ヒトマワリ システム。 採用から戦力化まで一元管理できるクラウド型人事管理システム「ヒトマワリ」を提供「株式会社グローバンス」へのインタビュー記事

ヒトマワリ

ヒトマワリ システム

HR Tech市場普及元年、人事データで経営革新を クラウド型戦略人事システム「ヒトマワリ」を提供する株式会社グローバンス(本社:東京都 代表取締役:坂出 雷太)が、2019年7月に日本マーケティングリサーチ機構が行なったインターネット調査で、人事管理システム3部門においてNo. 1を獲得いたしました。 人材情報を一元化、可視化、分析し、人事戦略や経営に係る意思決定をシームレスに支援します。 採用から人材データベースまで、あらゆる管理機能を備え、組織における煩雑な人事情報を収集・蓄積していくことができます。 また、同調査で人事部門は実際に「戦略人事」として機能している(「当てはまる」、「どちらかというと当てはまる」)と回答しているのは28. 4%にとどまっています。 グローバンスは戦略人事の機能化にサービスビジョンの重きを置き、各企業様に「ヒトマワリ」を通じて人事部門のリソース不足や組織としての位置づけの課題を解決していただくこと、社内ネットワーク化された人事データによって経営革新を実現させていくことを目指しています。 人材データベース機能 従業員情報を一元管理、常に最新の情報に更新します。 [画像3: ] 2. 採用管理機能 応募から入社までの選考状況を一目で把握できます。 [画像4: ] 3. BI機能 正社員比率や部門・役職ごとの平均給与等、組織の横断的な分析も可能です。 [画像5: ] 人口減少による人材の確保や企業の労働環境を見直す動きや働き方を取り巻く環境が多きく変化している中、「人材・組織」が、一層の企業成長において重要視されています。 HR Tech市場普及元年と呼ばれる2019年を起点とし、「ヒトマワリ」の更なる機能追加、拡張を今後加速度的に進め、人事戦略の実現、個人の働き方の可能性と未来を創り上げてまいります。

次の

クラウド型戦略人事システム『ヒトマワリ』にタレントマネジメント機能を追加

ヒトマワリ システム

もっと楽に人事データを 管理したい 複数ファイルの更新作業がなくなります! 人事台帳のマスターデータがなく情報更新に苦労したり、各データが最新の状態に更新されないことからムダな作業を生んでいませんか?人材情報のマスターデータの役割を果たすシステムがあれば、細かい個人情報の更新・反映を簡単に行えます。 権限を付与して社員自身に情報更新を行わせることもシステムによっては可能です。 人事評価をラクに 管理したい 一連の評価業務をクラウドで管理できます。 人事評価は多くの時間と労力がかかり評価者に多大な負担がかかります。 タレントマネジメントシステムを利用すれば従業員の評価書もクラウド上に管理でき、複数の評価者が同じ情報をもとに同じ基準で評価する仕組みになるため、負担の軽減と被評価者の納得感を同時に実現することができるというメリットがあります。 採用の情報や進捗を 管理したい 応募から内定まで一目でわかる進捗管理 費用をかけて面接希望者を集めても、希望者を管理する人事の手が回らず、採用活動が後手に回ってしまうのはよくあること。 タレントマネジメントシステムには募集の段階から細かく採用管理を行える製品もあり、内定につながっていない求人を精査する、ということもできます。 自社特有のデータ項目を 追加したい カスタマイズが簡単な人事情報を。 会社によっては独自の人材育成法や人的資源管理の方法を採用しているところもあります。 製品によっては、管理するデータの項目を自由に設定できます。 「自社に合わせた運用ができる」という点は、タレントマネジメントシステムを導入する際の重要な検討項目の一つです。 人材のスキルを 管理したい スキルが見える人事台帳を作りましょう! 適正な人員配置のために従業員のスキルを把握しておくことは重要です。 適材適所に人を配置することが組織の円滑な運営には欠かせません。 多くのタレントマネジメントシステムで、人材データベースとともにスキルや資格を一元管理できます。 適性検査を合わせて 実施・管理したい 適性検査が実施できる製品もあります。 社員の適性やストレス度も人員配置を検討する上では欠かせない要素です。 タレントマネジメントシステムによっては適性検査や試験の結果が管理できるだけでなく、導入によって適性検査そのものを実施できる製品があります。 通常一人当たり数千円かかる適性検査が無償で提供されているシステムであれば、年間数十万円のコスト削減にもつながるかもしれません。 人事以外の管理職なども 使えるデータにしたい 権限設定で社員全員が使える人事台帳に。 人事データは高度な個人情報であるため取扱いは慎重に行う必要があります。 戦略人事を推進するためには、経営層や管理職にも部分的に情報を見せたいところです。 組織マスター管理機能で特定者に権限付与する設定を行えば人事以外の管理職でもデータの閲覧が可能になります。 残業しすぎている部署を 特定したい 毎日の勤怠も一括で管理が可能です。 製品によっては、勤怠管理に紐づけて部署やチームごとの労働時間を分析することができます。 働きすぎとなる場合はアラートが出るタレントマネジメントシステムもあります。 働きすぎを抑制することで、従業員の適切な健康管理と、残業代などの人件費の削減を両方実現することができます。 適材適所に役立てたい 組織シミュレーションで戦略的な配置を。 能力があっても適所に配置しないと力を発揮できない場合があります。 その逆のパターンももちろんあります。 人材データベースを元に、マウスだけの簡単な操作で人員配置のシミュレーション、予想売上分析を行えるタレントマネジメントシステムがあります。 定着率を向上させたい 分析で人員推移を見える化できます。 タレントマネジメントシステムが持つ定着率向上につながる機能はさまざまで、離職率の高い組織構造などを分析し資料化できるものや、社内サーベイや毎日報告を上げさせるようなシステムで従業員のモチベーションを管理するものなどで、定着率の向上の具体的な施策にアプローチできます。 過去のデータを活かして 分析したい 時系列毎に人事情報を管理できます。 過去の評価データなどの人事情報を蓄積することは、将来の経営戦略に大きな影響を及ぼします。 製品によっては過去データも一元管理できるため、人事情報の沿革や勤怠の推移を追うことが可能です。

次の

戦略人事を実現させる『ヒトマワリ』が、人事管理システムにおけるリサーチ3部門でNo.1を獲得!(日本マーケティングリサーチ機構調べ)|株式会社グローバンスのプレスリリース

ヒトマワリ システム

HR Tech市場普及元年、人事データで経営革新を クラウド型戦略人事システム「ヒトマワリ」を提供する株式会社グローバンス(本社:東京都 代表取締役:坂出 雷太)が、2019年7月に日本マーケティングリサーチ機構が行なったインターネット調査で、人事管理システム3部門においてNo. 1を獲得いたしました。 人材情報を一元化、可視化、分析し、人事戦略や経営に係る意思決定をシームレスに支援します。 採用から人材データベースまで、あらゆる管理機能を備え、組織における煩雑な人事情報を収集・蓄積していくことができます。 また、同調査で人事部門は実際に「戦略人事」として機能している(「当てはまる」、「どちらかというと当てはまる」)と回答しているのは28. 4%にとどまっています。 グローバンスは戦略人事の機能化にサービスビジョンの重きを置き、各企業様に「ヒトマワリ」を通じて人事部門のリソース不足や組織としての位置づけの課題を解決していただくこと、社内ネットワーク化された人事データによって経営革新を実現させていくことを目指しています。 人材データベース機能 従業員情報を一元管理、常に最新の情報に更新します。 [画像3: ] 2. 採用管理機能 応募から入社までの選考状況を一目で把握できます。 [画像4: ] 3. BI機能 正社員比率や部門・役職ごとの平均給与等、組織の横断的な分析も可能です。 [画像5: ] 人口減少による人材の確保や企業の労働環境を見直す動きや働き方を取り巻く環境が多きく変化している中、「人材・組織」が、一層の企業成長において重要視されています。 HR Tech市場普及元年と呼ばれる2019年を起点とし、「ヒトマワリ」の更なる機能追加、拡張を今後加速度的に進め、人事戦略の実現、個人の働き方の可能性と未来を創り上げてまいります。 , San Francisco, CA, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet', 'TechRepublic', 'GameSpot' and 'CNET News. com' are the copyright properties of CBS Interactive, Inc. or its suppliers. Copyright c CBS Interactive, Inc. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' 'GameSpot' and 'CNET News. com' are trademarks of CBS Interactive, Inc.

次の