マンピーのgspot サザンオールスターズ 歌詞。 マンピーのG★SPOTの歌詞・楽曲情報

マンピーのG★SPOT サザンオールスターズ 歌詞情報

マンピーのgspot サザンオールスターズ 歌詞

芥川龍之介は、日本の作家。 POPSの歌詞の中にこの作家の名前が出てくることも、まずありません。 1892年から1927年まで生きた非常に有名な小説家であり「蜘蛛の糸」「トロッコ」などで知られています。 スライは、スライ&ザ・ファミリー・ストーンのこと。 1960年代後半から70年代にかけて活躍したファンクバンドです。 時代が異なるので、芥川龍之介は生きている間にスライを聴けることはありません。 「本当の未来なんて知りたくない」「笑う人生にビジョンなんておよしなさい」「情熱や美談なんてロクでもない」それぞれこう歌っています。 いずれも歌詞上の「アナタ」が否定していることなんですね。 「ほざいた」というのもバカにしている表現。 「アナタ」は「本当の未来」も「人生にビジョン」も「情熱や美談」も全て否定しているのです。 そして、これと同様に「芥川龍之介がスライを聴く」ような架空の出来事すら否定している。 他に何がある? では人生のビジョンや情熱や架空の出来事も否定して、何が他にあるのか? この世にあるのは「無情の愛」=愛のないセックスや「ベッピンな美女を抱いて宴に舞う」ような欲望ばかりだと言っています。 この曲は、目の前の欲望の前には他のことは全て無意味になってしまう「人の業」を歌っているんですね。 芥川龍之介のような優れた文学も、スライのような素晴らしい音楽も、文学性を持った歌詞とブラックミュージック要素をもつサザンの曲も、エロや欲望の前では無意味なものとして扱われてしまうのです。 人は強い欲望を目の前にしてしまうと、他のことが霞んでしまうんですね。 そして桑田佳祐は、そんな「人の業」すらも笑いにしてしまうのです。 この曲は、ライブにおいて桑田がハゲカツラをかぶって暴れる曲です。 エロい単語を連呼してるだけで全く意味のない歌。 そう思われて大いに結構だし、それで間違っていない。 でもそういう曲でも、しっかりと作る。 だからサザンはずっと人気なんですね。 TEXT 改訂木魚 じゃぶけん東京本部.

次の

マンピーのG★SPOTの歌詞・楽曲情報

マンピーのgspot サザンオールスターズ 歌詞

芥川龍之介は、日本の作家。 POPSの歌詞の中にこの作家の名前が出てくることも、まずありません。 1892年から1927年まで生きた非常に有名な小説家であり「蜘蛛の糸」「トロッコ」などで知られています。 スライは、スライ&ザ・ファミリー・ストーンのこと。 1960年代後半から70年代にかけて活躍したファンクバンドです。 時代が異なるので、芥川龍之介は生きている間にスライを聴けることはありません。 「本当の未来なんて知りたくない」「笑う人生にビジョンなんておよしなさい」「情熱や美談なんてロクでもない」それぞれこう歌っています。 いずれも歌詞上の「アナタ」が否定していることなんですね。 「ほざいた」というのもバカにしている表現。 「アナタ」は「本当の未来」も「人生にビジョン」も「情熱や美談」も全て否定しているのです。 そして、これと同様に「芥川龍之介がスライを聴く」ような架空の出来事すら否定している。 他に何がある? では人生のビジョンや情熱や架空の出来事も否定して、何が他にあるのか? この世にあるのは「無情の愛」=愛のないセックスや「ベッピンな美女を抱いて宴に舞う」ような欲望ばかりだと言っています。 この曲は、目の前の欲望の前には他のことは全て無意味になってしまう「人の業」を歌っているんですね。 芥川龍之介のような優れた文学も、スライのような素晴らしい音楽も、文学性を持った歌詞とブラックミュージック要素をもつサザンの曲も、エロや欲望の前では無意味なものとして扱われてしまうのです。 人は強い欲望を目の前にしてしまうと、他のことが霞んでしまうんですね。 そして桑田佳祐は、そんな「人の業」すらも笑いにしてしまうのです。 この曲は、ライブにおいて桑田がハゲカツラをかぶって暴れる曲です。 エロい単語を連呼してるだけで全く意味のない歌。 そう思われて大いに結構だし、それで間違っていない。 でもそういう曲でも、しっかりと作る。 だからサザンはずっと人気なんですね。 TEXT 改訂木魚 じゃぶけん東京本部.

次の

芥川龍之介はスライを聴いたことがあるのか?サザンオールスターズ『マンピーのG★SPOT』

マンピーのgspot サザンオールスターズ 歌詞

芥川龍之介は、日本の作家。 POPSの歌詞の中にこの作家の名前が出てくることも、まずありません。 1892年から1927年まで生きた非常に有名な小説家であり「蜘蛛の糸」「トロッコ」などで知られています。 スライは、スライ&ザ・ファミリー・ストーンのこと。 1960年代後半から70年代にかけて活躍したファンクバンドです。 時代が異なるので、芥川龍之介は生きている間にスライを聴けることはありません。 「本当の未来なんて知りたくない」「笑う人生にビジョンなんておよしなさい」「情熱や美談なんてロクでもない」それぞれこう歌っています。 いずれも歌詞上の「アナタ」が否定していることなんですね。 「ほざいた」というのもバカにしている表現。 「アナタ」は「本当の未来」も「人生にビジョン」も「情熱や美談」も全て否定しているのです。 そして、これと同様に「芥川龍之介がスライを聴く」ような架空の出来事すら否定している。 他に何がある? では人生のビジョンや情熱や架空の出来事も否定して、何が他にあるのか? この世にあるのは「無情の愛」=愛のないセックスや「ベッピンな美女を抱いて宴に舞う」ような欲望ばかりだと言っています。 この曲は、目の前の欲望の前には他のことは全て無意味になってしまう「人の業」を歌っているんですね。 芥川龍之介のような優れた文学も、スライのような素晴らしい音楽も、文学性を持った歌詞とブラックミュージック要素をもつサザンの曲も、エロや欲望の前では無意味なものとして扱われてしまうのです。 人は強い欲望を目の前にしてしまうと、他のことが霞んでしまうんですね。 そして桑田佳祐は、そんな「人の業」すらも笑いにしてしまうのです。 この曲は、ライブにおいて桑田がハゲカツラをかぶって暴れる曲です。 エロい単語を連呼してるだけで全く意味のない歌。 そう思われて大いに結構だし、それで間違っていない。 でもそういう曲でも、しっかりと作る。 だからサザンはずっと人気なんですね。 TEXT 改訂木魚 じゃぶけん東京本部.

次の