ストレッチ ポール 腰痛。 ストレッチポールで腰をほぐすのはダメ?腰痛が悪化する使い方とは

ストレッチポールを使った腰痛対策

ストレッチ ポール 腰痛

あああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!! 気持ちぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!! 体幹を強化してくれるストレッチポールを使ったことがあるだろうか? ただ乗って、ジタバタしてるだけでもかなり運動になる。 もちろん、身体の柔らかさを出すのにも最適だ! 今回はそんなストレッチポールを使って、体幹を強化し、腰痛を予防する方法をお伝えする! 汗だくになり作成したので、ぜひ見て頂きたい!! この記事があなたの助けになれれば幸いだ!! この記事の目次• ストレッチポールとは? コンセプト:身体の歪みを解消し、正しい姿勢を取り戻す ストレッチポールはその上に乗って、エクササイズをすることにより日頃使われない筋肉や関節の動きを出していくものである。 体幹が弱いと腰痛になりやすい? 腰や骨盤周りは身体全体の土台となる。 その為体幹の支えである筋力が少ない 腹圧が低い と、姿勢が崩れやすくなる! その為、腰への負担は大きくなる! つまり、腰痛にもなりやすい。 腰痛でお困りの方は腹圧のトレーニングをされる前にぜひこちらの記事にて原因と改善方法を御覧ください。 愛知県岡崎市在住。 整体院柔YAWARAを設立した理学療法士。 柔YAWARAにて関節のトラブル由来の肩こりや腰痛、膝の痛みのケアを提供しております。 「一生懸命運動やストレッチをしているのに改善しない。 どうしてなんだろう?」 その様なお悩みを抱えた方やお仕事によるお身体のトラブルを抱えている方々を中心に皆様のその問題を解決する「お身体の健康アドバイザー」として日々奮闘中です。 またその傍、「理学療法士」として整形外科で培った知識を活かして、『障害の原因』や『予防方法』『身体のメンテナス・ケアのやり方』をこちらのメディアにてご紹介しております。 僕の想いはただ一つ。 【僕の技術によって皆様の「お身体」のトラブルが改善し、より良い状態になっていただく事。 】 その事によって、仕事の能率が向上したり、快適な生活が送れるようになれば『社会』に貢献できるのでは無いかと考えています。 またそのような技術を後進に伝えていく事も僕の使命であり、社会貢献だと思っております。 【長尾のちょっとした情報】 お身体のケアが好き。 ラグビーをするのが好き。 ランニングしたり、山を登るのが好き。 実家のタヌキみたいなチワワが好き。 嫁が一番大好き。

次の

ストレッチボールの効果とは?肩こり、腰痛などの改善にもおすすめ!

ストレッチ ポール 腰痛

あああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!! 気持ちぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!! 体幹を強化してくれるストレッチポールを使ったことがあるだろうか? ただ乗って、ジタバタしてるだけでもかなり運動になる。 もちろん、身体の柔らかさを出すのにも最適だ! 今回はそんなストレッチポールを使って、体幹を強化し、腰痛を予防する方法をお伝えする! 汗だくになり作成したので、ぜひ見て頂きたい!! この記事があなたの助けになれれば幸いだ!! この記事の目次• ストレッチポールとは? コンセプト:身体の歪みを解消し、正しい姿勢を取り戻す ストレッチポールはその上に乗って、エクササイズをすることにより日頃使われない筋肉や関節の動きを出していくものである。 体幹が弱いと腰痛になりやすい? 腰や骨盤周りは身体全体の土台となる。 その為体幹の支えである筋力が少ない 腹圧が低い と、姿勢が崩れやすくなる! その為、腰への負担は大きくなる! つまり、腰痛にもなりやすい。 腰痛でお困りの方は腹圧のトレーニングをされる前にぜひこちらの記事にて原因と改善方法を御覧ください。 愛知県岡崎市在住。 整体院柔YAWARAを設立した理学療法士。 柔YAWARAにて関節のトラブル由来の肩こりや腰痛、膝の痛みのケアを提供しております。 「一生懸命運動やストレッチをしているのに改善しない。 どうしてなんだろう?」 その様なお悩みを抱えた方やお仕事によるお身体のトラブルを抱えている方々を中心に皆様のその問題を解決する「お身体の健康アドバイザー」として日々奮闘中です。 またその傍、「理学療法士」として整形外科で培った知識を活かして、『障害の原因』や『予防方法』『身体のメンテナス・ケアのやり方』をこちらのメディアにてご紹介しております。 僕の想いはただ一つ。 【僕の技術によって皆様の「お身体」のトラブルが改善し、より良い状態になっていただく事。 】 その事によって、仕事の能率が向上したり、快適な生活が送れるようになれば『社会』に貢献できるのでは無いかと考えています。 またそのような技術を後進に伝えていく事も僕の使命であり、社会貢献だと思っております。 【長尾のちょっとした情報】 お身体のケアが好き。 ラグビーをするのが好き。 ランニングしたり、山を登るのが好き。 実家のタヌキみたいなチワワが好き。 嫁が一番大好き。

次の

【2020年最新】ストレッチポールのおすすめ人気ランキング!効果的な使い方や選び方も合わせて紹介

ストレッチ ポール 腰痛

こんな棒みたいなので肩こりや腰痛が治るのか?と疑問に思うかもしれませんが、 デスクワーカーや肩こりで体が凝り固まった人にはホントにおすすめです! ストレッチポールでゴリゴリ体をほぐすと体が軽くなります。 僕は大学時代に陸上をしていたので、自宅にストレッチポールがあるのですが、今でも愛用しています。 背中が張るときや、なんか固まってるなぁ、と思うときはストレッチポールの上に横たわってゴリゴリほぐしています。 やっぱりストレッチポールを使うと次の日の体の軽さが違います。 肩周りが軽いと疲れにくくもなるので一石二鳥ですね。 そんな体のコリを解消するストレッチポールについて紹介していきます。 Contents• ストレッチポールがデスクワーカーに必要な理由 デスクワーカーは座ってパソコンや書類に向かい続けるため、 同じ姿勢になりがちです。 肩こりや腰痛が起こる理由の1つとして、 長時間同じ姿勢でいることで筋肉が固まるということがあります。 デスクワークで普段体を動かしていない人で肩や背中がカチカチの人でも、ふくらはぎや太ももは肩や背中みたいに固くなりませんよね。 これは普段の歩行で筋肉を動かしているからで、使っているうちはガチガチにはなりません。 デスクワーカーのような同じ姿勢でいる人は体を動かさないので、筋肉がどんどん固まっていき、肩こりや腰痛になるというわけです。 肩こりや腰痛になると、筋肉が固まっているので血流が悪くなって疲れが抜けにくくなります。 普段の仕事の疲れが肩こりのせいで抜けにくくなっていく悪循環が発生するので、体は柔らかくした方がいいです。 そんな凝り固まった体をほぐすために使うのが ストレッチポールです。 円筒形なので全身の凝り固まった至るところにアプローチすることが出来ます。 さらに、ストレッチポールはテレビを見ながらやスマホをいじりながらも出来るので、お手軽に体をほぐせます。 忙しくて時間のない人でも十分体をほぐせます。 ストレッチポールでほぐすべき場所と使い方 デスクワーカーがストレッチポールでほぐすべき場所は3箇所です。 それは、 背中、お尻、太ももです。 とりあえずここだけほぐしておけばデスクワークで凝り固まった体もだいぶ軽くなるはずです。 背中のほぐし方 背中をほぐす理由は、パソコンや書類を見続けることで丸まったりして背中が固まるからです。 背中が固まると首や頭に渡る血流の流れも悪くなり、頭の働きも鈍くなったり、肩こりにも繋がるので積極的にほぐすべきですね。 ほぐし方はYouTubeで参考になるものを見つけたので、いろいろ試してみてください。 文字で見るより動画のほうがわかりやすいです。 ストレッチポールの種類 ストレッチポールには種類が大きく分けて4つあります。 表にまとめてみました。 サイズ イメージ 特徴 通常 お尻から首元まで届くサイズなので、背中全体をほぐすことが出来ます。 自宅で置く場所に困らなければ基本的にこのサイズで問題ありません。 スポーツジムやヨガ、ストレッチでよく使われています。 ハーフ ハーフは通常の半分くらいの大きさで背中すべてを一気にほぐせる長さでは ありませんが、持ち運びが便利です。 スポーツなどで外で使う方におすすめです。 ハーフカット ハーフカットはハーフをさらに横向きに半分にしたものです。 転がすことが 出来なくなりますが、転がることが不安である初心者や高齢の方は安心して 使うことが出来ます。 電動 ハーフサイズのものが電動で震えるタイプです。 価格は少し高くなりますが、 振動を与えることで血流の促進や、筋肉をほぐす効果が期待されます。 用途別によって使うタイプを変えたほうがいいですね。 ちなみに、 ストレッチポールはLPN社が作っているものが商標登録されているので、LPN社以外のものはストレッチポールではなく、似たような違う名称をしています。 ただ、使い方や効果については変わらないので気にしなくて大丈夫です。 ストレッチポールのおすすめ ストレッチポールの種類について紹介しましたが、結局どんなものを買えばいいの?という疑問になると思います。 結論から言うと、 最初は安いもので十分です。 最近のものは値段が安くてもいいものは多いです。 ストレッチポールの素材によって硬い、柔らかいはありますが、硬さは好き嫌いあると思うので、最初は安いものを買ってみて効果があるか試してみてから違うものを試すのか考えたらいいと思います。 価格が安くて良さそうなものをいくつかピックアップしてみました。 ハーフになると価格もかなり安くなります。 持ち運びをしたい方にはハーフがおすすめですね。 KOOLSENのものは持ち運び用の袋がついているので、袋に入れて持ち運びが出来ます。 stanのハーフカットは2本ついているので、2本をつなげると通常サイズのハーフカットとしても使えるので、場所によって使い方を変える事もできます。 ストレッチポールでデスクワークの疲労を改善 仕事や運動で凝り固まった体をストレッチポールでほぐしていきましょう。 体が柔らかいってだけで生活の質もかなり向上します。 肩こりを始めとした体のコリやデスクワークによる肩こりはじわじわとキツくなってくるので、気づいたときにはガチガチになっています。 体が固いなぁ、と感じたらとりあえずストレッチポールでほぐしてみるといいかもしれませんね。 ストレッチポールを持っていない人は安いものから試してみてはいかがでしょうか。 2000円前後なのでリーズナブルだと思います。

次の