ジャン ピエール ポルナレフ。 ジャン=ピエール・ポルナレフの名言・名セリフ|ジョジョ名言集

ジャン=ピエール・ポルナレフとは (ジャンピエェルポルナレフとは) [単語記事]

ジャン ピエール ポルナレフ

スポンサーリンク ポルナレフは、5部の何巻に登場していた? 3部で承太郎達の仲間に加わっていた、ポルナレフ。 5部では、ブチャラティチームの協力者として終盤に登場します。 単行本や文庫版の何巻に登場するのか?というと… 単行本61巻・文庫版38巻(黄金の風9)の「グリーン・ディとオアシスその12」から。 これ以降はポルナレフがレギュラーキャラの一人として加わり、5部終了(63巻)まで出番が度々あります。 ちなみに、これ以前にも出番はあります。 ネットを通じて、姿は見せず声だけでしたが。 こちらのシーンは、単行本59巻・文庫版37巻(黄金の風8)の「もしもし!通話中 その1」に掲載されています。 第5部にポルナレフが登場、ディアボロと対決するが…死亡 ジョジョの奇妙な冒険・第3部「スターダストクルセイダース」で活躍していた彼が、第5部に再登場したときは驚きました。 ポルナレフ(5部ナレフ)は正体を隠し、ブチャラティたちが持っていたパソコンのネット回線を通して語りかけてきました。 読者の前に姿を現したのは、最終決戦場となったローマ・コロッセオ。 ブチャラティやジョルノがやって来るのを待っていましたが・・・ 先にやってきたのは、黒幕・ディアボロのほうでした。 ポルナレフとディアボロは、以前に対決したことがあります。 ディアボロの組織が通信手段やマスコミ、警察、政治を牛耳っていたため… 国外の仲間へ助けを呼ぶことができなかったポルナレフ。 孤立したポルナレフは、真正面からひとりっきりでディアボロと対決するしかありませんでした。 しかし、ディアボロのスタンド能力「キングクリムゾン」の前に敗北。 命を落としたと思われていました・・・ ディアボロと再戦したポルナレフはキングクリムゾン対策を思いついていて、ディアボロにダメージこそ与えることに成功したのですが・・・ やはりかなわず、今度は本当に命を落としてしまいました・・・ ディアボロ撃破後、亀に居座る ジョルノが黒幕・ディアボロを撃破し、第5部のエンディングを迎えます。 シルバーチャリオッツ・レクイエムの能力によって、亀と魂を入れ替える形で亀の肉体に乗り移っていたポルナレフ。 能力が解除され肉体がなく行き場のなくなった魂は、あの世へ旅立つはずなのですが・・・ 魂はあの世へ旅立たず、亀のスタンド(ミスター・プレジデント)が作った部屋の中に吸い込まれました。 ポルナレフの魂は、その部屋に留まっていたようですが・・・ その後、ポルナレフの魂はどうなったのでしょうか? ポルナレフはその後、組織のナンバー2になっていた! ポルナレフの魂が亀「ココ・ジャンボ」の作った空間に吸い込まれ、居座り続けます。 その後、どうなったのでしょうか? 第6部エンディング後のエピソードが、小説版ジョジョ「恥知らずのパープルヘイズ」で語られていました。 パープルヘイズは、ご存知の通りフーゴのスタンド能力の名称です。 この小説はフーゴは主役の物語で、ブチャラティのチームを離れたフーゴが再び組織に戻るまでの話です。 もっとも、第6部本編において組織を離れたのはジョルノやブチャラティたちなのですが・・・ その後、ジョルノが逆にディアボロに替わって組織のボスになってしまったので、ジョルノのいたチームを離脱したフーゴは組織の中に居場所がなくなってしまったのです。 くわしいストーリーの内容は、小説を読んでもらうとして・・・ ポルナレフについての情報は、小説「恥知らずのパープルヘイズ」の中でも語られていました。 ポルナレフ本人は、残念ながら登場せず。 ミスタとフーゴの会話の中で触れられていました。 ポルナレフはなんと、ジョルノがボスになった組織の中でナンバー2になっていました! 本来なら、ミスタがナンバー2の座に就くはずだったのですが・・・ 数字や縁起にこだわるミスタが「2」という数字を嫌って自らナンバー3を名乗ったため、ポルナレフがナンバー2になったとのこと。 まとめ 第6部のラストに亀に吸い込まれ、その部屋の中に住み始めた、ポルナレフの魂。 その後は・・・ 相変わらず亀の中に住み続けている。 さらに、ジョルノがボスになった組織のナンバー2に就いていた。 スポンサーリンク.

次の

ジャン・ピエール

ジャン ピエール ポルナレフ

キャラ紹介 初登場は第3部。 DIOの放つ刺客であり敵として現れ、香港のタイガーバームガーデンでアヴドゥルと戦いを繰り広げた。 20代前半のフランス人。 アヴドゥルに敗北した後はスタープラチナによりDIOの「肉の芽」を摘出されて正気を取り戻し、以降はジョースター一行に仲間として同行した。 妹を殺した「両手が右手の男」を探しており、旅の途中で仇は討ったが以降も旅は続け、DIOとの戦いの後も生き残り故郷へと帰った。 第5部でも登場するが年齢を重ねたためか、第3部の直情径行で軽いキャラとは別人のような性格になっていた。 戦闘スタイル 生まれついてのスタンド使いで、「シルバーチャリオッツ」を操る。 訓練を積んだことで並外れたスピードと正確さで剣を振るう近距離型のスタンドで、承太郎をして「手加減できる相手ではない」と言わしめるほど。 ヴァニラ・アイスとの戦いの中では怒りによる成長で射程距離が10m〜ほどに伸びた。 纏っている甲冑を脱ぐことによりさらにスピードは上昇するが、防御力が無くなってしまう。 HHA直後は相手が大きく仰け反っていればそのまま通常攻撃が当たるものの、この連携の場合距離が離れるのでそれもできない。 25ゲージ消費でダメージ324。 スタンドラッシュ対応の「そこ以外をきり刻む!」は中で出せばダウンさせないで攻めを継続可能。 HHAを出した後は中攻撃が間に合うのでそこから威力の高い「剣で切るのは……たやすい」で締める。 引き続き分身効果を得たまま行動できるので有用なコンボ。 上のコンボの変形。 25ゲージを回収できるため、プッツンキャンセルからGHAが可能となる。

次の

ジャン=ピエール・ポルナレフの名言・名セリフ|ジョジョ名言集

ジャン ピエール ポルナレフ

1965年の年末も近づいてきた冬のある日、彼はフランスで生まれました。 漫画家になりたいと言う密かな夢を心の中に秘めつつも、スポーツが大好きな活発な少年。 小学生の頃公開された少年野球チームを舞台にしたアメリカ映画がお気に入りの、普通の子供でした。 幼い頃に母と死別すると言う悲劇に遭いますが、そのこととは関係なく生まれた頃から「スタンド能力」という一種の超能力を持っていました。 彼はその能力を幼い頃から自覚しており、その能力を前向きにとらえ、鍛え上げてきました。 そのことが彼の前向きでポジティブな性格を形成する一助となったのでは無いかと思われます。 彼の人生の転機となったのは 19歳。 ロサンゼルスオリンピックが開催された頃。 妹シェリーが何者かによって殺害される事件が起きてしまいます。 そこからの2年間。 彼は妹を殺した男を捜し、そして復讐することに人生を捧げます。 その中で DIO と出会い、そして敗れ、DIO の手下と成り果てます。 しかしその後、生涯の親友となる男、 空条承太郎と出会い、救われ、そして再び彼の人生は始まったと言えるでしょう。 それは 1988年。 彼が22歳の時でした。 ここまで、彼の半生を振り返りましたが、何者か、と言うほどの秘密は無く、たまたま生まれつきスタンド「シルバー... ロード中...

次の