チーズ フォンデュ じゃがいも。 チーズフォンデュのチーズが分離&固まる原因は?美味しく作るレシピを公開!【写真あり】

これは便利!チーズフォンデュを楽しみながら具材も焼ける1台2役のホットプレート|@DIME アットダイム

チーズ フォンデュ じゃがいも

もくじ• チーズフォンデュが分離する原因は? 自宅でチーズフォンデュを作ると分離してしまう! お店で食べるとろとろのフォンデュをイメージして作ったら、べちょべちょとした謎の物体になってしまい、がっかりしたという人は少なくありません(私も経験があります)。 ドレッシングも油と水分は分離してしまうので、使う前によく混ぜますよね? 分離しない作り方のレシピは後でご紹介しますが、チーズを溶かす前に水分をしっかり温めておかないと、失敗しやすくなります。 一度分離してしまう「と、いくら混ぜても油と水が混ざらないでしょう。 でも、諦めることはありません!次の方法を試してみてください^^ 分離してしまった時の対処方法 用意するもの• コーンスターチ(または片栗粉) 大さじ1杯• 牛乳(またはワイン) 50cc レンジで人肌に温めた牛乳に、粉をよく溶かします。 これをチーズフォンデュ液に入れるのですが、一気に入れるのではなく少しずつ加えましょう(全部使うのではなく、様子を見ながらたしていきます)。 コーンスターチのとろみ効果で、油とチーズが一体化して混ざりやすくなります。 チーズが固まってしまった時の対処方法 チーズが固まったまま溶けずに残ってしまう原因は、チーズを加える前に水分をしっかりと温められていなかったか、チーズの量が多かったためでしょう。 こんな時は、温めた牛乳(またはワイン)をたして調整します。 一気に加えると分離しやすいので、ちょろちょろと少しずつ流し入れててくださいね。 チーズのトロミが少ないときの対処方法 チーズフォンデュ液のとろみ・粘りが少ない原因は、水分量が多すぎるか油と水分が分離している可能性があります。 チーズが残っているようなら、少量のコーンスターチ(または片栗粉)とチーズをよく混ぜて、フォンデュ液に少しずつ加えてみてください。 または鍋の素材が焦げ付きやすかった可能性もあります。 フォンデュ液に黒い焦げが混ざると見た目がちょっと残念ですよね(汗) 別の鍋に移し替える方法もありますが、 火を弱火にしてそのまま食事を続け、底面を混ぜないようにいただくのがいいかと思います。 茶色いくらいの焦げなら風味があって美味しいけれど、あまり黒いと苦味が出てしまうのでお気をつけください。 【写真あり】分離しない簡単チーズフォンデュの作り方【レシピ】 手順を間違えなければ分離をふせげる! なめらかなチーズフォンデュに仕上げられるレシピを紹介します。 ピザ用チーズ 300g• コーンスターチ(または片栗粉) 大さじ3杯• 牛乳(または白ワイン) 150cc〜200cc• にんにく1片• フランスパン・じゃがいも・にんじん・ブロッコリー・かぼちゃ・ソーセージ・きのこなどお好みで 大人だけで食べるならワインで作ると美味しいけれど、お子さんがいらっしゃるのなら牛乳がおすすめ。 柔らかくなりすぎると刺した時に割れてしまうので、少し硬めが良いでしょう。 人参・ブロッコリーもレンチンでいけますが、私は塩ゆでしています。 色鮮やかになりますよね^^ プチトマト・うずらの卵・コロコロソーセージは、娘達に大人気!3つ合わせて串刺しして、お団子みたいにして食べています(笑) パンは甘みの強いロールパンより、固さのあるバゲットかフランスパンがおすすめです。 粉を入れることで分離をふせぎ、とろみをアップさせてくれます。 2.にんにくを鍋にこすりつけ、牛乳を鍋で沸騰直前まで温める(弱火) 鍋はフォンデュ用でなくてもOK。 ホーロー鍋がおすすめですが、卓上コンロ(またはホットプレートやIHプレート)で使えるものなら良いでしょう。 ウチではル・クルーゼのお鍋を使っています。 にんにくを半分に切って、鍋によくこすりつけます。 にんにくをなぜ入れるのか?というと、香りつけですね。 これがあるとなしとでは、仕上がりの美味しさにかなり影響します!チューブタイプではなく、生のにんにくを使いましょう。 中火で牛乳を温めて、沸騰直前で弱火にしましょう。 沸騰すると膜ができて風味が悪くなってしまいます(あるあるです) 3.鍋に3回にわけてチーズを入れる(弱火) 温めた牛乳にチーズを3回にわけて加えます。 いっきに加えると牛乳の温度が下がり、チーズが溶けにくく分離の原因となりますので気をつけましょう。 写真のように、加えたら混ぜる、加えたら混ぜるでチーズを溶かしてくださいね。 分離してしまっても、諦めず手直しをして見てくださいね。 お菓子の材料として使われてるコーンスターチは、サラサラと口どけよく混ざりやすい粉ですが、片栗粉でも同じ効果があるので使えます。 チーズはメーカーによって塩味や風味が違いますので、何度か作ってみてお気に入りのチーズを探しましょう。 チーズが命のお料理ですし、ぜひとろとろを目指してください!.

次の

これは便利!チーズフォンデュを楽しみながら具材も焼ける1台2役のホットプレート|@DIME アットダイム

チーズ フォンデュ じゃがいも

すでに何度かフォンデュを経験済みなら 気になる具材の下ごしらえ方法だけを ピンポイントでチェックして。 皮をむいて、一口大に切る• 軽く濡らして耐熱容器に入れる• ラップし電子レンジで加熱する 500ワットで4分が目安 ご覧のとおり、じゃがいもについては 電子レンジでチャチャッと下ごしらえ できちゃうのが嬉しいポイントですね。 (とはいえ、皮を剥くのが 大変といえば大変ですけど) お湯でボイルしてももちろんOKですが、 先にご紹介したブロッコリーや このあと登場するウインナーなど、 電子レンジで下ごしらえするのには 不向きな具材も存在します。 タネを取り、皮を軽く剥いたら 一口大の大きさにカットする• 軽く濡らして耐熱容器に入れる• ラップし電子レンジで加熱する 500ワットで4分が目安 タネを取り除く一手間を除けば あとはジャガイモの下ごしらえの方法と まったくと言っていいほど同じですね。 ですので、一口大に切ったあとは ジャガイモと一緒の容器に入れて、 まとめて電子レンジで加熱するのが 余計な時間もかからずオススメですよ。 チーズフォンデュは沢山の具材を 使用するため、下ごしらえが大変という イメージを持つ人も多いですが、 こんな風にまとめてレンジに入れたり、 茹でたり焼いたりできる具材も また数多くあります。

次の

チーズフォンデュの具材の下ごしらえの方法!ラクしたいならコレ | 教えたがりダッシュ!

チーズ フォンデュ じゃがいも

チーズフォンデュとは、スイスを中心としたアルプス山岳部周辺の郷土料理で、チーズを白ワインなどで煮込み、一口大に切ったパンや野菜をチーズに漬け、絡めとって食べる料理です。 フォンデュは「溶かす、溶ける」という意味に由来しているといわれています。 チーズフォンデュを作るには、専用の鍋を使ったり、具材を別で温め直したりと手間がかかりますが、ホットプレートで作る場合は、チーズを溶かすと同時に具材も温められるので簡単に作ることができます。 ここでは、ホットプレートを使ったチーズフォンデュレシピやチーズフォンデュに使うチーズや具材、鍋の代用品などをご紹介します。 ホットプレートはチーズフォンデュと具材が同時に焼ける チーズフォンデュを作るには、耐熱鍋でチーズを溶かし、その周りで具材を同時に焼くことができるホットプレートが活躍します。 また、面積の広いホットプレートでは、同時に調理できるだけなく、チーズを2種類用意できたり、具材を多く温めることができ、調理の幅が広がります。 ここでは、チーズフォンデュに使うチーズの種類や具材、ホットプレートで作る時の鍋をご紹介します。 ホットプレートで作るチーズフォンデュに使うチーズはカマンベール? チーズフォンデュに使うチーズは、エメンタールチーズやグリュイエールチーズが一般的ですが、どの種類のチーズをどのくらい混ぜるかの配合比は家庭ごとに違いがあり、実際に様々なチーズを使ったチーズフォンデュレシピがあるので、好みのチーズを探してみてください。 [エメンタールチーズ] 原産国:スイス 塩分控えめで、マイルドな味わいのチーズで、少しの甘みと木の実のような風味があります。 [グリュイエールチーズ] 原産国:スイス わずかな酸味があり、クリーミーでナッツのようなコクがあります。 熟成すると風味が増します。 [ゴーダチーズ] 原産国:オランダ 日本人の嗜好に最も合っているチーズといわれ、軽食やサンドイッチ、そのまま食べるおつまみとしても親しまれています。 クセの少ない味わいで、プロセスチーズの原料に多く使われています。 [カマンベールチーズ] 優しい味わいで、人気の高いカマンベールチーズは、表皮は白カビで覆われ、中はやわらかく、トロリとしたクリーミーなチーズです。 【参考】 チーズフォンデュを絡ませる具材は? 肉、野菜などの具材セット チーズフォンデュレシピで使われている具材は、フランスパンや温野菜(ブロッコリーやトマト、じゃがいもなど)が多いですが、雪印メグミルクが実施した、チーズフォンデュにおすすめの具材アンケートでは、焼き鳥やこんにゃく、栗などの変わり種も紹介されているので、参考にしてみてください。 【参考】 ホットプレートでチーズフォンデュをする時の鍋は? 代用品はある? 本来は土鍋などの小さめの鍋を使いますが、ホットプレートで作るチーズフォンデュは、熱伝導率の良い耐熱容器(ココットやグラタン皿、小さめの鍋)やアルミホイルなどで代用できます。 (使用する容器は、必ず耐熱温度の高いモノを使用してください。 具材がこびり付きにくいフッ素樹脂塗膜加工した鍋を使用しているため、お手入れが簡単にできます。 【参考】 ホットプレートで作る人気チーズフォンデュレシピ チーズフォンデュレシピは、食材や使うチーズの違いがあり、チーズに片栗粉を入れるなどのコツもあります。 ここでは、具材焼きも一緒にできるホットプレートで作るチーズフォンデュレシピをご紹介します。 ソーセージは斜め半分、じゃがいも・にんじんは一口大、ブロッコリーは小房に分けて別々に茹でます。 アボカド・バケットは一口大に切り、ミニトマトは半分に切ります。 (アボカドにはレモン汁をかける) 2. ボウルに片栗粉とチーズを入れ、よく混ぜ合わせます。 牛乳と味の素KKコンソメ顆粒タイプを小さめの鍋(熱伝導率の良いもの)に入れ、ホットプレートの中央に置き低温で加熱し、フツフツしてきたら(2)を加えながら混ぜて溶かします。 ホットプレートに(1)の具材をのせて焼きながら、フォンデュ用の串に具材を刺し、チーズをつけて完成です。 [ポイント] 小さめの鍋がない場合は、アルミホイルを器の形にすることで代用できます。 じゃがいも・さつまいも・かぼちゃ・ブロッコリーは一口大に切り、やや固めに茹でます。 ソーセージ・パンは一口大に切り、ピザ用チーズにコーンスターチをまんべんなく混ぜあわせます。 ホットプレートに耐熱皿を置き、液みそ 白みそと牛乳を加えて加熱します。 沸騰する直前に、弱火に落とし、コーンスターチを混ぜたピザ用チーズを少しずつ加え、混ぜて溶かします。 ホットプレートの空いた場所で具材を温め、チーズにくぐらせて、完成です。 [ポイント] ホットプレート加熱中は、耐熱皿の底のチーズが焦げないように時々混ぜてください。 コーンスターチは片栗粉でも代用ができます。 じゃがいもは乱切り、にんじんは輪切り、ブロッコリーは小房に分け、えび・ソーセージの全材料を茹でます。 パプリカは乱切り、フランスパンは一口大に切ってください。 (10分〜15分) 3. [ポイント] 別の鍋に牛乳を入れて温めてから、チーズとフォンデュパウダーを加え、弱火で5分ほど混ぜ、ホットプレート上の耐熱容器に入れてもおいしくいただけます。 【参考】 手間のかかるチーズフォンデュを、簡単時短に調理できるホットプレートを活用し、チーズと具材の様々な組合わせを試しながら、チーズフォンデュを楽しんでみてはいかがでしょか。

次の