俺ガイル ss リア充。 雪乃「…何もしないのね…」 八幡「さすがに理性が…」【俺ガイルss/アニメss】

八幡「リア充の真似事でもしてみるか・・・」 【俺ガイルSS】

俺ガイル ss リア充

「俺ガイル」3期が放送間近、江口拓也インタビュー C 渡 航、小学館/やはりこの製作委員会はまちがっている。 完 イメージを拡大 渡 航氏の人気ライトノベルのアニメ第3期「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 完」が7月9日から順次放送開始となる。 どこまでも不器用な方法で他者と向き合ってきた八幡。 同キャラクターを演じてきた江口拓也に、八幡の、そして自分自身の「他者との在り方」を聞いた。 完 イメージを拡大 良くも悪くも、自分の心に嘘をつかないところでしょうか。 自分の信条を曲げなければ、どんな行動をとってもかまわない。 そういった意味で、思考を止めないということがすごい。 こじれちゃうくらいの勢いで、いろんなことを考えて答えを出そうとする。 生きやすさみたいなものを模索している姿が、自分を持っていてかっこいいですね。 とげとげしかったり、思春期ならではのもやもやしたものを抱えがちではありますが、だいぶ丸くなったんじゃないでしょうか。 C 渡 航、小学館/やはりこの製作委員会はまちがっている。 続 イメージを拡大 一見そうですね。 はい(笑)。 なぜなら、本人はそれを求めてないと思うんです。 自己肯定感も低いので、口ではいろいろ言うけれど、実のところ、そういう雰囲気が苦手なんだろうなと感じます。 だから周囲に人が増えても、結局葛藤してるし、ある程度の距離感を保っている。 でも、それが徐々に揺らぎ始めているから「こんなはずじゃなかった」ともどかしさを覚えている。 その葛藤がまさに青春なのですが……八幡と同じ立場になるのは嫌だなと思います(笑)。

次の

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

俺ガイル ss リア充

19 ー 奉仕部 ー 静「ここだ、比企谷。 君にはこれからこの部活に入ってもらう」 静「雪ノ下、入るぞ」ガラッ 雪乃「……先生、入る前にはノックをして下さいと前から」 静「細かい事は言うな。 さて、比企谷。 早速だが」 八幡「この部室も変わらねえな……」 静「?」 雪乃「どういう事かしら? ……あなた、この奉仕部に来たのは初めてよね?」 八幡「おいおい、何を言ってるんだ? まるで俺が初めから存在しないみたいな言い方をして。 流石の俺でも泣くぞ」 静「……だ、そうだが、比企谷は本当に前にここに来た事があるのか?」 雪乃「いえ。 見るのも名前を聞くのも今日が初めてなんですが……」 八幡「そう。 俺はそこにいるのに誰にも気付かれないステルスヒッキー。 リア充を夢見るアメリカンぼっち」 八幡「名字は聞いての通り比企谷だ。 じゃあ、俺の名前は何だと思う? 恥ずかしがらずに聞いてみな」 雪乃「……何ていうのかしら?」 デェーーーン!! vip2ch. 17 雪乃「…………」 静「…………」 八幡「それじゃあ、キツキツのぼっちジョーク。 まずは100デシリットル(涙)から」 八幡「去年の文化祭の時、打ち上げがあってな。 クラス全員でカラオケに行こうって事になったんだ。 ところが、俺がそのカラオケボックスに行ったら、あれ? みたいな顔をされたんだよ」 八幡「何でかって? そう、俺はクラスの一員だと認識されてなかったから」 デェーーーン!! 38 八幡「続いて、キツキツのぼっちジョーク。 200デシリットル(涙)!」 八幡「この前、体育の授業で二人組のペアを作れと言われたんだ。 俺はいつもの如く嘘でもついて一人でやり過ごそうとか考えたんだが、しかし、その時は休んでるやつがいたから男子の人数はいつもと違って偶数だった」 八幡「このままだと逆に誰か一人余ってしまう。 そう考えた俺は嘘をつくのをやめて事の成り行きを見守った。 すると、数分後には何故かペアが決まってないのは俺だけになっていた」 八幡「どうしてかって? ペアを作らずに、無理矢理三人組になったやつらがいたからだよ」 デェーーーン!! 05 八幡「ここで今度はフライングぼっち!」 八幡「この前、電車に乗ったら偶然中学の時のクラスメイトが隣の席に座ったんだ。 そのまま知らないふりして黙ってるのも気まずいもんだから、久しぶりだなって声をかけたら、そいつは不思議そうな顔を見せて」 デェーーーン!! 16 八幡「それじゃあ最後にカウントダウンぼっち! 前に遊園地に行った時の人数を順番に教えてくれ」 雪乃「3」 静「2」 八幡「1」 デェーーーン!! 29 乙 元スレ:八幡「俺の名前は比企谷ぼっちまん。 vip2ch.

次の

雪乃「…何もしないのね…」 八幡「さすがに理性が…」【俺ガイルss/アニメss】

俺ガイル ss リア充

俺ガイルって、面白いでしょうか? なんか自分はそんなに… 友達にえらい勢いですすめられたので読んでみましたが。 自分には合わなかったです。 笑 八幡が無理。 というかこんなむかつく主人公初めてみました。 コミュ障の言い訳と、自己正当化がまずくっそしつこくてウザい。 あと他人に対してやたら偉そう、他人見下し。 人に感謝しない、いかにもネットで拾ってそうなトラウマ、主人公補正、自称ぼっちで実は友達いすぎのくせにぼっちを語りすぎ、周りのメインキャラが常に主人公を持ちあげる。 最近のラノベ主人公の悪しき部分をコンプリートしています。 「俗悪ハーレムラノベも、ここまで来たか」って感じですね。 ・コミュ障な自分を自己肯定したい、リア充なんか実はカスで会議すらできない、俺様がキツく言ってやって初めて動き出す ・ぼっちな俺は実は超優秀だけど周りのアホから理解されない。 つれー ・でも美少女達は理解してくれる。 あとリア充でもトップの葉山だけは俺の正体に気付いてて俺に嫉妬してくるウゼー ・キモオタの材木座も俺に一方的になついてくるけどこんなゲス友達じゃねーしウゼー ・俺はその辺の鈍感カス主人公とは違うから結衣に惚れられてるのは当然気付いてるけど、めんどくせーから何か月もデートの約束だけしてやったままほっとく 笑 ・「本物」の関係を求める俺カッケー。 でもそれが何かは明言しない。 でも周りの奴らはなぜか俺の本物発言に感動し勝手に合わせてくれる。 ・誰からも理解されてない葉山の心の闇をただ一人見抜いて慌てさせるオレスゲー ・超優秀な雪乃を救いまくっちゃったから依存されてコピーまでされてるオレスゲー でも俺の責任だから立ち直らせてやんねーとな こんな感じで、もう最悪でしたね。 駄目なラノベ、という感じです。 ただ持ち上げてる連中が本当にウザいですよねこれ。 このラノ三冠とか、いっつも組織票で持ち上げてるし。 そこまでの価値ねーから!! って言ってやりたいです。 あと、ファンがSSで八幡を主人公にして他作品とクロスオーバーして八幡を大活躍させて他の作品のヒロインを寝取ったりしてるのが、多すぎ!! ほんと馬鹿じゃねーの。 八幡に、自分を投影しすぎ!! 八幡とか単なる最近のラノベにありがちな「周りのバカは気付いてないけど実は俺様TUEEEE」系のチープな救世主系主人公に過ぎないですから!! 糞ですから!! とりあえずクロスオーバー系SSだけはマジでやめてほしい。 もういい加減に俺ガイルを持ち上げるのはやめてほしい。 心底そう思ってしまいました。 みなさんも同じように思っては無いですか。 ぜひ聞かせてください。 補足このラノベに影響された中高生が八幡をマネして「奉仕部」を本当に作ってみたものの、 案の定八幡みたいにはなれず雑用ばかり押し付けられたそうです 笑 そういうことにも、読者はちゃんと気付いてほしいですね。 なぜ、現実では八幡みたいになれないのか。 このラノベに書かれていることは本当に正しいのか。 騙されているだけではないのか。 現実には主人公補正などないのですから…。 このラノベをマネしても、不幸になるだけ。 まともに人と向き合う方が、何十倍も難しい。 そう生きてほしい。 少し偏見が入っているような気もしますが、まあ、現実的に見ればそこまで間違っていない気がしないこともないです。 しかし、小説や漫画って創作物ですよ。 現実的なことばかりかいても何の面白みもない。 ああいう現実ではそうそういないような個性的なキャラクターが現実にはないようなことをやるから読者はそこに憧れなどを持ち、刺激を受けるんです。 ノンフィクションだって常人には体験できないことやその人の中でも一番の出来事を書くからおもしろいんです。 俺ガイルの場合、そう言ったボッチの生き方、というか八幡のひねくれた考え方に刺激を受ける人が多いのでしょう。 そういうインパクトがなければだれも読みません。 まあ、貴方が嫌いだというならそれは好みの問題ですので構いませんが、実際に絶大な人気を誇っている作品ですよ? 後、二次創作なんてのは元の作品を自分好みにアレンジして書いているものなので自己投影していようがしていまいが書く人の勝手でしょう。 先ほども言った通りガイルが気に入らないならそれで構わないと思いますけど、そう言うのを書きたい人や読みたい人がいるのも事実なんですからそこまで否定する必要ないと思いますよ。 補足について まあ、奉仕部を実際に作ったところで八幡みたいになれないのは当然ですけど。 先ほども言いましたが現実ではありえないから面白く、それに憧れるのであって、騙されてるとかそういうのではないでしょう。 人とまともに向き合うのが難しい、それは本当でしょうが、一人で生きるのなんてもっと難しいと思いますよ。 そもそも娯楽の一つなんですから、面白くなかったらもう見なけりゃいいだけですよ。

次の