と ある if。 ExcelのVLOOKUP関数とIF関数を組み合わせて使う方法

ExcelのVLOOKUP関数とIF関数を組み合わせて使う方法

と ある if

スポンサーリンク IF関数の使い方 今回は、各担当者ごとに、キャンペーン商品を何個売ったのか、その目標と実績をまとめた表を使って、IF関数を徹底解説します! まずはD列の「販売会議」の欄。 この会社では、キャンペーン商品の販売個数が150個以下だった担当者は、販売会議に出席しなければなりません。 そこで、D列の「販売会議」の欄に、 「実績が150以下」だったら「要出席」、そうじゃなければ「任意」 と表示されるように設定してみます。 まずは条件によって「要出席」「任意」のどちらかを表示させたい欄の、先頭のセルをします。 今回それを表示させたい欄は、D4からD10番地までなので、その先頭であるD4番地をします。 D4番地は、「阿部さん」の結果を表示させる欄ですね。 D4番地を後、数式バーにある[関数の挿入]ボタンをクリックすると、 関数を指定するためのダイアログボックスが表示されます。 [関数の分類]で「すべて表示」を選択すると、すべての関数が[関数名]欄にABC順で表示されます。 今回は IF関数を使いたいので、一覧から「IF」をクリックで選択し、[OK]ボタンをクリックします。 ちなみに、この一覧から「IF」を選択する際、「IF」の頭文字である「I」のところまで、を使うと便利です。 前のダイアログボックスで「IF」を選択して[OK]ボタンをクリックすると、このようなダイアログボックスが表示されます。 IF関数で設定するのは[論理式][真の場合][偽の場合]の3つ。 まずは[論理式]から。 今回設定したい、 「実績が150以下」だったら「要出席」、そうじゃなければ「任意」 という処理のうち、条件部分は、 「実績が150以下」だったら の部分です。 ですが、これをそのまま上記のように文章で入力したところでExcelさんは理解できないので、Excelさんが理解できる数式で表現します。 現在、IF関数によって表示を変えるべく設定しているのは、「阿部さん」の欄。 ということは、ここには 「阿部さんの実績」が「150以下」だったら という条件を設定したいことになります。 「阿部さんの実績」はC4番地。 そこで、[論理式]に文字カーソルが入った状態で、 C4番地をクリックすると、[論理式]に「C4」と設定することができました。 では、早速これを入力していくことにしましょう。 これで、「阿部さんの実績(C4番地)が150以下だったら」という条件部分を設定することができました! 次は[真の場合]欄を設定したいので、[真の場合]欄に文字カーソルを移したいです。 現在は[論理式]欄に文字カーソルがありますが、そのまま キーボードの[Tab]キーを押します。 [Tab]キーは、次の項目に移りたいときに使うキーです。 [真の場合]欄に文字カーソルを移すことができました! もちろん、[真の場合]欄でクリックしても、文字カーソルを移すことができます。 さて、[真の場合]に設定するのは、[論理式]に設定した 条件に該当していた場合に、なんと表示させたいか。 今回は、条件に該当していた場合「要出席」と表示させたいわけですから、素直に「要出席」と入力します。 ですがここに、とてもとても大切なポイントが! Excelでは、 数式内に文字を設定する場合には、その文字の前後をダブルクォーテーションで囲むというお約束があります! しかも、 数式内の記号は半角で入力しますので、もちろんダブルクォーテーションも 半角で入力します。 というわけで「 "要出席" 」と入力することになります。 半角のダブルクォーテーションは、の状態で、[Shift]キーを押したまま、図のキーを押すと入力できます。 もちろん、最初のダブルクォーテーションを入力、文字を入力、最後のダブルクォーテーションを入力、という風に順番に入力していっても構いません。 これで、[論理式]と[真の場合]の設定が終わったので、 「阿部さんの実績が150以下」だったら「要出席」、 のところまで設定することができました。 次は[偽の場合]欄を設定したいので、[偽の場合]欄に文字カーソルを移したいです。 現在は[真の場合]欄に文字カーソルがあるので、そのまま キーボードの[Tab]キーを押します。 [Tab]キーは、次の項目に移りたいときに使うキーです。 すると、[偽の場合]欄に文字カーソルを移すことができました! もちろん、[偽の場合]欄でクリックしても、文字カーソルを移すことができます。 さて、[偽の場合]に設定するのは、[論理式]に設定した 条件に当てはまらなかった場合に、なんと表示させたいか。 今回は、条件に当てはまらないときには「任意」と表示させたいわけですが、 数式内に文字を設定する場合には、その文字の前後を半角ダブルクォーテーションで囲むというお約束がありました。 というわけで「 "任意" 」と入力することになります。 半角のダブルクォーテーションは、の状態で、[Shift]キーを押したまま、図のキーを押すと入力できます。 もちろん、最初のダブルクォーテーションを入力、文字を入力、最後のダブルクォーテーションを入力、という風に順番に入力していっても構いません。 これで、[論理式][真の場合][偽の場合]、すべての設定が終わったので、 「阿部さんの実績が150以下」だったら「要出席」、そうじゃなければ「任意」 とすることができました。 最後に、ダイアログボックス右下の[OK]ボタンをクリックすると、 阿部さんの実績によって、「要出席」と「任意」の文字が切り替わるように設定できました! 今は実績が150以下になっていて、設定した条件に合っているので、条件に合っているときに表示されるようにした「要出席」と表示されています! 残りのセルにも同様の数式を設定したいので、で数式をコピーします。 で数式をコピーって、どういう意味?という方は、IF関数よりもそっちの方が超大切なので、このまま先に進まず、まずは「」をご覧ください。 スポンサーリンク IF関数をセリフで覚える その関数が動作を行うために必要な情報を「 引数(ひきすう)」と言います。 先ほど、このように[論理式][真の場合][偽の場合]と、3つの欄を設定したので、IF関数には引数が3つあることになります。 ここで、その設定をしたばかりのD4番地をして数式バーを見てみると、この設定によって入力した具体的な数式を確認することができます。 IF関数の数式では、引数をこのように表し、各引数はカンマで区切られていることが分かります。 「実績が150以下だったら」という条件を満たしているので、IF関数を設定したD4番地には「要出席」と表示されています。 ここで試しに、阿部さんの実績を「190」に変更してみることにしましょう。 阿部さんの実績が入力されているC4番地をし、「190」と入力。 セルの中に文字カーソルが点滅している状態では「まだこのセルに入力しますよ」という意味なので、文字カーソルが表示されなくなるまでキーボードのすると、 阿部さんの実績を「190」に変更したことで、「実績が150以下だったら」という条件に当てはまらなくなったので、IF関数を設定したD4番地が、条件に合っていないときに表示される「任意」に、自動的に変わりました! これがIF関数の醍醐味です! 条件にセル同士の比較を設定する 先ほどは、セルに入力されているデータが「150」以下だったらというように、「150」という一定のボーダーラインを条件に設定しました。 今度は、E列の「目標達成」欄に、 「実績が目標以上」だったら、「達成」、そうじゃなければ「未達成」 と表示されるように設定してみます。 「実績」も「目標」も、それぞれセルに入力されているデータなので、今度の条件設定はセル同士を比較するものになります。 まずは条件によって「達成」「未達成」のどちらかを表示させたい欄の、先頭のセルをします。 今回それを表示させたい欄は、E4からE10番地までなので、その先頭であるE4番地をします。 E4番地は、「阿部さん」の結果を表示させる欄ですね。 E4番地を後、数式バーにある[関数の挿入]ボタンをクリックすると、 関数を指定するためのダイアログボックスが表示されます。 最初の時と同じように[関数の分類]で「すべて表示」を選択してもいいですし、先ほど使ったばかりなので[最近使った関数]を選択すると手っ取り早く関数を選べます。 今回も IF関数を使いたいので、一覧から「IF」をクリックで選択し、[OK]ボタンをクリックします。 表示されたダイアログボックスで、IF関数の引数を設定していきましょう。 まずは[論理式]から。 今回の条件は、 「実績」が「目標」以上だったら です。 現在、IF関数によって表示を変えるべく設定しているのは、「阿部さん」の欄。 ということは、ここには 「阿部さんの実績」が「阿部さんの目標」以上だったら という条件を設定したいことになります。 「阿部さんの実績」はC4番地。 そして、「阿部さんの目標」はB4番地。 そして、「以上」はどのような記号で表現するのか、表を振り返ってみましょう。 これらの記号は 半角で入力します。 そこで、[論理式]に文字カーソルが入った状態で、 C4番地をクリックすると、[論理式]に「C4」と設定することができました。 更に、記号の後ろに文字カーソルがある状態で、 「阿部さんの目標」であるB4番地をクリックすると、「以上」を表す記号の後ろに「B4」と設定することができました。 これで、「C4番地がB4番地以上だったら」、つまり、「阿部さんの実績が、阿部さんの目標以上だったら」という条件部分を設定することができました! 次は[真の場合]欄を設定したいので、[真の場合]欄に文字カーソルを移したいです。 現在は[論理式]欄に文字カーソルがありますが、そのまま キーボードの[Tab]キーを押します。 [Tab]キーは、次の項目に移りたいときに使うキーです。 [真の場合]欄に文字カーソルを移すことができました。 もちろん、[真の場合]欄でクリックしても、文字カーソルを移すことができます。 今回は、条件に合っていた場合「達成」と表示させたいので、「達成」と入力すればいいわけですが、ここに大切なポイントがありました。 Excelでは、 数式内に文字を設定する場合には、その文字の前後をダブルクォーテーションで囲むというお約束がありました。 しかも、 数式内の記号は半角で入力しますので、もちろんダブルクォーテーションも 半角で入力します。 というわけで「 "達成" 」と入力することになります。 半角のダブルクォーテーションは、の状態で、[Shift]キーを押したまま、図のキーを押すと入力できました。 もちろん、最初のダブルクォーテーションを入力、文字を入力、最後のダブルクォーテーションを入力、という風に順番に入力していっても構いません。 これで、[論理式]と[真の場合]の設定が終わったので、 「阿部さんの実績が目標以上」だったら「達成」、 のところまで設定することができました。 次は[偽の場合]欄を設定していきましょう。 [偽の場合]欄に文字カーソルを移します。 今回は、条件に当てはまらないときには「未達成」と表示させたいです。 更に、 数式内に文字を設定する場合には、その文字の前後を半角ダブルクォーテーションで囲むというお約束もちゃんと守り、「 "未達成" 」と入力します。 これで、[論理式][真の場合][偽の場合]、すべての設定が終わったので、 「阿部さんの実績が目標以上」だったら「達成」、そうじゃなければ「未達成」 という設定をすることができました! 最後に、ダイアログボックス右下の[OK]ボタンをクリックすると、 阿部さんの実績と目標を比較して、「達成」と「未達成」の文字が切り替わるように設定できました! 今は実績が目標以上になっているので、条件に合っていた場合の「達成」と表示されています! 残りのセルにも同様の数式を設定したいので、で数式をコピーします。 で数式をコピーって、どういう意味?という方は、IF関数よりもそっちの方が超大切なので、このまま先に進まず、まずは「」をご覧ください。 スポンサーリンク IF関数のセリフ、もうOKですか? IF関数には、[論理式][真の場合][偽の場合]という3つの 引数(ひきすう)があり、先ほどはこのように設定しました。 また、数式を設定したE4番地をして数式バーを見てみると、この設定によって入力した具体的な数式を確認することができました。 IF関数の数式では、引数はこのように表され、各引数はカンマで区切られています。 でも[論理式]とか[真の場合]とか、小難しい名前で覚えるのは大変なので、やっぱりセリフで覚えるのが楽チン。 そして目標は「170」。 「実績が目標以上だったら」という条件を満たしているので、IF関数を設定したE4番地には「達成」と表示されています。 ここで試しに、阿部さんの実績を「100」に変更してみることにしましょう。 阿部さんの実績が入力されているC4番地をし、「100」と入力。 セルの中に文字カーソルが点滅している状態では「まだこのセルに入力しますよ」という意味なので、文字カーソルが表示されなくなるまでキーボードのすると、 阿部さんの実績を「100」に変更したことで、「実績が目標以上だったら」という条件に当てはまらなくなったので、IF関数を設定したE4番地が自動的に「未達成」に変わりました! 更に、「実績が150以下だったら要出席、そうじゃなければ任意」という1つ目のIF関数を設定した「販売会議」欄では、「100」に変更したことで、逆に条件を満たすようになったので、「要出席」に変わったことが分かります! IF関数 最高! スポンサーリンク IF関数でやらかしがちな失敗 その1 さて、このIF関数、勝手に表示を切り分けてくれるので、それはそれは活用度の高い関数です。 ですが、IF関数って苦手という方がいらっしゃるのも事実。 そんな方に多い失敗が、 主語を忘れる。 どうしても「以上」とか「以下」とかそういった記号に気を取られてしまって、いきなり記号から入力してしまう例を本当に良く見かけます。 もし、主語を忘れて[論理式]を設定していた場合、最後の[OK]ボタンをクリックすると、 【Excel 2016・2013】 このようなメッセージが表示されてしまいます。 [OK]ボタンをクリックすると、 【Excel 2010】 このようなメッセージが表示されてしまいます。 [OK]ボタンをクリックすると、 数式バーに表示されている数式の、該当部分に文字カーソルが点滅するので、ここで直接修正してもいいですし、良く分からなければ、[関数の挿入]ボタンをクリックすると、 再び設定時のダイアログボックスが表示されるので、ここで論理式を消して、もう一度設定し直しても構いません。 IF関数でやらかしがちな失敗 その2 そして、2つ目のやらかしがちな失敗としては、「以上」と「より大きい」、「以下」と「より小さい(未満)」の違いを軽視してしまう、ということが挙げられます。 例えば、 「実績が150以下」だったら「要出席」、そうじゃなければ「任意」 とした場合、「150」ジャストは含まれるので、条件に該当していると判断され、「要出席」と表示されます。 でも、 「実績が150より小さかったら」、「要出席」、そうじゃなければ「任意」 とした場合、「150」ジャストは含まれないので、条件に該当していないと判断され、「任意」と表示されます。 IF関数は白黒はっきりさせる関数ですから、その条件を設定する側の人間があいまいではいけません。 「この数字ジャストは、どっちに含ませたいのか」ということをしっかり考えて、「以上」と「より大きい」、「以下」と「より小さい(未満)」を使い分けます。

次の

エクセルIF関数の使い方[基本と失敗例で制覇!]

と ある if

Q batファイルを作成していて、 txtから特定の行のみをとりだし、変数に入れたいです。 どうもよくわからないので質問したいと思います。 まず以下の様なテキストファイルがあります。 ------------------- 111 222 333 ------------------- 実際の値、行数は違いますが、こんな感じに文字列が複数行並んでいます。 行いたい動作は、 ----------------------------------------- 1. 変数Textを使用し色々処理をする 3. 変数Textを使用し色々処理をする ----------------------------------------- コレを繰り返します。 2と4は同じ動作ですので、行数のカウンタを設定しループさせる予定です。 n行目を全て取り出す方法がわかれば行けると思うのですが、 どうも見つかりません。 ご存知の方がいればお教え願いたいと思います。 batファイルを作成していて、 txtから特定の行のみをとりだし、変数に入れたいです。 どうもよくわからないので質問したいと思います。 まず以下の様なテキストファイルがあります。 ------------------- 111 222 333 ------------------- 実際の値、行数は違いますが、こんな感じに文字列が複数行並んでいます。 行いたい動作は、 ----------------------------------------- 1. 変数Textを使用し色々処理をする 3. テキストファイルの2行目を変数T... Q いつもお世話になっております。 WindwsXPでDOSバッチを使ってテキストファイル中にある文字列1を文字列2に置換したいのです。 ネットをさまよっていて、こんな例を見つけました。 (参考にしたのはここです。 fpcu. A ベストアンサー No. 5 です。 >勝手に引用してしまってすみません。 皆さんに参考にしてもらうために回答しているので気になさらずに引用してください。 従って環境変数lineに入っている文字列のabcがxyzに置き換えられた結果が環境変数lに代入されます。 余談ですがバッチ実行時にどのように置き換えられるか見たい場合は、 バッチ先頭のecho offの行を取って実行するとよく分かります。 5 です。 >勝手に引用してしまってすみません。 皆さんに参考にしてもらうために回答しているので気になさらずに引用してください。 A ベストアンサー こんな感じですか? パスは適切に設定してください ----- a. bak goto skip copy test. ini test. vbs test. ini :skip ----- a. bat ここまで ----- ----- replace. ReadAll objFile. OpenTextFile strFileName, ForWriting objFile. WriteLine strText objFile. Close ----- replace. microsoft. mspx こんな感じですか? パスは適切に設定してください ----- a. bak goto skip copy test. ini test. vbs test. ini :skip ----- a. bat ここまで ----- ----- replace. ReadAll obj... vector. html というフリーのテキストエディタをインストールすると、YokkaGrepというソフトがセットでインストールされます。 検索ディレクトリ、検索文字列 正規表現も可 、ファイル名 ワイルドカードで複数のファイルの検索も可 などをセットして検索できます。 検索結果をテキストファイルやcsvファイルに出力することや、検索文字列を含む行を削除などの機能もあります。 grepで検索すると、他にも似たような機能のソフトがあると思いますが、NoEditor付属のYokkaGrepは、お勧めです。 A ベストアンサー :: ----- prevdate. echo. pause :: ----- prevdate. atmarkit. html :: ----- prevdate.

次の

【Excel】IF関数が使えない原因は「比較演算」の練習不足である

と ある if

Q batファイルを作成していて、 txtから特定の行のみをとりだし、変数に入れたいです。 どうもよくわからないので質問したいと思います。 まず以下の様なテキストファイルがあります。 ------------------- 111 222 333 ------------------- 実際の値、行数は違いますが、こんな感じに文字列が複数行並んでいます。 行いたい動作は、 ----------------------------------------- 1. 変数Textを使用し色々処理をする 3. 変数Textを使用し色々処理をする ----------------------------------------- コレを繰り返します。 2と4は同じ動作ですので、行数のカウンタを設定しループさせる予定です。 n行目を全て取り出す方法がわかれば行けると思うのですが、 どうも見つかりません。 ご存知の方がいればお教え願いたいと思います。 batファイルを作成していて、 txtから特定の行のみをとりだし、変数に入れたいです。 どうもよくわからないので質問したいと思います。 まず以下の様なテキストファイルがあります。 ------------------- 111 222 333 ------------------- 実際の値、行数は違いますが、こんな感じに文字列が複数行並んでいます。 行いたい動作は、 ----------------------------------------- 1. 変数Textを使用し色々処理をする 3. テキストファイルの2行目を変数T... Q いつもお世話になっております。 WindwsXPでDOSバッチを使ってテキストファイル中にある文字列1を文字列2に置換したいのです。 ネットをさまよっていて、こんな例を見つけました。 (参考にしたのはここです。 fpcu. A ベストアンサー No. 5 です。 >勝手に引用してしまってすみません。 皆さんに参考にしてもらうために回答しているので気になさらずに引用してください。 従って環境変数lineに入っている文字列のabcがxyzに置き換えられた結果が環境変数lに代入されます。 余談ですがバッチ実行時にどのように置き換えられるか見たい場合は、 バッチ先頭のecho offの行を取って実行するとよく分かります。 5 です。 >勝手に引用してしまってすみません。 皆さんに参考にしてもらうために回答しているので気になさらずに引用してください。 A ベストアンサー こんな感じですか? パスは適切に設定してください ----- a. bak goto skip copy test. ini test. vbs test. ini :skip ----- a. bat ここまで ----- ----- replace. ReadAll objFile. OpenTextFile strFileName, ForWriting objFile. WriteLine strText objFile. Close ----- replace. microsoft. mspx こんな感じですか? パスは適切に設定してください ----- a. bak goto skip copy test. ini test. vbs test. ini :skip ----- a. bat ここまで ----- ----- replace. ReadAll obj... vector. html というフリーのテキストエディタをインストールすると、YokkaGrepというソフトがセットでインストールされます。 検索ディレクトリ、検索文字列 正規表現も可 、ファイル名 ワイルドカードで複数のファイルの検索も可 などをセットして検索できます。 検索結果をテキストファイルやcsvファイルに出力することや、検索文字列を含む行を削除などの機能もあります。 grepで検索すると、他にも似たような機能のソフトがあると思いますが、NoEditor付属のYokkaGrepは、お勧めです。 A ベストアンサー :: ----- prevdate. echo. pause :: ----- prevdate. atmarkit. html :: ----- prevdate.

次の