カレー 作り方 豚肉。 どこよりも丁寧なカレーの作り方

小麦粉・油・トマト不使用!スパイスから作る豚肉カレーの作り方

カレー 作り方 豚肉

作り方• にんじんは皮を剥いておきます。 じゃがいもは皮を剥き、芽を取っておきます。 にんじんは1cm幅のいちょう切りにします。 じゃがいもは一口大に切ります。 玉ねぎは芯を取り除き、一口大に切ります。 豚バラ肉は5cm幅に切ります。 中火で熱した鍋にサラダ油を入れ2を加え炒めます。 豚バラ肉の色が変わったら1を加え都度よく炒め合わせます。 全体に油がまわったら、水を入れ中火でアクを取り除きながら煮込みます。 じゃがいもがやわらかくなったら、調味料を入れ混ぜ合わせます。 全体がよく混ざったら弱火で10分程煮込み、とろみがついたら火から下ろします。 ごはんをよそった器に盛り付け完成です。

次の

手作りカレールー作り。玉ねぎメインで小麦粉なし。

カレー 作り方 豚肉

がおいしい! ゲストさん 15:04• がおいしい! ゲストさん 14:48• がおいしい! ゲストさん 14:31• がおいしい! ゲストさん 14:31• がおいしい! ゲストさん 14:25• がおいしい! ゲストさん 14:22• がおいしい! ズボラ母さん 14:07• がおいしい! ゲストさん 14:04• がおいしい! ゲストさん 13:42• がおいしい! ゲストさん 13:22• がおいしい! ゲストさん 12:22• がおいしい! ゲストさん 12:20• がおいしい! ゲストさん 12:15• がおいしい! ゲストさん 12:15• がおいしい! ゲストさん 11:45.

次の

おうちで作る絶品カレーうどんのレシピ/作り方:白ごはん.com

カレー 作り方 豚肉

すばる流カレーの作り方のこだわり ささいなことですが、美味しいカレーを作るために自分なりのこだわりがあります。 こだわり1:カレールーは2種類を使う カレールーはZEPPINとジャワカレーを半分ずつ使っています。 ZEPPINはコクがあるカレールーで、ジャワカレーはスパイシーなカレールー。 この2つを合わせると味に深みが出ます。 市販のルーでかなりレベルの高いカレーができます。 本当にこだわっている人はスパイスから作るんですけど(笑)。 こだわり2:肉は豚バラブロック 関西の家カレーは牛肉を使うのですが、ぼくは豚肉派。 実家が豚肉を使っていたのも理由の1つ。 でも、それ以上に豚バラのほうが肉の旨味とかジューシーさが出ます。 こだわり3:じゃがいもは入れない 家カレーに入っているじゃがいもが好きっていう人も多いと思います。 でも、ぼくは入れません。 じゃがいもを入れると、途中で溶けてしまってカレーの味がぼやけてしまいます。 こだわり4:家カレーに入れる酒はビール 家カレーに入れるお酒ですが、赤ワイン・白ワイン・梅酒・ビールあたりを入れるとおいしくなります。 赤ワイン・白ワインは上品な仕上がり。 梅酒は少し甘めのコクのある味わい。 そしてビールを入れると、ちょうどいい苦味が出てうまさを引き立てます。 ぼくはビール派です。 ワインも捨てがたいけど。 材料(4人分+おかわり) このレシピの弱点は材料が多いことと手間がかかることなんですよね。 でも、 手間をかけた分、本当に美味しいカレーができます。 豚バラブロック:500g• マッシュルーム:6個• にんにく:2かけら• しょうが:1かけら• トマト:中1個• 玉ねぎ:中2個• ヨーグルト:大さじ3• ビール200cc• バター:30g• スーパーで売ってます。 赤唐辛子:2本• ローリエ:2枚• コンソメの素:1個• 水:600cc• カレールー:6皿分 —お好みで追加(ぼくは全部入れます)—• 追記:スペアリブで作っても絶品だった スーパーでスペアリブが安かったので、スペアリブでも作ってみました(黄色い米はターメリックライス)。 スペアリブは豚のバラ肉に骨が付いているだけなんで、イケるだろうと思って。 結果的にこれが大正解! スペアリブという肉の塊がカレーにのっていると、ドーンッと迫力があって見た目100点。 しかも、骨から出る旨味のせいかカレーのおいしさがアップしている気もします。 ただ、骨付きなので食べづらさや骨の小さなかけらが口に当たる場合があるのがマイナスポイント。 あと、肉が苦手な女子は肉のボリュームが重いかも。 逆に男子だったら、肉の塊でテンション上がると思います。 作るときの注意点としては、煮る時間を少しのばして40分ほど煮込むと肉が骨からホロホロとほぐれて食べやすいです。 お手軽バージョンのレシピを作りました このレシピの弱点はすごく手間がかかること。 時間と体力に余裕があるときしか作れないんですよね。 でも、カレー大好きなぼくとしては頻繁に食べたい。 っということで、工程を見直してお手軽バージョンを作りました。 時間と手間は、普通にカレーを作るのと変わらないと思います(…たぶん)。 もちろん先に紹介したレシピのほうがおいしいのですが、時間や体力に余裕がないときはお手軽バージョンを作るようにしています。 subaru さつきさん おそらく苦味はクミンシードが焦げて出ていると思います。 クミンシードを焦がさない工夫としては2つ考えられます。 1.玉ねぎを電子レンジで加熱する 玉ねぎを5分ほどレンジで加熱しておくと 玉ねぎを炒める時間が短くなるのでクミンシードが焦げる可能性が低くなります。 2.鍋に少量の水を入れる 玉ねぎを炒めているときに鍋の温度が上がりすぎると クミンシードが焦げてしまいます。 レシピでは途中で20ccの水を入れて鍋の温度を下げると書いてありますが、 それでも焦げてしまう場合は水を複数回入れてもいいかもしれません。 1か2もしくは両方を試してみて、 それでも苦味が出てしまう場合は思い切ってクミンシードを抜くのも1つの手です。 その場合は香りのよさが少し落ちますが、 それでもおいしいカレーができます。 参考にして頂けたら幸いです。

次の