ゲーム キャプチャー。 GV

【おすすめキャプボ】最新キャプチャーボード動画で比較レビュー!

ゲーム キャプチャー

リンク キャプチャーボードとは キャプチャーボードとは、PCにゲームの映像や音声を出力するための危機になります。 できることは、 ・PCにゲーム画面を映し録画がする ・ゲームの実況配信 ちなみに本製品を使用する私のPCスペックです。 ・i mac 21. 5 x 6. 3 x 2. 2 cm メーカー型番 ARX 321 B OS Mac,Linux,Windows 10 8 7 対応ゲーム機 デバイス Switch,Wii,PS4,Xbox One,カメラ,スマートフォン HUAWEI,Apple iPhone ストリーミングメディア OBS(オープンブロードキャスタソフトウェア)、Xスプリット、ポットプレイヤー、 配信可能なプラットフォーム twitch、Youtube Live、Facebook Live、Wirecast、vidblasterX、Resolume、Googleハングアウト、Skype このキャプチャーボードは「Basicolor321」「ARX321」「HSV321」など商品名も表記もまちまちのようです。 キャプチャーボードの値段は安くても2万円前後のものが多いですが、この商品に関してはAmazonで1万円以下で購入できました。 レビューを見ると、高評価の人もいれば、全く使えないと低評価の人もいたのでどうかな?と心配でしたが今回は興味本位で購入してみました。 画像の通りキャプチャーボードとPCをUSBでつなぎ、キャプチャーボードとPS4をHDMIケーブルを接続します。 パススルー機能搭載 『Basicolor321』には「パススルー」機能も搭載されています。 パススルー機能とは、 通常、キャプチャーボードを使用してPCモニターにゲームの画面を移すと0. 数秒になりますが、遅延が発生します。 ですが、このパススルー機能が搭載されていれば、ゲームの映像や音声を遅延なくモニターから出力する機能のことです。 つまり、録画用にPCモニターに映ったゲーム画面は少し遅延しているので、別モニター TVなど に遅延のない映像と映せる機能です。 接続の方法は、『Basicolor321』のOUT(出力)とテレビ(ゲーミングモニター)をHDMIケーブルで繋ぐことでゲーム画面をPCだけでなく、テレビ(ゲーミングモニター)に出力することができます。 色に関してですが、もともとTVにPS4を接続してゲームを行なっていたのですが録画用のPCモニターに映すと多少色の変化があります。 そこはモニターの違いからくるものと思い許容範囲内かな、と思っています。 良かったところ ・簡単にゲーム画面を映せる 説明書も付いているのでその通りそれぞれの機器を接続するだけでPCにゲーム画面を映しゲームを録画するのは簡単でした。 ・価格が安い コスパ最強 他のキャプチャーボードと比べても半分くらいの値段で購入できるのではないでしょうか。 よく使われているAverMediaやElgato Game Capture HD60 Sでも2万円を超えてきますから1万円しないお手頃な価格で画質もHDでそこそこ良いという点から、ゲーム配信をしたい人には手を出しやすい商品かと思います。 悪かったところ 関連記事 キャプチャーボードのパススルー機能でゲーム画面が映らない時の対処法【PS4,スイッチ】 ・音声が時々出なかったり、おかしなことがある 何度か使用していると、時々起こりましあた。 これは『Basicolor321』自体の問題なのか使用しているキャプチャーソフトのOBSの問題なのかわかりません。 ただ録画前に録画前に事前の音声のチェックをして、おかしな時はOBS キャプチャーソフト を立ち上げ直せば問題ないので今の所そこまで気にはしていません。 ・【対策あり】TVによっては1080pでのパススルーが無理 TVによっては「対応出来ない映像信号が入力されています 出力機側の設定を確認してください」と表示される。 我が家の年式の古いTVはそうなりました。 比較的新しいものは問題なかったです。 対処法としてその時は、HDMI分配器を使ってPS4の設定で解像度の変更 1080i して使用しました。 ・個体が熱を持って少々不安 接続してしばらく使用している内に、本体が熱くなり始めます。 長時間の使用の際にはちょっと不安になります。 今のところ問題ないです。 まとめ 結論としては、買ってよかったと思います。 Amazonのレビューにもあるように人によっては「ケーブルを繋いですぐに使える!」という人だけでは無いようですが、コスパを考えると良い買い物だったのではないでしょうか。 Amazonのレビューにもある通り、設定でつまずいているか方もいらっしゃるようなので、その辺のトラブルシューティングもまとめれたらと思います。

次の

GV

ゲーム キャプチャー

しかし一昔前とは違って同じくゲーム実況を行うライバルが多い中、 今から生配信だけで人気を獲得するのは不可能に近いでしょう。 ただし画面をそのまま録画できるPCゲームとは違い、PS4やNintendo SwitchなどのCS機ではPCにゲーム画面を取り込むためにキャプチャーボードという機材が必須です。 しかしキャプチャーボードは多くのメーカーから色んな種類の製品が販売されているため、どれを選べばいいのかわからないという方も少なくないでしょう。 そこで 今回はキャプチャーボードの選び方とおすすめの製品をいくつか紹介したいと思います。 まとめ 内蔵型と外付け型は正反対の特徴を持っています。 知識がなくても簡単に使えるのは外付け型ですが、 取付できるPCを使用している場合は基本的に内蔵型をおすすめします。 どうしても外付けでなければならない理由がある場合は外付けを選びましょう。 (ノートPCを使用していたり持ち運びしたい場合など) ソフトウェアエンコードとハードウェアエンコード キャプチャーボードには ソフトウェアエンコード方式とハードウェアエンコード方式の2種類があります。 用途やPC環境によってどちらが必要になるかが違ってきますので、それぞれの特徴について把握しておきましょう。 ソフトウェアエンコード方式 ゲーム機から出力される映像をキャプチャーボードを通してPCに送り、PC側で圧縮・変換を行うのがソフトウェアエンコード方式です。 PCスペックにもよりますが、PC上に表示されるゲーム画面の遅延が少ないのが特徴です。 まとめ PCへの負荷が少ないのは魅力ですが、 生配信も行いたいのであればソフトウェアエンコード方式をおすすめします。 ソフトウェアエンコード方式はPCスペックに問題なければPC上に表示される映像にほとんど遅延がないため(ほんの少しはあります)、オンライン対戦型ゲームでなければPC画面を見ながらゲームをプレイできます。 また、グラボを搭載しているPCであればグラボにエンコードさせることができ、その場合CPUでエンコードを行うよりもかなり負荷を軽減できます。 ハードウェアエンコード方式は録画時にPCへの負荷は少ないですが、その後動画編集をするのであれば結局PCに負荷がかかってしまうため、生配信や無編集で動画投稿をする場合を除くとメリットがほとんど無くなってしまいます。 本気で動画投稿をやっていきたいのであればある程度スペックの高いPCを用意し、ソフトウェアエンコード方式のキャプチャーボードの使用をおすすめします。 ゲーム実況であればパススルー機能は必須 ソフトウェアエンコード方式のキャプチャーボードであればPC上に表示されるゲーム画面の遅延は少ないと言いましたが、 FPSなどのコンマ1秒を争うようなゲームでは少しの遅延も命取りになります。 そこでおすすめなのが パススルー機能付きのキャプチャーボードです。 パススルーというのはキャプチャーボードに接続したゲーム機の映像をPCに送ると同時にモニターにも出力する機能です。 パススルーでモニターに表示されるゲーム映像は遅延がないため普段と同じようにゲームをプレイすることができます。 用途がビデオカメラのキャプチャーなどであればパススルーは不要ですが、 ゲーム配信のためにキャプチャーボードの購入を検討しているのであれば必ずパススルー機能搭載製品を選びましょう。 対応している解像度とフレームレートに注意する これからキャプチャーボードを購入するのであれば必ず HDMI端子が付いているかどうかを確認しましょう。 HDMI端子が付いているものだとほとんど1080pに対応していると思うので、PS4やNintendo Switchで問題なく使用することができます。 次に、対応しているフレームレートも確認が必要です。 PS4やNintendo SwitchといったCS機は最大60fpsに対応しているんですが、 キャプチャーボードの中には30fpsまでしか対応していないものもあります。 30fpsだと録画した映像が少しカクカクしてしまうため 60fpsの方がいいです。 ただその分値段は高くなります。 PS4 Pro・Xbox One Xユーザーであれば4K対応も検討しよう まだまだ数は少ないですが 4K録画に対応したキャプチャーボードや、パススルーのみ4Kに対応し録画はフルHDでできるものなどがあります。 これまでのようにフルHDにしか対応していないキャプチャーボードであれば、たとえPS4 Proと4Kモニターを使っていたとしても、配信や録画時はフルHDでしかゲームをプレイできません。 しかし、4K録画やパススルーに対応しているキャプチャーボードであれば、4Kでゲームをプレイしながら配信や録画を行うことができます。 キャプチャーボードは頻繁に買い替えるようなものではないので、今現在PS4 Proや4Kモニターを持っていなくても、次世代のゲーム機など将来的なことを考えるとできれば4K対応のものを選んでおくといいでしょう。 外付け型キャプチャーボードのおすすめ製品紹介 AVerMedia LIVE GAMER ULTRA GC553 2018年7月20日にAVerMediaから発売されたソフトウェアエンコード方式のキャプチャーボードです。 AVerMediaの外付けキャプチャーボードでは初となる4K録画と高フレーム録画に対応しています。 僕も使ってみましたがPCで表示した映像の遅延が非常に少なく、オンライン対戦ゲームでなければパススルーを使わなくてもプレイ可能でした。 (PCスペックにもよりますが) また、本来であれば有料の動画編集ソフトであるPowerDirectorが付属するのもGC553の魅力で、自分好みに編集してから動画投稿サイトにアップロードすることができます。 価格は約32,000円と外付け型にしては高価ですが、「とにかくハイスペックなキャプチャーボードが欲しい」という方にはおすすめです。 2018年6月にAVerMediaから発売されたソフトウェアエンコード方式のキャプチャーボードです。 2015年に発売したGC550の後継機にあたるモデルで、4Kパススルー(HDR非対応)機能を搭載しているためPS4 ProやXbox One Xユーザー、次世代機を見越した方におすすめです。 僕も実際に使用してみましたが、安定性が高く、遅延が非常に少ないため使いやすいです。 また、付属の動画編集ソフトであるPowerDirector 15 for AVerMediaが非常に優秀で、ゲーム実況に使用するのであればほぼやりたい編集が可能になっていると思います。 本来であれば有料ソフトなので、それがただで使用できるのもこの製品を選ぶメリットの一つです。 価格は約27,000円ほどとやや高価ですが、本気でゲーム実況をやりたい人には是非使ってもらいたい1台です。 4K録画や高フレーム録画をし たいのであれば先ほど紹介したGC553を選びましょう。 こちらもAverMediaのソフトウェアエンコード方式のキャプチャーボードで、先ほど紹介したGC550 PLUSの旧機種です。 新機種が発売したなら必要ないと思うかもしれませんが、こちらはHDMIの他にコンポーネント端子が搭載されているため、PS3やPS2、Wiiなどといった古いゲーム機のキャプチャーも可能になっています。 また、値段が約22,000円とGC550より割安なため、とりあえず「安く済ませたい」「古いゲーム機もキャプチャー出来た方がいい」という方には選択肢になります。 しかしこちらは動画編集ソフトが付属していません。 こちらはI-O DATAのHDMIに対応したソフトウェアエンコード方式のキャプチャーボードです。 I-O DATAのキャプチャーボードと言えば、コンポジットケーブルに対応したGV-USB2という製品が人気だったんですが(というか未だに人気があるようです)、このGV-USB3はその後継機です。 値段が約17,000円ほどと、HDMI対応で新し目のキャプチャーボードとしては比較的安いと思います。 先ほど紹介したGC550 PLUSのように動画編集ソフトが付属するんですが、残念ながらバージョンが1つ前のPowerDirector 14 for I-O DATAが付いています。 また、4Kに対応していないため、とりあえずHDMI対応で動画編集ソフトが付いた安い製品が欲しいという方にはいい製品かと思います。 こちらはSKNETのHDMIに対応したキャプチャーボードです。 外付け型ソフトウェアエンコード方式のキャプチャーボードでは国内でおそらく最も普及しているのではないでしょうか。 2013年に発売された製品でありながら未だに人気が高い非常に息の長い製品です。 僕もHDMIに対応したものではこちらを初めて購入しました。 僕が購入した頃は20,000円ほどで販売されていましたが、現在では新品でも約16,000円ほどとかなり安くなっています。 また、Amazonの中古製品を見てみると11,000円台から販売されているので、とにかく安く済ませたいという方には中古製品も視野に入れてみてはどうでしょうか。 ただ注意点として、こちらは付属の録画ソフトのクオリティがいまいちなので社外製ソフトが必須になることと、動画編集ソフトが付属しないことを覚えておきましょう。 こちらはAVerMediaの外付け型ハードウェアエンコード方式のキャプチャーボードです。 ハードウェアエンコード方式のキャプチャーボードで人気の高いAVT-C878の後継機で、4Kパススルーに対応し、動画編集ソフトのPowerDirector 15 for AVerMediaが付属します。 ハードウェアエンコード方式のためPCへの負荷が低く、PCスペックに自信がない場合でも使用可能です。 また、キャプチャーボード単体録画に対応しており、SDカードを挿入することでPCレスでゲームを録画することができます。 値段は約24,000円ほどと少し高価ですが、4K対応で動画編集ソフトが付いてくることを考えるとかなり優秀な製品だと思います。 こちらは2018年7月20日に発売されたAVerMediaの最新製品で、内蔵型ソフトウェアエンコード方式のキャプチャーボードです。 また、付属の動画編集ソフトであるPowerDirector 15 for AVerMedia(4K対応)が非常に使いやすく、ゲーム実況に使用するのであればほぼやりたい編集が可能になっていると思います。 本来であれば有料ソフトなので、それがただで使用できるのもこの製品を選ぶメリットの一つです。 価格は約40,000円と高めですが、この先何年もゲーム実況をしていきたいと考えている方にはおすすめの製品です。 こちらはElgatoの内蔵型ソフトウェアエンコード方式のキャプチャーボード4K60 Proの後継機です。 フルHD録画に対応した製品が多い中、こちらは4K60fpsでの録画に対応した製品です。 4K対応となると要求されるスペックも高めになりますが、自分のゲームプレイをキレイな映像で残したいという方には魅力的な製品です。 フルHD240fps録画が可能なAVerMediaの内蔵型キャプチャーボードGC573が人気ですが、こちらも同等のスペックを搭載し、さらに数千円安く購入できるのがポイントです。 また、4K60 Pro MK. 2は面倒なドライバのインストールが不要で、PCに取り付けるだけですぐに使い始めることができます。 Elgatoはかなり人気のメーカーですし、プロゲーマーや人気ストリーマーの使用者はかなり多いです。 そういった方々と同じメーカーの製品を使ってみたいという方は試してみてもいいと思います。

次の

GV

ゲーム キャプチャー

Switch、WiiU、Wii、GC、N64、SFC• PS4、PS3、PS2、PS1、PS Vita、PSP 2000以降• 基本的に 据え置き型ゲーム機ならキャプチャーボードと接続できます。 ただし、HMDI接続以外の接続 黄・白・赤のAVケーブルなど の場合、別途変換ケーブルを購入する必要がある場合があります。 キャプチャーボードの選び方 内蔵型と外付け型の違い キャプチャーボードには大きく分けて内蔵型と外付け型の2種類が存在します。 内蔵型の特徴• 拡張性のあるデスクトップPCでしか使用できない ノートPCでは使用不可• PC内部に取り付けるため外付け型に比べて見た目がすっきりする• 取り付けにパソコンの知識が必要• キャプチャーボードに異常があるとPC本体に影響が出ることがある 外付け型の特徴• デスクトップPCでもノートPCでも使用できる• PCにUSBで繋げるため、ケーブルの配線を考える必要がある• USB接続型でPC初心者でも簡単に使えるものが多い 初心者は外付け型がおすすめ 基本的には外付け型を買っておけば間違いないでしょう。 内蔵型の場合、趣味で自作PCを作っているような人でなければ取り付けが難しいです。 外付け型なら種類も豊富で、USB接続なので取り付けも簡単に終わるため初心者でも簡単です。 ソフトウェアエンコードとハードウェアエンコード ソフトウェアエンコード ソフトウェアエンコードは 録画や配信時のエンコード 圧縮・変換 をパソコン側で行います。 キャプチャーボード側では処理を行っていないので低遅延でPCにゲーム画面を表示できます。 PC側で処理を行っているため好きな動画配信ソフトを使うことができます。 しかし、動画の画質はパソコンのスペックに依存するため、 スペックの低いパソコンでは快適に動作しないこともあります。 ハードウェアエンコード ハードウェアエンコードは 録画や配信時のエンコード 圧縮・変換 をキャプチャーボードで行ってからパソコンに送ります。 キャプチャーボード側で処理を行ってからPCにゲーム画面を表示するため、はっきりとした遅延が発生します。 そのため、 生配信だとゲーム音とマイク音が少しずれて聴こえてしまうことがあるので生配信には向きません。 また、メーカー純正の動画配信ソフトしか使えません。 スペックが低いノートPCなどでも動作します。 ただし低スペックPCの場合、ハードウェアエンコードで録画しても動画編集などの作業が重くて快適に行えない場合もあるので注意が必要です。 ゲーム実況で生きていきたい! くらいの思いがある人は、スペックの高いゲーミングPCを用意したほうがいいでしょう。 パススルー機能が搭載されていること パススルー機能とは ゲーム画面をPCに出力するのとは別にモニターにも出力する機能です。 モニターに出力した映像は遅延がないので、ハードウェアエンコードで録画や配信をしている場合でも映像の遅延を気にする必要がありません。 ソフトウェアエンコードの場合でもFPSやTPS、格ゲーなどを実況するならパススルー機能搭載のキャプチャーボードを購入しましょう。 パススルー機能は最近のキャプチャーボードにはほとんど搭載されています。 配信したいゲーム機に対応しているか キャプチャーボードによっては自分が配信したいゲームに対応していないものもあります。 SwichやPS4ならHDMI対応のキャプチャーボード。 ゲームキューブやN64ならコンボジット端子に対応したキャプチャーボード。 PS3にはHDCPというコピーガードがかかっており、普通にキャプチャーボードに接続しても映像が映らないため、 コンポーネント端子があるキャプチャーボードを選ぶ必要があります。 自分が配信したいゲーム機、今後配信するかもしれないゲーム機に対応したキャプチャーボードを選びましょう。 対応ゲーム機も幅広く、HDMI端子、コンポーネント端子に対応しているので 最新ゲーム機から少し前のゲーム機まで幅広い機種を実況することができます。 専用キャプチャーソフトが付属しているので、フリーソフトのダウンロードが必要ないのも初心者に優しいです OBSなどのフリーソフトを使用することも可能 また、録画中の動画を過去に巻き戻し、見返してカット編集することができるライブ編集機能も搭載しています。 これを買っておけば 初心者から上級者まで満足できるキャプチャーボードです。 価格が15,000円程度と安く、PowerDirector 14という 普通に買うと1万円以上する動画編集ソフトが付属しています。 専用のキャプチャーソフトも付属していますが、動作が重いためOBSなどのフリーソフトを利用したほうが快適です。 ただし、 HDMI接続のみでスイッチやPS4には問題なく使用できますが、HDMI接続ができないWiiなどのレトロゲーム機とは接続できません。 0 自分のPCスペックに自信がないという人におすすめなのがAVerMedia AVT-C878です。 ハードウェアエンコードのため、PCスペックが低くても高画質の録画が可能です。 対応ゲーム機はHDMI接続できるPS4、スイッチなどで、Wiiなどのレトロゲームには対応していません。 また、こちらの機種もGC550と同様に 専用キャプチャーソフトが付属しています。 一番の特徴は PCがなくてもこれ一台でゲーム画面の録画ができることです。 また、USB 2. 0に対応しているので少し古いPCでも接続できます。 PCスペックに自信がない人、キャプチャーボード単体で録画したい人にはAVT-C878がおすすめです。 上位モデルに AVerMedia AVT-C878 PLUS が存在し、パススルー機能を使った際にモニターに4K画質で出力できる機能が追加されています。 さらに「 CyberLink PowerDirector 15 for AVerMedia」という 動画編集ソフトが付属します。 バージョンは古いですが、有料ソフトが付属するのはかなりお得です。 その他の機能は変わらず、USB2. 0およびMacOS対応、本体録画機能など性能はほぼ変わりません。 多少の価格差を気にしないのであれば動画編集ソフトも付属する AVerMedia AVT-C878 PLUS を買うのがおすすめです。 PS4 Proなど4Kに対応しているゲームを録画する場合でも画質を落とさずに録画することができます。 表示遅延は0. 06秒と少ないですが、 4K画質にすると0. 08秒になります。 ただし グラボやCPUなどPCにもそれなりのスペックが必要なので要求スペックを満たしているかしっかり確認しましょう。 もちろん動画編集ソフトの「 PowerDirector 15 for AVerMedia 4K動画編集対応 」と専用キャプチャーソフト「 RECentral」も付属します。 今後新しいゲームハードが出てもGC573の画質なら買い替えの心配もありません。 予算に余裕があり、今後長くゲーム動画を撮っていくならGC573を買うのが間違いないでしょう。 内蔵型のため、取り付けに多少の知識が必要ですが USB接続が不要なので配線がすっきりします。 GC573に比べればスペックは多少劣りますが、 表示遅延が0. 1位のGC550と同様の 専用キャプチャーソフトが付属しているので配信初心者でも簡単に配信を始めることができます。 また、対応しているキャプチャーソフトが多いのでキャプチャーボードの買い替えを検討している人でも安心です。 接続すると自動でドライバがインストールされるので設定が簡単です。 内蔵型を検討しているならC988は間違いなくおすすめです。 0 Mac bookを使用している人はElgato Gaming HD60 S がおすすめです。 Mac に対応しているキャプチャーボードはかなり少ないですが、HD60 S は海外メーカーながら評判が高く、性能も十分です。 また、 付属しているキャプチャーソフトも非常に優秀で、声を別撮りしたり巻き戻して録画する機能や簡単なカット編集まで行えます。 Macユーザーや、今後Macに変える可能性がある人はElgato Gaming HD60 Sがおすすめですね。 なお Macとの接続にはUSB-TypeC変換アダプタが別途必要になるので注意しましょう。 0 昔から人気が高く、使用者も多いMonsterX U3. 0R SK-MVXU3R 一番の特徴は使用者の多さですね。 2013年に発売し、今でも使用している人が多いので 困ったときに調べれば同様の不具合の対策が見つかります。 始めてキャプチャーボードを買う人や、PC周りに詳しくない人にはありがたいですね。 ただし付属のキャプチャーソフトの性能はイマイチなのでOBSなどのフリーのキャプチャーソフトをインストールして使いましょう。 基本的な性能や付属しているキャプチャーソフトは変わりません。 内蔵型でハードウェアエンコードのため、 CPUの使用率が低く動作が軽いのが特徴。 ただし 内蔵型のためMacで使用できないので注意しましょう。 値段はあまり変わらず、HD60 Sより性能が高いのでWindowsでデスクトップPCを使用しているならおすすめの商品です。 0 コンボジット端子 赤・黄・白の端子 対応のキャプチャーボード。 キャプチャーボードというより、変換ケーブルに近いですね。 HDMI接続でないため、画質はHDではなくSD画質のため高くはありません。 また、パススルー機能も標準搭載ではなく、コンボジット端子の分配AVケーブルを別途購入する必要があります。 一方で レトロゲームのほとんどに対応しており、 価格も非常に安いため 入門用としておすすめです。 スイッチやPS4を配信する予定がなく、画質にもこだわりがないという人、レトロゲームの配信をしたい人はGV-USB2を買うといいでしょう。 ゲーム配信・実況におすすめのキャプチャーボードランキングまとめ ゲーム実況の一番のハードルがキャプチャーボード選びです。 自分のやりたいゲーム機の種類、PCスペック、予算を見極めて最適なキャプチャーボードを選びましょう。 予算があるならランキング1位で紹介したGC550を買っておけば間違いありません。

次の