も のみ の 塔。 金乃竹 塔ノ澤

エホバの証人(ものみの塔)とは?

も のみ の 塔

2003年1月16日 木 「しんぶん赤旗」 エホバの証人(ものみの塔)とは? <問い> エホバの証人(ものみの塔)という団体から何度も訪問を受けていますが、どういう宗教団体ですか。 (鳥取・一読者) <答え> 百年余り前にアメリカで生まれた新興宗教で正式名は「ものみの塔聖書冊子協会」といいます。 聖書の神はエホバという名前だとし、それを証(あか)す人々という意味で「エホバの証人」と呼ばれています。 聖書を用いていますが独特の解釈をしており、カトリックやプロテスタントなど一般のキリスト教は「ものみの塔」をキリスト教と認めていません。 使っている聖書の内容も、一般のものとは違っています。 アメリカのニューヨーク市内ブルックリンに本部(統治体)、各国に支部があり、日本の信者は推定二十万人余。 圧倒的に女性が多いけれど、女性は組織の指導者にならないという原則があります。 組織の上下関係の厳しさや、「とり決め」(戒律)の多さで知られ、戒律には訪問伝道の実践をはじめ、輸血や選挙、格闘技、クリスマス、誕生祝い、法事の拒否など、細かいものをあわせると三千以上あるともいわれています。 聖書にあるハルマゲドン(この世の終わり)は必ず来る。 エホバの証人だけが、その後の楽園(パラダイス)に生き残ることができる。 ただし、そのためには多くの戒律を守り実践しなければならないと説きます。 各家を訪ね『ものみの塔』『めざめよ』の冊子を配るのも、その実践の一つ。 そのときの、静かな語り口や物腰も定められた戒律の一つとされています。 「ものみの塔」の名前を出さずに「ホロコースト展」などを開催するという活動もしています。 元信者や家族による「被害者の会」もつくられ、同会などは「マインドコントロールにより人権や命の尊厳を奪い、家庭崩壊を招いている」と批判しています。 (柿)〔2003・1・16(木)〕.

次の

【モンスト】覇者の塔1~40階まで攻略とドロップまとめ

も のみ の 塔

モーセは80歳の時,エホバからイスラエル人をエジプトの奴隷状態から救出するという務めを与えられました。 ()モーセは何度も,話すのが苦手だと言い訳します。 しかし,エホバはモーセに辛抱強く接し,奇跡を行なう力を与えることさえしました。 ()神はモーセを脅して従わせることもできたでしょう。 しかし,辛抱強さや親切を示し,謙遜で慎み深いモーセを安心させました。 この思いやり深い接し方は確かに功を奏しました。 モーセは優れた指導者になりました。 エホバに倣い,温和で思いやり深く人々に接するよう努力しました。 ある程度の権威を持っている人は,エホバに倣い,思いやり深く,親切に,辛抱強く接することが大切です。 ()エホバと,大いなるモーセであるイエスに倣うよう努めるなら,近づきやすくさわやかな存在になれるでしょう。 () あなたも他の人に良い影響を与え,会衆の一致を強めたいと思うのではありませんか。 すでにそのような努力を払っているなら,それは素晴らしいことです。 これからも「自分を広くし」,兄弟たちに深い気遣いを示しましょう。 ()近所の人たちに聖書の真理の光を輝かせることも大切です。 親切な言葉をかけ,思いやり深く接しましょう。 近所の人たちは聖書を学びたいと思うようになるかもしれません。 こう自問できます。 「近所の人たちはわたしをどう見ているだろうか。 家や庭をきれいにしているだろうか。 近所の人たちを進んで助けているだろうか」。 多くの兄弟姉妹は,親族や近所の人や同僚やクラスメートに親切に接したり,聖書の原則に沿って行動したりすることで良い結果を得ています。 経験を尋ねてみるのはどうですか。

次の

神之塔の単行本最新刊3巻発売日いつで韓国版のみ?購入方法や日本語版も調査!

も のみ の 塔

2003年1月16日 木 「しんぶん赤旗」 エホバの証人(ものみの塔)とは? <問い> エホバの証人(ものみの塔)という団体から何度も訪問を受けていますが、どういう宗教団体ですか。 (鳥取・一読者) <答え> 百年余り前にアメリカで生まれた新興宗教で正式名は「ものみの塔聖書冊子協会」といいます。 聖書の神はエホバという名前だとし、それを証(あか)す人々という意味で「エホバの証人」と呼ばれています。 聖書を用いていますが独特の解釈をしており、カトリックやプロテスタントなど一般のキリスト教は「ものみの塔」をキリスト教と認めていません。 使っている聖書の内容も、一般のものとは違っています。 アメリカのニューヨーク市内ブルックリンに本部(統治体)、各国に支部があり、日本の信者は推定二十万人余。 圧倒的に女性が多いけれど、女性は組織の指導者にならないという原則があります。 組織の上下関係の厳しさや、「とり決め」(戒律)の多さで知られ、戒律には訪問伝道の実践をはじめ、輸血や選挙、格闘技、クリスマス、誕生祝い、法事の拒否など、細かいものをあわせると三千以上あるともいわれています。 聖書にあるハルマゲドン(この世の終わり)は必ず来る。 エホバの証人だけが、その後の楽園(パラダイス)に生き残ることができる。 ただし、そのためには多くの戒律を守り実践しなければならないと説きます。 各家を訪ね『ものみの塔』『めざめよ』の冊子を配るのも、その実践の一つ。 そのときの、静かな語り口や物腰も定められた戒律の一つとされています。 「ものみの塔」の名前を出さずに「ホロコースト展」などを開催するという活動もしています。 元信者や家族による「被害者の会」もつくられ、同会などは「マインドコントロールにより人権や命の尊厳を奪い、家庭崩壊を招いている」と批判しています。 (柿)〔2003・1・16(木)〕.

次の