ギター コード マリー ゴールド。 あいみょんのマリーゴールドはパクリじゃない!疑いの原因はカノンのギターコード進行にあった

あいみょん【マリーゴールド】簡単コードでアコギ弾き語り

ギター コード マリー ゴールド

まずはコードを正しく押さえるためのコツをチェック 全ての弦がきれいになるようにコードを抑えるには指の位置感覚を身につけるのと練習が重要ですが、それだけではなくがいくつかあります。 弦はフレットの近くで押さえる 一つ目のコツとしては 弦はフレットの近くで押さえるという点です。 例えば4弦の2フレットを押さえる時に1フレットと2フレットのちょうど中間を押さえるのと2フレットに近くで押さえるのとでは上手く鳴らすのに必要なチカラが違うと思います。 おそらくフレットの近くで押さえるほうが僅かなチカラでも十分なはずです。 押さえる弦が多いコードほどこの部分を意識することが重要になってきますので意識してみましょう。 指の第一関節を曲げて押さえる 二つ目のコツは 指を立てて弦を押さえることです。 イメージが付きづらいかもしれませんが上の写真のようなコードの押さえ方です。 指の第一関節をしっかり曲げて指を立てています。 よくギターを初めて間もない時はコードを押さえる指がすぐ疲れてしまい、第一関節がしっかり曲がっていない指が寝ている状態でコードを押さえてしまうものです。 指を寝かせてしまうとその分別の弦も触れてしまう可能性が高まります。 せっかく頑張って押さえていても他の指で中途半端に触れられてしまえば上手く鳴ってくれません。 難しいコードを弾いているほどこの2つのポイントが意識して弾けるかが重要になってきます。 躓いた時には必ず確認するようにしましょう。 初心者向けの定番コードとコードの押さえ方のポイントについては、別の記事で詳しくまとめていますので、気になった方はぜひご覧ください。 コード移行がしやすい曲 コードには沢山の種類がありますが、その中でもコードを構える指の位置関係の似ているコードがあります。 そういったコードを繋げることでコード移行がし易いなっている曲がありますのでコードを押さえるのに慣れてきたら練習しましょう。 Fコードは確かに難関ですが非常に明るくきれいな和音を鳴らすコードであり、たくさんの曲に取り入れられています。 早い段階で上手く鳴らせるようになっておくと確実に重宝しますので、何度も鳴らして自分の中でのコツを掴んでいきましょう! 弾きごたえのある曲 ややコード構成は難しいですが弾き語りを気持ちよく出来る曲を集めています。 自分の好きなリズムで弾いて楽しみましょう。 4本の弦を押さえるB7に初めは苦戦すると思いますが、同じく序盤に出てくるD7コードの指の形に小指が加わったものなので、慣れてくれば問題は無いでしょう。 しかし中盤から出てくるF m7-5やBm7-5はやや難易度が高いのでここは練習あるのみです。 これからギターを始めようと考えていた方はさらに挑戦してみたくなったのではないでしょうか。 ギターをまだお持ちでない方にはReReレンタルが提供する『エレキギター入門セットレンタル』というサービスをおすすめします。 このサービスは Gibson直系ブランドのEpihoneの入門モデルセットを1ヶ月13,780円(税込)でレンタルできるサービスです。 教則DVDもついているのでご紹介した簡単な曲以外にも練習することができます。 教則DVD以外にもギターアンプやチューナー、ヘッドホン、ピックなどもついたとってもお得なセットです。 届いたその日から練習を始めることができるとことも嬉しいですよね。 ギターを購入すると数万~数十万はかかるので、まず最初の手始めとしても費用を抑えたスタートができるので安心です。 もちろん延長も可能です。 しかも日あたり100円からできるのであと2週間、あと1ヶ月練習したいと思ったときも気軽に延長ができる金額なのも嬉しいですよね。 周りにギターの経験がある方はその方からでももちろんいいと思いますが、おすすめなのはレッスンに行ってみることです。 プロの講師からマンツーマンで直接アドバイスを受けることができ、自分では気づかなかったクセを発見できたり、練習方法を身につけたりすることができます。 では60分のプロ講師とのマンツーマン体験レッスンを無料で受けることができます。 関東200か所以上のスタジオで受講できるので、家の近くや仕事帰りなどとても行きやすいですね。 無料でアドバイスを受けることができると思って、気軽に足を運んでみてはいかがでしょうか。 ギターをあっという間に上達できるかもしれませんよ。

次の

マリーゴールド(あいみょん) / コード譜 / ギター

ギター コード マリー ゴールド

皆さんこんにちは。 今回は久しぶりのアコースティックギター講座 第5弾ということで、あいみょんの「マリーゴールド」のコード進行を解説してみたいと思います。 コード譜は記事の途中にダウンロードリンクがありますのでそこからダウンロードしてくださいね! まずはデモ演奏と解説動画をご覧ください。 【カポについて】 この曲のオリジナルキーはDです。 ここではカポタスト(通称カポ)を使っています。 いろいろ種類がありますが、最近の流行りは大きいもののようです。 ただし、木製やプラスチック製は折れたり割れたりすることがありますのでなるべく避けたほうが良いです。 僕の使用しているのは小さくて頑丈な金属製のものです。 今回、カポは2フレットにつけてください。 僕の使用しているカポです。 まずは頻出するリズムを習得する。 】 まず最初に、マリーゴールドの中でも特に良く出てくるリズムを習得します。 そうすることによって、練習効率が良くなり、曲を習得する時間を短縮出来ます。 では1つ目のリズムを練習します。 ストロークのダウン記号とアップ記号を確認して練習しましょう。 Vがアップです。 次は、2つ目のリズムです。 最後に、3つ目のリズムです。 各パートの練習や注意点】 では実際に曲を弾いていきましょう。 まずはリハーサルマーク「Intro」の練習です。 5小節目のEmはリズムが難しいので動画を参考にしてみてください。 次に、Aの練習です。 1~7小節目までは同じリズムですが、8小節目だけはリズムが違いますので注意してください。 次に、Bの練習をしましょう。 BはAとほぼ同じですが、8小節目だけはリズムが違いますので注意しましょう。 次はCの練習をしましょう。 4小節目はクレッシェンド(だんだん盛り上げる)をしながら弾くと良いでしょう。 次はDの練習です。 一番盛り上がるサビの部分です。 Dは前半8小節、後半10小節に分けて練習すると良いでしょう。 まずは前半から。 それから後半です。 次はEです。 最後の小節はギターソロに向かう小節なので盛り上げていきましょう! 次はFです。 エレキギターのギターソロが入ってくる部分になります。 ではGを練習しましょう。 最後のサビです。 Gも 前半1~8小節と 後半9~24小節の前半後半に分けて練習しましょう。 続いてGの後半9~24小節目を練習しましょう。 あともう一息です!がんばってください。 ではHを練習してみましょう。 最後の8小節目はジャーン!と全音符で伸ばしましょう。 では最後にEndingです。 ここにもEmのキメがありますので注意してください。 最後に この曲にはFというコードが出てくるので大変かと思います。 Fは難関ですが、練習すれば誰にでもできるコードです。 近道はありませんが、何度もトライすれば必ず出来るはずです!がんばってください。 この記事を通してギターを始めたり、好きになったり、楽しんでくれる人が増えたら嬉しく思います。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 それではまた!.

次の

マリーゴールド(あいみょん) / コード譜 / ギター

ギター コード マリー ゴールド

耳に馴染みやすく、ついつい口ずさみたくなるメロディですよね。 メロディの背景にどんなコードがあるのかを意識していきましょう。 コードと歌詞 キーはDです。 Aメロ (D)風の強さが (A)ちょっと (Bm)心を揺さぶりすぎ A て (G)真面目に (D 見つめた (G)君が (A 恋しい (D でんぐり返し (A の日々 (Bm 可哀想なフリをし (A て (G だらけて (D みたけど (G 希望の (A 光は Bメロ (Bm)目の前でずっと (F#m)輝いている (G 幸せ (A だ サビ 麦わら (D の帽子の (A 君が揺れた (Bm)マリーゴールドに (A 似てる あれ (G は空がまだ青 (D い (Bm)夏の日のこと (G)懐かしいと笑えた (A あの日の恋 (D もう離れな (A いでと泣きそ (Bm)うな目で見つめる (A 君を (G 雲のような優しさ (D でそっと (Bm ぎゅっと (G 抱きしめて (A 抱きしめて離さない 1番だけですが、こんなコード進行です。 コードをそのまま覚えれば、マリーゴールドを引き語りできると思いますが、当ブログではギター上達を目的としていますので、ただ覚えるだけじゃなくて応用する力を身に付けたいところです。 インプットしたものをアウトプットすることは大切です。 どのようなコード進行なのかをアナライズしていきましょう。 カポタストを使う アナライズする時はカポタストを使うことをオススメします。 カポタストとは何ぞや・・・?という方はこちらの記事を参照ください。 カポタストを使うことでキーをCに見立ててギターを弾くことができます。 マリーゴールドはキーがDです。 Cから見ると全音上。 つまり2フレット分高いわけです。 この時、カポタストを2フレットの位置にはめます。 すると、CコードのフォームでDが弾けます。 コードを鳴らしてみるとカノンが聞こえてきませんか? このコード進行はよく使われるので、覚えておいて損はありません。 他にもスピッツのチェリーなんかもこのコード進行です。 マリーゴールドのコード進行をディグリーネームでまるまる暗記してください。 ありとあらゆる場面で活躍するコード進行なので、超必須ですよ! スポンサーリンク まとめ 今回はあいみょんのマリーゴールドをアナライズしてみました。 コード進行を書き出して、ディグリーネームを振るだけでもコードの流れを勉強できます。 音と一緒に確認して同じ役割を持ったコード(サブドミナント、ドミナントなど)を代理コードとして当てはめてみるのも良い練習になります。 ディグリーネームでコード進行を把握するとコード進行を忘れにくくなります。 ぜひ、いろんな楽曲でトライしてみてください。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 Toshi スポンサーリンク•

次の