ブレイン テスト 133。 Oracle 1z1

ブレイン四方山話(10)

ブレイン テスト 133

もうすぐ夏休みですが、学生の皆さんにはスポーツや勉強の力をつける絶好のチャンス。 その夏休みを前に東京で「ブレイン・セラピー体験会」が開催されます。 心身ともに理想的で最高の状態にする脳波を導く「ブレイン・セラピー」は、 スポーツも勉強も頑張りたい学生の皆さんの心強い味方です。 今日は「雅代メソッド」をうまく活用して、スポーツで活躍しながら学業も両立している、 当ブログでもお馴染みのさとみワトソンさん(シアトル在住)の息子、 ダニエル君(15歳)の体験談をお届けします。 集中力・記憶力がアップし、成績が上がりました! 先日、スポーツの試合後でとても疲れていたのですが、 翌日にテストと宿題の締め切りがあったので勉強しなければならず、 母の勧めでブレイン・セラピーの器械を試しました。 使いながら気持ちが良くて30分ほど寝てしまいましたが、 起きた後は頭がすっきりとして、集中力がアップした感じがしました。 そして、長時間の勉強がはかどりました。 そのお陰で、翌日テストで良い成績を取ることができ、 宿題も高いポイントをもらえました! 学校では、毎日たくさん宿題が出るので、スポーツとの両立が大変な時もありますが、 ブレイン・セラピーをすると疲れが取れて宿題に集中できるので、助かっています。 左写真:生後5ヵ月から開始した栄養補強をはじめ、「元気必須ミネラル」、 「パッチ」、「エゴスキュー」などの「雅代メソッド」を日々実践して、 すくすくと健康・元気に成長しているダニエル君とお母さんのさとみさん。 右写真:心身を理想の状態にする脳波に導く「ブレイン・セラピー」用の器械 「ブレインパワートレーナー」。 息子の体験談をシェアさせていただきありがとうございます。 毎日、数時間にも及ぶ練習(春シーズンはラクロス、夏からはフットボールです)で帰宅すると、さすがにクタクタになっていた息子ですが、学校はとにかく宿題が多いのです。 ブレインセラピーは学生の皆さんにもおすすめです!• 「越山雅代」関連サイトリンク• カテゴリー一覧• 813• 134• 2,251• 170• 117• 426• 116• 230• 199• 505• 308• 204• 133• 329• 136• 292• 168• 907• 313• 329• 300• 362• 291• 277• 1,588• 519• 155• 834• 324• 173• 333• 254• 974• 332• 377• 292• 884• 232• 378• 306• 433•

次の

ブレイン四方山話(10)

ブレイン テスト 133

この節にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2018年8月) ブレイン・マシン・インターフェース BMI は脳波などの脳活動を利用して機械を操作したり、カメラ映像などを脳への直接刺激によって感覚器を介さずに入力することを可能にする。 信号源および操作対象である"脳"と"機械"を繋ぐ存在、脳波を読み取る脳波センサーや脳波を解析するプログラムなどを総称してBMIと呼ぶ。 脳信号の読み取りでは、脳のに流れる微弱な電流から出る脳波や脳活動による血流量変化など、脳の活動に伴う信号を検知・解析する事によって人の思念を読み取る。 これを機械への入力・命令へ変換することによって脳 思考 と機器を直結することができる。 例えば、"テレビのチャンネルを1chに変えたい"という脳波をBMIが読み取り、この脳波を検知したBMIはテレビを1chへ切り替えるスイッチへ信号を送ることにより、願うだけでテレビチャンネルを変更することが可能になる。 脳への刺激では、センサーなどによる情報を元に脳を直接刺激することによって機械からの情報を脳へダイレクトに伝えることができる。 例えば"飛行機から撮影した空撮映像"をBMIに対して入力し、BMIがこれを適切な脳刺激の形に変換、後頭葉の視覚野に対して磁気刺激することによって、家にいながら空撮映像が"脳裏に浮かぶ"ことが可能になる。 情報の流れが一方通行の片方向インターフェースと、相互疎通が可能な双方向インターフェースが想定されているが、現在実現しつつあるのは一方通行の片方向インターフェース技術のみである。 片方向インターフェースでは一方通行の情報伝達を行い、脳から命令をが受ける電気信号に変換するか、コンピュータからの電気信号を脳波に変換する。 等で想定されている双方向インターフェースでは、と外部機器との間で情報を交換・共有するため、人または動物と機械が一体化することになるが、現実には動物実験・人体実験とも移植は成功していない。 ここでいう脳とは心や精神ではなく、物質として存在する有機生命の神経系 もしくは神経系のモデル そのものを指す。 実際にBMIをはじめとするマンマシンインターフェースの研究が始まったのは1970年代頃で、実際に人体に外部機器が移植されたのは1990年代中頃になってからである。 21世紀に入り、機能としては不十分ながらやを補助する人工感覚機器や、モーターによって動作する・といったBMI機器の人間への移植事例が既に存在する。 また、これまでの実験を通して分かったことは、BMIを移植した際の脳の適応性が大きい点である。 近年の技術や知識の進展で、BMI技術は人間の機能拡大をもたらすと考えられている。 最も極端な例では、にのような手法で機械に脳機能を移植する事が可能になるとする予測もある。 方式 [ ] この技術が現実味を帯びてきたのは1990年代以降、などといった、生きたまま脳の活動を観測する技術ができた頃である。 BMIは頭蓋骨の開頭を伴う侵襲式と、頭蓋骨の開頭を伴わない非侵襲式の2種類に大別される。 またこの2種類を組み合わせることでより実用的かつ高度的な活動が可能になる。 侵襲と非侵襲 [ ] 電極等を直接脳に接触させるか否かという分類について。 侵襲式 [ ] 代表的な侵襲式BMIは• 細胞外記録 SUA, MUA, LFP• 皮質脳波 ECoG が挙げられる。 ECoGは下など比較的安全な場所に電極を設置する方法(部分的侵襲式)であり、細胞外記録は脳に直接電極を埋め込む方法である。 また、脳の一本一本に血液を供給している毛細血管に100nmほどの極細ワイヤを通し、脳内のニューロン全てにアクセスするという研究も行われている。 侵襲式は精度の高い読み取りが可能だが、手術による感染症・脳の損傷といったリスク、電極の経年劣化といった問題点がある。 非侵襲式 [ ] 代表的な非侵襲式BMIは• が挙げられる。 非侵襲式では脳を損傷するリスクが少ないこと、人での研究が比較的容易であることから研究が進んできたが、EEGに関しては頭蓋骨などの影響でが変化してしまい(体積伝導)、侵襲式と比較して空間分解能が劣るなどの問題点がある。 これら技術により()とが融合してとよばれる新たな分野が誕生した。 解析と利用 [ ] 特徴抽出 [ ] 脳波を何らかの目的に利用するために、生データから特徴的な成分を抽出することがある。 脳波の特徴抽出には様々な方法がある。 time frequency distributions TFD• eigenvector methods EM• auto regressive method ARM? 特徴抽出によって得られた特徴ベクトルを用いて、脳波と作用対象 例えば脳波と義手の方向 を結びつける。 その方法としては• 明示的な特徴抽出をせずにend-to-endに学習させる、のような手法も存在する。 実例 [ ] 玩具 2003年 スウェーデンの ()社が ()を発売。 2009年10月 アメリカ合衆国のベンチャー企業社が脳波の強弱を測定できる「 ()」を発売。 これに対応する玩具が発売されている。 同様の脳波測定機器が数社から発売されている。 参考: () 介護・福祉 や事故などで、の損傷による部分・全身麻痺となった人がコンピュータ画面上でのの使用、文字入力、・・などを自由自在に操作することが実現されているなど、脳以外の器官をと捉えることでの医療も出現してきた。 応用例としてやの治療にもとして実用化されている。 しかしうつ病の場合、患者の性格を変えてしまう危険性もあるので法律面や倫理面で議論されている。 失明した患者がカメラと脳を接続することで、かなり不鮮明ながら外界を捉えることもできる。 日本では国の科学研究戦略推進プログラムの後押しでから附属病院となどのグループが共同で臨床研究をスタートさせる。 軍事 にも拡散している。 この技術を応用して戦闘サイボーグといった兵士を造り上げることや、脳でやといった()をする構想もある。 いずれも戦闘による人的損害を減らすことに目的がある。 また、軍事に限らず人的損害を減らす目的で、処理など人間では危険な作業や高圧・真空といった過酷な環境への利用も期待されている。 スポーツ スポーツの分野では、いわゆる「精神状態」を脳波として自覚したり、心拍など制御できるようにする目的で、という手法が使われている。 ニューロコミュニケーター が多すぎます。 関連の深い項目だけに絞ってください。 必要ならばとして独立させることも検討してください。 ( 2018年8月)• ()、• 医学・工学• SF・アニメ等• ナーヴギア、アミュスフィア、メデュキュボイド()• (攻殻機動隊)• (ガンダムシリーズ・宇宙世紀作品)• ダイレクト ニューラル インターフェイス コールオブ デューティー ブラックオプス3• 阿頼耶識システム()• (フロントミッション)• イメコン()• (機動戦艦ナデシコ)• ニューロリンカー、ブレイン・インプラント・チップ()• (、) 外部リンク [ ]• YouTube - の (英語)• - の脳情報通信総合研究所.

次の

ブレインブック : みえる脳 (南江堂): 2012|書誌詳細|国立国会図書館サーチ

ブレイン テスト 133

ブレインブック :みえる脳• 唯一無二の組織 (内山安男) 6• 脳の研究 (内山安男) 8• 脳神経科学における画期的な出来事 (内山安男) 10• 脳のスキャニング (内山安男) 12• 脳を通る旅 (内山安男) 14• 脳と身体 (内山安男) 36• 脳の機能 38• 神経系 40• 脳と神経系 42• 脳の大きさ,エネルギー消費,防御 44• 進化 48• 脳の解剖学 (内山安男) 50• 脳の構造 52• 脳の領域と区分け 56• 神経核 58• 視床,視床下部,下垂体 60• 脳幹と小脳 62• 辺縁系 64• 大脳皮質 66• 脳の細胞 68• 神経インパルス 72• 感覚 (内山安男) 74• 私たちはどのように世界を感じるか 76• 眼 78• 視覚皮質(視覚野) 80• 視覚経路 82• 視覚的な認知 84• 見ること 86• 耳 88• 音を感知する 90• 音を聴くこと 92• 嗅覚 94• においの認知 96• 味 98• 触覚 100• 第六番目の感覚 102• 痛みの信号 104• 痛みの体験 106• 運動とその制御 (柚﨑通介) 108• 調節 110• 神経内分泌系 112• 運動の計画 114• 「動かす」ということ 116• 無意識の動き 118• ミラーニューロン 120• 情動と感情 (柚﨑通介) 122• 感情的な脳 124• 意識される情重 126• 欲求と報酬 128• 社会脳 (柚﨑通介) 130• セックス,愛,生存 132• 表情 134• 自己と他者 136• 倫理と脳 138• 言語とコミュニケーション (柚﨑通介) 140• 身振りとボディ・ランゲージ 142• 言語の起源 144• 言語領域 146• 会話 148• 読み書き 150• 記憶 (柚﨑通介) 152• 記憶の原理 154• 記憶の網 156• 記憶形成 158• 想起と認識 160• 記憶の異常 162• 思考 (柚﨑通介) 164• 知性 166• 創造性とユーモア 168• 信仰と妄信 170• 錯覚 172• 意識 (柚﨑通介) 174• 意識とは 176• 意識の位置決め 178• 注意と意識 180• 意識の変容 182• 睡眠と夢 184• 時間 186• 自己と意識 188• 個人個人の脳 (柚﨑通介) 190• 生まれと育ち 192• 脳に影響を与える 194• 人格 196• 奇妙な脳 198• 発達と老化 (柚﨑通介) 200• 発達する脳 202• 老いていく脳 206• 未来の脳 208• 病気と障害 (柚﨑通介) 212• 障害を持った脳 214• 脳の手術 224• 用語解説 242• 索引 249• 謝辞 253• 愛 132• アインシユタイン 199• 悪臭 96• アクソン 68• アグーチ開連ヘフチド 113• 味 98• アスペルガー症候群 137,170,241• アセチルコリン 9,73,117• 圧覚 100• アアトーゼ型脳性麻痺 229• アデノシン 184• アドレナリン 111,129,232• アバター 209• アブミ胃 88-89• アリクリン細胞 79• アリストテレス 8• アルコール依存 44,237• アルツハイマー 9• アルツハイマー病 206-207,215,222-223,228• アンドレアス・ヴェサリウス 8• アンドロステノン 97• 怒り 127,134,142• 意識 76,176,189• 意識の変容 182• 意識障害 230• 意識的経験 178,182• (脳の)萎縮 44• 依存(症) 44,113,128,215,237• 依存性人格障害 237• 痛み 100,104-107• 痛み緩和 105• 痛み経路 106• 痛み中枢 106• 元論 176• 次運動野 115-117,120• 次視覚野 35,60,80,127,178• 次聴覚野 30,89,91,93• 次ニューロン 100• 位置受容器 102• 卵性双生児 166,193• 過性脳虚血発作 220• 遺伝子 166,192-193,196,226,237• 意味記憶 155,158• 色 81,81• イワン・パブロフ 199• 飲酒検査 102• インパルス 72-73• 陰部神経 41• インプラント 10,89• ウィリアムズ症候群 240• ウィリスの動脈輪 45-46• ウェルニッケ 9-10• ウェルニッケ野(ウェルニッケ領域) 30,146-149• 働き 87• 牛海綿状脳症 223• 嘘発見器 208• うつ 127,193,231• 右脳 57,67,76,126,134,144,146-147• うま味 98• 運動障害 58,117• 運動神経 114-115,117,227-228• 運動性失語 60,147• 運動前野 60,115,119-120,167• 運動ニューロン疾患 215,227• 運動野 106,115-117,178,188,228• 絵 85• エウスタキオ管 88• エガス・モニス 9,11• 腋窩神経 40• エッシャー 173• エピソード 124,154-155,158• エビングハウス錯視 173• 演技性人格障害 237• 炎症 104• 縁上回 29-33,66• 延髄 53,56,62,90,104,110• 塩素イオン 72• 塩味 98• 横隔神経 40• 黄体刺激ホルモン 112• オキシトシン 61,112,125,133• 奥行き 80-81,87• 巷風景 87• 驚き 127,134• オヒエート受容体 128• オピオイド受容体 105• オリゴデンドロサイト 68-69• オリーブ核 53,62,90,93• オレキシン 230• 音楽 91• 温冷覚 100• 回 66• 快感 133• 外耳 88,92• 外耳道 88,92• (脳の)階層構造 53• 外側眼窩前頭皮質 95,99• 外側胸筋神経 40• 外側膝状体 60,80• 外側足底神経 41• 外転神経 43• 開頭朮 11,220,224• 海馬 9,11,23-27,52,59,6466,97,124-125,154-160,162,178,185,203• 外胚葉 202• 灰白質 42• 海馬傍回 64-65• 回避性人格障害 237• 開放性外傷 217• 蓋膜 88• 外有毛細胞 88• 外らせん溝 88• 解離 182• 顔 31,81-83,132,134,161,171• 下丘 62,93• 蝸牛 88-89,92• 蝸牛インブラント 89• 蝸牛管 88• 蝸牛軸 88• 蝸牛神経 43,88,90,93• 蝸牛神経経核 90,93• 核 58• 角回 33-35,66• 学習障害 240• 覚醒中枢 184• 角膜 78• 下垂体 48,53,56,60-61,111-113,124,133• 下垂体腫瘍 222• 下垂体門脈系 61• 下前頭回 18-26,66• 仮想現実 107,178• 下側回頭 22-33,66• 下側頭葉 83• 可塑性 38,102,193• 形の認識 87• カタトニー 186• 片麻痺 228• カタレプシー 230• 可聴域 89• 滑車神経 43,62• 葛藤 135,139• 活動電位 72• 滑面小胞体 68• 金縛り 185• カハール 9• カミッロ・ゴルシ 9• カリウムイオン 72• 顯粒細胞 63• カール・ユング 189• ガレノス 8• 原覚神経 102,105,114• 感覚神経根 42• 感覚性失語 147• 感覚野 125,158• 眼窩前頭回 16-21• 眼窩前頭皮質 95,99,126-128,135,138,142,178,233• 眼筋 79• 肝硬変 237• 冠状断 56• 汗腺 100• 肝体細胞 79• 間代発作 218• 甘味 98• 顔面 60• 顔面神経 40,43,99• 顔面神経核 105• 顔面痛 105• 顔面頭蓋 54• 関連痛 105• 記憶 11,38,65,67,97,118,124,152,163• 季節牲気分障害 231• 吃音症 147• 基底核 23,58,125• 基底膜 88• 稀突起膠細胞 68• キヌタ骨 88• 機能的MRI 13• 気晴らし食い症候群 238• 気分 127,167,193,231• 嗅覚 67,94-96• 嗅覚受容細胞 94-96• 嗅覚野 77,99• 嗅球 17,48,77,94,97,99,124• 嗅索 55,95,99• 弓状束 145-146,14g,166• 嗅上皮 95-96• 嗅神経 43,64,95,97• 嗅神経線維 95• 嗅内皮質 28• 嗅皮質 95,158• 橋 25-27,53,56,62,64• 境界性人格障害 237• 橋核 62,115• 共感覚 76• 強直間代発作 218• 強直発作 218• 強迫性障害 215,233,237• 恐怖 95,125,127,134,142• 恐怖症 125,215,Z32,234• 強膜 78-79• 虚偽性障害 235• 虚血性脳梗塞 221• 魚類 48• 筋圏縮 117• 緊張型頭痛 216• 緊張症状 186• 筋痛性脳脊髄炎 217• 筋皮神経 40• 筋紡錘 102• 空間記憶 160• 空胞 68• クモ膜 42,56• クモ膜下腔 42,56,206• クモ膜下出血 221• クモ膜顯粒 45• グラスゴー・コ一マ・スケール 230• グリア細胞 60,63,67,69• グリーブル 81• グルコースの供給 45• グルタミン酸 73• グルタミン酸受容体 236• グレリン 113• クロイツフェルト・ヤコブ病 215,223• 群発頭痛 216• 毛 100• 脛骨神経 41• 痙直型脳性麻痺 229• 頸椎 53,56• 経頭蓋刺激法 135,169• 経鼻的手術 224• ゲシュヴィント領域 146• 欠神発作 218• 楔前部 33,35• 決断 115,167• 楔部 35• 結膜 78• ゲノム 192• 仮病 235• 嫌悪 96,126-127,134• 言語 38,144,147,149-151,239• 言語学習 13• 言語障害 147• 言語野 9-10,13,144,146,149• 幻肢 102,189• 原臭 94• 幻聴 189,236• 溝 66• 行為障害 240• 後角 100,104• 後核 61,111• 虹彩 78• 甲状腺 61,112• 甲状腺刺激ホルモン 61,112• 後上側頭潤 138• 光線療法 231• 後側頭溝 137• 後帯状回皮質 28-32,34,106,138• 後頭回 31-35,66• 後頭葉 33,66,80• 後脳 202• 後鼻腔腔を介するにおい 99• 興奮性シナプス 73• 硬膜 42,45,56• 硬膜下出血 221• 抗利尿ホルモン 112-113• 呼吸の制御 110• 黒質 58,115,226• 黒質ニューロン 226• 心の理論 137• 鼓室階 88• コスト 167• 弧束核 99• 骨間神経 41• 骨相学 910• コティングリー妖精事件 171• ゴードン・モルガン・ホームズ 9• 鼓膜 88-89,92• 固有感覚 100,102• ゴルジ 9• ゴノレコノ細胞 63• ゴノレゾ複合体 68• コルチ器 88,93• コルチゾール 232• コルビニアン・ブロードマン 9,67• 混合脳性麻痺 229• 昏睡 215,230• コンピューター断層撮影 12• (ニューロンの)再生 69• 再分極 72• 細胞膜 68,72• 催眠術 182,214• サヴァン 163,172,241• サウンドスケープ 87• サーカディアンリズム 63• 作業記憶 138,154,155,159• 錯視 81,172-173• 鎖骨上神経 40• 坐骨神経 41• 雑音 91• 錯覚 83,85,172-173,179• 雑食動物 98• 左脳 57,144,146-147• 詐病 235• サブスタンスP 104• 三叉神経 43,53,60,77,105• 三次元視覚 81• 三次ニューロン 101• 酸素的供給 45,47• サンティアゴ・ラモン・イ・カハール 9• 酸味 98• ジェスチャー 142,143• 耳介 88• 耳介軟骨 88• 視覚 78• 視覚経路 82• 視覚ニューロン 76• 視覚認知 85-86• 視覚野 35,60,76-80,118-119,127,150,155,158,161,178,185,211• 視覚連合野 158• 時間 186-187• 磁気共鳴画像法 9,13• 軸索 68-69,72,73• ジークムント・フロイト 9,185,214,234• 自己 102,136,137,178,188-189• 自己愛性人格障害 237• 思考 39• 視交叉 22,77-78,80-81,86• 視交叉上核 61,111,113• 篩骨篩板 95• 視索 78• 視索上核 61• 支持細胞 69,71• 四肢麻痺 228• 視床 26-28,53,56,58,60,62,90,93,99,106,110,115,118,124-126,154,158,178,182,184-185,194,233• 視床下核 53,55,58,115• 歯状核 115• 視床下部 53,55-56,60,61,64,111-113,124-127,133,184-185• 視床下部外側野 111,113• 耳小骨 88,92• 矢状静脈洞 45,54• 矢状断 56• 糸状乳頭 98• 茸状乳頭 98• 視神経 17-18,43,77-80,86• 視神経円板 78-79• 視神経交叉 53,61,78• 姿勢 63,102,116-117• 失顔症 83• 失語症 9,147• 失聴 89• 失調型脳性麻痺 229• 失読症 147,151• 失認 83• シナプス 68-69,73• シナプス間隙 69,73,117• シナプス小胞 73• 自閉症 137,163,170,215,241• 自閉症スペクトラム障害 215,240-241• 視放線 78,80,86• 脂肪組織 100• 視野 78,80-81• 社会意識 136• 尺骨神経 40-41• ジャコーモ・リツォラッティ 9,11• シャルコー 234• 宗教 170• 醜形恐怖症 215,234• 集合的無意識 189• 終糸 40,42• 自由神経終末 100• 周波数 89,91• 樹状突起 68-69• 主体 189• 出血性脳卒中 221• 手話 76• 準備電位 115• 上オリーブ核 90,93• 上顎洞 16• 漿果状動脈洞 221• 松果体 55,112-113• 上丘 53,62,127,180• 上矢状静脈洞 56• 上前頭回 18-29,66• 上側頭回 22-30,66• 上側頭溝 66,135,138,142,167-168• 情動 39,6ア,97,121,124-127,134-139,148,158-159,161,167• 小児期崩壊性障害 241• 小脳 27-35,44,48,52,55-56,62-63,115,117,119,149,154-155,202• 小脳皮質 63,115• 触覚 100• 触覚受容器 100-101• 触覚地図 101• ジヨナサン・スウィフト 199• 鋤鼻領域 97• 進化 48• 人格 196-197• 人格障害 214-215,237• 心気症 215,234• 神経インパルス 72• 神経回路網 41,48• 神経核 41,58• 神経管 202,229• 神経管閉鎖不全 229• 神経筋接合部 117• 神経系 40,42• 神経原線雛変化 207• 神経溝 202• 神経根 42,114• 神経褶 202• 神経障害性疼痛 105• 神経性過食症 238• 神経性食欲不振症 238• 神経節 42,48,100,105• 神経堤 202• 神経伝達物質 73• 神経板 202• 信仰 170• 人工知能 209• 心臓発作 105• 身体化障害 215,234• 身体牲認知 136• 心的外傷後ストレス障害 162,233• 振動 88,92• 振動覚 100• 心拍数の調節 110• 真皮 100• 神腓 41• 深部脳刺激 224,231,235• 水晶体 78• 錐体交叉 116• 錐体細胞 79• 錐体路 26-27• 水頭症 215,224,229• 水平細胞 79• 水平断 56• 髄膜 42,45• 髄膜炎 215,219• 髄膜瘤 229• 睡眠 113,184-185• 睡眠麻痺 185• スウィフト 199• すくみ現象 117• 頭痛 216• スーパーテイスター 98• スベリー 9,11• 正円窓 88• 静止電位 72• 精神障署の診断と続計マニュアル 214• 精神病 168,215• 正中神経 40• 正中断 56• 成長ホルモン 61,112• 性別 132,194• 赤核 115-116• 赤核脊髄路 116• 脊索 202• 脊髄 40,42-43,45,56,100-101,104-105,114,116-117,119,202,227-229• 脊髄神経 42• 脊髄神糸呈節 40,42• 脊髄髄膜瘤 229• 脊椎反射 114,227• 脊髄路 116• 脊椎勒物 48• 舌 17-19,77,98• 舌咽神経 43,77,98-99• 舌下神経 43• 接触 100• 摂食障害 215,238• セロトニン 73,193,231,233-234• 線維束 145• 前角 100,104• 前核 111• 前交連 194• 潜在記憶 155,158• 潜在性二分脊椎 229• 全失語 147• 線繋体 58• 全身麻酔薬 110• 前脊髄溝 42• 前帯状回皮質 20-27,124,126,136-137,168• 前兆 216,218• 前庭階 88• 前庭蝸牛神経 43,88• 前庭核 116• 前庭脊髄路 116• 前頭極皮質 16-17• 前頭骨 54• 穿頭術 8,11• 前頭前野 60,115,128,137,185-186,203• 前頭前野内側部 126,136,188• 前頭前野背外側部 115,126,138,147,178,196• 前頭前野腹外側部 126• 前頭前野腹側部 137• 前頭前野腹内側部 138,170• 前頭頂間野 81• 前頭皮質 95,99,124,136• 前頭葉 10,16,17,6667,83,126,145,154-155,158159,166167,178,180,182,226,236• 前脳 62,202• 全般性不安障害 232• 全般発作 218• 浅腓骨神経 41• 憎悪 126• 想起 65,154,158,160-163• 双極細胞 79• 双極性障害 215,231• 総掌側指神経 41• 草食動物 98• 創造性 168-169,231• 総腓骨神経 41• 相貌失認 83• 側坐核 22,113,128• 側頭極 138• 側頭頭頂葉境界波 178• 側頭葉 21,66-6Z,80,126,145,150,154-155,170-171,178,182,226,236• 側脳室 21-34,45,57• 粗面小胞体 68• 体液 214• 体温低下 111• 体外脱離 171,189• 体格指数 238• 第三脳室 23-27,45,57• 帯状回 64-67• 帯状回皮質 106-107,124,125,137,138,168,188• 帯状溝 65• 対称性 132• 体性感覚野 76,99,101,106,120,158,171,179,188• 対側損傷 217• 大腿神経 40-41• 大脳 48-49,5253,55,202• 大脳基底核 23,115,206,241• 大脳半球 55• 大脳皮質 55,57,66-67,76,101• 大脳辺縁系 111,124-126,128• 大脳葉 66• 大脳葉切除術 11• 第四脳室 45• ダウン症候奮 215,228• 多極ニューロン 69• 脱髄 215,727• 脱分極 72-73• 脱力発作 218• 他人の手症候群 57• 多発梗塞性認知症 222• 多発性硬化症 69,215,227• 短期記憶 154,159• 単極性うつ病 215• 単極ニューロン 69• 単純部分発作 218• 淡蒼球 23,24-25,5354,58,115• 知覚 39,76• 知性 166-167• チック 58,117,235• 注意 107,118,158,177,180-181• 注意欠陥・多動性障害 215,238• 中間質 194• 中間足背皮神経 41• 柱細胞 88• 中耳 88• 中心窩 79• 中心管 42,45• 中心後回 28,34• 中心前回 26-31,66• 中枢神経系 40-41,48• 中前頭回 18-29,66• 中側頭回 21-32,66• 中脳 53,55,57,62,64,117,202,226• 中胚葉 202• 虫部 29-31,63• 聴覚 88-93• 聴覚障害 89• 聴覚の発達 91• 聴覚脳 90• 聴覚野 30,76,89-91,93• 長期記憶 54、158-159• 長期増強 9,156-157,159,193• 腸骨下腹神経 40• 腸骨漸呈神経 40• 聴神経 88• 超皮質性通巨重性失語 147• 超皮質性懸覚性失語 147• 鳥類 49• 陳述記憶 156,158• 対麻痺 228• 痛覚 100,107• 痛覚受容器 105• ツチ骨 88• 提靱帯 88• ディスレクシア 147,151• ディモシー・ブリス 9• デカルト 8,176• 手続き記憶 118-119,155,158• アユシェンヌ・スマイル 135• テリエ・レモ 9• てんかん 10-11,157,171,179,198,215,218,240• 転換性障害 234• 殿筋神経 40• 伝導性失語 147• 伝導速度 72• テンプル・グランディン 241• 島 22-28,67,99,126127,135-137,170• 投影テスト 197• 頭蓋 45,54,56• 動眼神経 43• 瞳孔 78• 統合失調型人格障害 237• 統合失調質人格障害 237• 統合失調症 189,215,236• 橈骨神経 40• 動静脈奇形 221• 同性愛者 194• 逃走反応 125• 頭頂皮質 116,118,203• 頭頂葉 28,34-35,66-67,82,138,166,182,185,188• 糖尿病 207• 頭皮 54,56• 島皮質 106• 頭部外傷 217• 洞房結節 110• トゥレット症候群 58,215,224,235• ド・クレランボル症候群 236• 閉じ込め症候群 63• 登上線維 63• トップダウン処理 77,85• ドーパミン 73,113,125-126,128,132,169,171,186,206,226,236-237• トーマス・ウィリス 8• トラウマ記憶 162,233• トランス状態 182• トリソミー 228• 内耳 60,88-89,92• 内耳(聴)神経 43,88• 内側眼窩前頭皮質 95,99• 内側視索前核 111,194• 内側膝状体 90• 内側前頭回 138,208• 内側足底神経 41• 内側足背皮神経 41• 内胚葉 202• 内分泌系 61,112• 内包 23-25• 内有毛細胞 88• 内らせん溝 88• ナトリウムイオン 72• ナルコレブシー 215,230• 軟膜 42,45,56• におい 94,96• におい分子 94-95,99• 苦味 98• 二元論 175• ニコチン中毒 237• 二次聴覚野 89,91• 二次ニューロン 100-101• 21トリソミー 228• 二分脊椎 229• 乳頭視床路 61• 乳頭体 55,58,64,124,154• ニューロペプチド 113• ニューロン 41,60,65,68-70,72• 認識 81-82,87,160-161• 認知症 222-223• 粘液分泌細胞 95• 脳 41• 脳炎 215,219• 脳幹 27,57,6Z-63,90,110-111,126,202,230• 脳弓 53,55,61,64• 脳弓下器官 113• 脳弓体 26-27• 脳弓柱 64• 脳外科手術 107• 脳死 230• 脳室 45,57,207,229• 脳腫瘍 222,224• 脳神経 43• 脳性麻痺 215,229• 脳脊髄液 44-45,57• 脳卒中 117,221• 脳地図 10• 脳朧瘍 220• 脳波 9,12• 脳梁 22-29,52,56,64-65,124,182,194,198• ノセポ効果 107• ノルアドレナリン 73,128,231• ノンレム睡眠 176,184• 背側経路 82-83,87,118• 背側線条体 58• 背側内側核 61• ハイパーレクシア 151• バイリンガル 147,151• パーキンソニズム 226• パーキンソン病 58,186,215,? 24,226• 白質 42• パチニ小体 100• 爬虫類 48• 発達遅延 239• パニック障害 232• パニック反応 125• パブロフ 199• バリスム 117• 半規管 88• 反射 114,189• 反社会性人格隔害 237• 反社会的行動 139,240• ハンス・ペルガー 9• バンチドランク症候群 211• ハンチントン病 58,215,226• 鼻咽頭経由のにおい 94• 被殻 22-27,52,54,S8,115,118,154-155• 皮下組織 100,105• 鼻腔 16,53,7ア,94-95,97,99• 鼻の孔経由のにおい 94-95• 皮脂腺 100• 皮質 18,49,63,66-67,80,89,101-102,106• 皮質層 67,80• 尾状核 22-25,52,54,58,154-155,226,233• 微小管 58,73• ヒスタミン 73,104• ヒステリー 234• 皮節 101• 非対称性 57• 左利き 57,195• 鼻中隔 17-19• ヒト 49• 皮膚 100• 皮分節 42• ヒポクラテス 214• ヒボクレチン 230• 表情 125,134-135,137,142• 表皮 100• 不安 107• 不安障害 215,232• フィードバック機構 112• フィネアス・ゲージ 8,10,139• フェニルチオカルバマイド 98• フェロモン 97• 伏在神経 41• 複雑部分発作 218• 副神経 43,62• 副賢皮質刺激ホルモン 61,232• 腹側蝸牛神経核 62,90• 腹側経路 82-83,87,118• 腹側線条体 126,167• 腰側被蓋野 113,128• 腹内側核 111,113• 舞踏病 117• 不動毛 88-89• 部分発作 218• ブラシキニン 104• プラセポ効果 107• プラトン 8• フランツ・アントン・メスメル 8,214• フランツ・ヨーゼフ・ガル 9-10• プリオン 223• プルキンエ細胞 63• プルースト 97• ブレイン・マシン・インターフェース 208• ブレンダ・ミルナー 9• フロイト 9,185,214,234• ブローカ 9-10• ブローカ野 25,67,146-147,149-150• ブロスタグランジン 104• フロ一ドマン 9,67• ブロラクチン 61,112• 分界条 124• 文法 143-144• 分離脳 11,198• 平衡感覚 103• 平行線維 63• 閉鎖神経 40• 閉鎖性外傷 217• べ一タアミロイドタンバク質 223• ヘルマン・フォン・ヘルムホルツ 8• 辺縁系 57,64• 辺縁葉 65• ベンシャミン・リベット 9,11,187,189• 片頭痛 216• ヘンゼン細胞 88• 扁桃体 23-25,52,58,64,95,97,99,107,124-127,137-138,148,154,158159,169,185,194• 扁桃体中心核 125• ベンフィールド 9-10,101• 片麻痺 ヘンリー・ハレ・ソト・デール• ヘンリー・G・マレイソン 11• ペンローズの三角形 173• 忘却 154,162• 傍室核 61• 房室結節 110• 報酬 113,128,139,167,206• 報酬回路 125,128,169• 報酬系 113,128,139• 紡錘状回 21-31,127,137• 紡錘状顔領域 137• 母語 147,151• ホセ・デルガド 10• 補足運動野 115-117,135,178• ボディ・ランゲージ 142-143• ポトムアップ処理 77,85• 哺乳類 49• ボムンクルス 9,101• ホメオスタシス 112• ホルモン 61,111-113,124-125,133,186,222,232,238• マイスナー小体 100• マイヤーズ・ブリックス指標 197• マインド・リーディング 208• 末梢神終系 40• マドレーヌ効果 97• 麻痺 117,208,215,228-229• マルセル・プルースト 97• 慢性疲労症候群 215,217• ミエリン 67-69,72,105,206-207,227• ミオクローヌス 117,218• 味覚受容細胞 98• 味覚野 77,99• 右利き 57• ミクログリア 69• 味嫌悪 99• 味細胞 98• ミトコンドリア 68• 耳 88• ミミズ 48• 脈絡叢 45,57• 脈絡膜 79• ミコンヒハウゼン症候群 215,235• 味蕾 98• ミラーニューロン 9,11,120-121,137• 無意識 77,214• 無脊椎動物 48• 無脳症 229• 夢遊症 184• 眼 78• 明晰夢 185• 瞑想 182-183• 迷走神経 40,43,62,98• 迷走神経刺激装置 211• メスメル 214• メラトニン 113• メラ二ン 58• メラ二ン細胞刺激ホルモン 61• メラノコルチン 113• メラノサイト刺激ホルモン 112• メルケル盤 100• 毛根小体 100• 盲視 77• 網状板 88• 妄想性障害 215,236-237• 盲点 79• 網膜 60,78-81,86• 網膜インプラント 210• 網様体 62,110,116,178,182,185,203• 網様体脊髄路 116• 網様体賦活系 110• モーツァルト効果 91• モノアミンオキシダーゼ 231• 薬物依存 128• ヤコプレフの回転力 57• 有郭乳頭 98• 有毛細胞 88,89,92• 夢 184-185• ユーモア 168-169• ユング 189• 葉状乳頭 98• 腰椎穿刺 219• 陽電子放射型断層撰影 12• 抑制性シナプス 73• 予測 128• 欲求 128• 読み書き 150-151• ライスナー膜 88• ラスミュッセン 9• ランヴィエの絞輪 72• 卵円窓 88• 卵胞刺激ホルモン 61,112• 利他主義 139• 立体視 81• リテラシー 150• リベット 9,11,187,189• リボソーム 58• 両生類 48• 菱脳 202• 臨死体験 189• 倫理 138-139,210• ルイージ・ガルパー二 8• ルネ・デカルト 8,176• ルフィ二小体 100• レオナルド・ダ・ビンチ 172• 裂 66• レット症候群 241• レブチン 113• レム睡眠 176,184-185• レンス 78• 老化 206-207• 老人斑 223• 肋下神経 40• 肋間神経 40• ロジャー・ウオルコ・ワト・スヘリー 9,11• ロボトミー 9,11• ロールシャッハ・インクブロット・テスト 197• ワイルダー・ヘンフィールド 9-10,101• ワーキングメモソ 154-155,159• 和田テスト 144• 腕神経叢 40• ACC anterior cingulate cortex 137• ACTH 112,232• ADH 61,112-113• ADHD 238,240• agency 189• AgRP 113•

次の