年になく消費が鈍っている」という。 販売価格にも影響が及び、21日時点の平均単価はスイカが1キロ当たり253円、メロンが同487円で、いずれも前年同期に比べ11%安くなっている。 青果卸の国内最大手、東京青果によると、熊本産は全国産地の先陣を切って売り場に並び、「本来なら4月は熊本スイカの独壇場」。 その強みを生かせなかったことも販売不振の一因という。 「初物は味を確かめて買う人が多いが、今年は感染対策で各店とも試食を自粛した」と同社の森本隆史さん(43)。 需要が乏しい中で、都市部では必須のカット売りやブロック売りにかける手間暇も敬遠されたという。 生産者も不安を隠せない。 スイカとメロンを両方栽培する熊本市北区植木町の荻生省蔵さん(57)は、「この時期のスイカだけで年間収入の7割を占めるだけに、かなりきつい」とうつむく。 少しでも売り上げを確保しようと、農家仲間らと運営する臨時直売所を例年の2週間から1カ月に伸ばした。 県内店舗でも客足が鈍る中、インターネット通販に活路を求める動きも。 会員制交流サイト(SNS)などの情報発信に力を入れる同区の道の駅「すいかの里植木」では、4月の通販売上高が昨年の8倍に増えた。 「熊本スイカは全国区の知名度があるのが強み」と塩平英司駅長(51)。 消費回復の兆しも見えてきた。 5月に入り東京でも夏日を記録するなど全国的に気温が上昇し、「スイカやメロンの需要が高まっている」と東京青果。 全国の緊急事態宣言も首都圏の1都3県と北海道を除いて解除され、日常の消費生活が戻りつつある。 熊本経済連は「6月までの残り期間で少しでも販売を挽回したい」と販促活動に余念がない。 生産者の荻生さんも「高品質の産品を送り出すのがわれわれの使命。 コロナに負けず、産地を守っていく」と前を見据える。 (福山聡一郎).

次の

メロンの都道府県別生産量(収穫量)/グラフ/地図/一覧表|統計データ・ランキング|家勉キッズ

スイカ メロン 生産 量

都道府県 収穫量 収穫量割合 出荷量 出荷量割合 作付面積 作付面積割合 10a当たり収量 備考 - 全国 367,946 t - 315,184 t - 11,336 ha - 3,247 kg 2018年以前までの過去13年間の平均値 1 55,492 t 15. 農家さんが投稿された情報に対するご意見・ご質問に関しては、運営事務局側では回答致しかねますので、農家様に直接お問い合わせいただきますようお願いいたします。 「すいか」の産地(都道府県)の一般情報に関しては、次に記載の "「すいか」の産地(都道府県)に関する一般情報" をご覧ください。 「すいか(西瓜,スイカ)」 の 産地(都道府県)に関する一般 情報 [ジャパンクロップス]で提供している情報は、総務省統計局等の機関から公表されている情報及び、[ジャパンクロップス]運営事務局の独自の視点・調査から提供している情報の2つから構成されております。 ページの中で出典が記載されていない情報は、当運営事務局の独自の視点から提供された情報となります。 運営事務局では、日本で生産された農作物の「すいか」に関して、国内外の多くの消費者の方に興味をもっていただけるよう、今後も農作物や農業に関する様々な情報を追加していく予定です。 もし、こんな情報もあったらいいな等のご意見や、サイトの記載に誤りを見つけましたら、[ジャパンクロップス]のよりご連絡いただけますと幸いです。 「すいか(西瓜,スイカ)」 を 生産・販売されている 農家様へ [ジャパンクロップス]では、日本で「すいか」を生産・販売されている農家様を募集しております。 当サイトでは、「すいか」に関する商品情報だけでなく、ご自身の情報や、その他の「すいか」の販売促進につながるようなお知らせを無料で登録・発信いただけます。 これらの情報は、農家様が農業を営んでいる産地(都道府県)や特定の地域、また品種(種類)と紐づけて情報を発信することができます。 インターネットをご利用できる環境さえあれば、会員登録を行っていただければお使いになれます。 パソコンだけでなくスマートフォンやタブレットでも操作が可能です。 また、海外向けにも情報を発信することができるようになっております。 ご興味の際は、のリンクから新規会員登録を行っていただきますようお願い致します。 または、ご質問や、ご確認事項、もう少し詳細を知りたい方は、[ジャパンクロップス]のよりお気軽にご連絡ください。 また、「すいか」に関する情報をご登録いただくと、ご希望に応じて、「JapanCROPs」運営事務局で運営する公式フェイスブック上でも、その情報を無料で投稿致します。 これにより、ご登録いただいた情報を、より多くの方にご覧いただく機会や、農家様のメッセージが伝わる機会が増えると考えております。 「JapanCROPs」公式フェイスブックページへの無料での投稿サービスは、期間限定のサービスと考えておりますので、是非この機会に、「すいか」に関連する農家記事を登録いただき、サービスをご活用いただければと思います。 公式フェイスブックページ.

次の