クレーン ゲーム コツ。 【セガ攻略】クレーンゲームの剣山台の取り方とコツ

【クレ達】クレーンゲームが上手くなるコツをクレーンゲームの達人が伝授

クレーン ゲーム コツ

まずは、昔からお馴染み!お菓子などを取る「スウィートランド」!流れてくる景品をアームですくって、テーブルに置くと、押し出されて、穴に落ちた景品をゲット!しかし、上手く景品がすくえない!また、せっかくすくえても、転がり落ちてしまう! そこで、クレーンゲーム専門のチャンネル「もっかいちゃんねる」を開設しているユーチューバーもっかいさんに「スウィートランド」で景品を取るコツを教えてもらう!まず1番重要なのは、「台選び」!取れるかどうかは、この「台選び」で決まる!選ぶ台は、できるだけ「四角くて、重いモノ」が流れている台を選ぶこと!「丸いモノ」や「軽いモノ」は、はじかれて横に落ちてしまうが、「四角くて重いモノ」だと、安定するので落ちにくい!今回狙うのは、「お菓子タワー」!崩せば、お菓子をたくさんゲットできる。 そのためには、「何手かかかること」を前提に大量ゲットを狙う!!まず、狙うものが分かっていても、どのタイミングでボタンを押せば取れるのか、分からない。 ポイントは、自分が狙っている景品が、自分のテーブルと、となりのテーブルのちょうど真ん中あたりに来た時にボタンを押す!そして、「四角くて重いモノ」さえ、テーブルに乗ってしまえば、しっかりとタワーを押し出してくれる!これを、何回か繰り返すと5、6回で大量のお菓子がゲット出来ることも! 「うまい棒タワー」の攻略法とは? 続いては、昔から定番の「2本爪」。 芸能界No. 1の腕を持つ酒井敏也さんに「2本爪」で景品を取るコツを教えてもらう! まず、芸能界イチのクレーンゲーマー、酒井流奥義その1「スキマフック」。 スキマにアームをひっかけることで、たとえアームの力が弱くても、どんな人形でも取ることが出来る! さらに、酒井流奥義その2「タグがけ」。 スキマだけでなく、タグでも景品を見事にゲット出来る!今回は、なんとダブルゲットを達成! そして、酒井流奥義その3「ムーンサルト」。 大きなぬいぐるみを取ることができる!大事なのはぬいぐるみの形状で、頭大きい場合、頭を持ち上げ、起こすことにより、頭の重さで、でんぐり返しする。 もし出口で引っかかったら、店員さんを呼べば、ゲットできる! 主流の「3本爪」の攻略法とは? 「3本爪」は、今主流の台!ゲームセンターに入ると、ズラリと台が並んでいる。 爪が3本あるので、一見つかみやすそうだが、2本爪に比べて、先が滑りやすく、爪がほとんどないので、景品がつかみにくい!そこで、クレーンゲームのコツ動画を数多くアップしているユーチューバーのアキちゃんに「3本爪」で景品を取るコツを教えてもらう! みなさん、「3本爪」で景品を掴もうとするが、そもそも掴もうとするのが間違い!この台は、30秒とか60秒とか、アームを自由に動かせるので、それを使って取るのがポイント!まず、スティックを動かせばアームが自由に動く、その特性を利用した技、その名も「ぐるぐるアタック」!もちろん、全ての台で出来るわけではありませんが、台によってはこのようにアームと同じ高さに景品が置いてあることがあり、実際、ネットの動画投稿でも、小さい子たちが楽々ゲットしている方法! 最高難易度「箱型」の攻略法とは? 続いては、「箱型の景品」!「箱」は滑りやすく掴みにくいので、最高難易度!そこで、日本クレーンゲーム協会が認定したクレーンゲームのプロ第1号、五十嵐直也さんによる、箱型の景品を取るコツを教えてもらう! まず、「箱型の景品」は、1回で取るのではなく、徐々にズラして取る「横滑り」という技を使って取る。 落とすのが「右下の穴」の場合、どうやってスベらせるのか?まずは1手目、クレーンが下りてきて、右に寄せる!そして2手目に、先ほどと同じようにアームを右に寄せて景品をマークし、ズラしてゲット!今回のように、運よく2手で取れない場合も、「横滑り」を根気強く続けていけば、難しい「箱型の景品」も高確率でゲットできる! さらに、五十嵐さんの手にかかれば、「箱型」をなんと一発で取れる究極の奥義がある。 「箱型の景品」を100円で取る技、「差し込み」という技!ポイントさえ掴めば、誰でもできるとのこと!ポイントは、アームが開いた時に爪が箱の隙間に入るという目安になる場所がある。 アームの肘の部分「くの字のところ」を狙いたいところに合わせると、出来るようになる! ちなみに、下がる時に下がりながら回ってしまうアームがたまにある。 クレーンゲームでは「捨て100」という用語があるが、これに関しては、一度、やってみないとわからないとのこと。

次の

UFOキャッチャーのコツ(クレーンゲーム)5つ!箱やお菓子の攻略法も

クレーン ゲーム コツ

この記事の目次• クレーンゲームのコツを知りたい。 まずは3本爪の特徴について 爪が3本あると、その分とっても取れそうな感じがします。 でも意外と爪が合っても難しいんですよね~。 これって自分のクレーンゲームに対しての実力のなさなのでしょうか?! しかし聞いたところによるとクレーンゲームには難易度設定というものがあるとの事です。 ゲームセンター側としてはゲーム機でどの位の割合で商品をゲットさせるかで、売り上げが決まってきます。 簡単に商品がバンバン取れてしまうと赤字になってしまうのは言うまでもありませんよね。 コレをペイアウト率と言って、取れすぎにも取れなさすぎにもならないようにこの率を調整しているという事です。 この調整は大まかではなく、微妙に調整する事が出来るのだそう。 いつもクレーンゲームで商品がとれない人は実力不足ではないのかもしれませんね。 3本爪のクレーンゲームのコツ、必勝法はこちらです 上記したようにペイアウト率が設定されているクレーンゲーム機ですが、ではどの様にして取れたり取れなかったりするのか気になりませんか? 感がいい方はお気づきだと思いますが、やはり秘密は3本の爪にあります。 この爪の商品を掴む強さが、その時によって変える事が出来るようになっているんだそうです。 コレを聞く限り、もはや商品をゲットするのは運しかないといった感じですよね。 でもゲームセンターでゲットした商品を袋にたくさん詰め込んでいる人もいます。 実は運次第と思われているこのクレーンゲームにも必勝法が存在するんですよ! その方法は爪を掴むことに使わないという事。 これではまるで反対の方法!掴む事に使わなければ商品をゲットする事が出来ないのでは?と思ってしまいます。 掴む強さは設定されているので、どうにもなりません。 そこで開くときの力や爪の幅を利用して商品を動かすのです。 ポイントは3本の爪を使わずに、2本の爪でひっかけるような感じです。 この方法だと商品を落とす穴の近くにある物だとゲットする確率は高くなります! クレーンゲームのコツ。 3本よりも2本爪のほうが取りやすい? 3本の爪が付いているものの他にも、2本のチョット大きめの爪が付いているクレーンゲームもありますよね。 3本爪よりも前からあるタイプの物です。 爪が少ないので商品をゲットする確率が少なくなりそうですが、逆にこのタイプの方が技を使いやすく確率が高くなる事が多いんです。 たとえば爪の大きさを利用して商品に片方だけ爪をかけて徐々にずらして行ったり、落とし口付近にある商品は爪で下に押し付けて落とす方法もあります。 この2本詰めのクレーンゲーム機の特徴は爪が下りてくる距離です。 3本爪と違って、必ず設定されたところまで爪が下りてきます。 なので爪を下に押し込む方法を使えるんです。 持ち上げる力は少なくても押し込む力は結構あるので、2本爪の方が断然商品を取りやすいという方もいらっしゃいますよ。 また今ゲームセンターではわざと落とし口に商品をひっかけて置いておく場合がありますよね。 こんな時も2本爪なら狙い目かもしれません。 3本爪のクレーンゲーム、景品ゲットは運次第? 爪が付いているクレーンゲーム機はペイアウト率が決まっているというお話をしました。 私の経験上から言うと、とっても落ちやすい位置に商品が置かれていてもアームが緩くスルリと簡単にすり抜けてしまったり、掴んでも持ち上げてクレーンが動いた時の振動ですぐに落ちてしまったりする事が多々あります。 でもたまーに気持ちよく取れる事があるんですよね~。 そこで調子に乗ってもう一度やってみると、やっぱり取れないんです。 これはたまたま運よく確率に当たっただけなんです。 では、どこまでお金を投入すれば確立に当たる事が出来るのか?それは設定次第なのでやはり何とも言えません・・・。 しかしいろいろな人の話を聞いてみると3千円から5千円のあいだで商品をゲットした。 という話が多いです。 だからと言って、それだけお金を入れれば絶対にゲット出来るかというとそうではありません。 運次第という所もあるクレーンゲーム機に熱くなり過ぎないようにして下さいね。 元ゲームセンタースタッフが教えるクレーンゲーム攻略のコツ 確率を設定するほかにもゲームセンターの店員さんが、調整を行っている部分があります。 これは見た目でも確認する事が出来るので、挑戦する時の目安にしてみて下さい。 まずはアームです。 商品を掴む爪部分ではなく爪についているアーム部分です。 実はこのアーム部分も商品によって取り換えている場合が多いそうです。 アームによって開く幅も違ってきますので、チェックをしましょう。 次に爪部分、この爪部分の角度をチェックしてください。 角度が直角に近い場合は取れやすいですが、店舗によってはココを調整をして角度をなだらかにしている事があるんです。 こうなると更に取れずらくなってしまうので、クレーンゲームをする時はココも必ず見るようにしましょう。 そして最後に商品の配置、お菓子などが積み上げられていて簡単に落とせそうに見えても倒れた時にガラスによりかかり、その後は全然落ちてこない物もあります。 まずは1~2回試して見て、無理そうだと判断したらそれ以上に深追いしないこともクレーンゲームのコツと言えるでしょう。 見極めが肝心なんです!.

次の

クレーンゲームで覚えておくべき12の技(前編)

クレーン ゲーム コツ

ラウンドワンでぬいぐるみを取ろうとすると必ず見る、ぬいぐるみが謎の物体に支えられてて今にも落ちそうな仕掛け。 これアームで引っ掛けたらすぐ落ちそうに見えますが、実際やってみるとそう簡単には取れませんよね。 アームで押し込むと間にハマってしまって何回やっても全然取れない・・・ 店員さんにアドバイスされてもなかなか取れないけど、これ本当はどうやって取るの? 押せって言われるけど本当に取れるの? これ店員さんのアドバイス通りにやると、数千円かかるんです。 きちんと仕組みを理解してプレイしないと、ハマって取れなくなりますよ。 そこで今回はラウワンによくあるUFOキャッチャーのぬいぐるみの仕掛け、押し込み台について、元ゲーセン店員がその仕様と攻略法についてお話します。 ぬいぐるみの押し込み台の基本的な取り方 この台の特徴として、アームパワーがほぼ入っていません。 その為、アームで掴んでもスルッと抜けるので、掴むのではなく、アームが開いて降りるパワーで押し込んで取ります。 上の写真の位置であれば、プーさんのお腹あたりをアームで押し込みます。 アームの大きさや、移動範囲設定により、左右どちらかのアームでしか押せなかったりします。 初期位置から押し込むと、上の写真のような位置になります。 初期位置からコロッと転がりそうに見えますが、 実際には奥側に黒い物体が2点支えているので、手前部分の黒い物体の支えのみが取れて、胴体だけ落下します。 これで頭部分がハマった状態になります。 ここから鼻部分や頭部分をアームで押し込んで押し込んで押し込んで、スポッと抜けて取れるのが、正規の攻略法になります。 景品が取れた後の仕掛けはこんな感じになってます。 3つの黒い物体の隙間に景品を挟み込むように位置が調整されています。 【PR】スマホで遊べるクレーンゲーム【カプとれ】 ラウワンのクレーンゲームの取り方の注意点 この基本的な取り方の問題点は、 店員のサポートがないと厳しい点です。 この仕掛けは、2手目の頭がハマった状態でそこから何回押しても動かなくなる台がほとんどです。 その為、店員さんが巡回しており、プレイ回数がそこそこいったところで、 「取りやすくしますよ」って位置を変えてくれます。 位置変えを何回もしてもらって、 ようやく取れるのです。 自力でやってもハマるように出来ているので泥沼化します。 店員さんのコントロール次第であるので、スキル不足の店員さんや、 厳しい店員さんだとほぼ取れなくなるので、ラウンドワンの景品は取れない、というイメージが付くのです。 見た目上でも、実際にやってみても絶対にハマっているのに、 店員さんに声かけても「押すとこ変えてみてください」や「まだまだいけます」のような返答がある場合は、 「まだお金が足りてないので動かせません」という事です。 意外と何回くらいやっているか見ているのです、 最近のUFOキャッチャーは遠隔でいくら使ってるか見れたりもするんです。 この仕掛けで2600円で1個取れるように接客しろと言われているので、 「そこそこのアドバイス」や「そこそこのサポート」で店員さんは頑張って粘っているのです。 それを文句言われても、店員さんにしてみれば、 こうしろって仕事なのだからどうしようもないじゃないかって事なのです。 定価2600円のTシャツを800円で売れと言われても、出来ないって答えるしかないって事ですね。 勝手に割引したら会社に怒られますからね。 話が逸れましたが、正規攻略法でやっても、そこそこの金額がかかってしまいますし、 店員さん次第なところもあるので、どうしても欲しい景品以外はやり続けない方が良いでしょう。 もしやり続けるのなら、店員さんにやってますよというのと、どうしても欲しいアピールをしましょう。 【PR】スマホで遊べるクレーンゲーム【クラウドキャッチャー】 ラウワンの押し込み台の裏技・コツ さて、ここからは店員さんの力を借りずに自力でゲットする裏技になります。 仕掛けの作成ミスや、セットミスを狙うものなので、 対策されてたりして全部に通用するものではありませんが、いくつかこの方法で取れる景品もあります。 アームの移動制限がかかっていない事と、ぬいぐるみが奥の黒い物体にがっつりハマってない事が条件で使用出来ます。 基本ぬいぐるみが動く時に、写真右奥の黒い物体がガイドの役割を果たして、 3つの黒い物体の隙間にハマるように誘導するのですが、アームをその間に差し込む事で、 ぬいぐるみは隙間の中に入れなくなりそのまま落下してしまうのです。 3つの黒い物体の隙間が広いor手前の黒い物体がより上向き担っている台を狙う 景品のサイズに対して、3つの物体の隙間が狭い仕掛けだと、ハマりきらずにそのまま落ちる事が多いです。 また、手前の黒い物体の頂点が上向きであると、 ぬいぐるみが隙間にハマっている長さが短くなるので、抜け出しやすくなっていて落としやすいです。 逆に頂点が横向きであればあるほど、取りにくいです。 仕掛け作成ミスの台を狙う この仕掛け、ある程度の汎用性はあるのですが、 ぬいぐるみの形によって全て調整が必要になります。 しかし店員さんのスキルが低かったり、 時間がなくて似たようなのをそのまま置いたりしてある台が結構あるので、ポロッと落ちる台があります。 同じ仕掛けの台で形が違う2種類以上の景品が入っている台を狙う 基本的には1種類1個の仕掛けで作成するのですが、 ぬいぐるみの納品パターンにより、2種類以上存在するものをそのまま1個の仕掛けで運用している場合があります。 例えばリラックマとコリラックマを同じ仕掛けに入れたりといった事です。 どちらにも対応した仕掛けというのは無理なので、中途半端なものになっているのが多く、ポロッと落ちる台があります。 大小の景品だった場合、大きいサイズに合わせると、小さいサイズは隙間をすり抜けるので落ちやすく、 小さいサイズに合わせると、大きい景品はハマらずにはみ出してしまうという事です。 店員さんの再セットミスを狙う 店員さんはこのセット位置直しをひたすら行なっています。 しかし店員さんによっては置き方が雑だったり、きちんと置けていない事が多々あります。 たまに1手でいけるような優しい置き方をしてくれる店員さんもいるので、 その台を見かけたらすかさずやりましょう。 UFOキャッチャーの内部の上側とかに、セット位置の写真が貼ってあったりするので、それと現在のセットを見比べてみるのもアリです。

次の