少々 お待ち ください 敬語。 「今しばらくお待ちください」の使い方や注意点

「お待ちください」は正しい敬語なのか?意味と使い方、例文、類語を徹底解説

少々 お待ち ください 敬語

「電話代わる」という場面は、ビジネスシーンだけではなく日常生活でもよく耳にします。 会社であれば取引先などから電話がかかってくることも多いので、覚えておきたい敬語表現です。 「電話代わる」というのは相手からかかってきた場合と、こちらからかけた「電話代わる」場合と2つのパターンがあります。 どちらでも「電話代わる」という言葉の敬語表現を使うことがあるでしょうから、どちらの立場の場合も想定して覚えておくといざという時にサッと正しい表現ができます。 電話では緊張する方も多く、頭が真っ白になったり、焦ってしまって言葉が詰まったりすることも多いでしょうから落ち着いて対応しましょう。 「電話代わる」の敬語の使い方 「電話代わる」という言葉はそのままでは敬語として成り立たないので、別の言い方にすることが多いです。 例えば「おつなぎいたします」や「取り継ぐ」などと言い換えることが多いです。 「電話代わる」をそのまま「お代わりします」とは使いません。 敬語表現では元の言葉を使わずに言い換えることが多いので間違わないように注意しましょう。 敬語の種類って? まず、敬語の種類についてですが敬語には大きく分けて3種類あります。 ものごとを丁寧に表現する丁寧語。 相手に敬意を表す尊敬語。 自分や自分の身内についてへりくだって表現する謙譲語の3種類にわけられます。 細かく分けると5種類になりますが、この3種類を覚えておくと状況や相手に合わせて敬語を使うことができます。 それぞれに特徴があり、丁寧語は語尾に「〜です」「〜ます」「〜ございます」がつきます。 尊敬語は主語が相手になります。 相手の行動などを表現するときに使うことが多いです。 「御社」や「ご担当の方」などの相手を指す言葉も尊敬語に分類されることが多いです。 謙譲語は尊敬語の反対で主語が自分や自分の身内などになります。 敬語の上手な使い方 敬語を上手に使うにはインプットとアウトプットが大切です。 敬語は日本語のひとつですが、覚える際には英語などの外国語のように「聴いて発する」ということが大切です。 敬語は覚えていなければサッとでてこないため、基本はまず敬語を覚えることから始めましょう。 日常生活で使うようなことばから覚えていくと記憶に残りやすいのでおすすめです。 敬語を覚えるには敬語の本を読んだり、敬語が上手な方と会話をすることで色々な敬語と触れ合うことができ、覚えるのが早くなります。 英語などとは違い、イントネーションや発音は日本語なのである程度は大丈夫でしょう。 まずは、どういった敬語があるのか、この言葉は敬語ではどう表現するのかを覚えましょう。 メールでの敬語の使い方 メールで敬語を使う場面もたくさんあります。 インターネットご普及した現代では取引先などともメールで会話することもあります。 メールは無くてはならないものになっているので、メールでの敬語表現は会話での敬語表現と同じくらい重要です。 メールでの敬語表現で気をつけたいことは、「漢字」と「打ち間違い」です。 「漢字」予測変換がでるため便利ではありますが、間違った変換をしている場合があります。 例えば「お願い致します」は間違いで、正しくは「お願いいたします」とひらがな表記にします。 こういった些細な部分に目を向けることでより美しい敬語になります。 ビジネスシーンでの敬語の使い方 ビジネスシーンで敬語は必ず使うものです。 社会人になるにあたって敬語を専門的に学ぶ方も多いです。 小学校の時は先輩後輩分け隔てなく同じように会話をひていましたが、中学校に入ると上下関係を教わり、敬語を使うことを覚えます。 こうして社会にでてもきちんと敬語が使えるように勉強していきます。 ビジネスシーンで気をつけたいのが「二重敬語」です。 「二重敬語」とは敬語が重なってしまうことです。 「尽力を尽くします」など日本語としておかしな表現になります。 敬語を使うときに丁寧にしすぎることで「二重敬語」になってしまいやすいので注意しましょう。 「電話代わる」の敬語表現の例文 電話では声のトーンや言葉選びで印象が決まってしまいます。 声のトーンをワントーンあげて、普段の会話よりも丁寧にゆっくり落ち着いて話すことで良い印象になります。 正しい日本語で美しい敬語を使えていれば顔が見えなくても話しやすくなります。 電話越しでも笑顔で話すことで声色が明るくなるのでおすすめです。 電話では声のトーンだけではなく、聞こえやすさや声のボリュームにも注意しましょう。 騒々しいところでの電話では大きな声で話さなくてはならないので、きつい印象や怒っているように聞こえるのでなるべく聞き取りやすい静かな場所で電話しましょう。 また、電車内や密室など、他人に迷惑がかかるような場所での通話は控えましょう。

次の

時間がかかるの敬語は?お時間をいただく/今しばらくお待ちください

少々 お待ち ください 敬語

「少々お待ちください」を自分たち都合で使用していないか? 僕 「すいません」 スタッフ 「 少々お待ちくださいませ」 こんなやりとりは、どこの飲食店でも頻繁にあるやりとりであり、普段は何も気にならないのですが、先日このやりとりですごく気になることがありました。 というのは、このスタッフ「 少々お待ちくださいませ」 と言いながら、 なかなか僕の元に来ようとしないのです。 こっちは用事があってスタッフを呼んでいるのに、スタッフは、 僕の用事よりも他の仕事を優先(どう考えても僕の方が優先でしょうという仕事をしていて、本当に切れそうになった)して、その姿を見た僕は、再度、「すいません」と大きな声で呼ぶ羽目になりました。 でも、スタッフは、またまた「少々お待ちくださいませ」という一言を発し、 また、 違う仕事を優先していました。 呆れた僕は、違うスタッフに声をかけ、僕の用事を頼むことになりました。 たまたま入ったこのお店は、 その地域ではすごい繁盛店のようで当日も僕たちは30分ぐらい待つことになるほどのお店でした。 また、店内に入ると、接客をすごく大切にしているということで、 頑張っているスタッフをみたら投票して欲しいというような取り組みをされていて、「いいお店だな」という印象を最初は持ちました。 しかし、上記スタッフの対応で僕の印象は180度変わってしまい、 すべてに対して不信感を持ち、結局、その店は足早に退散することになりました。 なぜ、こんな流行っているお店なのに、こんな対応をするスタッフがいるんだろううと考えると、ひとつは、「 言葉の意味」 をきちんと伝えていないんだろうなあ、と。 「少々お待ちください」というのは、 本来すぐに駆け付けたいのだけれど、 すぐには行けないので、 本当に申し訳ありませんが、 少しの間お待ちいただけますか?という気持ちを込めて発するべきことばであり、「少々お待ちください」と言えば、「 お客様が許してくれる、 お客様を待てせていい」という意味の言葉ではありませんよね? でも、このことば、接客用語の「意味」をきちんと理解させて使用させないと、「 今、 自分たちは忙しいんだから、 ちょっとくぐらい、 待っとけ!」と思っているような態度をとるようになり、 お客様を不愉快にさせることになるでしょう。 あとは、このお店は、タッチパネルを活用されていました。 すべての用事が、基本はタッチパネルで頼むことができ、 お客様にスタッフが呼ばれるということが少ないというのも、こういったことを引き起こす一つの要因かもしれません。 今回この記事を書いたのは、僕が体験した嫌な事を皆さんに伝えたいということが主旨ではありません。 そういえば、最近「少々お待ちくださいませ」と 言わないお店や、あるいは、「少々お待ちください」と言うことは言うが、 お客様を待たせていても平気な店が、最近、多いなあと感じたからです。 「いらっしゃいませ」から始まる接客用語。 普段何気なく使う接客用語も、ただ、使用するだけでなく、 意味を伝えることが大切であるということ。 そして、スタッフは一生懸命やっているつもりでも、 実は「 お客様を待たせている」 ことは結構多いかもしれない。

次の

「少々お待ち下さい」とはどれくらいの時間?接客用語の基礎知識

少々 お待ち ください 敬語

少々お待ちください、という言葉はビジネスの場では、非常によく使われる言葉になっています。 確認をするので少々お待ちください、という場合によく使うことになります。 そもそも即座に対応する、というのが基本になります。 それがビジネスにおいて大事なことになるわけですが、それでも待ってもらうわけですから、少々お待ちください、というわけです。 相手に待ってもらう、ということはまずよいことではありませんから、どうしてもこちらが下手に出る必要があることでもあります。 その点をよくよく理解して活用することが求められるといえるでしょう。 電話でも、実際に応対をするときでも、或いはメールでも少々お待ちください、という言葉は使うことになります。 上手く使えるようにしておきますととても便利な言葉が『少々お待ちください』になるのです。 もっと丁寧な言い方として そもそもこの『少々お待ちください』というのは、そんなによくない、という意見もあります。 まず、お待ちください、というのがどうしても命令形に聞こえてしまうからです。 例えば客室乗務員などは使わない、としています。 このあたりが『少々お待ちください』を利用するときには難しい判断が求められることになるといえるでしょう。 しかし、はっきりいって、『少々お待ちください』というのは悪い表現ではないです。 ですから、そこまで忌諱するようなことはないですが、そうした意見がある、というのは知っておいたほうがよいでしょう。 敬語に五月蝿い人はイラッとする、という意見があるわけですが、今現在、世間的には『少々お待ちください』は浸透していますし、丁寧な言葉の一つとして認識されているのです。 少々お待ちください、といわれると一体どのくらい待てばよいのか、ということがあるでしょう。 或いは自分が『少々お待ちください』と使うときにはどのくらい待たせるときに活用することができるのか、となりますが当然ながら、こうしたことに厳格に何分、ということはないです。 少々お待ちください、といったからといって10分以内、5分以内、という厳格な規定があるわけではないのです。 ですから、『少々お待ちください』と使うのであればできるだけ早くした方がよいに決まっているのは確かではありますが、基本的には別に決まっていることではない、という認識で問題はないでしょう。 しかし、当然ながら『少々お待ちください』といえばそんなに長いことではない、といわれたほうは認識しますから、極端に長く待たせることがあるようなときには『少々お待ちください』は使わないほうがよいでしょう。 また、最初に『少々お待ちください』といって意外と時間がかかりそう、というのが判明した場合には、とりあえずまた顔をいって、『もうしばらくお待ちください』といえばよいのです。 そうすることによって、フォローすることができます。 はっきりいって、これはなかなか難しい判断が求められることでもあります。 ですが、少々お待ちくださいというのは、そこまで厳格に言うようなことでもありませんし、安心して使ってよいでしょう。 少々お待ちください、というのはビジネスの場でよく使うことになるのですが、当然、外国でもこうした状況はありますし、似たような言葉はあります。 特別、日本語的な言い回しとか慣習によって言われているような文言ではありませんから、外国語でもそうしたことがあるのです。 まず韓国語ですが、 잠시만 기다려 주세요 といいます。 発音としては、チャムシマン キダリョ ジュセヨ といいます。 まさに日本語でいうところの『少々お待ちください』となっています。 中国語でいいますと、 请稍等 発音としては、チン シャオ タン となります。 他にも 稍等一下 シャオ タン イーシャ、というのも上記のものよりもやや丁寧な言い回しとして使われることが多いです。 さらには英語での場合は例えば電話ですと Hold on, please、Hold the line please などがよく使われます。 或いは、まさにダイレクトな意味としてJust a moment,please. なども使うことになるでしょう。 或いは、May I put you on hold, please? や Could you please hold? などはやや丁寧に言い回し、つまりはビジネスのときなどによく使うことがありますから、しっかりと覚えておくとよいでしょう。 このようにやはり色々な国で『少々お待ちください』というのは使われているのです。 日本語はとにかく独特な言い回しをすることがあります。 よく言われるのが、例えば『すみません』というのを挨拶代わりに使うことがあります。 こうしたことがなかなか日本語から外国語に変換することの難しいことになっているわけですが、この『少々お待ちください』というのはかなり直訳しても外国語でも似たような表現、言い回しになっています。 そうした意味で考え方や言い方が世界共通ともいえることになっているといえるでしょう。 まず、少々お待ちください、というのは待たせることに対して使うわけですから、来客の応対などによく使うことになりますがメールなどでも使う言葉になります。 例えば、質問とか或いは見積もりなどの依頼など、とにかくこちらで調べたり処理をしないといけないようなことになった場合に、メールの返信として、それでは~~を致しますので完了まで少々お待ちください、といったような文面として使うことがあります。 具体的には、お問い合わせありがとうございます。 ただ今、当該案件について詳細を確認いたしております。 ご返答まで少々お待ちくださいませ。 といったような非常に短文ではありますが、極めてよく使う文章としてあるのが、『少々お待ちください』という言葉なのです。 まず、メールがきたら、それを受けた、という返信をする必要があります。 その上で、今現在、すぐに処理、確認をしますから少々おまちください、と書いておくわけです。 こうすることによって、少なくとも相手はこちらがメールを受け取ったことがわかりますし、また、今、対応している、というのがわかるようになります。 形式的ではありますがとても大事なことになります。 少々お待ちください、というのは非常に日常的に、ビジネスにおいては毎日使うような言葉になっています。 ですから、キチンと理解しておき、使えるようにしておきましょう。 少々お待ちください、は『待て』という意味合いが強いという意見もありますが、これはそこまで気にしなくてもよいでしょう。 既に『少々お待ちください』というのはキチンと丁寧な言葉、言い回しであることという認識がされていますし、安心して使うことができるでしょう。 客の応対のときに使うのであれば、意外と時間がかかりそうになってしまうのであれば、『もうしばらくお待ちください』とさらに伝えるとよいでしょう。 こうした細かなところがしっかりとできるようになりますと、上手く言葉を使得るようになっていくでしょう。 普段無意識に使う言葉ですが、このようなよく使う言葉にもたまには意識を向けて、きれいな言葉を話せるようになりましょう。

次の