インプレス 株価。 インプレスホールディングス(9479)

(株)インプレスホールディングス【9479】:企業情報・会社概要・決算情報

インプレス 株価

日中~5年のチャートがラインチャートや4本足チャートなどで閲覧可能です。 現在値:152. 0円 始値:153. 0円 高値:153. 0円 安値:150. 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

モーニングスター [ PTS価格 株式会社インプレスホールディングス ]

インプレス 株価

8 特色 出版、IT双方に立脚、ネット関連出版の草分け。 デジタルコンテンツ強化。 傘下に山と渓谷社 URL 時価総額 5,680百万 PER 12. 54 発行済株数 37百万 PBR 0. 64 最低購入代金 15,200 ROE 4. 80 単位株数 100 EPS 12. 09 0. 46 MACDとSIGN ストキャスティクスS 77. 09 0. 33 雲との位置関係 サイコロジカルライン 33. 87 0. 42 遅行線と26日前の引値 ボリュームレシオ 118. 85 0. 28 基準線と転換線 HV20日 31. 83 26週移動平均 153 -0. 掲載情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。 当サイトのデータは、東京証券取引所、FactSet Research Systems ,Inc. 、日本経済新聞社、東洋経済新報社、ストックウェザー等から提供を受けています。 当サイトは投資勧誘を目的としたものではなく、あくまで情報提供を目的としたものですので銘柄や市場の選択の最終決定は、ご自身で判断されるようお願いいたします。 当サイト上の情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、株式会社DZH フィナンシャルリサーチ及び情報提供者は一切の責任を負いかねます。

次の

インプレスホールディングス 株価 2ch 掲示板 9479 【株ドラゴン】

インプレス 株価

【結論】インプレスホールディングスの株価診断結果 この銘柄は、みんかぶリサーチによる株価診断において過去比較で割高と判断され、また相対比較で割安と判断されます。 しかし、相対比較の方が連動性が高いことから、現在の株価は「割安」と結論付けました。 但し、この銘柄の株価が「181. 0円」を超えると割高圏内に入ります。 なお、この銘柄は相対比較において割引評価される傾向にあり、理論株価はその点を考慮して算出されております。 加えて、が一倍割れなことから将来のキャッシュフローが悪化する見通しの場合を除き、長期的には下値リスクの軽減から買い圧力が高まる可能性があります。 このように、この銘柄は現在の株価水準において割安と判断されますが、この結果は必ずしも今後の株価の上昇を示唆するものではありません。 投資判断においては、関連事項を中心に、企業や外部環境の動向に注視してください。 みんかぶリサーチによる株価診断。 現在は【割安】 理論株価 181円 と判断されており、結論に至った経緯と要因を、過去比較、相対比較、業績推移の視点から説明しています。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の