フレンチ ブルドック。 フレンチ・ブルドッグ

わたしのフレンチ・ブルドッグどこまで?いつまで?成長するの | わんこの大学

フレンチ ブルドック

フレンチ・ブルドックは初心者でも飼えますか? みぃ- さん 犬を飼った事のない初心者です。 フレンチ・ブルドックを飼いたいと思い、飼い方や特徴などの情報収集しています。 ワンちゃんもそれぞれの性格や特徴があると思いますが、 初めて飼う犬がフレンチブルドックでも大丈夫ですか?フレンチブルドックは飼いやすいでしょうか?気難しい性格で、シツケや飼育が難しい上級者向けの犬でしょうか? フレンチ・ブルドックを飼っている方の経験談やアドバイスをお願いします。 夫婦2人暮らしで、主人は犬を飼った経験あります。 共働きのため、犬が留守番する時間が多く、かわいそうに思い我慢していました。 私の退職が決まりいよいよ!と思っています。 初めて犬を飼うには、責任!と忍耐!となにより愛情!が大切なことは理解しました。 いろいろな問題やリスクがあっても一緒に暮らしたいと思っています。 フレンチの飼い方や、子犬選びなどアドバイス頂けると嬉しいです。 フレブルの性格は穏やか飼いやすい ぼう さん 私もフレンチ・ブルドック飼いです。 確かにフレンチブルドックは初心者向きじゃないと言われますが、 私も私の姉も初めて飼う犬がフレンチブルドックです。 実家で家族と共に犬を飼った経験はありますが、自己責任で飼ったのはフレンチブルドックが初めてです。 私の個人的な見解ですが、 フレブルの性格は穏やかで、平和主義で攻撃性ない犬が多く、飼いやすいです。 ほとんど吠えないので、性格だけで飼うなら初心者にはやさしい犬種だと思います。 ただ 注意点として、弱い体質の子も多く、健康面が問題になり、難しい対応が飼主に求められます。 代表的なアトピーやアレルギーによる皮膚疾患や短頭種に見られる呼吸系のトラブル、短頭種気道症候群などです。 比較的新しい犬種なのでまだ医学的にも解明されていないフレンチ特有の脳疾患もあるようです。 背骨の歪みをもって生まれる遺伝的疾患も多く、階段の段差など特に気をつけなければならないそうです・・。 何か病気になった時、試行錯誤しながら一生懸命向き合うのはどの犬種でも一緒です。 私は、飼主が初心者だからと言って警戒せず、無邪気なフレンチと楽しいわんこライフを是非おくっていただきたいです。 私も日々勉強です^^ 質問主さんもステキなパートナーと出会えるといいですね^^ あ・・・フレンチブルドックは性別を選ぶなら、メスよりオスの方が比較的飼いやすいようですよ。 フレンチ・ブルドックのデメリット karu さん フレンチ・ブルドックは「初心者向き」ではありません。 毛も短く手入れが楽だったり、元気で人懐っこいから、飼い方が簡単、初めてでも優しいって思われるかもしれませんが、初めて犬を飼う人には難しいかも。 フレンチ・ブルドックのデメリット、飼うのが難しい理由をあげます。 【 フレンチ・ブルドックのデメリット】• 見た目より体格がしっかり、体重もある。 小さい犬のイメージが飼うと失敗する• 力も強い、引っ張り癖があると苦労する• 散歩や遊びの運動量が必要• 体臭は強い、獣臭、犬臭い• 短毛種だが多い抜け毛:長毛種と違い、毛が服や布に突き刺さるので取り難い。 短い毛が部屋中に飛び散る• 鼻が短い短頭種は病気リスクが高い:アトピーなどの皮膚炎、鼻が短い犬に多い気管系、目の疾患、外耳炎、麻酔のリスク• 短頭種犬は、飛行機に乗れない時期がある 犬を飼うのに、どの犬種も気軽には飼えませんが、フレンチ・ブルドックが飼いやすい項目はなかなか思いつきません。 デメリットを知った上でも、フレブルがいい!可愛い!飼いたい!と判断したなら、飼えると思います。 応援します。 全身麻酔をかけると、気道の閉塞の程度がさらに複雑になります。 引用元: ・ フレンチブルドック フレンチブルドックは特に皮膚の疾患を起こしやすい犬種です。 〜(中略)〜また、フレンチブルドックは立ち耳ですが、脂漏体質なため垢が溜まりやすく、外耳炎を起こしやすい犬種です。 引用元: フレブルの飼い方と注意点 フレブル飼育歴12年 さん 今まで3匹のフレンチブルドックを飼ってます。 1匹目は天国へ、今は2匹飼いです。 どの犬も、とても人懐っこくて愛しい性格です。 フレブル特有の可愛い顔や仕草に、私の周りでは初めて犬を飼うのにフレブルを選択する方が、複数人います。 皆さん問題なく飼育してますよ。 飼い方の注意点として、脂漏体質なので、皮膚や肉球、指の間、耳、股などを清潔にケアする必要があります。 何か部屋が臭うなぁ〜と思ったら、フレブルの顔のしわが臭い発生源だったことも 汗) きちんとケアすれば臭いは気にならないと思います。 たまに遊びに来る姉(犬が苦手)も、部屋の犬臭は問題ないと言ってくれます。 遺伝的リスク、病気リスクは、フレブルだけでなく、そのほかの犬種もあります。 リスクを把握し知識を得ることで、素早く対応できるようになります。 リスクを恐れすぎるのは良くないですが、知っといて損はありません。 どの犬種を飼っても、喜びも苦労もあります。 この犬種は飼いやすいか?育てやすいか?は、飼主がどれだけ努力できるか、どれだけ犬との生活を楽しめるかによって違います。 性格や気質の面では問題ない うーん。。。 でも 犬の性格や気質の面では、飼うのが難しいわけじゃないです。 飼い方やシツケ、必要なペットグッズも他の犬と比べて、特別な何かが必要なわけじゃありません。 フレンチの性格は、おおらかで明るい、物覚えはのんびりな面によって、新米パパママの手に余ることはないでしょう。 あ、うちはフレブルじゃありませんが、短頭犬種の鼻ぺちゃワンコを飼ってます〜。 Re:フレンチ・ブルドックは初心者でも飼えますか みぃ- さん 皆様暖かいアドバイスありがとうございました!! フレンチ・ブルドックと一緒に生きる、お世話する大変さ・・・そして自分自身が責任をもって育てて行けれるか。 皆様の愛情が文章だけでも充分伝わりました。 経験ある皆様の言葉、ストレートに胸に響きました。 暖かい皆様に感謝して・・・ みぃ-。

次の

フレンチブルドッグ 人気ブログランキングとブログ検索

フレンチ ブルドック

子犬出産情報では、生まれて間もない子犬や、近日中に生まれる予定があるフレンチブルドッグの子犬を ご紹介。 母犬からの授乳や健康状態のチェックなどがある為、詳しい掲載はできませんが購入をお考えの方は事前にチェックしてください。 2020年7月初旬にフレンチブルドッグの子犬が出産予定です。 出産頭数 - 誕生日 2020年7月初旬 父 JKCチャンピオン(ブリンドル) 母 フォーン 2020年7月中旬にフレンチブルドッグの子犬が出産予定です。 出産頭数 - 誕生日 2020年7月中旬 父 JKCチャンピオン(ブリンドル) 母 パイド 現段階では、健康上の問題や身体の構成・クオリティなど判断が付きにくため、お値段に関しましては、お伝えできません。 「少しでも健康でフレンチブルドッグのスタンダードに近い子犬をパートナーになる方へお届けしたい」というのが、私のポリシーだからです。 生後30~40日ほどで当サイトへ掲載する予定でございますのでしばらくお待ちください。 (全頭掲載できない場合もございますがご了承ください。 ) 掲載している詳しいフレンチブルドッグの子犬出産情報・購入方法に関しましては、一度、お問合せください。 フレンチブルドッグ専門通販サイトです。 フレンチブルドッグの喜多さんでは、自家繁殖による厳選した子犬情報を掲載しています。 フレンチブルドッグ専門の子犬販売サイトで最良のパートナーをお探しください。 掲載犬種はすべてフレンチブルドッグです。 04月30日• 08月19日• 08月05日• 05月17日• 04月12日• 08月17日• 08月10日• 08月03日• 01月15日• 07月13日• 07月03日 フレンチブルドッグの起源については、色々意見の相違があるようですが、イングリッシュブルドッグが原種の一つとして重要であるという説が定着しています。 おそらく1860年ごろ、イギリスに沢山いた愛玩種の一つであった小型ブルドックがイギリス人には注目されることなく、フランスへ移民して来たレース職人達によりフランスへ多く連れてこられ、そこでさまざまな他犬種と交配されました。 19世紀も終わりになると、上流階級の人々からも注目を集めるようになり、すばらしいお屋敷で飼われることになります。 ちょうどその頃フランスに来ていたアメリカ人がこの犬種に目をつけ、何頭かのフレンチブルドッグが初めてアメリカに持ち込まれ、熱心に繁殖されました。 1898年には、ニューヨークのウォルドルフ・アストリア・ホテルで単独ショーが開催され、現在のスタンダードになるフレンチブルドッグが公開されました。 上品で優雅なショーは、お金持ちの観衆を魅了し、アメリカ人たちを完全に虜にしてしまいます。 かの有名な大富豪ロックフェラーがこよなく愛したというのも有名な話です。 その後も上流社会でフレンチブルドッグの人気は上昇し続け、1913年にはアメリカで人気ナンバーワンのショードッグに輝くことになりました。 そしてアメリカにおいてこの犬種のスタンダードに「バットイヤー」(コウモリ耳)と呼ばれる「立耳でなければいけない」という項目が決められました。 それまでは立耳だけでなく垂れ耳のものやブルドッグのような「ローズイヤー」のものもフレンチブルドッグとされていました。 後に他の国々もアメリカのスタンダードに追随し「バットイヤー」が大きな特徴のひとつになりました。 アメリカで確立された犬種であるという人もいますが、実際は「バットイヤー」をスタンダードにしたのがアメリカであるというだけで、フレンチブルドッグそのものはフランスにおいて改良され作出された犬種であることは間違いありません。 現在、日本でこの犬種は主にペットや家庭犬として飼育され、愛情深く、気立てが良く、頼りにもなります。 また、遊び好きの明るい性格で、無駄吠えもほとんどしません。 サイズはコンパクトで室内向き、なめらかで短い被毛は手入れも楽で清潔を保ちやすいとされます。 フレンチブルドッグの魅力は一度でも飼ったことのある人であれば他の犬種に物足りなさを感じてしまう程だと言われます。 付き合えば付き合うほどこの犬種の奥深さに引き込まれ愛してしまうのです。 私はフレンチブルドッグ専門のブリーダーです。 この犬種が大好きで、この犬種と共に生きています。 私はこのような奥深く、味わい深く、愛情深い犬種は他にいないと思っています。 大袈裟でなく、この犬種こそが人間にとって最良のパートナーになれる犬種だと考えています。 そんな私はこの犬の魅力を、もっと多くの方に感じていただきたいと考えました。 そこで私は健康でクオリティーが高く、価格もお手頃 な子犬達をたくさん紹介できるサイトを作りました。 ただし将来的な性格までは分かりません。 性格というものは育ての親の努力で作っていくものですから。 今現在、子犬の購入を考えられている方、悩まれている方への良き情報、良きヒントとしてご提供していけたら幸いです。 よろしければ、癒しの世界への案内人にご指名くださいませ。 フレンチブルドッグの喜多さん 代表 喜多 博 この犬種について一番思うことは迫力のフェイスにムチムチのボディーのいかつい子が無茶苦茶の甘えん坊だったり、しかもだだっ子で可愛いくすねる処のギャプがたまらなく愛しく可愛いということです。 セラピードッグと言われる由縁かも知れません。 そしてこの犬の世界にさそいこまれました。 私が思うのに、このパートナーと思うとその人一途に懐きます。 これも特徴の一つかもしれません。 私が思うフレンチブルドッグの理想(私の好きなタイプ)は、ドデカヘッドのショートボディー、そして重心の低い手・足、まん丸お目。 シワクチャのハナベチャフェイス!こんな子に会うと目が細くなります。 ただ一つ、欠点は沢山の犬種を掛け合わせて今の形になっていますので股関節・心臓系・内臓系・皮膚・アレルギー等その他犬種より病気にかかるパーセントが高いと思います。 その確率を下げるのが良血統で健康な両親との交配です。 それとフレンチ専門のブリーダーさんもしくは知識の豊富なベテランブリーダーさんからの購入だと思います。 フレンチブルドッグ愛好家にかわいらしい子をお届出来るよう日々励んで行くつもりです。

次の

フレンチブルドッグの魅力や飼い方を解説!性格や寿命、大きさなども

フレンチ ブルドック

フレンチブルドッグとは? ピンと立ったこうもりのような大きな耳にまん丸の大きな瞳と鼻ペチャが魅力的で、尻尾が短く、他犬種とは違って尻尾で表情を読み取る事が出来ません。 その代わりに大きな耳や目、顔全体で表情を豊かに表現します。 その表情が何とも愛らしく、フレンチブルドッグの魅力に魅了される愛好家が増えています。 全体的に筋肉質のがっちりした体系で骨量が多く、引き締まった体格ですが、成犬になっても8~15kg程度、体高は30cm位です。 性格は活発で非常に利口で、勇敢で用心深く、好奇心旺盛、非常に愛嬌があり、人が大好きで人懐っこく明るい性格です。 短くやわらかな被毛は光沢があり、毛色は大きくブリンドル・フォーン・クリーム・パイドの4パターンに分けられます。 短毛犬種ですので特にトリミング(カット)の必要はありませんが、非常によく毛が抜けるので毎日のブラッシングや定期的なシャンプーは欠かせません。 鼻が短いせいか、フレンチブルドッグはブヒブヒ言います。 その為、一部の愛好家には「ブヒ」との愛称でも呼ばれています。 暑さや寒さに非常に弱いのでは室内飼いが原則でエアコンなどでの室温調整が必要な犬種です。

次の