シャトー ムートン ロス チャイルド。 ロス チャイルド ワイン

annualreport2015.candafoundation.org ROTHSCHILD

シャトー ムートン ロス チャイルド

ワインファンの間ではあまりにも有名なこの言葉は、1973年の格上げを機に掲げられました。 シャトー・ムートン・ロートシルトは世界で最も偉大なシャトーの1つであり、パイオニア的存在です。 ロートシールトというのは 語読み、 語ではロッチルド、 英語ではロスチャイルドです。 なお、普及版の良質ワイン、ムートンカデも 家の商品で、ちなみにカデは末っ子の意味です。  は現在世界中でプレミアムワインの生産をしています。 カリフォルニアで を、チリでアルマヴィーヴァを生産していて、意外なところでは南仏のリムーでバロナルクというワイナリーを運営しています 実際はパートナーシップでの経営)。 ワイナリー全体の売り上げは年間で3億5千万ドル以上にのぼりますが、知名度を含む実際の企業価値はそれを大きく上回るでしょう。 2019年正月のテレビ番組で、ミュージシャンのYOSHIKIさんが ンドで し、ムートンロートシルトを「這い上がってきたワイン」と評しました。 視聴者の中には の1級ワインという最高のステータスを持つワインに、「這い上がる」という泥臭い言葉に違和感を持つ人は多かったかもしれません。 しかし、実際にはムートンは の の際に1級を確実視されながら、2級 という痛恨の経験をします。 そこから粘り強く品質の向上を続け、1973年に1級格付けをもぎ取るのですが、保守主義の権化の ワイン界にあっては、どのような努力があったかは想像を絶します。 表に出せる光の努力もあればその何倍もの影の努力があったでしょうし、ひょっとしたら闇の努力もあったかもしれません。 そのように検討すると、「這い上がってきたワイン」は、まさに核心を突いた表現でしょう。 Contents• シャトームートンロートシルト 1853年の畑買収 ロンドン生まれのナサニエル・ロスチャイルドは1853年、ジロンド県 地区 村のブドウ園、シャトー・ブラーヌ・ムートンを買い取りました。 これが現在のムートンロートシルトです。 すでにムートンのワインはボルドーの仲卸業者の間では品質を認められていて、 や と同程度の価格で取引されていました。 1853年といえば1855年の の格付けが行われる2年前ですが、このタイミングで売りに出すとは、前の所有者は何らかの事情があったのかもしれません。 そしてこのときに自身の名前を冠し、シャトームートンロートシルトと名称を変更するのです。 なお、このナサニエルの父、ネイサンの金融界での辣腕は、歴史に残る血腥いトレードにより名をとどろかせています。 ナポレオンのワーテルローの敗戦をいち早くキャッチすると、イギリスのコンソル公債をなげうって暴落させるのです。 市場参加者は暴落したニュースに飛びつき、これはきっとナポレオンの勝利の結果だと推測し、そして売りが売りを呼びます。 市場がパニックとなりコンソル債が暴落すると、そこで今度は大量に買い込みます。 そしてナポレオンの敗戦が伝わると今度は逆に暴騰して、そこで一気に売り抜け巨万の富を得るのです。 まさかの2級格付け 、ボルドーワインの格付けが行われます。 格付けは現在ほど精密なものではなく、 間の流通価格や評判などをもとに決められた閉塞感があり、批判も強かったようです。 しかし格付けをされる側は心中穏やかではありません。 今後いつ格付けが見直されるともわからないのですから。 そして発表の日は近づきます。 ムートンはほかの1級ワインと同程度の価格で流通していたのでナサニエルは当然1級を予想していました。 しかし発表の結果、ムートンは2級に格付けされます。 (この理由は様々ありますが、有力な説は新規参入するロートシルト家の国籍や前述の強引な金融取引への反発があったといわれています。 煎じ詰めればやっかみでしょう。 ナサニエルはブドウの栽培法などを見直し、シャトーの格上げを夢見て奮闘しました。 1973年の昇級 118年後、曾孫のフィリップ・ド・ロッチルドの卓越した手腕により、シャトー・ムートン・ロートシルトは1973年、第1級に昇格を果たします。 失われた118年間、シャトーはなんとか体を保ちますが、実態は惨憺たる有様で、複数の従業員による横領さえありました。 しかしオーナーとなったフィリップは彼らを罰することはせず、逆に彼らの意見に耳を傾け、信頼関係を作っていくのです。 また、それまでの慣行を破って、醸造したワインを熟成、瓶詰めまでを手掛ける、元詰め方式を採用(それまでは瓶詰めは特定の が行っていました)。 ブルゴーニュの と同様の品質管理の徹底をはかります。 これは不正を根絶し、独自のワインを確立するのが容易になるというメリットがありますが、ブルゴーニュの とは規模が違い畑が広大ですので簡単なことではありません。 メドック1級を狙った品質をコントロールすることが、どれほどのことかは想像を絶する努力があったのでしょう。 これはつまり、それまで瓶詰めを依頼していたネゴシアンとの決別を意味します。 1924年ころはボルドーは不遇の時代で、各シャトーともネゴシアンとのもたれあいの長期契約がなければ成り立たないところも多く、当初はシャトー元詰めは受け入れてもらえなかったのです。 おそらく様々な嫌がらせもあったでしょうし、業界内の圧力もあったことでしょう。 ある種の業界内の革命的な呼びかけが確立したころの1級昇格ですから、勝利の美酒もまた格別だったでしょう。 アートラベルの考案 第二次世界大戦後、フィリップは斬新なアイディアを思いつきます。 画家の絵を にデザインしたのです。 これにより、ピカソやシャガールなどの絵がムートンのエチケットを彩ってきました。 毎年変わる、エチケットに魅せられたコレクターが現在も数多くいます。 これらの功績が認められてシャトー・ムートン・ロートシルトは第1級に格上げされたのです。

次の

シャトー・ムートン・ロートシルト(Chateau mouton rothschild)の概要と銘柄

シャトー ムートン ロス チャイルド

みなさんの一族はどんな一族であろうか。 いきなりよくわからない問いを発してしまったが、これはどういうことかというと、例えば親子代々医者をやっている「医者一族」だとか、親せき含めて政治家だらけの「政治家一族」だとか、父はレスリングオリンピック出場、長女はレスリング世界王者、長男は総合格闘家、次女はダルビッシュの嫁といった「レスリング一族」などなど、それぞれ一族には色があると思う。 そんな中、これでもかと言わんばかりの色を出しまくっている一族がいる。 それが ロスチャイルド家 である。 彼らは、圧倒的な財力で世界中の様々な業界を牛耳り、意のままに操っているとかいないとか言われている一族なのだ。 そんなロスチャイルド家についていろいろと興味深いデータがあるので、以下調べてみた。 スポンサーリンク 目次• ロスチャイルド家とは? ロスチャイルド家とは、ヨーロッパを中心に繁栄した 財閥・貴族である。 また、ロシアの皇族である ロマノフ家や、アメリカの財閥である モルガン家や、金融業界の財閥である ゴールドシュミット・ファミリーなどなど、一般人では到底お目にかかることができないような著名人と親交があり、その道で多大な影響をもたらしていた一族なのだ。 そんなロスチャイルド家は、 マイアー・ロートシルトによってその輝かしい歴史をスタートさせた。 今から 200 年以上も前の 18 世紀後半のことである。 元々商人として事業を展開していたが、徐々に金融業をはじめ、ドイツ中西部に位置するヘッセン州を治めていた皇族ヴィルヘルムを相手に事業を展開し徐々に力をつけていった。 また、マイアーには 5 人の息子がおり、彼らがそれぞれヨーロッパ各地で事業を開始した。 html そもそも、息子が 5 人もいて(この時代はこれくらい子だくさんなのは普通なのか・・・?)、それぞれがヨーロッパの主要都市にばらばらになり、それぞれが商才を発揮して活躍なんて、 漫画みたいな話である。 そんなロスチャイルドボーイズの中でもひと際力をつけたのが、ロンドンに渡った 3 男のネイサンである。 wikipedia. なぜすぐにそんな役職に就けたのかは、彼の持つ才能なのか、はたまたパパのコネなのか。 はっきりとした理由はわからないが、 まあいいではないか。 とにかくあっという間に金融王になったネイサンは、その後ヨーロッパ各国にお金を貸し付けるようになった。 1815 年に起きたイギリスとフランスの戦争において、イギリスが勝てばイギリスの公債が高騰し、フランスが勝てば暴落と言われた中で、金融業界の人間たちは、 みなネイサンの動向に注目していた。 なにせネイサンに対する信頼は抜群であり、皆ネイサンの出方によって自分もどうするのか決めようとしていたのだ。 ちなみにネイサンはイギリスが勝つことを確信していたが、 ここであえて公債を売りに出した。 それを見た投資家たちは、こりゃまずいぞと一気に売りに出したため、その段階で公債は大暴落。 そしてネイサンは頃合いを見計らって、再度公債を買い戻し、結果イギリスが勝利したため、 莫大な利益を得ることとなった。 当時の額で 300 万ドルもあった財産が、一気に 2500 倍の 75 億ドルにまで膨れ上がったのだ。 このネイサン大爆勝事変により、イギリス金融界の長者たちは一気に失速し、ネイサンはさらに金融界の実権をにぎるようになった。 さらにロスチャイルド家のすごいところは、 世界のだいたいのモノはロスチャイルド家のものだというところだ。 いわゆる、 ジャイアンの法則が完全になりたっているのだ。 食品業界で言うと、 コカ・コーラ、 ネスレなどなど。 他にも、自動車の フォードや ディズニーなんかもそうだ。 また、 イングランド銀行や アメリカ連邦準備銀行など世界の中央銀行もその支配下にある。 これはつまり、 世界の紙幣を増やすも減らすもロスチャイルド様の言う通りの状態なのだ。 つまり、世界の名だたる企業を経営し、また世界の銀行をも自由に操ることができる。 そんな存在と言っても過言ではないということなのだ。 スポンサーリンク ロスチャイルド家の総資産は?世界一のお金持ち? とにかくすごいスケールの財閥だということはよくわかったのだが、じゃあ問題はどのくらいお金をもっているのかということである。 調べてみると、様々な額が書かれているため、はっきりとしたことはわからないが、どうも 1 京円ほどの資産を持っているとか。 億だとか兆とかではない。 もはやこれがどれくらいのもんなのか、 まったくもってイメージができやしない。 ちなみにほかにお金持ちをイメージしたとき、よくあげられるのが 「ビル・ゲイツ」とかであろう。 そんな彼の総資産が 約 5 兆円であるから、その 200 倍。 「ロスチャイルド家 = 200 ビル・ゲイツ」なのである。 ちなみに、日本ハムファイターズに所属し、巨万の富を得ている 杉谷拳士選手の年俸が、確か 2000 万・・・いや、 2200 万? 2250 万だったか・・・ まあ、細かいことはどうでもいいので約 2000 万とすると、その 10 億倍。 つまり、 「ロスチャイルド家 = 10 億杉谷拳士」 なのである。 これはすごくわかりやすい。 ようやく、ロスチャイルド家のすごさを実感することができた。 スポンサーリンク ロスチャイルド家と日本の天皇家がつながっている? そんなロスチャイルド家だが、あまりに規模がでかすぎるのもあって、我々が住む日本にはあまり関係のないことなのではないかと思ってしまう。 が、それは違う。 あくまでネット上にではあるが、ロスチャイルド家と日本、ひいては 天皇家とのつながりについて多くの推論があげられている。 まずは、紋章について。 以下はロスチャイルド家の紋章である。 wordpress. blog. fc2. 両側に一角獣と獅子がおり、それぞれが盾を抱える構図になっている。 確かによく似ている・・・。 が、天皇家の紋章は平安時代から続くものであり、ロスチャイルド家の紋章は 18 世紀ごろから続くものなので、天皇家がロスチャイルド家の紋章を真似たという説はまずない。 逆は・・・もしかしたらあるのかもしれない。 次に、日銀の株について。 実は日銀の株式のうち約 40 %は個人が所有している。 そのうちの半分は、天皇家が所有しているのではという説があり、また同様にロスチャイルド家も所有しているのではないかとも言われている。 この説が正しければ、日本紙幣の発行に関して、天皇家とロスチャイルド家が仲良く牛耳っているということになりかねないのだ。 ま、あくまでこれも推測の範疇にすぎないのだが。 とまあ、ほんとに様々ではあるが両家についての考察は様々なものがあり、正直 オカルトのようなものまであるのだ。 このように邪推めいたものまであるわけなので、素直にすべての話を信じてほしくはない。 なので、この言葉だけは言いたくはなかったのだが 信じるか信じないかは あなたしだいです。 ヨーロッパの銀行家とあり5人の方の何方の奥様のことかは分かりませんが。 何故こんなことを書くかと申しますと、私は学ぶことが好きで関心を持ったことについて知りたい性格だからです。 今、mannerが悪くなっているように思います。 そして今日は皇后様のお誕生日でした。 皇后様の立ち居振舞いは私にとりましてとても魅力的でもあります。 私は女性としてgraciaスペイン語ですがモットーに生きています。 他人様から男性から上品な方と言われましたときは嬉しく更に磨きをかけたいと思う様になりました。 更に、ヒラリー元国務長官、皇后様の事を、今までおおくの方とお会いしましたが一番素晴らしいお方でしたとコメントされています。 お話を元に戻しますと、ユダヤ人ではありますが超お金持ちのお嫁さんに一般人が選ばれたそうです。

次の

1997年 シャトー・ムートン・ロートシルト 6041162 【プラチナワイン・通販】

シャトー ムートン ロス チャイルド

都市伝説 関暁夫から皆さんへ 舞【四の音】秘密の共有 四の音 (チャンネル1) 「とんでもねぇぞ、本当に。 本格的にこれからね、もう 目に見えて分かってくるって。 だけど、 心の準備さえできていればね、いろんなものに対応できる」 2020年に入り、 世界が動いていることは誰でも感じているかと思います。 都市伝説において・・・ですが、このパンデミックの裏で様々なことが動いていて、この 騒動後は昨年までの世界とは異なると言われています。 今までは都市伝説と言われてきたことが、現実になってきているように、個人的には感じています。 都市伝説と言われていましたが、そっちが現実だったのでは、、現実が仮想世界だったのではと思えたりします。 どんなことが起こっても 動揺せずに対応していきたいですね。 (チャンネル8 Mr. 都市伝説 関暁夫のTHEインタビュー~ご訪問ミッションの話~) 「あのね、ま、せっかくですからね、私の人生の中でね、もう1つ面白いなと思うのはね、 これも古い話ですけども、これは昭和46年秋の話ですね、1971年ですかね、 昭和天皇皇后両陛下が初めてヨーロッパにご訪問なさる件があったんですよ。 」 「えー当時はね、政府専用機というのがありませんで、こういうVIPのフライトというのは全部日本航空が請け持っておったんですね。 でー当社ではその両陛下がお乗りになる飛行機ですから、当時の最新鋭機のね、DC-8スーパー62というのが国際線の主流でした。 で、こういう飛行機用意したわけです。 で、あのー、VIPフライトにも段階がありまして、天皇陛下とか大統領はVIP No. 1なんですよ。 で、総理大臣はVIP No. 2、こういうランクがあるんですよ。 だから当社としても、整備点検、念には念を入れてですね、 最新鋭機を2機用意したわけ、 なぜ2機用意するかというと、まず天皇がお飛びになりますよね。 途中で万一これが故障して不具合となった場合、近くの飛行場に降りてですね、次の飛行機に乗り換えていただいて目的地に行っていただく、そういうシステムになってたわけです。 天皇皇后両陛下の最新鋭機を2機用意するんですが、陛下のお乗りになる飛行機というのは、 まず 座席には菊のご紋章をつけなければいけない。 でね、それからトイレにしてもですね、 陛下がお使いになるトイレと、お付きの者のトイレは当然別です。 陛下は現人神様ですからね、えー、かつ、 飛行機の中に浴室を作らなければいけない、お疲れになられるから。 こういう 点検作業、付加作業がいるわけです。 ところが出発の間際になって、宮内庁から連絡が入りまして、えー、「今後の両陛下の飛行機にはこれこれしかじかの機番にしてくれ」要請が入ったわけです。 で、え?我々は最新鋭の飛行機を用意しているのにね、なぜ宮内庁はこんなことを言うんだろう?と。 訝ったんですけれども、その、向こうから言われた飛行機を改めてお召機に仕立て直したわけです、大変なまたトイレとか菊のご紋章とか付け替えてね、やってったわけ。 しかもその飛行機というのは、かたや今用意したのはスーパー62という一番乗り心地の良い、新しい、車で行ったら新車ですね。 なのに対して 宮内庁が要請してきたのはね、オンボロ飛行機なんですよ。 同じDC-8で言ってももう 16、7年使ったね、30シリーズだったんです。 その飛行機を宮内庁が要請してきたわけです。 でね、塗装も剥げてたわけです。 だからね、何でね、困ったなと思うけども直々の要請だから断るわけにもいかないというわけで仕立て上げてね、無事にご訪問のミッションをJALは終えたわけですね。 終えますとね、 宮内庁では「ご苦労であった」と宮中晩餐会が催されるわけです。 当社からはね、その時の担当役員が招かれたっちゅうんですよ。 「私共は最新鋭機のね、快適な飛行機をご用意しておったのに」 「 なぜ宮内庁は出発間際になって あんな古い飛行機を要請なさったんですか?」って聞いてみたって言うんですよ。 好奇心の強い人だから。 宮内庁、答えて曰く・・・」 ***(テキスト表示) 1971年 昭和天皇皇后両陛下が 初めてヨーロッパにご訪問なさる件があった 当時は政府専用機というのがありませんで こういうVIPのフライトというのは 全部日本航空が請け持っておった 当時の 最新鋭機の DC-8スーパー62というのが国際線の主流でした VIPフライトにも段階がありまして 天皇陛下とか大統領はVIP No. 1なんです 整備点検 念には念を入れて 最新鋭機を2機用意した なぜ2機用意するかというと 途中で万一これが故障した場合 近くの飛行場で乗り換えていただく そういうシステムになってた 陛下のお乗りになる飛行機というのは 座席には菊のご紋章をつけなければ 陛下がお使いになるトイレと お付きの者のトイレは当然別です 陛下は現人神様ですから 飛行機の中に浴室を作らなければいけない ところが出発の間際になって 宮内庁から連絡が入りまして 「今後の両陛下の飛行機には これこれしかじかの機番にしてくれ」 「我々は最新鋭の飛行機を用意しているのに なぜ宮内庁はこんなことを言うんだろう?」 訝ったんですけれども 向こうから言われた飛行機を 改めてお召機に仕立て直した しかもその飛行機というのは スーパー62という一番乗り心地の良い 車で行ったら新車です なのに対して 宮内庁が要請してきたのは オンボロ飛行機なんですよ 同じDC-8で言っても 16、7年使った30シリーズだった その飛行機を 宮内庁が要請してきたわけです 塗装も剥げてたわけです 無事にご訪問のミッションをJALは終えたわけです 終えますと宮内庁では 「ご苦労であった」と 宮中晩餐会が催される 当社からは その時の担当役員が招かれた 「私共は最新鋭機の快適な飛行機を用意しておったのに」 「なぜ宮内庁は出発間際になって あんな古い飛行機を要請なさったんですか?」 聞いてみたって言うんです 宮内庁、答えて曰く *** 座席に菊の紋章とは驚きですね。 こういうマークっていろいろ意味を持っていますね。 日本は国旗があり、紋章、家紋があり、そして、日本語いおいても、ひらがな、カタカナ、漢字と種類が多い分、細かなメッセージが隠れやすいように思います。 ところで、このヨーロッパ訪問の際に天皇はオランダを訪れていますが、江戸時代から良好な外交の歴史を持っていた両国でしたが、 第二次世界大戦時にイギリスに亡命していたオランダ政府が、日本に対し宣戦布告しました。 当時オランダが植民地としていた インドネシアに日本が進攻・占領し、 関係は悪化したのです。 それ以来オランダの反日感情は根強く、この動画で言っている1971年に昭和天皇がオランダを訪れたときには、 市民が卵を投げつけるなどの騒動が勃発したそうです。 (チャンネル1 突撃!隣のセキルバーグカフェ) 「ゆっくりいろいろしゃべってみる?」(はい、ぜひ) 「こっち座る?なんか飲む?せっかくだったら飲む?飲もう。 でも何だろうね、ゆっくりする会・・・」 「ここの配信ってすげーとくに、あの、何て言うかな、監視されてっからな。 監視対象のところだから、尚更書き込むのも、自由に考察する部分ならいいけど、単語だけは間違えないでねな。 それは俺のせいじゃないよ。 自分の常日頃からだよ。 そうでしょ?」 「 怖いとかそういうのは無知が故に起きることなの。 ちゃんとそこに知識が入れば、怖さから克服ができるわけ。 だけど今の人たちって、大概自分の経験値超えたことをポンって言われたらさ、もう怖いわって簡単に言うじゃん。 ね、違う違う、そこにちゃんと知識を入れてごらん、と。 」 「何もわかってないのにさ、いきなり関さんのとこに来てさ、何ですかって言われたって、こっちだって何ですかってなるじゃん。 でも関さんと会ったときにさ、 秘密のパスワードっていうのがあるわけだよ。 な、だけど、その秘密のパスワードっていうものをちゃんと理解してる人のみじゃないとわかんないわけ。 だからこの、考察してくれてる人たちとかさ、ハンドサインだとかさ、そういうこと言うでしょ、だけどそれって、ネットの中に書かれてる情報のハンドサインを羅列したって意味ないんだぞ、わかる? 本当に世の中で活動してくれてる人たち、ね、また、その伝える人たち、わかってる人に向けてのメッセージを、打つ人たちってのは全く違うぞ。 あなたたちが思ってるハンドサインっていうのは。 そういうのも、なんかこう、教えたいよねーと思うけど、直接教えるとさっきも言ったけど監視対象なんだって。 な、この配信自体がもう。 だから言えないけど、ヒントね、ヒントだよ、行くよ。 一匹目の魚です。 いいね。 2匹目の魚です。 3匹目の魚です。 さてこれは?わかったかな? いいね。 わかんねーかな、じゃ、もう1個行くぞ。 暗号とされるものとか解読するためにはちゃんと考えるんだよ。 行くよ。 一の音ね。 二の音ね。 三の音ね。 さてこれは?これでわかるかな。 でも、わかるかな」(はい、わかったと思います) 「てことは、今ね、1匹目の魚、2匹目の魚って言ってるけどね、で、今ので、ある数字が出たと思うの。 でもこの数字って、意味すげーあるからな。 だから今回の配信見ててもわかると思うけど・・・」 「それでたぶん数字の解釈っていうか、数字のキーワードの出しかたっていうのはわかったかな。 ってことは、じゃ、これから次にどういう風に展開されますかっていう、こんなんはっきり言ってな、 何か月後に来るもんだけどね、結局ここで 何月何日ってのがわかるわけでしょ。 それじゃ、もう1回だけいくぞ。 さてこれは?わかったかな?もう1回行くよ。 さてこれは?もうわかるよな。 で、もう1回だけ行くぞ、あ、これじゃないので行こう。 さてこれは? 最初の「1匹目の魚です・・・」のこれは?の 答えは「2」ですね。 次の「一の音ね・・・」のこれは?の 答えも「2」ですね。 この数字は意味があると言っていますが 「22」のことを言っているかと思います。 でも「22」は出てきましたね。 関さんが、どのような意味のことを言っているのか、現時点ではわかりませんが、人物もあるでしょうけれど、22年 2022年 というのは入っているのではないかなと個人的には思っています。 「さてこれは?・・・」からは 「521」が出てきますね。 その直前に「何月何日っていうのが・・」と言っていることから、「521」は 「5月21日」を表しているのではないかと思われます。 5月21日に、何か起こることが予定されているのでしょうか。 ちなみに 今年の5月21日は「キリストの昇天祭」です。 昇天祭または昇天日 Ascension Day はキリスト教の祝祭日の一つである。 「キリストの昇天」を記念し祝う。 キリストの昇天の祝日は キリスト教の典礼暦の中でもっとも大きな祝いの一つであり、教派を超えて広範に祝われている。 日本語表記は教派によって異なるが、「主の昇天」や「昇天祭」などと呼ばれる。 Wikipediaより このことを言っているのかはわかりません。 今後も 「5月21日」に注目していきたいと思います。 (チャンネル8 Mr. 都市伝説 関暁夫のTHEインタビュー~ご訪問ミッションの話~) 宮内庁答えて曰く、そのー、皇室にはね、 気学、空気の気に学問と書く気学でね、こうやったと、そうしたところ、その、 古い飛行機がこれが吉と出たと、こういうことだったらしいんですよ。 で、この担当重役はね、そんなことがあるんだろうかと思ってね、えー、本社に帰って、当時JALは76機くらい飛行機持ってたらしいんですよ。 76機の飛行機を全部ね、点検した、どういう点検かと言いますと、飛行機は製造された時からその時点までに何月何日にこういうトラブルがあった、故障があった、インシデントがあった、全部その、ログブックに書いてあるわけですね。 それを調べさせたと、ところがなんとね、その 宮内庁が要請してきた飛行機が最も故障率が少なかったとゆうことがわかってですね」(気学通りだったと?) 「 気学通りだったっていう、でね、我々はね、飛行機っていうのはもう、すべてサイエンス、 科学通りにやるわけですよ、ね、ところが皇室にはですね、相変わらずね、安倍晴明じゃないけども 陰陽学みたいなのでやってらっしゃると。 現在の世の中でもですよ、そしてそれが見事に当たってると。 信じるか信じないかそれはあなた次第です。 (あははは、ありがとうございます) ***(テキスト表示) 宮内庁答えて曰く 気学でね こうやったと そうしたところ 古い飛行機がこれが吉と出たと こういうことだったらしいんですよ この担当重役はね 「そんなことがあるんだろうか」と思って 当時JALは 76機くらい飛行機持ってた 76機の飛行機を全部点検した どういう点検かと言いますと 飛行機は製造された時から その時点までに 何月何日にこういうトラブルがあった 故障があった インシデントがあった 全部ログブックに書いてあるわけですね それを調べさせたと ところがなんと 宮内庁が要請してきた飛行機が 最も故障率が少なかった 関)気学通りだったと? 気学通りだった サイエンス 科学通りにやるわけですよ ところが皇室には相変わらず 安倍晴明じゃないけど 陰陽学みたいなのでやってらっしゃると 現在の世の中でもですよ そしてそれが見事に当たってる 信じるか信じないかそれはあなた次第です *** 皇室にも様々な謎や都市伝説がありますね。 見えないものを利用するというのは不思議に思えますが、昔では当たり前でしたし、今後は今よりは普通の生活に浸透していくというか、戻ってくるのではないかと感じます。 (チャンネル1 突撃!隣のセキルバーグカフェ) 「改めて言うけど、、、、、、 いい?、、これを検索すんだよ。 で、多くは記載していませんが、繋がるように点はおいていますので、わかる人にわかっていただければ幸いです) これを調べるのは、なかなかえぐいのです。 (ごめんなさい、あげるのは控えます。 だけでもわかるかと思います。 ) しかし、ありがたいことに、現在世間を騒がせているあの件については、もちろん気を付けなければいけないけど、必要以上に怖がらないで大丈夫だなと思えるようになりました。 現在、政府の対応が後手後手というか、国民と温度差があるように感じるのも、部隊の指揮官が誰なのか、そして今の日本の政治があって、、と考えると繋がってきますね。 この騒動の後、どういう世の中にしようとしているのか、この騒動の中、潤っている企業はどこなのか・・・ そういえば、これ見よがしに映っているこちらのワインは「ムートン・カデ」という ロスチャイルド家のワインです。 ムートン・カデは、 シャトー・ムートン・ロスチャイルドの精神を受け継ぐ、 シャトー・ムートン・ロス チャイルド直系のブランドワインです。 その始まりは1930年、ブドウが不作となりシャトー・ムートン・ロスチャイルドを瓶詰めできなかった ことから、そのブドウを使ったワイン、ムートン・カデが誕生しました。 この判断を下したのは、シャトー・ムートン・ロスチャイルドに 様々な革新をもたらした フィリップ・ ド・ロスチャイルド男爵。 彼が一族の 末っ子(カデ)であったことと、ムートン直系のワインという意味 を込めて、『ムートン・カデ』と名付けられました。 ムートン・カデは、リーズナブルな価格ながら非常にクオリティが高い、ボルドーワインの気品とスムーズな飲みやすさを兼ね添えたシリーズで、一貫して高いクオリティと時代に合った美味しさを追求。 新約聖書では、抽象的なイメージでサタン(悪魔)のことを、山羊の頭をした者、と表していることから、イラストにしているのかもしれません。 一の音から良いテンポで四の音まで公開されてきました。

次の