生理 中 体重 減る。 生理中の体重増加の原因と確実なダイエット方法

生理後に体重が減らない・増える!太る原因と対策は?

生理 中 体重 減る

生理中に体重が増える!太るのは仕方がない?対策はある? 2018年7月2日 こそだてハック 普段から食生活に気を使っている人でも、生理中にはなぜか体重が増えてしまうことがあります。 生理が近づくたびに体重増加に悩んでいる人は多いかもしれませんね。 そこで今回は、生理周期と体重の関係や、生理中に体重が増えるときの対策などをご説明します。 生理周期と体重の関係は? 女性の体重は、生理周期によって増減することがあります。 この影響で、体は栄養や水分を蓄えようとするといわれています。 そのため、生理前は一般的に痩せづらく、なかには体重が増加するという人もいます。 エストロゲンの働きにより、生理後は脂肪が燃焼しやすくなるといわれています。 生理前に溜め込んだ水分も自然に排出されると考えられており、痩せやすい時期といえるでしょう。 生理中に体重が増える原因は? 生理中に体重が増えるときは、下記のような原因が考えられます。 血流が悪くなる 生理中は、経血をスムーズに排出するために、血液が子宮へと優先的に送られます。 そのため全身の血流が悪くなって代謝が落ち、結果として体重が増えやすくなることがあると考えられます。 運動量が減少する 生理中は、下腹部痛などの生理痛や、貧血、眠気などの不調に悩まされやすい時期です。 そのためどうしても、普段より体を動かす量や機会が減り、それに伴ってエネルギーの消費量も減ってしまいます。 エネルギーの消費量よりも、食事から摂取するエネルギー量の方が大きければ、当然ですが体重の増加につながります。 関連記事 生理中の体重増加を防ぐには? 生理中に体重が増えるのは、生理現象としてある程度仕方ないものですが、生理のたびに体重が増えてしまうのは悲しいですよね。 「生理中に痩せよう!」と無理しすぎるのは体によくありませんが、どうしても体重が増えないようにしたいのであれば、「食事管理」と「適度な運動」を行うと良いかもしれません。 ここからは、それぞれ具体的な方法をご紹介します。 生理中に体重が増えるときの対策1. 食事管理をする 生理中の体重増加を防ぐには、食欲をコントロールすることが重要です。 しかし、やみくもに食欲を抑え込んで食事制限をするのは、ストレスが溜まるだけでなく、体調不良を招きかねません。 そこでおすすめなのが、太りにくい食べ物を食べる方法です。 食物繊維は、満腹感を得られるだけではなく、便通もよくしてくれますよ。 体の血液を補うことで、代謝が下がるのを防ぐことができます。 生理中に体重が増えるときの対策2. 適切な運動をする 生理中に体重を増やしたくないからといって、ハードな運動をしてしまうのはNGです。 じっとりと汗をかくくらいがちょうどよい運動量だと考えましょう。 気軽に近所を歩いたり、駅から少し遠回りしてみたりするだけでも運動になりますよ。 また、下半身のストレッチで血流を促すのもおすすめです。 運動後にはぬるめのお湯にゆっくりとつかって、疲れた体をいたわってあげてくださいね。 湯船につかることも、血行の改善に効果的です。

次の

生理後は体重が減るはずなのに減らない!そのお悩みをここで解決!

生理 中 体重 減る

生理前に体重が減少するケースでは、体の血流不良が原因となっている場合もあります。 生理前になると、体に水分が溜まりやすくなり、血流も滞りがちになってきます。 血流が悪くなることにより、体の各臓器に十分な栄養分が届きにくくなってくるため、消化吸収が悪くなってしまうのです。 胃腸の働きが血行不良により悪くなることで、十分な栄養成分を吸収できなくなってしまう為、体重も落ちやすい状態になってきます。 血流の悪さについては、運動を行うことで解消することができます。 血行不良に悩みを感じている方は、生理前から軽い運動に汗を流すことにより、体重減少を防止しやすくなるでしょう。 さらに、生理前の体重減少については、生殖機能が臓器を圧迫することにより起こりやすくなってきます。 生理前になると、子宮が膨らみ胃を圧迫するようになるのですが、下から胃を圧迫されることにより、食欲自体が減少しやすくなるのです。 Sponsored Link 胃の痛みを感じたり不快感も感じやすいという方については、臓器を圧迫されている可能性が高くなってくるため、胃に負担のない食べ物を摂取してみるとよいでしょう。 胃に負担がかかる油ものを多く食べすぎていたり、甘いものを食べて胃に負担を与えている方は、より食欲が落ちてしまう心配が出てきます。 胃が弱っている状態で負担の大きな食物を食べることにより、痛みや不快感も増大してくるため、軽い食べ物を食べてみるとよいでしょう。 脂肪分が少なく、消化しやすい食べ物を積極的に摂取することにより、痛みを感じにくくなってきますし、消化吸収もよくなってくるため、体重の減少をストップさせられるようになるのです。 十分な栄養分を消化吸収できることによって、生理前の体に栄養分を与えられるようになり、自律神経の働きも改善しやすくなってきます。 体のことを考えたときには、胃に負担を与えないように、軽い運動を行ってみたり食事に気を使うと効果的になるでしょう。 Sponsored Link.

次の

生理前の体重は増える?それとも減る?体重コントロールの方法を紹介!

生理 中 体重 減る

日本産科婦人科学会専門医、婦人科腫瘍専門医、細胞診専門医、がん治療認定医、日本がん治療認定医機構暫定教育医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医、日本内視鏡外科学会技術認定医で、現在は藤東クリニック院長... 生理後はホルモンバランスの変化で痩せやすい時期ですが、なかには生理後なのに体重が減らない、または増えると悩んでいる人もいます。 痩せやすいはずなのに太ってしまうのは、一体どうしてなのでしょうか?今回は生理後に太る原因と、体重増加を防ぐための対策、むくみが現れたときの解消法などをご説明します。 生理後に体重が増えることもある? 女性の体調は生理周期によって左右されますが、体重も同様で、体重が増えやすい時期と増えにくい時期があります。 これには、「プロゲステロン(黄体ホルモン)」と「エストロゲン(卵胞ホルモン)」という、2つの女性ホルモンが関係しています。 プロゲステロンは、妊娠に備えて体に栄養や水分を蓄えようとする働きがあるホルモンです。 そのため一般的に、プロゲステロンが多く分泌される排卵後~生理前には、体重が増えやすくなります。 プロゲステロンの分泌が落ち着き、逆にエストロゲンの分泌が増えだすと、体に栄養や水分を溜め込む必要がなくなり、脂肪が燃焼しやすくなります。 そのため生理後~次の排卵までは、体重が減りやすくなるといえるでしょう。 ただ、生理後は本来体重が減りやすい時期なのに、体重が増加してしまう、または減らないという人も少なくないようです。 その詳しい原因については、次の章でご説明します。 生理後に太る・体重が減らない原因は? 前述のとおり生理後は体重が増えにくいはずですが、それでも太る、または体重が減らないという場合は、主に以下3つの原因が考えられます。 エストロゲンの影響 エストロゲンは皮下脂肪に働きかけ、女性らしいふっくらとした体を作り出す作用もあります。 そのため生理後は、脂肪がつきやすい時期ともいえます。 いくら代謝が良いとはいえ、食事の量を増やしたり、偏った食事を摂っていたりすると、脂肪が増加して体重も増えてしまいます。 ホルモンバランスの乱れ ホルモンバランスが乱れていると、生理後もプロゲステロンの分泌量が多くなり、太りやすくなってしまうことがあります。 女性ホルモンの分泌量は、過度のストレスや不規則な生活習慣など、ちょっとしたきっかけで乱れてしまうのです。 生理が終わったことからくる解放感 生理前や生理中は月経前症候群(PMS)や生理痛の影響で、食欲がなくなってしまう人もいます。 そのような人の場合、生理が終わった開放感から、生理後に好きなものを好きなだけ食べてしまう、ということもあるようです。 生理後は代謝が高まるとはいっても、それ以上に食べ過ぎてしまっていると、体重は当然減りませんし、場合によっては増えてしまいます。 関連記事 生理後に体重が減らない・増えるときはどうする? 生理後に体重が減らない、または増えてしまうという人は、まず「生理後の自分の体重をどうしてコントロールできていないのか」についての原因を知ることから始めましょう。 原因がわかると、おのずと生理後に体重が増えないための過ごし方がみえてきます。 例えば開放感などからついつい食べすぎてしまっていたという人は、食事量を適量に戻してみたり、不規則な生活が続いていた人は、できるだけ生活リズムを整えてみましょう。 なぜ太るのか考えてみたけど思い当たる原因がない、または生活を改善しても体重の増加が止まらないというときは、女性ホルモンが大きく乱れていたり、甲状腺の病気が隠れていたりする可能性もゼロではありません。 また食べ過ぎが止められないときは、過食症も疑われます。 病院を受診して症状を伝え、適切な検査や治療を受けることもおすすめします。 関連記事 生理後に太ったときの体重の減らし方は? 生理後に体重が増えてしまい、増えた分を減らしたいというときは、下記のような方法に取り組んでみるのがいいでしょう。 ただし、体に負荷をかけすぎてしまうと逆にホルモンバランスが乱れ、太りやすい体になってしまう可能性もあるので、無理は禁物です。 食生活のリズムを整える まずは食生活のリズムを改善して食べ過ぎを抑えましょう。 忙しさから朝食や昼食を抜いている人は、1回の食事量が多くなりがちです。 また、よく噛んでゆっくり食べることも大切です。 よく噛むことで満腹中枢が刺激され、食べる量を抑えられますよ。 食事内容を見直す 食事のリズムだけではなく、食事内容も見直しましょう。 スウィーツやスナック菓子もできるだけ控えてくださいね。 便秘やむくみが気になる人は、水分をしっかりとることも忘れずに。 体が冷えないよう、常温の水か白湯を飲むのがおすすめです。 運動量を増やす 生理後は代謝が上がっているので、脂肪が燃焼しやすい時期です。 ウォーキングやランニング、ヨガなどの有酸素運動を行って、脂肪を燃焼させましょう。 筋力がつくと脂肪燃焼が加速されるので、スクワットや腹筋運動などの筋力トレーニングを取り入れるのもおすすめです。 運動するためのまとまった時間が取れないときは、通勤時に目的地の一駅前で降りて歩くようにしたり、階段を使ったりするだけでも、日常的に運動量を増やすことができますよ。 ストレスをためない ストレスが溜まるとホルモンバランスの乱れを引き起こすだけでなく、暴飲暴食にもつながります。 ダイエット中は特にストレスを溜めないように心がけましょう。 ストレスを全く感じなくするのは難しいと思うので、趣味の時間や友達と遊ぶ時間を確保するなどして、こまめにストレスを解消してくださいね。

次の