エスメラルダ 西宮。 エスメラルダ 西宮・芦屋店

バレエ『エスメラルダ』のあらすじや特徴をバレエ経験者が解説!

エスメラルダ 西宮

バレエ『エスメラルダ』のあらすじ プロローグ 寺院の前にある、幼いイエスを連れたマリア像の前で、赤ちゃんを抱いた女性が行き倒れてしまう。 近くを通ったジプシーたちは、その女性が死んでいると思い、赤ちゃんを連れて行ってしまう。 しかし女性は、赤ちゃんがジプシーたちとともに遠くへと行ってしまってから息を吹き返し、いなくなった我が子を探して半狂乱となる。 第1幕 赤ちゃんがジプシーたちと行ってしまってから16年後、エスメラルダと名付けられた赤ちゃんは美しい女性へと成長を遂げている。 正義感もある彼女は、ノートルダム寺院の広場に迷い込んで殺されそうになっていた詩人・グランゴールを助けた。 その時、エスメラルダを見ていた聖職者のフロロは、エスメラルダの美しさに魅了されてしまう。 もちろん助けられたグランゴールもエスメラルダに夢中。 ノートルダム寺院の鐘つき役であるカジモドは、エスメラルダに優しくされて、エスメラルダを好きになってしまっている。 しかし、エスメラルダは、自分を助けてくれたフェビュスと恋におちていた。 フロロは、当時権力を握っている寺院の聖職者であることを利用し、あの手この手でエスメラルダに迫るが拒否される。 グランゴールもエスメラルダに拒絶され彼女のもとを去るが、フロロはエスメラルダを諦められず、彼女の恋のお相手フェビュスへの憎悪を募らせた。 第2幕 フェビュスと婚約者フルールの婚約の宴が催されている。 フェビュスに婚約者がいたこと、自分がジプシーという身分であることなどを嘆くエスメラルダだが、自分の恋人の婚約の宴の余興に、ジプシーとして招かれてしまう。 エスメラルダは、悲しみをこらえながらグランゴールとともに踊る。 そんなエスメラルダに、婚約しているフェビュスはやはり惹きつけられてしまい、婚約の宴が終わってから、エスメラルダのもとへとやってくる。 愛を確かめ合う2人。 しかし、そこに、嫉妬に狂ったフロロが現れ、フェビュスを刺し殺してしまった。 逃げ出すフロロの後に、フロロを止めようとしていたカジモドも現れるが、エスメラルダは、フェビュスを殺したとして捕まえられてしまった。 第3幕 無実の罪で処刑されようとしているエスメラルダに、フロロは、自分のものになるなら処刑を取りやめてやると告げる。 拒絶するエスメラルダに、フロロは怒り狂い、彼女のもとを去る。 一命をとりとめていたフェビュスも、エスメラルダが自分を殺そうとしたと信じており、エスメラルダのもとを婚約者とともに訪れ、彼女に背を向ける。 なんとか彼女を助けようとするジプシーたちや、カジモドの頑張りも虚しく、処刑の日。 エスメラルダのもとに、彼女を探し続けていた母が辿りつく。 しかし、衰弱しきっていた母は、エスメラルダの現状を知りショックで息絶えてしまう。 辛いことばかりが続き茫然としているエスメラルダは、さしたる抵抗もせずに、処刑されてしまった。 怒り悲しむジプシーたちと、カジモド。 怒りと悲しみに突き動かされたカジモドは、ノートルダム寺院の上からフロロを突落した。 補足 ブルノンヴィル版、プティパ版、ボヤルチコフ版と、様々なパターンのある「エスメラルダ」は、 「ああ無情」を書いたヴィクトル・ユゴーの「ノートルダム・ド・パリ」という小説が原作です。 なるべく原作に近いあらすじをご紹介しましたが、詩人が登場しないものや、フェビュスが婚約を破棄してエスメラルダを選ぶというものもあります。 バレエ『エスメラルダ』の踊りの特徴 バレエ「エスメラルダ」の踊りの特徴は、もちろん主人公エスメラルダの妖艶でありながらも、どこかに哀しみを漂わせる動きにあります。 ただ妖艶で華やかな美女ではなく、哀しみや悲劇の予兆を漂わせて踊ることができるかどうかは、エスメラルダを踊るダンサーの腕の見せ所ですね。 バレエ『エスメラルダ』の特徴がわかる動画.

次の

出勤情報

エスメラルダ 西宮

エスメラルダは、正真正銘の占い師、タロット専門家、 そして神聖なる秘教の専門家でもあります。 若いころから、エスメラルダは彼女の周囲の人たちのビジョンが見えました。 未来を的確に予見することで知られるジプシーの家系の生まれで、神聖なる秘教の世界の神秘的で素晴らしい環境で育ったのです。 年を経て、その能力を効果的に発揮できるようにと、彼女の祖母から知恵を伝授されました。 今日では、成功を収めた占い師の一人として世界でも有名であるエスメラルダは、「巨匠」を相手にひるむことはありません。 彼女の知識と業は彼女の家系に伝わる知識に基づいているのです。 生まれ持った好奇心で、癒し、次元を超えたものとの交流などに関わるのはもちろんですが、彼女が一番得意とするのはタロット・リーディングです。 そして早期の内に、それらを彼女の使命であるように感じたのです。 それからは、助けを必要とする人たちに道を示す者として人生を費やす決心をしたのです。 助けを求める声に駆け寄り、「助けとアドバイス」を求める人の数は日々相当な数に増していきました。 なじみの相談者に対する占いの質は常に向上し続けています。 彼女の名声は芸能、スポーツ、政治界の人物たちに賞賛され、お墨付きです。 数ヶ月前から、本当に助けを必要とする人たちに専念するために、エスメラルダは芸能界やエリートの世界から遠ざかる決心をしました。 自然な形で彼女の力と才能で悩める魂に対応し、彼らを救うために全力を尽くしたのです。 恋愛関係のもつれ、仕事関係の問題など、これらの無力な人たちが発展するのを最大限にサポートするために、思いやりをもって彼女の直感と感覚を彼らのために使用したのです。 将来、職業や学業での選択、計画、恋愛関係の出会いが気になりますか? あなたの目的が何であれ、エスメラルダは親密に誠実にあなたのそばで付き添います。 あなたに答え、あなたの人生で起こる物事の理解を助けて、落ち着いて対処するための鍵をあなたに与えるのです。 何千年もの間、人類は未来についての答えを得るのに星空を見上げてきました。 そして、その答えを見つけました。 惑星と星座の動き、そして配置の組み合わせは、私達の世界に明らかな影響を与えています。 この複雑で魅力的な芸術を学び検証するのに人生を捧げた歴史上の重要な人物達が、それを証明しています。 エスメラルダは、名高い占星術のエキスパートで、何十年も疲れを知らずに研究に身を捧げてきました。 占星術チャートの作成が専門で、他のエキスパート達も、彼女をより正確で当たる占星術師の一人と認めています。 ヨーロッパから、彼女のアドバイスを求める人達のサポートに従事しています。 今年2020年は、うお座の時期が終わり、みずがめ座の時期が始まります。 うお座は、矛盾と戦争の印であり、逆に、みずがめ座は、宇宙がバランスと平穏に戻ることを意味するので、この二つは非常に異なる星座と言えます。 これは、誰にとっても素晴らしいニュースです。 各星座に起きることはさておき、みずがめ座は、穏やかに、また静かに私達を守ってくれるので、いかなる出来事に立ち向かうにも必要な存在です。 有利な存在の最良の部分を利用することで、私達にむやみに影響を与える不利益なものを避けられるようになるでしょう。

次の

エスメラルダ 西宮・芦屋店

エスメラルダ 西宮

バレエ『エスメラルダ』のあらすじ プロローグ 寺院の前にある、幼いイエスを連れたマリア像の前で、赤ちゃんを抱いた女性が行き倒れてしまう。 近くを通ったジプシーたちは、その女性が死んでいると思い、赤ちゃんを連れて行ってしまう。 しかし女性は、赤ちゃんがジプシーたちとともに遠くへと行ってしまってから息を吹き返し、いなくなった我が子を探して半狂乱となる。 第1幕 赤ちゃんがジプシーたちと行ってしまってから16年後、エスメラルダと名付けられた赤ちゃんは美しい女性へと成長を遂げている。 正義感もある彼女は、ノートルダム寺院の広場に迷い込んで殺されそうになっていた詩人・グランゴールを助けた。 その時、エスメラルダを見ていた聖職者のフロロは、エスメラルダの美しさに魅了されてしまう。 もちろん助けられたグランゴールもエスメラルダに夢中。 ノートルダム寺院の鐘つき役であるカジモドは、エスメラルダに優しくされて、エスメラルダを好きになってしまっている。 しかし、エスメラルダは、自分を助けてくれたフェビュスと恋におちていた。 フロロは、当時権力を握っている寺院の聖職者であることを利用し、あの手この手でエスメラルダに迫るが拒否される。 グランゴールもエスメラルダに拒絶され彼女のもとを去るが、フロロはエスメラルダを諦められず、彼女の恋のお相手フェビュスへの憎悪を募らせた。 第2幕 フェビュスと婚約者フルールの婚約の宴が催されている。 フェビュスに婚約者がいたこと、自分がジプシーという身分であることなどを嘆くエスメラルダだが、自分の恋人の婚約の宴の余興に、ジプシーとして招かれてしまう。 エスメラルダは、悲しみをこらえながらグランゴールとともに踊る。 そんなエスメラルダに、婚約しているフェビュスはやはり惹きつけられてしまい、婚約の宴が終わってから、エスメラルダのもとへとやってくる。 愛を確かめ合う2人。 しかし、そこに、嫉妬に狂ったフロロが現れ、フェビュスを刺し殺してしまった。 逃げ出すフロロの後に、フロロを止めようとしていたカジモドも現れるが、エスメラルダは、フェビュスを殺したとして捕まえられてしまった。 第3幕 無実の罪で処刑されようとしているエスメラルダに、フロロは、自分のものになるなら処刑を取りやめてやると告げる。 拒絶するエスメラルダに、フロロは怒り狂い、彼女のもとを去る。 一命をとりとめていたフェビュスも、エスメラルダが自分を殺そうとしたと信じており、エスメラルダのもとを婚約者とともに訪れ、彼女に背を向ける。 なんとか彼女を助けようとするジプシーたちや、カジモドの頑張りも虚しく、処刑の日。 エスメラルダのもとに、彼女を探し続けていた母が辿りつく。 しかし、衰弱しきっていた母は、エスメラルダの現状を知りショックで息絶えてしまう。 辛いことばかりが続き茫然としているエスメラルダは、さしたる抵抗もせずに、処刑されてしまった。 怒り悲しむジプシーたちと、カジモド。 怒りと悲しみに突き動かされたカジモドは、ノートルダム寺院の上からフロロを突落した。 補足 ブルノンヴィル版、プティパ版、ボヤルチコフ版と、様々なパターンのある「エスメラルダ」は、 「ああ無情」を書いたヴィクトル・ユゴーの「ノートルダム・ド・パリ」という小説が原作です。 なるべく原作に近いあらすじをご紹介しましたが、詩人が登場しないものや、フェビュスが婚約を破棄してエスメラルダを選ぶというものもあります。 バレエ『エスメラルダ』の踊りの特徴 バレエ「エスメラルダ」の踊りの特徴は、もちろん主人公エスメラルダの妖艶でありながらも、どこかに哀しみを漂わせる動きにあります。 ただ妖艶で華やかな美女ではなく、哀しみや悲劇の予兆を漂わせて踊ることができるかどうかは、エスメラルダを踊るダンサーの腕の見せ所ですね。 バレエ『エスメラルダ』の特徴がわかる動画.

次の