チョグク 韓国。 韓国国民の怒りの矛先、日本よりもチョ・グク疑惑へ 文在寅政権揺るがす「最側近」から浮かび上がる疑惑の数々(1/3)

【速報】韓国のチョ・グク法相が電撃辞任!辞任声明文を全文公開 就任1カ月余りでなぜ辞任したのか?

チョグク 韓国

連日、韓国メディアのトップを飾るチョ・グク法務部長官人事をめぐる騒動。 その傍らで、強制捜査を繰り返す検察への視線が厳しくなっている。 今回の騒動の「目玉」をまとめた。 理由は、チョ候補の娘が2013年に同大から表彰状を貰う過程における不正の有無を確かめるためだ。 表彰状には総長の印が押してあるが、総長は「決裁した覚えはない」と発言し、にわかに文書偽造疑惑となっている。 これを情氏が主導した疑いだ。 「そんな疑惑で」と思うかもしれないが、この表彰状が娘の釜山大学医学専門大学院入学に一役買ったとされており、娘の大学不正入学が「正義を主張する平素からの所信と異なる」と批判されるチョ候補にとって、痛い部分を付くものである。 また、文書偽造は犯罪でもある。 情氏には他にも、親類が管理し、国策事業に投資することで利益をあげた私設ファンドへの不正投資疑惑も持たれている。 こうした一連の疑惑を解明するため、検察は情氏のパソコンのハードディスクや文書を押収していった。 こうした検察の行動は、前日のチョ候補の記者懇談会での「弁明」をまったく顧みないものと言ってよい、事実解明に向けた直線的なものと位置づけられる。 捜査はソウル中央地検の特別捜査2部が受け持った。 いわゆる特捜部、検察における最精鋭である。 この捜査は異例だった。 各部長官や公正取引委員長など高位公職者に対し、国会が適性検査をおこなう「人事聴聞会」制度が2000年に導入されて以降、同会が開かれる前に検察が強制捜査に乗り出したことは無かったからだ。 だが当時、検察は捜査に消極的な姿勢を見せていた。 文在寅大統領がチョ氏を法務部長官に指名した8月9日以降、数々の疑惑が噴出し野党や政権に批判的な関連団体などがチョ候補を告訴・告発する動きが相次いだ。 これに対しチョ候補側も関連するウェブサイトを閉鎖するなど対応を急いだが、検察は動かなかった。 そんな状況が続く中、保守メディアを中心に検察を批判する声が挙がった。 例えば韓国の日刊紙『韓国経済』は8月23日付けの記事「チョ・グクの疑惑を明かす『スモーキングガン(確証)』が無くなるというのに…捜査に二の足を踏む検察」で、急ぎ捜査する必要性があるという法曹界の声を紹介していた。 尹錫悦(ユン・ソギョル)検察総長。 検察庁HPより引用。 当時のこうした批判はさらに、7月25日に就任したばかりの尹錫悦(ユン・ソギョル)検察総長へと向かった。 尹総長はチョ候補とならぶ文政権の「顔」の一人だ。 保守政権の李明博・朴槿恵政権時代(08年3月~17年3月)に権力の顔色をうかがう「政治検察」であることをよしとせず不遇をかこったものの、「人に忠誠を誓わない」と言い放ちあくまで法と組織を重視する姿勢を崩さず注目された人物だ。 その後、朴大統領による国政ろう断疑惑の捜査に抜擢され、文政権の誕生(17年5月)と共にソウル中央地検長の要職に就いた。 さらに7月に検察のトップとなった。 確かに文大統領は任命の際、「聖域の無い捜査」を尹総長に注文していた。 とはいえ、尹総長が文大統領の肝入り人事であるチョ候補の周辺に対し、数回かけて50箇所以上にわたる場所への強制捜査を行っている事は、韓国社会でも異様な状況として映っている。 文大統領はまだ任期を半分以上残した「生きた権力」であるからなおさらだ。 なお、今日5日までチョ候補本人への捜査は行われていない。 何度も検察に関する批判を公にしている。 『月刊朝鮮』の8月29日付けの記事によると、同党の李海チャン(イ・ヘチャン)代表は捜査開始翌日にあたる8月28日の党の会合で「候補者(チョ氏)が自ら辞退するよう望む圧力と考える」、「法務部や青瓦台(大統領府)もまったく知らず、メディアだけに知らせて電撃的に31箇所を強制捜査するのは『巨大な作戦を行った』と評しても過言ではない」と否定的に語ったという。 さらに「これまであったものが、メディアによる(チョ氏疑惑の)過剰報道・フェイクニュースだとしたら、これから出てくるニュースは最も悪い検察の『積弊』といえる被疑事実の流出だ」とし、「(流出させた)当事者を必ず暴き出し、その機関の責任者までも厳重に責任を問わなければならない」と述べたという。 同紙はこれを「尹検察総長を狙ったもの」と解釈していた。 与党・共に民主党の李海チャン(イ・ヘチャン)代表。 写真は同党HPより。 同党は9月4日にも「検察は違法と妥協するな」という書面を検察に向けて発表、その中で野党・自由韓国党の議員と結託し、チョ氏の娘の個人情報を流出させた検察内部の人物を捜査するよう求めた。 また、青瓦台も検察の動きに反応した。 8月30日に姜ギ正(カン・ギジョン)政務主席秘書官は会見の質疑応答の中で、「捜査過程で被疑事実を流出させる場合、これは犯罪だ。 検察が流出させたのか、または取材する記者がある目的と意図をもって記事を作成したのかは分からないが、尹総長ならば必ず捜査をするべきだと考える。 尹錫悦だからこそ、そう思う」と意味深長な発言をした。 このひと言はさっそく韓国メディアに取り上げられ「青瓦台が検察に捜査ガイドラインを提示しているのではないか」(中央日報)と批判を浴びた。 こうした言葉を理解するためには、韓国の検察が持つ強大な力を知る必要がある。 韓国の検察は捜査権や捜査指揮権、さらに令状請求権や起訴権などを独占しており、世界でも類を見ない存在と評される。 そして渦中のチョ・グク候補こそが、この検察を改革する切り込み隊長の役割を自任していた。 捜査開始前日の8月26日にも韓国でいわゆる「検警捜査権の調整」と称される改革を表明していた。 「検察共和国の復活だ」と掲げる週刊誌『時事IN』の記事。 検察の動きを見極めるためチョ・グク特集を一週間遅らせることを発表した。 同紙記事をキャプチャ。 これは、検察が独占している捜査権や捜査終了権、起訴権を警察と分け合うものであるが、検察が一貫してこれに不満を示してきたことで、世間の疑念を呼んでいる。 つまり、検察を指揮する法務部の長官に検察改革を掲げるチョ候補が任命される場合、検察の力が弱まることが自明であるため、これを恐れた検察側が「組織防衛」のために強制捜査を連発し、チョ候補の落馬を力づくで狙っているという見方だ。 このような検察の動きをどう見るか。 韓国の司法に詳しいある法科大学院教授は5日、匿名を条件に筆者との電話インタビューで以下のように答えた。 人事聴聞会前の強制捜査は前代未聞で、異例の状況であることは確かだ。 検察はまた、こうした事件の場合に刑事部で捜査するのが普通だが、今回は特捜部で捜査している。 特捜部とは「認知捜査」すなわち、捜査対象をみずから決めて捜査する機関だ。 当然、尹検察総長の裁可が必要になるため、ここに検察の目的を読む人もいる。 検察クーデターと言う人もいる。 検察の捜査も異例のスピードだ。 知人の検察官も驚いているほどだ。 いくら「聖域のない捜査」としても、大統領が注文した範囲に収まっているのかは疑問だ。 しかし、検察クーデターというのは行き過ぎた表現だ。 検察内部の反発は否定できない事実だ。 自身の権力を分け与えたくないのは当然だろう。 そうだ。 上命下達の組織としてのまとまりも強い。 チョ氏が日頃から抱いていた問題意識もこの部分にある。 民主主義社会において、国民が投票して権力を委任した訳ではない上に任期も定められていない検察が、なぜ強大な捜査権力を行使するのかという点だ。 これこそが改革の基調といえる。 捜査結果の発表を待つ他にない。 結果を見て検察の立場を解釈することになるだろう。 特にチョ候補の支持者たちは「機密を流出させる尹総長を処罰せよ」と青瓦台に請願を寄せ、ここに約5万人の署名が集まっている。 また、やはり莫大な資産を持つ尹総長の「疑惑」を独自に追及する動きも一部に見られるほどだ。 こうした尹総長そして検察への反発の底には、2009年に自死した盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領の存在がある。 強大な検察をいかに改革するのかは、長く韓国社会における「未完の課題」となってきた。 生涯を韓国の民主化に捧げた故金大中(キム・デジュン)大統領の「検察が正しく立ってこそ国が正しく立つ」という言葉は象徴的だ。 盧武鉉元大統領(左)と金大中元大統領。 2003年2月、盧大統領の就任式。 写真は大統領記録館より引用。 一方、改革を望まない検察側の一部とチョ氏任命に反対する野党側には、目に見えない連携があるだろう。 明日6日の聴聞会でどんな「爆弾」が飛び出すのかで検察の本音の一端が見えるはずだ。 だが真実は常に一つである。 いずれにせよ、保守・進歩両陣営の権力をめぐる争いに加え、入試制度の不平等、さらに「積弊の本丸」とされる検察問題まで、チョ候補の任命をめぐる騒動は韓国社会のあらゆる問題をあぶり出している。 (了).

次の

韓国経済、【次期大統領候補】チョグク、日本人の文献を盗作

チョグク 韓国

姓名の表記方法 [ ] の記載方法としてを使うでは、とをで区切りながらカタカナで「 チョ・グク」と表記する方法 の他に、を用いた複数の表記方法も見られる。 「チョ・グク」という姓名は、ので「 曺國」と表記される。 だが、「曺」と「國」の字がいずれもの正字体()では無い ため、に各マスメディアが配信した記事では下記の3種類の表記が用いられていた。 二文字とも日本の正字体に置き換えて「 曹国」と表記する方法。 名前は日本の正字体に置き換えるが、は朝鮮の正字体を流用し「 曺国」と表記する方法。 名前は日本の正字体に置き換えるが、姓氏はカタカナに置き換えて「 チョ国」と表記する方法。 日本における「チョ・グク」の漢字表記は確立されておらず、同一組織、同一記事の中で異なる表記が使われた場合もある。 例えば、は10月配信の記事で「曺国」と表記していたが 、12月配信の記事では主に「曹国」と表記する一方、記事内で「曺国」の表記も使っていた。 なお、を使うでは漢字の表記方法が各々の正字体で統一されており、では「 曹國」 、では「 曹国」 と表記されている。 経歴 [ ] に釜山直轄市(現、)で生まれた。 は、2月に、2月に同大学の法学科を卒業し、8月に同大学院の課程を修了。 その後、海外博士課程のに選ばれた為()のへし、5月に、12月にのを取得した。 職歴は、(3月~10月)、蔚山大学校(3月~4月)、助教授(2000年3月~12月)、ソウル大学校助教授(2001年12月~3月)、及びソウル大学校(2004年4月~3月)を経て、2009年4月からソウル大学校(法科大学)(専攻分野:)を務めている。 大学で教員職を務める傍ら、、が設けた各種諮問委員会の委員や司法監視センターの責任者を務め、教授就任後も人権委員(12月~12月)と量刑委員(2009年4月~2011年4月)を歴任している。 また、がに就任すると、民情首席秘書官(5月~7月) 、及びの長官(9月 ~10月 )も務めた。 なお、韓国では教育公務員法の規定によって、教授がに任用された場合在任期間中の休職と任用期間終了後の復職が認められている。 そのため、教授就任後の曺国は何度か休職と復職を繰り返していた。 曺国事態 [ ] 曺国はにから次期候補に指名されたが 、その直後からの疑惑が次々に浮上した為 、長官就任を巡って全国規模の大きな論争を引き起こした。 この論争と疑惑追及の動きを韓国では (チョ・グクじたい、: 조국 사태)と称している。 疑惑の提起後、8月23日夜にはとソウル大学校で真相究明を訴えるが開かれ 、同時期に実施された世論調査では長官就任反対が6割に達した。 これを受け、法務部長官としての的確性を審査するの聴聞会はの反発もあって数日間の延期を余儀なくされた。 事態が深刻化する中、曺国は9月2日に緊急記者会見を開き、11時間にも及ぶ会見の中で改めて疑惑を否定した。 そして、9月6日には国会の聴聞会に休憩を挟んで14時間かけて臨んだが、同日夜には曹の妻で ()教授のが私文書偽造容疑でされるなど 厳しい状況に追い込まれた。 その後、曺国は9月9日に文在寅から法務部長官へ任命されたが 、曺国擁護と改革を主張する進歩派と曺国の長官辞任を要求する保守派がそれぞれ大規模を頻発に開いて対立陣営の分裂が非常に深刻化したため 、10月14日に法務部長官を即日辞任すると発表した。 崩壊の原因となったでは、の娘の不正入学疑惑を批判していたことから、野党からは韓国の学歴社会を批判したドラマ「」の現実版、それを揶揄した「チョ・グクキャッスル」、「チョロナンブル(조로남불)」(自分がすればロマンス、他人がすれば不倫というを批判する韓国語「내로남불」 のもじり)と批判された 、また自身は剥いても剥いても疑惑が出てくることから「江南左派(강남좌파)」のもじりで「江南タマネギ(강남양파)」、「タマネギ男(양파남)」 と揶揄されるに至った。 また疑惑が広がっていた時期に韓国政府が(GSOMIA)の破棄を決定したのは、文在寅大統領が自らの後継と考えている曹の疑惑から国民の目をそらすためではないかという推測までなされた。 長官辞任後、曺国の妻で在宅起訴中のチョン・ギョンシムがされ 、曺本人も在宅起訴された。 両者はいずれも嫌疑内容を否定し、法廷闘争を行っている。 曺の長官辞任を受け韓国社会は一応の落ち着きを見せたが、一部の支持者はそれ以降も曺国を支持した。 に結成した小政党・は記者会見で「曺国守護」と明言し、での議席獲得に挑戦した。 疑惑 [ ] 曺国事態の際に追及された疑惑は、次の通りである。 親族をめぐる疑惑 [ ] 娘の不正入学疑惑 娘の入学にあたって時代の2週間のだけで研究論文の筆頭著者に挙げられそれを利用して不正入学したとされる疑惑。 娘の不正進学疑惑 娘の大学院進学にあたって、妻により偽造された東洋大学校総長の表彰状が利用された疑惑。 このほか別の大学でインターンをしていたとする時期とで医療ボランティアをしていたとする時期が重なっていることも疑惑として指摘されている。 息子の徴兵忌避疑惑 アメリカ生まれの息子が米韓の状態にあり、2019年8月時点でを5度延期していたことから、を試みていたとする疑惑。 私募ファンドの不正投資疑惑 民間投資会社(私募ファンド)に74億の投資約定をしながら実際は10億5000万ウォンしか投資しないことで財産隠しを謀ったのではないかという疑惑。 2019年9月16日には私募ファンドの実質的運営者であるチョ・ボムドンが逮捕された。 熊東学園関連疑惑 弟は2016年から約1年間、曺氏一家が運営していた学校法人「熊東学園」の事務局長を務めていたが、教師を採用する際に出願者2人の親から計2億1000万ウォンのを受け取り、試験問題などを渡した疑惑がある。 また、弟は熊東学園から虚偽の工事を根拠に工事代金の債券を確保し、同学校法人を相手取って自ら訴訟を起こし、100億ウォン以上の債務逃れを行った疑惑もある。 著作権違反疑惑 [ ] には、曹が大学教授になるのに決定的な役割を果たしたソウル大法学修士論文において、実は複数の学者の先行論文をそのまま出典もつけずに韓国語訳されてる部分が33ヶ所もあり、それが論文の30%も占めることが発覚した。 曹がに書いた「ソビエト社会主義法・刑法理論の形成と展開に関する研究」は明らかに、、、、を始めとする日本人らの論文などをただ韓国語訳してコピーした後、脚注などの出典や引用のための引用符使用、さらには自分の言葉で言い換えるパラフレージングも全く行わず、そのまま剽窃していたことが確認された。 単独で書いたことになっていたが、共著者レベルの剽窃を受けた日本人らから著作権違反での提訴も可能だと指摘されている。 は、反日を扇動していた曹が日本に依存していた実態に驚愕したと伝えている。 年齢詐称疑惑 [ ] 2019年9月韓国元野党議員の弁護士がで、曹国は(自らが主張している1965年ではなく)1963年生まれと、「1963年4月6日」生れと記された軍隊所属時代の名簿(写真)を証拠として告発した。 これが事実であれば「ソウル大学に16歳で飛び級入学した」という逸話も(1963年生まれならば入学は18歳で普通であるため)虚偽であった事になる。 発言 [ ] 反日を招いた数々の主張がもともと日本の系の知識人、いわゆる韓国批判北朝鮮支持だった日本の左派たちによって1960年代から始められたの考案した冠のひも戦術によるものだと指摘し、「歴史問題に関する嘘や無知、誤解に基づく韓国の『反日』は、未発達な精神文化の表れであり、これを克服しなければ韓国社会の発展はない」「この国は嘘つきの天国です。 偽証罪と誣告罪が日本の数百倍」などの主張を著したの『反日種族主義』について、曹は「反民族的」と批判した。 理論や根拠に基づかない批判だとして、李栄薫たち著者は、2019年8月20日、ソウル地検に曹国をの疑いで告訴した。 韓国の保守勢力支持者から「江南左派」()だと批判されている。 だが、本人は「江南左派」であることを自認しながら進歩的な政策を主張することで大衆から一定の支持を集め、2019年8月に疑惑を追及されるまで「江南左派」に対する否定的イメージを逆に変えることに成功していた。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 「曺」の字は、では専らで用いられ「曹」と別個の正字体として扱われるが、では「曹」のとして扱われる。 また、「國」の字はかつて日朝双方で正字体だったが、導入後の日本では「国」のという扱いに変わった。 「 내가 하면 로맨스 남이 하면 불륜」の略語。 出典 [ ]• 共同通信. 2019年10月14日. 2019年10月14日閲覧。 FNN. jpプライムオンライン. 2019年8月29日閲覧。 world. kbs. KBS WORLD Radio 2019年12月31日. 2020年6月13日閲覧。 文春オンライン. 2019年9月26日閲覧。 2019年9月9日. 2019年9月9日閲覧。 2019年10月16日. 2020年3月30日閲覧。 2019年10月14日. 2020年6月21日閲覧。 2019年10月24日. 2020年6月21日閲覧。 NAVER人物検索. 2019年9月3日閲覧。 、2019年8月9日• news. chosun. com 2019年8月23日. 2019年8月24日閲覧。 2019年8月24日• 2019年8月26日. 2019年9月3日閲覧。 NHK. NHKNEWSWEB 2019年9月4日. 2019年9月8日閲覧。 2019年9月3日. 2019年9月4日閲覧。 時事ドットコム. 2019年9月7日. 2019年9月9日閲覧。 産経新聞. 2019年9月9日. 2019年9月9日閲覧。 2019年9月28日. 2020年3月31日閲覧。 2019年10月4日. 2020年3月31日閲覧。 연합뉴스 2019年8月20日. 2019年8月26日閲覧。 日本経済新聞、2019年9月2日• 2019年8月28日. 2019年9月3日閲覧。 「」『NHK NEWS WEB』()、2019年8月29日。 2019年8月30日閲覧。 の2019年8月29日時点におけるアーカイブ。 「」『NHK NEWS WEB』()、2019年8月29日。 2019年8月30日閲覧。 の2019年8月29日時点におけるアーカイブ。 2019年10月24日. 2020年3月31日閲覧。 2020年1月18日. 2020年3月31日閲覧。 한겨레 2020年3月23日. japan. hani. 2020年6月13日閲覧。 産経新聞. 2019年9月17日閲覧。 world. kbs. kr 2019年11月1日. 2020年6月13日閲覧。 world. kbs. kr 2019年9月6日. 2020年6月13日閲覧。 한겨레 2019年10月1日. japan. hani. 2020年6月13日閲覧。 news. naver. com. 2019年9月5日閲覧。 『叢談 カードの世紀 第171回 曺国 チョグク 法相と文在寅 ムンジェイン 大統領の経歴から学ぶ韓国と日本 : キャッシュレス化と「政治」「思想」「主義」との関係』, 櫻井 澄夫, 「月刊消費者信用」 37 11 , pp. 52-57, 2019-11, 金融財政事情研究会• Newsweek日本版 2019年8月23日. 2019年8月29日閲覧。 統一日報. 2019年8月29日閲覧。 한겨레. japan. hani. 2019年8月29日閲覧。 ニフティニュース. 2019年8月29日閲覧。 archive. is 2019年8月19日. 2019年8月28日閲覧。 統一日報. 2019年8月28日閲覧。 統一日報. 2019年8月28日閲覧。 중앙일보 2019年8月23日. 2019年8月28日閲覧。 関連項目 [ ]• - 釜山広域市市長(2018年-)。 チョ国の娘の奨学金受給の便宜を図ったとして、2019年8月、市長室に家宅捜査が入った。 公職 先代: () 2019年9月-10月 次代: () (職務代行) 先代: () () 2017-2019 次代: ().

次の

【韓国チョ・グク辞任発表】文在寅政権崩壊が始まった! 元・韓国陸軍中将緊急インタビュー

チョグク 韓国

韓国チョ・グク法相が電撃辞任! 韓国の世論を二分していた疑惑の法相が突然の辞任。 一体何があったのか? チョ・グク法相: 国民の皆さんに申し訳なく、そして感謝します。 私はひとりの市民に戻ります。 午後3時過ぎ、法務庁舎を後にしたのは、電撃辞任を発表したチョ・グク法相だ。 チョ・グク氏は声明文で「国民の皆様、これ以上私の家族のことで大統領と政府に負担をかけてはいけないと判断しました」と、辞任の理由を明かした。 一方で、文大統領の側近中の側近として検察改革の旗振り役を期待され、チョ法相をめぐる韓国世論はまさに真っ二つとなってきた。 チョ・グク法相: 私は 検察改革の踏み台になります。 14日の午前中には悲願の検察改革について記者会見を行った。 辞任声明を発表したのはそのわずか3時間後のことだった。 「私は検察改革のための たきつけに過ぎません。 たきつけの役割はここまでです。 もう私は一人の市民に戻ります」 チョ法相の辞任をめぐる韓国世論は真っ二つ 就任からわずか1か月ほどでのスピード辞任に、韓国の人々からは、「家族が全部あんな疑惑に関わっているのに、法相なんてありえない」(男性)「(チョ法相のこと)好きだったんですけど、何から何まで期待外れ」(女性)との厳しい声があがった。 一方で、「法相に最もふさわしい人だったと思いますが、結局はすべて個人の人生ですからで残念ですが仕方がありません」(男性)との声もあった。 支持率が過去最低を記録している文大統領は側近の辞任に… 文在寅大統領: 今回私たちの社会は大きい苦しみを経験しました。 その事実自体だけでも大統領として国民に非常に申し訳ない気持ちです」 文大統領が吹き荒れる逆風の中で任命を強行し、かばい続けてきた中での法相電撃辞任。 今後の政権運営への影響が次の焦点となる。 Live News i! 10月14日放送分より.

次の