マテリアライズド ビュー リフレッシュ。 【Oracle】MView動作検証 その2〜高速リフレッシュ

「UNION ALL を含むマテリアライズド・ビューについて」(1) Database Expert − @IT

マテリアライズド ビュー リフレッシュ

データベース: 11g リリース 2 エラーコード: 詳細: マテリアライズド・ビューのリフレッシュ・パスでエラーが発生しました。 このビューは、マスター表のビューです(マスターはリモート・サイトにある可能性があります)。 このパスになんらかのエラーがあると、リフレッシュ時にエラーが発生します。 高速リフレッシュでは、表. アクション: スタック上のその他のメッセージを参照して、問題を解決してください。 Any error in this path will cause this error at refresh time. For fast refreshes, the table. アクション: Examine the other messages on the stack to find the problem. データベース: 10g リリース 1 エラーコード: 詳細: マテリアライズド・ビューのリフレッシュ・パスでエラーが発生しました。 このビューは、マスター表のビューです(マスターはリモート・サイトにある可能性があります)。 このパスになんらかのエラーがあると、リフレッシュ時にエラーが発生します。 高速リフレッシュでは、表. アクション: スタック上のその他のメッセージを参照して、問題を解決してください。 データベース: 10g リリース 2 エラーコード: 詳細: マテリアライズド・ビューのリフレッシュ・パスでエラーが発生しました。 このビューは、マスター表のビューです(マスターはリモート・サイトにある可能性があります)。 このパスになんらかのエラーがあると、リフレッシュ時にエラーが発生します。 高速リフレッシュでは、表. アクション: スタック上のその他のメッセージを参照して、問題を解決してください。 データベース: 11g リリース 1 エラーコード: 詳細: マテリアライズド・ビューのリフレッシュ・パスでエラーが発生しました。 このビューは、マスター表のビューです(マスターはリモート・サイトにある可能性があります)。 このパスになんらかのエラーがあると、リフレッシュ時にエラーが発生します。 高速リフレッシュでは、表. アクション: スタック上のその他のメッセージを参照して、問題を解決してください。 データベース: 12c リリース 1 エラーコード: 詳細: マテリアライズド・ビューのリフレッシュ・パスでエラーが発生しました。 このビューは、マスター表のビューです(マスターはリモート・サイトにある可能性があります)。 このパスになんらかのエラーがあると、リフレッシュ時にエラーが発生します。 高速リフレッシュでは、表. アクション: スタック上のその他のメッセージを参照して、問題を解決してください。 データベース: 12c リリース 2 エラーコード: 詳細: マテリアライズド・ビューのリフレッシュ・パスでエラーが発生しました。 このビューは、マスター表のビューです(マスターはリモート・サイトにある可能性があります)。 このパスになんらかのエラーがあると、リフレッシュ時にエラーが発生します。 高速リフレッシュでは、表. アクション: スタック上のその他のメッセージを参照して、問題を解決してください。 データベース: 18c リリース 1 エラーコード: 詳細: マテリアライズド・ビューのリフレッシュ・パスでエラーが発生しました。 このビューは、マスター表のビューです(マスターはリモート・サイトにある可能性があります)。 このパスになんらかのエラーがあると、リフレッシュ時にエラーが発生します。 高速リフレッシュでは、表. アクション: スタック上のその他のメッセージを参照して、問題を解決してください。 データベース: 19c リリース 1 エラーコード: 詳細: マテリアライズド・ビューのリフレッシュ・パスでエラーが発生しました。 このビューは、マスター表のビューです(マスターはリモート・サイトにある可能性があります)。 このパスになんらかのエラーがあると、リフレッシュ時にエラーが発生します。 高速リフレッシュでは、表. アクション: スタック上のその他のメッセージを参照して、問題を解決してください。

次の

マテリアライズドビューの高速リフレッシュが遅くなる現象についてのメモ (::namaniku::)

マテリアライズド ビュー リフレッシュ

はじめに マテリアライズドビューは、実体を持つビューのこと。 サーバ間レプリケーションとしても使えるが、設定によってはフルスキャンするので安易に使うべきではありません。 履歴系テーブルの集計など、ビューの内容を保存しておきたい場合に有効。 (用語) マスタ表・・・同期元のテーブル レプリケーション表・・・同期先のテーブル。 マテリアライズドビュー リフレッシュ・・・マスタ表からレプリケーション表への同期 完全リフレッシュ・・・マスタ表からレプリケーション表へテーブル全件コピー マテリアライズドビューログ・・・マスタ表の更新履歴。 マテビューログ 高速リフレッシュ・・・マテビューログのレプリケーション表への反映 リフレッシュグループ・・・自動リフレッシュでの実行ジョブの単位 rowidマテリアライズドビュー・・・rowidをキーにしたマテビュー。 インデックス参照がないので高速 1. アラートログの確認 エラーは、レプリケーション側のDBのアラートログに出力されます。 log ここでは、rowidマテビューかつ高速リフレッシュ設定をした場合において、マスタ表をtruncateしてしまったケースを取り上げます。 高速リフレッシュは、更新履歴つまりマスタ表の差分情報だけで同期をするため、マスタ表そのものがなくなるとエラーとなります。 また、今回のケースはリフレッシュグループにより自動リフレッシュを行っています。 ORA-12034: "SSS01DBIUSER". 対応手順 完全リフレッシュをすることで解決します。 マテビューログは、完全リフレッシュすることにより自動的にtruncateされます。 手動でマテビューログをtruncateしても解決しません。 システムテーブルにあるマテビュー管理テーブルにスナップショット情報が残っているため不整合が発生します。 2-1. refresh '"SSS01DBIUSER". アラートログでエラーとなっているテーブルをリフレッシュグループから外します 完全リフレッシュ中に、自動同期と処理が重ならないにするためです。 必要であればリフレッシュグループを再開します。 高速リフレッシュの場合、リフレッシュグループが停止している間、マテビューログに更新履歴が溜まり続けます。 マテビューログは必ずフルスキャンなので、溜め過ぎてから再開するとリフレッシュが終わらなくなります。 サーバ間マテビューの場合、UNDO関連など別のエラーが発生して2次災害となります。 、レプリケーション表のインデックスを削除します インデックスを貼ったままだと、完全リフレッシュが数倍遅くなります。 refresh 'SSS01DBIUSER. リフレッシュグループが停止していたら再開 2-9.

次の

REFRESH MATERIALIZED VIEW

マテリアライズド ビュー リフレッシュ

マテリアライズドビュー検証 まて マテ マテビュー その1 <マテリアライズドビュー検証 まて マテ マテビュー その1> ペンネーム:クリープ 今回から、マテリアライズドビュー 以後マテビュー について検証します。 マテビューについては、以前のメルマガ「Full Scanを速くしちゃう」で、 既に取り上げてますので、今回はさらに突っ込んだ形で、マテビューの機能 を検証していきます。 レプリケーションについての話を期待された方、あし からず。。。 マテビューとはその名の通り、実際にデータが存在しているビューのこと。 データウエアハウスでは、月次データなどを蓄積している集計テーブルと 同等です。 では、集計テーブルと何が違うのか。 ポイントは2つ。 1.集計表への更新負荷削減。 2.テーブル構成の変更などメンテナンスが容易。 これらの機能を実現するためのものが、それぞれリフレッシュ、クエリー リライトという機能です。 insight-tec. insight-tec. html ここからは、それぞれの機能に焦点を絞ってみていきます。 2)リフレッシュ機能検証 リフレッシュの主な機能は以下の通り。 文字通り、全データ削除後データを入れ直す。 ・fast 高速リフレッシュ。 前回からの増分のみをリフレッシュ。 ・never リフレッシュされない。 ・force デフォルト 可能な場合はfast。 それ以外はcomplete。 完全リフレッシュは、全てのデータを削除後にデータをInsertしてます。 では、この時にOracle内部ではどのようなことが行われているでしょうか。 リカーシブコールを確認。 "JOB",SUM "EMP". "SAL" FROM "EMP" "EMP" GROUP BY "EMP". "JOB" END OF STMT マテビューの削除にDelete文が。。。 10g以前では、Truncate文が使用されていましたが、10gからはデフォルトで Delete文が使用されるようになったようです。 "JOB",SUM "EMP". "SAL" FROM "EMP" "EMP" GROUP BY "EMP". この引数がTRUEの 場合、1つ目の引数で指定したマテビュー全てに対して単一のトランザクション でリフレッシュします。 (1つ目の引数ではテーブルが複数指定することが できます) この値がFALSEの場合、マテビューごとに別のトランザクションとしてリフレッ シュされます。 この場合はDelete文ではなくTruncate文が使用されます。 デフォルトはTRUEですので、単一のマテビューをリフレッシュするときなどは この引数を確認した方がいいでしょう。 次回も引き続きリフレッシュの機能について見ていきます。 鄙びた温泉で完全リフレッシュ。 したい。 恵比寿にて.

次の