フリードマイナーチェンジ。 ホンダフリード2019年10月マイナーチェンジ

2020年モデルのマイナーチェンジ版・ホンダ新型「フリード」の開発車両が日本国内にて目撃に。ディーラでも変更内を確認してきた

フリードマイナーチェンジ

新型フリードHonda SENSINGの主な機能 ホンダの先進安全運転支援システム「ホンダ センシング」は対象となるものの速度や位置を検知するミリ派レーダーと、対象の大きさや形状を識別する単眼カメラで車両進行方向の状況を確認しています。 ミリ波レーダーと単眼カメラの組み合わせで運転を支援してくれます。 今ではどの車メーカーにも設定されている運転支援の機能、有名なのはスバルの「アイサイト」これは2つのカメラで立体的に解析するタイプです。 ホンダの「ホンダ センシング」の主な機能は以下のようになっています。 後方誤発進抑制機能 マイナーチェンジで新たに搭載• 衝突軽減ブレーキ CMBS• 誤発進抑制機能• 歩行者事故低減ステアリング• 先行車発進お知らせ機能• 標識認識機能• 路外逸脱抑制機能• ACC アダプティブ・クルーズ・コントロール• LKAS 車線維持支援システム マイナーチェンジによって新たに追加された機能が、後方誤発進抑制機能です。 この後方誤発進抑制機能は、軽自動車のN-BOXはすでに装備されていたものですが、フリードにもマイナーチェンジで装備されました。 ちなみに各機能の詳しくは以下のようになっています。 後方誤発進抑制機能 こちらのLKASも高速道路を走っている時に、運転支援してくれる機能です。 単眼カメラで車線を検知して、クルマが車線の中央を維持するようにステアリング操作を支援してくれます。 ACCで車速を維持してくれ、LKASで車線からはみ出さないように支援してくれるので高速道路の運転が楽になるうれしい機能です。 ホンダ センシングの各種機能は認識や制御に限界があるとはいえ、万が一のときや高速道路の運転にはあるとありがたい機能がそろっています。 ACC アダプティブ・クルーズ・コントロール は高速道での渋滞時には、ぜひ欲しい機能です。 シエンタとの違い フリードのライバルになるシエンタの、先進安全機能 Toyota Safety Sense はどんな機能がついているのでしょうか。 シエンタとフリードの先進安全機能の違いをチェックしてみました。 シエンタの先進安全機能の主な機能は以下のようになります。 シエンタはレーザーレーダーと単眼カメラの組み合わせで障害物を検知し低速から高速までの幅広い速度域で作動します。 衝突の可能性があると判断したとき、警報によって回避操作を促します。 警報ブザーが作動している時にブレーキを踏むと、ブレーキアシストが作動して強力なブレーキになります。 ブレーキを踏めなかったときでも、自動ブレーキが作動して被害を軽減してくれます。 フリードの路肩逸脱抑制機能は、警告とステアリング操作でサポートしてくれますが、シエンタの場合は警告だけです。 切り替え忘れを防いでくれて、夜間の歩行者などを早期に発見できます。 駐車場などで静止物への接近を表示とブザーで知らせてくれます。 さらに距離が近づいたときは自動 被害軽減 ブレーキが作動します。 コンビ二のガラスも検知してくれて、踏み間違の事故を起こさないようにしてく入れます。 フリードとシエンタの安全運転支援機能を比べてみると フリードとシエンタの安全運転支援機能を比べてみると、機能性や種類もフリードの方が優れています。 それに似た機能でも、シエンタのはみ出さないをサポートする機能は、フリードならステアリング操作までサポートしてくれますが、シエンタはブザーとディスプレイで警告だけとなっています。 特にフリードは、ACC アダプティブ・クルーズ・コントロール が装備されていて高速道路を利用することが多いならうれしい機能です。 フリードのHonda SENSINGについてのまとめ フリードの安全運転支援機能Honda SENSINGは、マイナーチェンジ後方誤発進抑制機能が追加されました。 ライバルのシエンタと比べても、機能が充実していて安全運転支援機能はフリードの方がいいなあといったところです。 販売価格がフリードの方が高いのも、こういった機能が充実しているからといえます。 新車を値引き金額からさらに50万円以上安く購入する方法とは? 「中古車より新車がいいな」 「新車がいいけど…価格高っ!」 「できればHYBRIDでグレードも上が買いたいけど…」 「値引きで安くできるといいんだけどな…」 「値引き交渉にがてなんだよなあ」 「頭金入れてローンなら何とかなるか…」 などと新車の購入を 検討していると悩みは尽きません… 家族や友人に相談したところで まともに聞いてもらえないし 聞いてもらったところで 欲しい車が買えるわけでないし… そんな方におすすめの裏技を 紹介します。 下取りは必ず一括サイトを使うこと! ディーラーでは30万円だった下取りが 買取業者では 70万円になることもあります。 一括査定サイトを使うことで、 大手の下取り会社が最大10社 あなたの車の買取り価格を 競ってくれます。 結果的に価格が吊り上がります!.

次の

Honda

フリードマイナーチェンジ

すでにCMもバンバン流れているので、ご覧になった方も多いかもしれない。 これまで明らかになっていなかった正式な価格も合わせ、今回のマイナーチェンジのポイントをご紹介していこう。 後方誤発進抑制機能を追加 ・スポーツモデル向けのブレーキ操作ステップダウンシフト制御をガソリン車に。 ホンダのミニバンとしては初採用 ・全車でWLTCモード対応。 その後、2列シート車のフリードスパイクを加え、2008年下半期にはミニバンモデルの販売台数1位を記録している。 現行モデルは2016年9月にフルモデルチェンジで登場し、初代を含めた累計では85万7000台を販売し、そのうち2016年モデルだけで27万4000台を販売した。 2016年に発売された前モデル。 間に「モデューロX」などの発売などがあったものの、純粋なマイナーチェンジとしては今回が初となる。 フリードのカテゴリーとなるコンパクトミニバンクラスは、1998年に年間48万台規模だったのが昨年は65万台にまで拡大している。 コンパクトミニバンはミニバン市場全体がダウンサイズ傾向にあるなかでノア/ヴォクシー、セレナなどのミドルサイズミニバンクラスに次ぐ市場だ。 ちなみにフリードの昨年度の登録台数はホンダ車のなかでもN-BOXの23万9706台、フィットの8万5925台に次ぐ8万3669台を記録しており、それだけにホンダとしても今回のフリードの改良には並々ならぬ力を注いだ格好だ。 まずは外観にクロスオーバースタイルのテイストを持たせたモデル、「CROSSTAR」(クロスター)を新設定。 SUVテイストが魅力の新設定モデル「クロスター」 フロントグリルとバンパー、サイドシルガーニッシュ、リアロアスポイラー、ルーフレール、専用アルミなど標準モデルのフリードとは異なる専用エクステリアが与えられているが、車高は標準モデルと変わらない。 クロスターのリアスタイル。 リアのガーニッシュとドアミラーがボディ同色ではなく、シルバーとなるのが標準モデルと違う部分だ 標準モデルはフロントマスクを中心にフェイスリフトを施されている。 「クロスター」のインテリア。 ふたつ目のポイントは、先進安全運転支援システムの「ホンダセンシング」を全グレードに標準装備したこと。 新たに「後方誤発進抑制機能」が追加されたほか、標識認識の性能向上が図られている。 ノーマルモデルはこのようにフェイスリフト これは一時停止の表記が来年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、「止まれ」と「STOP」という英語併記型の標識にも対応するものだ。 ふたつのパワートレーン、1. 5L i-DCDのハイブリッド、1. 5Lガソリンのラインナップは変わらないが、ハイブリッド車は燃費向上と排ガスクリーン化、ガソリン車は排ガスクリーン化を実施。 標準モデルもフロントを中心にイメージを大きく変更 新燃費基準平成30年排出ガス基準75%低減を実現し、WLTCモードに対応。 また、マイナーチェンジ前のモデルがユーザーから走行安定性の向上を望む声が多かったことから、ガソリン車に「ブレーキ操作ステップダウンシフト制御」を採用。 これはDレンジ、Sレンジともに状況に応じた適切なエンジンブレーキを行うもので、ヴェゼルRSから採用された技術。 ホンダのミニバンモデルでは初採用。 今回のモデルチェンジで再びシエンタを追撃する! フリードLPLの田辺正氏。

次の

ホンダフリードのビッグマイナーチェンジの驚きの内容を解説:新型ダウンサイジングエンジンにi

フリードマイナーチェンジ

ちょっとしたところでも走りの質感が高まるポイントを改良 ホンダのコンパクトミニバン「フリード」が10月18日、初めてのマイナーチェンジを受けてさらに完成度を高めた。 従来型も評価の高いその走りをどう進化させたのか、車体設計を担当した本田技術研究所の工藤 謙主任研究員と、パワートレイン開発を担当した手嶋大平研究員に聞いた。 パワートレインやハンドリング、乗り心地も非常に評判が良く、今回のマイナーチェンジを実施するにあたり、正常進化とはどういうものか、「信頼フリード」という開発コンセプトに基づきどのように進化させるかをわれわれのなかで考えてきました。 手嶋:はい。 通常のマイナーチェンジでは悪いところを直して熟成させていくのですが、とくにネガティブな意見がなかったので。 多人数で乗車したときにブレーキの効きが通常より甘くなったりするので、そういうときを想定しています。 例えば下り坂でフットブレーキを効かせると後席の人が前につんのめってしまうので、そういうときにこの制御は軽い補助ブレーキになるので、使い勝手としてはミニバンに合うのではないかと考え、今回ホンダのミニバンでは初めて採り入れました。 元々はスポーツモードにしか入れていなかったんですが、エンジンブレーキのかけ方は違うものの、「信頼フリード」のコンセプトに合っていると思います。 低速域と高速域とで段付き感が出ないよう、どのように工夫したのでしょうか? 工藤:仰る通り、段付き感が出て「ここで変わったな」というのが分かると、それはそれで質感がないので、そこはスムースに移るような形でセッティングしています。 最終的には専門家の試乗も交えて決めました。 相当試乗を繰り返しました、だいぶ微妙な世界なので(苦笑)。 手嶋:ガソリン車とハイブリッド車、FFと4WDとで全部バランスが違いますので、それらをすべて同じフィーリングになるようセッティングするのに苦労しましたね。

次の