君のいない日々生活。 セイカツ 歌詞「おさるのうた」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

君は古賀及子さんを知っているか

君のいない日々生活

目次 にしむらアオさんより 春は旅立ちのとき。 新生活を迎え、まだ体になじまない制服姿やスーツ姿の学生や新社会人を目にするたびに、当時、不安と希望を胸に抱いた若かりし日々の自分を思い出す大人たちも多いかもしれません。 目の前に続く未来への道を進むのに、精一杯だった青春と呼ぶべきひととき。 背中を見送る親の気持ちを想うより、未来が待ち遠しかったあの頃。 にしむらアオさんのTwitterより 自分以上に大切な存在と巡り合えた幸せをかみしめながらも、初めての育児に戸惑い、迷い、そのなかで変化していく母親の心情や親子の距離感が印象的に描かれています。 しかし成長するにつれ、そんな親心がもしかしたら間違っているのでは…と気づき、少しずつ手を離し、見守ることを学んだ時間。 にしむらアオさんのTwitterより 「小さな君を抱っこして眠れなかった夜」も、 「小さな君の手を引いて歩いた道」も、あとですごく大事になる、そしてうんと懐かしくなることを、育児に奮闘する今の自分に伝えたいメッセージのように心に響きます。 にしむらアオさんのTwitterより 赤ちゃんと2人で過ごす生活のなかで、ときに孤独や不安といった感情に支配され、ままならない育児に心が砕けそうになるだってあります。 だけど、何気ない日常の隙間に、そこはかとなく輝く、まるでギフトのような瞬間が母親の心が救うこともまた事実なのです。 にしむらアオさんのTwitterより 小さなわが子を胸に抱いて感じた幸福のひととき。 今まで知ることもなかったような穏やかな幸せが、確かに母親の心に刻まれていくのです。

次の

【もう君はいない】半年前「コロナ禍」を知らずに逝った妻。笑顔と愛が消えた家で一人戦う日々~その1~

君のいない日々生活

その日も御白喜斬は、怠惰な生活を謳歌していた。 入学して最初の中間試験が終わった直後の、春と夏のちょうど間。 一年で一番過ごしやすい気候を、授業をサボる定位置となっている屋上の日陰に隠れて満喫して、気分も良く下校のチャイムを遠くに聞きながら、下校する。 燻んだ灰髪と目つきの悪さが相まって、不良のように見えるが、そういうわけではない。 髪は地毛だし、目付きだって、寝不足から来ているもの。 ただ必要ないから授業に出ていないだけで、試験はトップクラスだ。 そんな彼にとっての日常。 変わらない怠惰な日々の一端は、今日も変わらずに過ぎていく。 今日は夜でも暖かそうだし、アイスでも買って帰ろうか 気候のせいで思考も穏やかで、ついつい歩みものんびりとなってしまう。 そうして段々と見え始めた他の生徒に混じって、下校路を進む。 本当にそんな、特筆することすらない日常。 不意に、視界の端を何かキラキラとしたものが通過する。 三時過ぎくらいの優しい日差しに照らされて、綺麗なショコラブラウンが視界を染め上げた。 それは一切の混じりなく清らかに流れる川のようで、一度見てしまえば、たちまちに視線を外せなくなってしまう。 ショコラブラウンの正体は、一人の少女の美しい髪の毛だった。 ドクン。 少女の存在を認識した途端に、喜斬の心臓がうるさく暴れ出す。 まるで短距離走の後みたいに、早鐘を打ち始める。 顔に熱が集まるのを自覚して、ぼーっと纏まらない思考が、何度も浮かんでは消えていく。 あまりにずっと見つめていたからだろうか。 不意に、少女と目が合った。 ちょっと遠目でも分かる白い肌に整った顔立ち、情欲を駆り立てる双丘、貪りたくなる程に艶やかな唇、自然と目が吸い寄せられる、風に靡くスカート。 気付けば、喜斬は自覚無しに、獣のように目を血走らせて少女を見ていた。 少女を今すぐに押し倒したい。 汚したい。 自分のものにしたい。 ここが衆目の中である事も忘れて、際限なき情欲が、喜斬の思考を占領する。 そして、一歩、また一歩。 ふらふらと覚束ない足取りで、喜斬は段々と、少女との距離を詰めていく。 「あー、まだそうなっちゃう人いたんだ」 銀鈴の音が世界を支配する。 少女を手に入れる事しか考えられない喜斬の思考に、その声がなによりも甘美な響きとして、耳奥に反響して脳を震わせる。 その甘美な響きが、何か性質の違うものになった事が辛うじてわかる。 そしてそれは、喜斬の脳髄の深いところに染み込んでくる。 脳内を熱いものが満たしたその瞬間、徐々に意識が遠ざかっていくのを喜斬は自覚した。 世界の認識が曖昧になって、胸中を占めていたはずの強い情欲も、どうじにどこかへ消えていく。

次の

「君がいない日々生活毎日は」おさるのうたの歌詞と声がカップル写真にマッチしててエモい

君のいない日々生活

その日も御白喜斬は、怠惰な生活を謳歌していた。 入学して最初の中間試験が終わった直後の、春と夏のちょうど間。 一年で一番過ごしやすい気候を、授業をサボる定位置となっている屋上の日陰に隠れて満喫して、気分も良く下校のチャイムを遠くに聞きながら、下校する。 燻んだ灰髪と目つきの悪さが相まって、不良のように見えるが、そういうわけではない。 髪は地毛だし、目付きだって、寝不足から来ているもの。 ただ必要ないから授業に出ていないだけで、試験はトップクラスだ。 そんな彼にとっての日常。 変わらない怠惰な日々の一端は、今日も変わらずに過ぎていく。 今日は夜でも暖かそうだし、アイスでも買って帰ろうか 気候のせいで思考も穏やかで、ついつい歩みものんびりとなってしまう。 そうして段々と見え始めた他の生徒に混じって、下校路を進む。 本当にそんな、特筆することすらない日常。 不意に、視界の端を何かキラキラとしたものが通過する。 三時過ぎくらいの優しい日差しに照らされて、綺麗なショコラブラウンが視界を染め上げた。 それは一切の混じりなく清らかに流れる川のようで、一度見てしまえば、たちまちに視線を外せなくなってしまう。 ショコラブラウンの正体は、一人の少女の美しい髪の毛だった。 ドクン。 少女の存在を認識した途端に、喜斬の心臓がうるさく暴れ出す。 まるで短距離走の後みたいに、早鐘を打ち始める。 顔に熱が集まるのを自覚して、ぼーっと纏まらない思考が、何度も浮かんでは消えていく。 あまりにずっと見つめていたからだろうか。 不意に、少女と目が合った。 ちょっと遠目でも分かる白い肌に整った顔立ち、情欲を駆り立てる双丘、貪りたくなる程に艶やかな唇、自然と目が吸い寄せられる、風に靡くスカート。 気付けば、喜斬は自覚無しに、獣のように目を血走らせて少女を見ていた。 少女を今すぐに押し倒したい。 汚したい。 自分のものにしたい。 ここが衆目の中である事も忘れて、際限なき情欲が、喜斬の思考を占領する。 そして、一歩、また一歩。 ふらふらと覚束ない足取りで、喜斬は段々と、少女との距離を詰めていく。 「あー、まだそうなっちゃう人いたんだ」 銀鈴の音が世界を支配する。 少女を手に入れる事しか考えられない喜斬の思考に、その声がなによりも甘美な響きとして、耳奥に反響して脳を震わせる。 その甘美な響きが、何か性質の違うものになった事が辛うじてわかる。 そしてそれは、喜斬の脳髄の深いところに染み込んでくる。 脳内を熱いものが満たしたその瞬間、徐々に意識が遠ざかっていくのを喜斬は自覚した。 世界の認識が曖昧になって、胸中を占めていたはずの強い情欲も、どうじにどこかへ消えていく。

次の