刑事 7 人 第 5 シリーズ。 刑事7人

刑事7人第5シリーズの第08話のロケ地

刑事 7 人 第 5 シリーズ

『刑事7人 シーズン5』の基本情報• タイトル:刑事7人 シーズン5• ドラマ公式URL• ドラマ公式Twitter• 主演:東山紀之• ジャンル:刑事ドラマ• 放送局:テレビ朝日系• 放映日時:水曜 21:00 — 21:54• テレビ朝日系放送の刑事ものドラマは緊急取調室、相棒など人気作も多いですが、このドラマもそのうちの一つです。 東山紀之演じる主人公・天樹悠が所属する警視庁の専従捜査班メンバーが、超凶悪犯罪解決に挑む物語。 メンバーもシリーズがすすむごとに結束して円熟味が増しているので、チームワークの良さが感じられる良いドラマです。 キャスト一覧• 天樹 悠(あまぎ・ゆう):東山 紀之 警視庁刑事部・刑事総務課刑事資料係 兼 専従捜査班刑事• 海老沢 芳樹(えびさわ・よしき):田辺 誠一 警視庁刑事部・専従捜査班主任刑事• 水田 環(みずた・たまき):倉科 カナ 警視庁刑事部・専従捜査班刑事• 野々村 拓海(ののむら・たくみ):白洲 迅 警視庁刑事部・刑事総務課刑事資料係 兼 専従捜査班新人刑事• 青山 新(あおやま・あらた):塚本 高史 警視庁刑事部・専従捜査班刑事• 片桐正敏(かたぎり・まさとし):吉田鋼太郎 警視庁刑事部・刑事総務課刑事資料係長 兼 専従捜査班長• 堂本 俊太郎(どうもと・しゅんたろう):北大路 欣也 東都大学医学部法医学教授・天樹の義父 1話・2話ゲスト• 山下巧:片岡愛之助 東京拘置所に収監中、サイバーセキュリティのスペシャリスト• 渡辺郁夫:小松和重 3年前のホステス(佐藤穂乃花)殺人事件の担当検事• 本郷健一:賀集利樹 元弁護士、現在国会議員• 加賀皐月:田中美晴 3年前に冤罪を訴え獄中自殺した• 加賀昭一:勝野洋 皐月の父• 加賀美枝子:岡まゆみ 皐月の母• 笠松望:三浦誠己 皐月の婚約者• 大貫敦:金橋良樹 七蔵警察署の刑事部長• 間宮静香:平塚千瑛 大貫の愛人とされるクラブ経営者• 千葉の女性の水死体・川北真琴• タクシー運転手・三島保• 保の妻・三島理恵• 高岡学:矢島健一 検事、3年前に佐藤穂乃花を殺害した真犯人 3話ゲスト• 神崎裕一:浜田学 飲食店を経営者• 神崎美穂:瀬戸カトリーヌ 遺体の第一発見者、裕一の妻• 山下栞:咲坂実杏 4年前の未解決事件の被害者• 山下崇:筒井巧 栞の父• 山下早苗:星ようこ 栞の母• 田宮映子:櫻井淳子 4年前の事件を目撃者、スナック経営者• 森円香 被疑者、神崎裕一の愛人• 中原由莉:池津祥子 料理教室オーナー 4話ゲスト• 池添俊也:竹田光稀 胸を刃物で刺された高校生• 田所信一:加藤峻也 両親の無理心中に巻き込まれた息子• 田所洋一:古川康 信一の父親• 増沢育子:かとうかず子 俊也と信一の担任• 木下和成:長谷川朝晴 弁護士• 富岡忠司(芹澤興人) 3年前に老夫婦を殺害、海老沢が逮捕した死刑囚 5話ゲスト• 宗片幸一:大地康雄 ファミレスの客を人質に立てこもった男、宗片工務店社長• 宗片あけみ:夢宮加菜枝 幸一の娘• 坂木圭太:湯川尚樹 あけみの婚約者• 真中邦夫:天宮良 1年前のあけみと圭太の事件を担当した刑事• 介護士の女性:前田凛 6話ゲスト• 和田幸雄:加藤虎ノ介 評判の悪いフリーライター、10年前の竹沢瞳ちゃん事故の加害者• 竹沢瞳 足の不自由な茜の娘• 竹沢茜:とよた真帆 瞳の母親• 竹沢繁之 茜の夫• 八重樫慎吾:坂東彦三郎 週刊誌の副編集長• 池松亮 10年前の交通事故の際、大森坂交差点近くの道路工事現場の交通誘導員だった男 7話ゲスト• 松永修一:生島翔 東京郊外の廃倉庫で遺体として見つかった被害者• 尾中勝也:阿部亮平 松永の共同経営者• 松永真由美:片山萌美 松永の妻• 春日正人:細山田隆人 真由美の以前の交際相手、現ストーカー?• 金田健介:伊東潤 シドニー郊外で起きた未解決殺人事件の被害者、健太郎の孫• 金田健太郎:清水こう治 堂本の親友、元生物学者• 谷沢果鈴:黒川智花 健介とお揃いのペンダントをつけた女性 8話ゲスト• 菅原充子:赤座美代子 老婆• 一戸琢也:金井勇太 35歳の元警察官、被害者• 元宮洋祐:佐野弘樹 チンピラ• 津島卓 長津市役所高齢者支援課課長• 森川京一郎:桜木健一 長津市副市長 9話ゲスト• 村野真:かないしゅう ベンチャー企業の社長で投資家• 貴田竜介:尾崎右宗 被害者の村野が握りしめていた名刺の人物• 松井章:須賀貴匡 現代アートの画家• 吉井理:清水尚弥 介護センターの職員• 小野田金治:品川徹 吉井が介護している老人 10話(最終回)ゲスト• 岡崎誠:井上康 被害者、前職はコーディネーター• 沙村康介:髙嶋政宏 捜査一課・管理官• 水田純平:河相我聞 17年前に亡くなった環の父、外交官• 山口敏也:橋本じゅん 純平の元上司、外務審議官 スタッフ一覧• 原作:なし• 監 督:兼﨑涼介、及川拓郎、星野和成、長谷川康、安養寺工• 脚本:吉本昌弘、吉原れい、池谷雅夫、谷口純一郎、徳永富彦、及川拓郎• 音楽:奈良悠樹• エグゼクティブプロデューサー:内山聖子(テレビ朝日)• ゼネラルプロデューサー:三輪祐見子(テレビ朝日)• プロデューサー:山川秀樹(テレビ朝日)、和佐野健一(東映)、井元隆佑(東映)• 制作:テレビ朝日、東映 各話の視聴率 『刑事7人 シーズン5』各話の放送後、視聴率がわかり次第情報を追加します。 メンバーも経験を積んで、前作より成長している姿を見ることができると思うので、親近感のようなものを感じられるかもしれません。 基本的には1話完結型のドラマですが、1話ごとに伏線のようなものが仕込まれていて、最終的には警察幹部の失態を暴いていくような展開につながっていく、というか、専従捜査班がそこに誘導されていくような形を迎える。 冷静な観察眼からそのことを途中で察する天樹が、じわりじわりと核心に迫っていく展開を予想します。 そして、専従捜査班の存在意義がより強固なものになり、シーズン6や映画化につながり完結を迎えるのではないかと予想します。 意外に専従捜査班の中に昔の高嶋政伸のように裏切り者が一人くらい潜んでいても面白いなと思いますが、今後も続いていくことを考えると、もしそうであったとしてもそのことが明るみになるのはこのシーズン5ではない気がします。 いずれにしても、テレ朝の刑事ドラマは満足度が高い作品が多いので、良い意味で期待を裏切る結末を迎えるでしょう。 『刑事7人 シーズン5』各話のあらすじ 2019年7月10日からテレビ朝日系にて放送開始された東山紀之さん主演の連続ドラマ『刑事7人 シーズン5』の各話あらすじネタバレを、放送後に随時更新してお届けしていきます。 1話のあらすじネタバレ 2019年夏、複雑化・高度化する超凶悪犯罪と難解な未解決事件に特化し、早期解決を目指す、警視庁独自の部署として「専従捜査班」が正式に発足した。 ある貸し倉庫で、所轄署の刑事・大貫 敦の遺体が発見された。 臨場した天樹 悠(東山紀之)らが目にした大貫の遺体は、白目をむき、大きく開かれた口いっぱいに金ぱくを詰め込まれていた。 さらに、現場の窓には、同じ金ぱくで書いた『オマエタチ ハ ムリョク』という、警察に挑戦するかのようなメッセージが残されていた。 「専従捜査班」の一員でもある法医学教授・堂本俊太郎(北大路欣也)が解剖した結果、死因は、生きたまま口に金ぱくを詰め込まれたことによる窒息死ということがわかる。 極めて残忍な手口であることから、天樹らは、まず怨恨の線で捜査を進めることに…。 水田 環(倉科カナ)の捜査で、被害者の大貫は、強引な取り調べや女癖の悪さ、暴力団とのズブズブの関係で監察にも目を付けられていたことが判明。 天樹は、大貫が担当した過去の事件を調べ始める。 大貫の愛人だったと思われるクラブの経営者・間宮静香のマンションへ聞き込みに行った海老沢芳樹(田辺誠一)と青山 新(塚本高史)は、ベランダで頭部に巨大な植木鉢をかぶせられた女性の遺体を発見する。 青山が植木鉢をどけると、土が遺体になだれ落ち、植木鉢の裏側には『ハヤク キヅケ』と書かれたメモが貼られていた…。 しかし、拓海の発言が引っかかった天樹は、ひとりで外出する。 そして、警視庁の管轄外で、水曜日に女性の水死体、木曜日に樹木に体を貫かれたタクシー運転手の遺体が発見されていたことをつき止める。 tv-asahi. 大地さんの怪演があったからこそ、天樹が彼に素直に従うなど、ちょつと無茶に思える設定でしたが、なんとか1時間もったのかなという気がしました。 もう少し、強く張った方が分かり易い気がしましたが、まあ、一応、刑事としての限界を考慮したのでしょうかね。 今しばらくお待ちくださいませ。 近所では美人警官として評判だったと当人も言っているので、間違いありません。 今後、大いに羽ばたける女優さんだと思います。 環姐さん、綺麗に足が上がっています。 介護する吉井と小野田老人の感性がピッタリ重なって、それで毒殺事件が再発生しました。 事件成立後、何も最後に語らなかった小野田老人の思いは、各視聴者に一任されることになりました。 製作側は、それぞれの視聴者に対して、ことの真善美を自問せよと言っているのでしょうかね。 そのまま、海水浴に行こうという感じの服装です。 いつものスーツ、白衣ではない七人が笑顔いっぱいで勢揃いします。 関連記事 スポンサーリンク.

次の

刑事7人 第5シリーズ ドラマの感想(東山紀之)

刑事 7 人 第 5 シリーズ

「刑事7人シーズン5」を視聴するには? 「刑事7人」シーズン4・5ともに「 」で配信中です。 レンタル作品となりますが加入特典の600ポイント、毎月の継続で受け取れる1200ポイントを支払いに当てることが出来ます。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。 放送回 シーズン1 シーズン2 シーズン3 シーズン4 第1話 11. 8 10. 8 11. 8 11. 0 第2話 10. 6 9. 8 12. 1 12. 7 第3話 9. 0 11. 8 12. 7 12. 4 第4話 9. 4 11. 1 10. 9 11. 0 第5話 6. 6 9. 8 10. 2 12. 0 第6話 9. 1 10. 5 13. 0 10. 1 第7話 8. 4 9. 8 8. 9 10. 6 第8話 9. 9 9. 0 10. 7 11. 4 第9話 10. 7 10. 0 10. 1 13. 5 第10話 ー ー 12. 6 12. 9 平均 9. 5% 10. 3% 11. 3% 11. 平均視聴率もシーズンを重ねるたびに上がり「相棒シリーズ」、「特捜シリーズ」に続くテレビ朝日水9の大人気刑事ドラマの仲間入りをはたしました。 【刑事7人シーズン5】と他の「水9」刑事ドラマの視聴率比較• 「相棒17」全20話平均視聴率:15. 「特捜9シーズン2」全11話平均視聴率:13. 【刑事7人シーズン5】の全話視聴率とネタバレ 【刑事7人シーズン5】第1話 視聴率とネタバレ 視聴率は 13. より凶悪な事件に警察組織の柵からも外れ独自捜査を行う「専属捜査斑」という専任部署となったメンバーの活躍を描きます。 「金曜日に金箔で窒息、土曜日に腐葉土を被せられる」と曜日に見立てた連続殺人が発生、この事件の裏には3年前のある冤罪が疑われている事件が絡んでいるようです。 今までのシリーズと比べるとミステリー要素や凝った殺害方法などで事件の猟奇性も上がりました。 そして、捜査にはあの人物も参戦してきます。 【刑事7人シーズン5】第2話 視聴率とネタバレ 第2話の視聴率は 13. 曜日連続殺人の解決編で、一連の事件と3年前の事件の真実が暴かれます。 第2話から事件のテーマがかなり重く、人間が持つ残酷さなど容赦の無い展開が続きました。 【刑事7人シーズン5】第3話 視聴率とネタバレ 第3話の視聴率は 11. 現場から忽然と消えた死体と4年前の女性行方不明事件の真相に挑みました。 【刑事7人シーズン5】第4話 視聴率とネタバレ 第4話の視聴率は 11. そして、第3話では出番が無かった海老沢のメインの回です。 【刑事7人シーズン5】第5話 視聴率とネタバレ 5話の視聴率は 11. 2%、微減でした。 天樹が立て篭もり事件の人質に取られてしまい、残された専従捜査班メンバーが過去の事件の真相に挑みました。 また、シリーズでも初めてメンバーの休日の様子が描かれました。 【刑事7人シーズン5】第6話 視聴率とネタバレ 6話の視聴率は 9. 9%、1. 残念ながら2桁を切り最低記録更新となってしまいました。 第6話は水田のメインの回で彼女にとって初黒星となった過去の事件に向き合い、そこから発生した現在の事件に挑みます。 【刑事7人シーズン5】第7話 視聴率とネタバレ 7話の視聴率は 11. 6%、前回から1. 7話は堂本先生が主役の回です。 2つの死亡推定時刻の謎に挑むと共に堂本先生の優しさが垣間見れます。 【刑事7人シーズン5】第8話 視聴率とネタバレ 8話の視聴率は 11. 4%と0. 8話は野々村君が奮闘します。 高齢者を狙ったアポ電詐欺の裏にはどのような真実が隠されているのでしょうか? 【刑事7人シーズン5】第9話 視聴率とネタバレ 9話の視聴率は 11. 第9話は終戦直後に発生した71年前の毒殺事件が大きく関係してきます。 そして、その驚愕の真実は鳥肌ものでした。 【刑事7人シーズン5】最終回 視聴率とネタバレ 最終回の視聴率は 12. 4%と1. 第5シーズン最終回では環さんの警察人生を賭けた過去が暴かれる、かつての仲間だった沙村(髙嶋政宏)が再登場するも圧力をかけてくる、天樹にも間の手が迫ると波乱の展開が続きました。 【刑事7人シーズン5】視聴率の総まとめと平均 話数 視聴率 第1話 13. 7% でシーズン4にわずか0. 6話が唯一2桁を切ってしまったのが惜しかったですね。 【刑事7人シーズン5】の最終回までの伏線とネタバレ シーズン4の謎・伏線は明かされるのか? シーズン4で片桐が追っていた未解決事件「九頭竜商店殺人事件」が扱われます。 事件は解決しましたが、黒幕であった警視庁警務部長・寺山章吾(宅麻伸)は証拠が無く逃げられてしまいます。 その後、天樹達が地道な捜査をしたことで上層部が動き寺山に監察が入りましたが処分は不明のままに終わりました。 それから数ヵ月後の警視庁では何かの事件をメンバーが捜査していました。 天樹・パソコンで何かを調べている• 水田・遺留品を持ってくる 「現場に残された遺留品、40年前の未解決事件のものだった。 堂本・解剖の鑑定書を持ってくる 各自が捜査をしていましたが突然天樹が机を叩き、 「この事件はまだ終わっていなかった…!! 」 と叫びます。 そして、「皆さん、これを見てください」とDVDを再生、それを見る7人でシーズン4は終了となりました。 「九頭竜商店殺人事件」に関することなのか?• 水田が持ってきた遺留品の40年前の事件なのか? など一切明かされることはありませんでした。 第1話の伏線 第1話の曜日連続が起きる前、天樹は 40年前の事件をデータベース化していました。 シーズン4で水田が持ってきた未解決事件の遺留品も 40年前のもので一致します。 シーズン4から続いていそうなこの謎・伏線がシーズン5の軸となるのでしょうか? ネタバレ 追記 残念ながらこの謎は特に明かされることがないまま終わってしまいました。 それでも十分に面白かったのでシーズン6にも期待大です。 この記事で使用している画像の引用元:.

次の

ドラマ『刑事7人 第4シリーズ』見逃し動画無料配信

刑事 7 人 第 5 シリーズ

脚本が三人のゲストに芝居の仕処を作り、 演出と俳優がそれに答えた。 子役も難度の 高い役をあっさりこなしている。 演出も 上手い。 被害者役は台詞もほとんどない役 で、人となりと存在感を十分に見せたのが 見事。 脚本、話にアラはあるが良く一時間に まとめて素晴らしい。 過去の事件現場、画になる坂道を上手く 撮っている。 風で倒れた看板に気を 取られ事故が起きるが、子供に吹く風、 事故の瞬間に母の髪を吹き上げる風、 母の後ろ姿と木々の葉を揺らす風、 どのカットも丁寧。 現在の事件現場はあえて雨で、刑事に カッパ着せて、一手間かけてる。 サブテーマは、倉科カナさんの眼力👀 だが、そこの台詞、元警官役のゲストが いい芝居した。 関西弁の若い男役もリアルさを感じさせる 上手さだった。 今回のタイトルロゴは、シンプルに黒地に 出したね。 ロゴバックの決めた構図が好き なので毎回、これになると不満。 その前の 若き水田巡査のカットが引き立ちはするが。 71年目の亡霊譚、傑作。 階級間格差からの 社会不安の現在と、ファシズム、帝国主義、 喪失の歴史とを基底に、夏、敗戦、怪談を 観せた。 下品な域まで攻めた映像も怪談の世界観を 作る観点から許容できる範囲。 玄関を開けた途端、怪物に射すくらめる 描写が秀逸。 眼を効果的に撮った。 とても手間ひまかけている。 蝉と蟻「ワイルドバンチ」思い出した。 戦後の場面は舞台のようなシンプルな セットで演劇的。 犯人の顔の傷も効果的。 傷病兵の白衣が異様に白かったのは 不思議な感じをあえて狙ったか。 戦後のシーンでは紙片のような何かが 降っているのはどうしてもイメージ として欲しかったのかな。 昭和は、自分のすぐ横、背後に戦没者の 魂を感じるそんな空気があった。 ドラマ内にそんな空気を感じた。

次の