税抜き計算式 エクセル。 【Excel】エクセルで税抜き・税込みの計算する方法【税抜き価格・税込価格】

[EXCEL]エクセル消費税:税込み価格⇔税抜き価格の計算方法|EXCEL屋(エクセルや)

税抜き計算式 エクセル

計算結果が割り切れるため迷いようがありません。 6666・・・となります。 計算結果が割り切れない数字となっています。 08をすると税込金額は9,899. 36円となるので、小数点以下を切捨て(もしくは四捨五入)しているようなイメージ とするのか、どちらを採用するのかを決める必要があります。 端数なのでどうでも良いと思いがちですが、お金のことだからこそ、この点がどちらを前提に算出しているのかを決めて押さえておく必要があります。 この決めによって、 端数分が• 税抜金額のほうに入るのか• 消費税額のほうに入るのか が変わります。 エクセルで計算した結果のイメージ サンプル上の税抜金額について 税込金額と消費税率を元に税抜金額を算出しますが、切り捨て・切り上げ・四捨五入によって数値が変わります。 どれを採用するかは決め次第ですが、どれを選んでもいいようにここでは3種類の計算結果を一覧に表示させています。 税込金額と消費税率から税抜金額(小数点あり)の算出 A列に税込金額、B列に消費税率を入力すると、 C列に計算結果の税抜金額が表示されるような計算式を入れています。 B列は消費税率の切り替わりを考慮してサンプル上は選択できるようにしています。 ROUND 数値, 桁数 数値:四捨五入の対象となる実数値 桁数:数値を四捨五入した結果の桁数 <内容> 指定した数値を、指定した桁数で四捨五入する。 消費税額を算出 切り捨て・切り上げ・四捨五入した税抜金額を元に、消費税額を算出したのがG~I列です。 計算式は単純で、税込金額-税抜金額です。

次の

消費税の内税の計算方法、簡単な計算式[8%、10%]|KW BLOG

税抜き計算式 エクセル

下の表を使って、ROUNDUP関数の使い方の説明していきます。 下の表は、輸入果物の合計金額を、個数と単価を掛け算して、税抜きと、税込で出しています。 F列に、ROUNDUP関数で桁数を変えて、税込金額を表示してみましょう。 小数点以下で切り上げる 桁数に正の数を指定すると、指定した桁数の右側が切り上げられます。 桁数に「1」を指定して、小数点第1位より右側を切り上げてみましょう。 ROUND関数と比較して、指定した桁数の右側がどんな数値でも、常に切り上げられることを確認しましょう。 3」です。 桁数に「1」を指定すると、小数点第1位より右側が切り上げらて、小数点第1位まで表示されます。 F2の式を下にドラッグして、コピーしましょう。 小数点第1位より右側が、常に切り上げられています! ここで、ROUND関数に桁数「1」を指定した場合、どのような結果になるか見てみましょう。 2」です。 F2の式を下にドラッグして、コピーしましょう。 ROUND関数に桁数「1」を指定すると、小数点第2位を四捨五入します。 ROUNDUP関数との違いを、確認しましょう。 計算と切り上げ 消費税を切り上げて税込み金額を出す 消費税を、ROUNDUP関数で切り上げて、10の位まで表示させます。 その消費税と、売上金額を足し算して、売上金額税込みを出してみましょう。 売上金額は、1の位以下は切り上げています。 C2に、消費税の計算と、その計算の結果を切り上げる式を入力します。 08,-1 「1,760」が返されます。 D2に、売上金額と消費税を足し算する式を入力しましょう。 売上金額税込みが、10の位まで表示されました! 割り算と切り上げを同時に行う 本社と北海道の、売上比率を出してみましょう。 比率を切り上げて、小数点第2位まで表示します。 D2に、式を入力しましょう。 91」が返されます。 小数点第3位以下が切り上げられて、小数点第2位まで表示されました。 D2の式をドラッグして、下にコピーしましょう。 次に、比率をパーセンテージで表示してみましょう。 比率が、パーセンテージで表示されました! ROUNDUP関数で計算を切り上げる エクセルROUNDUP関数を使うと、数値を簡単に切り上げます。 割り算などの計算をすると、計算結果に端数が出てしまうことがよくあります。 小数点が出ると、数値が分かりにくいです。 それを全て、指定した桁数の右側を切り上げたいとき、ROUNDUP関数を使います。 計算の結果を、切り上げてもいいですが、計算と切り上げを同時に行うと、集計表も見栄えよく作成できます。 こちらの記事もご覧ください。

次の

税抜き価格の計算式と計算ツール

税抜き計算式 エクセル

08をかけると求まります。 1をかけます。 64』、『123. 30』と端数が出ているので、内税(税込金額)を求めるときに、端数処理をする必要があります。 端数処理は次の内税計算を参考にしてください。 内税(税込)は『金額』+『消費税』で求まりますが、消費税に端数がある場合は端数処理する必要があります。 消費税は切り捨てるのが一般的のようですが、『切り捨て』の方法とあわせて参考までに『切り上げ』の方法も紹介します。 金額+消費税の合計から内税を計算する 以下のように、ROUNDDOWN関数の第一引数に金額(C5)と消費税(E5)の足し算を指定して、第二引数に『0』を指定すると小数点第一位が切り捨てられます。 INT関数は桁数指定が不要なので、INT C5 + C6 のような記述になり、ROUNDDOWN関数より簡単に書けます。 小数点以下の切り捨て 金額から内税を計算する 今度は、 金額から消費税込みの内税を一気に計算する方法です。 消費税を別のセルで管理(入力)する必要がない場合は、こちらの方法の方がシンプルなのでおすすめです。 『金額』に1. 08の部分が1. 1, 0 切り上げたい場合は、ROUDDOWN関数をROUNDUP関数に置き換えてください。 08)で割って、一旦消費税なしの金額に戻します。 08)』の部分。 1 ちょっとした算数ですが、内容が理解できるとそんなに難しいものではありません^^ 消費税や内税の合計で誤差が出る場合 消費税や内税(税込)を合計する場合は、端数処理をしていないと合計の値に誤差が出てしまいます。 合計で差が出ないように、端数処理(切り捨て)について次の記事で詳しく書いているので、ぜひ参考にしてください。 シート全体やブック全体で、一括置換しても問題ない場合は、次の 表を選択する操作は不要です。 消費税の計算式は表の中に埋め込まれていることが多いので、ここでは 表の中だけを一括置換する方法を紹介します。 まずは、表の中のどこかをクリックし、ショートカットキー『CTRL』+『A』を押します。 次に、『CTRL』+『H』を押して置換ダイアログを表示させ、『検索する文字列』に『0. 08(内税の場合は1. 08)』、『置換後の文字列に0. 1(内税の場合は1. 『置換前の値』と『置換後の値』をまとめると、次のようになります。 08 0. 1 消費税を求める率 1. 08 1. 1 内税を求める率 消費税率入力専用のセルを1つ作って計算する ここまでは、商品ごとに消費税率を入力する列(セル)を用意していました。 しかし、これだと 商品ごとに消費税率を入力する手間がかかるため、消費税率を入力するセルを1つだけ用意し、そこから計算する方法を紹介します。 イメージとしては、次のエクセルのようになります。 すると、次のように 消費税を計算した結果が自動で入力されます。

次の