おもちゃ 1歳。 1歳の発達をバッチリ伸ばす知育玩具&おもちゃ40選。モンテッソーリ教育にもおすすめ!

【女の子編】1歳の子供が喜ぶ誕生日プレゼント集|人生初の誕生日を祝うギフトとは

おもちゃ 1歳

ご注意ください。 大切な贈り物に心を込めたギフトラッピングをぜひご利用ください。 ラッピングペーパー ラッピングペーパーにご希望がありましたら、ご注文の際のコメント欄にご記入ください。 ただし、各デザインともに数に限りがある為ご希望に添えない場合がありますので、ご了承ください。 通常のギフト対象です。 かけるタイプ 箱の上面に掛ける包装をします。 大きい外箱のギフト対象です。 ふくろタイプ 透明バッグ等での包装をします。 外箱のないギフト対象です。 その他、小さな商品の詰め合わせギフト対象です。 万一「破損・汚れ等のある商品」や「ご注文とは異なる商品」が届いた場合は7日以内にご連絡ください。 お客様とご相談のうえ、送料など弊社負担で正しい商品を早急に手配いたします。 ご注文日から20日経過した注文内容につきましてはキャンセルを受け付けていませんのでご注意ください。 20時-21時の時間帯が19時-21時へ変更となります。 またサイズ規定変更により、一定サイズ以上の荷物は日時指定ができなくなります。 ご了承ください。 ・ 営業日の午後3時までのご注文は、当日出荷です。 (一部商品においてはお時間を頂く場合がございます。 銀行振込 はご入金確認後に発送のためこの対象外です。 第三者に流すようなことは絶対いたしませんのでご安心ください。 kinoomochaCOMOC provide the service within Japanese domestic market only. Copyright C 2006-2015 Shirogane Corporation. All Rights Reserved.

次の

1歳児のおもちゃのおすすめ20選|年齢と行動にぴったりのおもちゃを

おもちゃ 1歳

保育園でできる、1歳児向けの手作りおもちゃとは 1歳児になると好奇心が旺盛になり、いろいろなものに関心を持つようになるでしょう。 物をつまんだり離したりしながら、興味があるものに対して自分から関わろうとする行動も見られるかもしれません。 このような1歳児の特徴を踏まえ、保育園では目や耳、手などを使って子どもの五感の発達を促せるようなおもちゃを選んで用意するといいでしょう。 具体的には、不思議な感触を体験できるものや、自分でさわって音が鳴るのを楽しめるような手作りおもちゃを取り入れるとよさそうです。 今回は、1歳児の興味や関心に合わせた、保育園でできる簡単な手作りおもちゃを紹介します。 乳児向けのおもちゃなので、先生が作ったもので子どもたちと遊んでみてくださいね。 1歳児向けの手作りおもちゃ:感触を楽しめるアイデア 子どもたちが感触を楽しめる、保育園でできる1歳児向けの手作りおもちゃのアイデアをまとめました。 スポンジおもちゃ 水遊びグッズ 水遊びに使える手作りおもちゃを紹介します。 トイレットペーパーの芯に穴をあけて、ひも通しの練習ができるおもちゃです。 穴を大きくすれば、初めて挑戦する子どもでもひもが通しやすくなるでしょう。 長めのひもを通したものを壁に貼り付ければ、左右のひもを引っ張って遊べるおもちゃに変身しますよ。 また、ひもの両端を壁に取り付けた有孔ボードに通して裏側でとめれば、トイレットペーパーの芯を動かして遊べるおもちゃにもなるでしょう。 1歳児向けの手作りおもちゃ:音を楽しめるアイデア 子どもたちが音を楽しめる1歳児向けの手作りおもちゃを見ていきましょう。 ペットボトル楽器 ペットボトルを使った楽器を紹介します。 マラカス 振るとシャカシャカと音が鳴るマラカスを作って遊んでみましょう。 チーズの空容器にひもを通したボタンをつけて、持ち手となる割り箸を差し込めばできあがりです。 太鼓を左右に回せば、ボタンが容器に当たる音を楽しむことができたり、ボタンの素早い動きに興味を示したりするかもしれませんね。 1歳児向けの手作りおもちゃ:目で見て楽しめるアイデア 保育園でできる、視覚を使って楽しむ1歳児向けの手作りおもちゃを見ていきましょう。 ラップの芯でくるくる楽しい手作りおもちゃ ラップの芯を転がして遊べるおもちゃを紹介します。 用意するもの• ラップの芯• マスキングテープ• ビーズなど• セロハンテープ 作り方 1. ラップの芯にマスキングテープをねじるように巻いていきます。 ラップの片端をカラーセロハンなどでふさいでテープで止めます。 2 の反対側からビーズなどを入れて同じようにセロハンでふさぎ、テープでとめればできあがりです。 できあがったおもちゃをくるくる転がして遊んでみましょう。 ラップの芯が動くとマスキングテープの模様が変化して見えるため、1歳児がどんな反応をしてくれるのか楽しみですね。 また、ラップの芯の中に入れるものや量など素材を変えることで音の変化も楽しむことができるので、さまざまな方法で試してみてくださいね。 トイレットペーパーの芯でできる双眼鏡 トイレットペーパーの芯で簡単な双眼鏡を作ってみましょう。 用意するもの• トイレットペーパーの芯 2個• カラーセロハン• セロハンテープ• 画用紙• 両面テープ• はさみ 作り方 1. トイレットペーパーの芯の両端にカラーセロハンを貼ります。 (2個とも) 2. 1 の側面を画用紙などで巻きます。 芯の側面に両面テープを貼り、2つの芯をくっつければできあがりです。 できあがった双眼鏡を1歳児に覗いてもらいましょう。 いつも見ている景色の色が変わるので、不思議に感じられそうですね。 カラーセロハンの色を変えると、さまざまな色が楽しめる双眼鏡を作ることができますよ。 パクパク人形 パクパクと口を動かす人形を紙コップで作ってみましょう。 用意するもの• 折り紙(画用紙)• 紙コップ• シール(無くても可能)• はさみ 作り方 1. 紙コップの両サイドにハサミで切り込みを入れます。 切り込みを入れた部分から、紙コップを開き、底に折り目を入れます。 折り紙や画用紙で顔や体の部分に使うパーツを作ります。 3 で作ったパーツを紙コップに張り付けていきます。 ペンや色鉛筆を使って動物の顔をかけばできあがりです。 さまざまな動物を作ってみたり、行事やイベントに合わせた人形を作ったりして、簡単な人形劇をやってみれば、子どもたちも喜んでくれるかもしれませんね。 参考記事: いないいないばあ 乳児が喜ぶいないいないばあができる手作りおもちゃを紹介します。 紙コップ 紙コップとビニール袋を使って簡単にいないいないばあを作ってみましょう。 <用意するもの>• 紙コップ• ビニール袋• 曲がるストロー• 画用紙またはシールなど• セロハンテープ• カラーマジックペンなど <作り方> 1. 紙コップの底の中心部に、きりでストローが通るくらいの大きさの穴を1つあけます。 穴を開けたところから曲がるストローを通し、紙コップの内側に出てきたストローにビニール袋の口をつけます。 このとき、空気が漏れないようにビニール袋の口の部分をテープでしっかり止めます。 紙コップにストローとつないだビニール袋を入れて、反対側のストローから息を吹き込みます。 空気がビニール袋に入ってきちんと膨らめばできあがりです。 この製作は、息を吹き込むことでしぼんでいたビニール袋が膨らんで、いないいないばあになる仕掛けになっています。 ビニール袋にマジックペンなどで動物の顔などをかいて、子どもたちにどんな絵が現れるか当てるクイズを出してみてもいいかもしれませんね。 牛乳パック 牛乳パックを使ったいないいないばあを紹介します。 指の部分にマジックテープを貼って、フェルトで作った人形を貼り付ければ手袋シアターのできあがりです。 手袋シアターを使って子どもたちに向けて歌ったり、ちょっとした劇を演じてみたりすれば、目で見て楽しむことができるでしょう。 また、壁にフェルトとマジックテープを貼って、1歳児が自分で触って遊べるような人形を作ってみてもいいかもしれませんね。 保育園で手作りおもちゃを取り入れて、1歳児と遊びを楽しもう 今回は、フェルトやボタン、牛乳パックなどの身近な素材を使った、1歳児向けの手作りおもちゃのアイデアを紹介しました。 1歳児はさまざまなものを目で見て楽しんだり、手を動かしたり音を聞いて喜んだりと、さまざま反応を見せるようになるでしょう。 そのため、保育園では子どもの五感を刺激するような手作りおもちゃを作るといいかもしれません。 今回紹介した手作りおもちゃを使って、1歳児の子どもが楽しめる室内遊びや水遊びを行ってみてくださいね。

次の

【1歳児のおもちゃおすすめ14選】赤ちゃんに人気なのはコレ!

おもちゃ 1歳

1歳児におすすめ!手作りおもちゃ「動物の紐通し」の作り方 用意するものは、作りたい動物の種類や個数によって若干変わりますが、写真のおもちゃの場合(赤ちゃんの手のひらサイズの動物6種類)は、以下のものです。 以降、動物を「リングパーツ」、紐を「紐パーツ」とさせていただきます。 step 1ドーナツ型を書く 厚紙にドーナツ型の、基本となる二重円を描きます。 大きさはお好みでOKですが、適度な大きさのコップやテープ・コイン等で円をとると、早くきれいに描けるかと思います! 作りたいサイズより少しだけ大きめの円を意識してみてくださいね。 step 2動物の耳部分の型紙を作る ドーナツ型をベースに、耳の小さい動物(今回はネコ・クマ)は耳の部分の出っ張りをつけた型紙も作っておきます。 ウサギ等は、サイズに合った耳も作っておきます。 (本体に差し込む部分があるので2~3mm長めに作ります。 ) step 3カットする 型紙に同色2枚のフェルトを合わせて、各動物のベースとなる円をカットしていきます。 step 4顔を作る 円2枚を縫い付ける前に、先に顔を作っておきます。 それぞれの動物の、頬や飾りとなる小物を、余ったフェルトやお好みの布でサイズを合わせてカットし、3で切った片側の表面に縫い付けます。 円形布の端に寄りすぎないよう気をつけてくださいね。 目やひげも糸(小さく切った布でも、お好みで)で縫いながら、顔を作っていきます。 糸はすべて裏面で止めてください。 step 5塗う 4で作った円と同色のもう一方を重ね合わせ外側の円を返し縫いで強めに縫っていきます。 耳を挟む場合はここで挟んでおきます。 step 6綿を詰めて完成 綿を少しずつ詰め、形を整えながら内側も縫っていき、完成です。 紐パーツの作り方 step 1両端に飾りをつける 両端に飾りをつけたい場合には、紐パーツ飾り用の型紙をお好みで作ります。 サイズはリングパーツの内側円より少し大きめくらいがおすすめです。 (飾りをつけない場合は紐の端がほつれないよう結んだり加工をして完成です。 ) step 2フェルトをカット リングパーツ同様、2枚ずつ型紙に合わせてフェルトを切ります。 step 3アレンジする 柄となる部分を先にアレンジします。 step 4袋状に縫う 表のデザインが完成したら、紐との接地面以外を袋状に縫います。 step 5完成 紐を1cmほど入れて縫い付け、完成です。 動物のひもとおしを作る時のポイント・注意点 ママご自身のお好みで自由に楽しく作っていただければと思いますが、子どもの年齢と発達を踏まえ、以下の点に注意して作ってみてくだいね。 紐の長さを長くしすぎない! 紐を長くしすぎると、首に絡んでしまったり持って立つと踏んづけて転んでしまったり…というリスクが上がってしまいます。 1歳の子へのプレゼントには、適度な長さ(首に絡まない長さ)が良いと思います。 本体の大きさは、完成形で5cm以上に、糸の始末もしっかりと! ピンポン玉以下のサイズのものは、赤ちゃんの誤飲のリスクがあります。 穴が開いているのでボール等よりは安全ですが、念には念をで安全なサイズで作ってくださいね。 糸も飛び出していると、噛んでちぎって綿を口に入れてしまう…という心配も。

次の