この 接続 では プライバシー が 保護 され ませ ん chrome。 「プライバシーが保護されません」「セキュリティ警告」エラーの対策法|Android │ Tips360

Chromeの「この接続ではプライバシーが保護されません」現象を解消した

この 接続 では プライバシー が 保護 され ませ ん chrome

Google Crome を使用していて以下のような警告メッセージが出るようになりました。 google. com 上のあなたの情報(パスワード、メッセージ、クレジット カード情報など)を不正に取得しようとしている可能性があります。 今回の現象は SSL もしくは TLS での暗号化の通信ができないために表示されているメッセージのようです。 いつ、何をしてこうなったのかわかりませんが、以下の手順で対応できました。 【設定手順】• Interbet Explorer を起動して画面右上の[ツール]メニューから「インターネットオプション」 を開きます。 [詳細]タブを開き、「セキュリティ」の項目のSSL、TLS 関係のチェックをつけて「OK」ボタンをクリックします。 この環境では「SSL 2. 0 を使用する」にのみチェックが入っていなかったためここにチェックを入れました。 設定変更後は Internet Explorer を終了し、Google Chrome を再起動して動作を確認してください。 【参考情報】.

次の

「プライバシーが保護されません」「セキュリティ警告」エラーの対策法|Android │ Tips360

この 接続 では プライバシー が 保護 され ませ ん chrome

セキュリティ証明書とは、Webサイトが安全だという証明書です。 また、安全とは、Webサイト内の通信内容が暗号化されており、通信内容の漏洩を妨げ、個人情報などが盗まれる恐れが少ないということです。 このセキュリティ証明書は誰でも簡単に所有できるものではなく、Webサイト運営者がセキュリティの認証機関に申請し、審査を受けて受理されてはじめて発行されるものです。 Webサイトによっては、こういったセキュリティ対策を怠り認証機関に申請していなかったり、はじめから悪意を持ったWebサイトであったりすると、セキュリティ証明書は持っていません。 また、セキュリティ証明書には有効期限があり、セキュリティ証明書を持っていたが期限がきれてしまっているWebサイトというのも沢山あります。 セキュリティ証明書の続きにもなりますが、セキュリティ認証機関としてSymantecという認証局があります。 2017年9月、GoogleはこのSymantec認証局とその系列会社が発行したセキュリティ証明書を認めないと発表しました。 そして2018年3月・4月・9月・10月のChromeのバージョンアップに合わせ、 段階的に世界の30%をも占めていたSymantecとその系列会社が発行したセキュリティ証明書を無効にする処置をとりました。 Chromeのアップデート以降や、スマホを買い替えてからより頻繁に「この接続ではプライバシーが保護されません」とセキュリティ警告のエラーが表示されるようになった場合は、このGoogleによるセキュリティ証明書の無効化が原因と考えられます。 Webサイトがセキュリティ証明書を持っていなかったり、持っていてもセキュリティ証明書の期限が切れたままで更新されていなかったりするなど、Webサイト側に問題・原因がある場合、こちら側では何の対処法もありません。 また、「「この接続ではプライバシーが保護されません」と表示される原因>Chromeの問題」でお話ししたように、 Google Chromeに無効にされてしまったセキュリティ証明書をWebサイト運営者が別の承認期間でセキュリティ証明書を取り直していない限り、Chromeとしてはセキュリティ証明書を無効としているのでセキュリティ警告エラーとしてWebサイトを閲覧できないようにしているわけです。

次の

【解決】この接続ではプライバシーが保護されません/NET::ERR_CERT_DATE_INVALIDと表示されサイトに行けない!時は?

この 接続 では プライバシー が 保護 され ませ ん chrome

セキュリティ証明書とは、Webサイトが安全だという証明書です。 また、安全とは、Webサイト内の通信内容が暗号化されており、通信内容の漏洩を妨げ、個人情報などが盗まれる恐れが少ないということです。 このセキュリティ証明書は誰でも簡単に所有できるものではなく、Webサイト運営者がセキュリティの認証機関に申請し、審査を受けて受理されてはじめて発行されるものです。 Webサイトによっては、こういったセキュリティ対策を怠り認証機関に申請していなかったり、はじめから悪意を持ったWebサイトであったりすると、セキュリティ証明書は持っていません。 また、セキュリティ証明書には有効期限があり、セキュリティ証明書を持っていたが期限がきれてしまっているWebサイトというのも沢山あります。 セキュリティ証明書の続きにもなりますが、セキュリティ認証機関としてSymantecという認証局があります。 2017年9月、GoogleはこのSymantec認証局とその系列会社が発行したセキュリティ証明書を認めないと発表しました。 そして2018年3月・4月・9月・10月のChromeのバージョンアップに合わせ、 段階的に世界の30%をも占めていたSymantecとその系列会社が発行したセキュリティ証明書を無効にする処置をとりました。 Chromeのアップデート以降や、スマホを買い替えてからより頻繁に「この接続ではプライバシーが保護されません」とセキュリティ警告のエラーが表示されるようになった場合は、このGoogleによるセキュリティ証明書の無効化が原因と考えられます。 Webサイトがセキュリティ証明書を持っていなかったり、持っていてもセキュリティ証明書の期限が切れたままで更新されていなかったりするなど、Webサイト側に問題・原因がある場合、こちら側では何の対処法もありません。 また、「「この接続ではプライバシーが保護されません」と表示される原因>Chromeの問題」でお話ししたように、 Google Chromeに無効にされてしまったセキュリティ証明書をWebサイト運営者が別の承認期間でセキュリティ証明書を取り直していない限り、Chromeとしてはセキュリティ証明書を無効としているのでセキュリティ警告エラーとしてWebサイトを閲覧できないようにしているわけです。

次の