茨木 市 教育 センター オンライン 授業。 令和2年度報道提供資料/茨木市

【5月22日】市立小中学校の5月25日以降の対応について/茨木市

茨木 市 教育 センター オンライン 授業

茨木市消防本部は、心肺停止の男性を人命救助された「ホンダカーズ茨木 南茨木店」の従業員 柗内博子(まつうち ひろこ)さん(50才)と柗内のぞみ(まつうち のぞみ)さん(37才)に、下記のとおり感謝状をお贈りします。 贈呈者は乾消防長です。 事故は 、2月14日の14時35分ごろ、茨木市若草町の中央環状線側道で発生しました。 70才代の男性が運転中に意識消失を起こし、併走していた大型トラックに接触後、「ホンダカーズ茨木 南茨木店」付近の側壁に衝突。 博子さんとのぞみさんが事故車両に駆け寄って声をかけましたが、運転手の意識・呼吸はありませんでした。 のぞみさんが119番通報を行い、また、博子さんは110番通報とともに、自転車で近くのAED(往復500m)をとりに行き、胸骨圧迫と電気ショックを2回行い、先着の警察官が到着するまで心肺蘇生を継続しました。 その後、救急隊への引き継ぎを行い、これら「救命の連鎖」がつながりました。 また、のぞみさんは前日に同じ場所で発生した事故を目撃しており、「また同じように事故が起こって、その人の呼吸がなかったらどうしよう」と考え、事業所付近のAED保有施設を回り、緊急時に借用できるかを交渉したとのことで、もしもの事態に備えたこうした行動も、事故に対応できた要因だと考えます。 (博子さんも上級救命講習を事前に受講されていたました) なお、運転手は病院搬送途中の救急車内で自発呼吸と心拍が再開し、後日、後遺症もなく良好な状態で退院されました。 茨木市は、5月22日から「#エール茨木寄附」の募集を開始しました。 本市が進めているさまざまな新型コロナウイルス感染症対策に係る取組みを応援したいという市民・事業者の皆さまの想いの受皿として寄附を募集し、市民・事業者・行政が一丸となって健やかな市民生活とまちの活力の回復を目指します。 寄附の募集方法は、現在本市が契約中の「ふるさとチョイス」「さとふる」等の、ふるさと寄附金ポータルサイトを活用します。 市内外を問わず、スマートフォン等による寄附はもちろんのこと、まち魅力発信課の窓口等での寄附申込みも可能です。 今後、茨木市では皆さまの賛同・応援を多く得るためにも、創意工夫ある事業の展開に努めてまいります。 の要件に該当するインターネットを利用しない(できない)方で、登録を希望 される方。 ただし、4. についてはインターネットの利用有無は問わない。 70歳以上の単身高齢者 2. 75歳以上のみの高齢者世帯の代表者 3. 地域防災計画で定められた避難行動要支援者 4. 地区連合自治会長 5. 自主防災組織の会長 6. 地域防災計画で定められた要配慮者利用施設の施設管理者 6 問合先 茨木市総務部危機管理課長 吉田 憲彦 電 話:072-620-1617 水道料金等納入通知書の請求年月分の誤記載について 令和2年5月14日及び15日に発送した、茨木市水道料金等納入通知書の請求年月分の欄に記載誤りがありました。 市民の皆さまにご迷惑をおかけしお詫び申しあげますとともに、今後このような誤りを起こさないよう再発防止に努めてまいります。 1 経過 令和2年5月14日及び15日、本市市内の一部地域に令和2年4・5月分の水道料金の納入通知書を発送。 受け取った市民の方から「請求年月分」の欄に記載されている内容についての問い合せをうけ、誤りが判明したものです。 4 対象件数(及び区域) 4,413件分(郡・山手台・駅前・清水ほか) 5 対応 お詫び文を送付するとともに、送付済みの納入通知書での支払いが可能であることをお伝えし、誤記載の納入通知書をお送りした方で収納確認ができた方に納入証明書を発行します。 6 再発防止 出力帳票をチェックする人数を増やすなど、チェック体制の強化を図ります。 7 問合先 水道部営業課長 岸本 哲児 電話:072-620-1691 大阪府内初!市内飲食店等支援プロジェクト「さきめし茨木」サイトをオープン(令和2年5月15日提供) 茨木市は、以前報道提供しました、Gigi株式会社(所在地:福岡県福岡市中央区大名2丁目6-11、代表取締役:今井了介)のサービス「さきめし」を活用した市内飲食店等応援プロジェクト「さきめし茨木」について、本日5月15日に、特設サイトをオープンしました。 本サービスを活用した飲食店支援は大阪府内自治体で初めての取組みとなります。 同プロジェクトは、食事をごちそうできる同社のサービス「ごちめし」を通じて、応援したい飲食店等に食事代を先払いし、新型コロナウイルス感染症が終息した後に店を訪れ、飲食することで応援するものです。 茨木市が同社と連携することで、さらに(1)市内登録店舗を集約した特設サイトのオープン、また、(2)店舗を指定せず、登録している全参加店(地域全体)への応援(寄付)が可能となりました。 自粛要請が段階的に解除となりますが、コロナ禍により苦しむ飲食店等の皆さまに、少しでも力になりたいと思い始めたプロジェクトです。 店舗さまへの周知及び支援の輪を広げるため、ぜひ、取材・掲載等いただきますようお願いいたします。 なお、本プロジェクトは「#エール茨木」の一環として実施しています。 登録等にあたっての、店舗側の負担は発生しません。 (参考に前回送付資料を添付します) 2 市内店舗登録数(5月15日現在) 8店舗(計22メニュー)が登録 3 茨木市特設サイトURL 4 参考(#エール茨木について) 「#エール茨木」とは、緊急事態宣言により、外出自粛等の長期化、市内飲食店等を中心とする事業者の経営悪化、市民の皆さまの健康悪化・ストレス増大が懸念中、「頑張っている事業者さまの応援」や「外出自粛中でも楽しめる・ほっとできる」ことの提案を目的とした取組み・情報発信です。 「#エール茨木」ページ 5 問合先 まち魅力発信課長 肥塚 暁子 電話:072-620-1602 【緊急雇用対策】会計年度任用職員(事務)を10名募集します(令和2年5月15日提供) 1 主な勤務内容 事業者応援給付金(市独自事業)など、新型コロナウイルス感染症の影響により増加する業務における事務補助等 2 採用予定人数 10人 3 受験資格 茨木市内に在住し、新型コロナウイルス感染症の影響により、離職、廃業、内定取消し、就職活動ができなかった、仕事が減り収入が減少した、のいずれかに該当する方。 なお、欠格条項(地方公務員法第16条)のいずれかに該当する場合は申込できません。 茨木市立小中学校の5月11日以降の対応について(令和2年5月8日提供) 国からの緊急事態宣言が5月31日まで延長されたことに伴い、茨木市立小中学校について、臨時休業措置を延長するとともに、下記の取組み等を実施することにいたしましたのでお知らせいたします。 1 登校日 5月11日から登校日を実施し、休校期間中の児童生徒の心のケアや学習支援を行います。 ・児童生徒一人あたり、週1回とします。 ・分散登校を実施。 1教室の人数を15人以内とし座席等の距離も1~2m離します。 ・学校にいる時間を、2時間までとします。 ・授業日ではありませんので、参加できない場合も欠席とはなりません。 (2)茨木っ子オンライン授業 5月18日から、全児童生徒対象の「茨木っ子オンライン授業」(授業動画を見ながらワークシートやノート等に書き込み次の登校日に持参)を実施し、休校期間中の学びを保障します。 ・ネット環境がないご家庭には、DVD配布やタブレット貸し出しを行い、全ての児童生徒が視聴できる環境を整えます。 ・登校日に、学習課題やワークシート等を配布するとともに、必要な児童生徒にDVD配布とタブレット貸し出しを行います。 3 見守り登校 国の緊急事態宣言が延長されたことをうけ、小中学校とも規模を縮小した形の見守り登校を継続します。 4 中学校の入学式 授業実施が可能になる時まで、延期します。 5 夏休み及び冬休み 休校期間における小中学校の授業時数を確保するという観点と、自粛することを強いられている子どもたちに自由な時間を保障するという観点から、今年度の夏休みと冬休みを下記のとおりとします。 6 問合先 茨木市教育委員会学校教育部 登校日に関すること: 学校教育推進課参事 尾崎和美 電話 072-620-1683 オンライン授業に関すること:教育センター所長代理 岡田祥一 電話 072-626-4400 新型コロナウイルス感染症に関する次なる情報発信「#エール茨木」を開始します(令和2年5月1日提供) 茨木市は、5月1日から、新型コロナウイルス感染症に関する次なる情報発信「#エール茨木」を開始します。 緊急事態宣言が発出される中、外出自粛等の長期化、市内飲食店等を中心とする事業者の経営悪化、市民の皆さまの健康悪化・ストレス増大が懸念されているところです。 現在行っている新型コロナウイルス感染症に係るさまざまな支援施策等の実施・情報発信に加えて、「頑張っている事業者さまの応援」や「外出自粛中でも楽しめる・ほっとできる」ことの提案を目的とした情報発信が、「#エール茨木」です。 今回、その第一弾として、各種情報を集約したポータルページの設置、市民・事業者の皆さまと連携した情報発信、Gigi株式会社(所在地:福岡県福岡市中央区大名2丁目6-11、代表取締役:今井了介)のサービス「さきめし」を活用した市内飲食店の支援などを下記のとおり実施します。 どうぞ、取材・掲載等いただきますようお願いいたします。 1 「#エール茨木」第一弾の取組み概要 第一弾は、市ホームページへの専用ページの設置と「事業者(主に飲食店)の応援」のための取組みが主です。 1 市ホームページに各種情報を集約するためのポータルページを設置 ・ロゴ(別添)をメインビジュアルに置くとともに、情報を見やすく集約・配置 ・連携している民間情報にもリンクすることも特徴です 2 市民・事業者と連携した、市内テイクアウト等の情報の集約・発信 ・テイクアウト等の情報を集約しているローカル情報ニュースサイト「茨木ジャーナル」と連携し、店舗情報等の集約・発信を行います ・市内専用フードデリバリーサービス「IBAR EATS イーバーイーツ 」の情報発信を支援します ・各種SNSでハッシュタグ「#茨木を食べよう」をつけ、市民の皆さまや飲食店がおすすめのテイクアウトメニュー等を投稿するキャンペーンを実施します(市SNSでも随時紹介)。 3 Gigi株式会社のサービス「さきめし」による市内飲食店等の応援(別添資料あり) 食事をごちそうできるアプリ「ごちめし」を通じて、応援したい飲食店に食事代を先払いし、新型コロナウイルス感染症が終息した後に店を訪れて飲食するか、店舗を指定せず、登録している全参加店への寄付が可能。 5月15日から茨木市専用の「さきめし」ホームページを開設する予定です。 なお、 さきめしを活用した飲食店の支援は府内初(全国3例目)です。 4 職員「水曜ランチデリバリーの日」の実施 毎週水曜日(交代勤務中は火曜日も)に職員によるフードデリバリー利用を推奨し、「食べることで飲食店を支援」します 2 今後の取組みについて 今後、市SNSや広報誌等を通じて各取組みの浸透を図るとともに、更なる取組みを進める予定です。 また、第2弾では、主に「家で楽しめる・ほっとできる」情報発信を行っていく予定です。 3 参考 ・市ホームページ内「#エール茨木」ページ ・ローカル情報ニュースサイト「茨木ジャーナル」 ・市内専用フードデリバリーサービス「IBAR EATS」 ・さきめし 4 問合先 まち魅力発信課長 肥塚 暁子 電話:072-620-1602 新型コロナウイルス感染症の影響による生活困窮者への連休中の相談業務について(令和2年4月30日提供) 1 目的 新型コロナウイルスの感染症の影響で生活に苦しむ方に対して迅速な対応が急務となるため、長期連休中においても相談対応できる体制をとる。 この度の補正予算は、新型コロナウイルス感染症拡大の対応として、 健やかな市民生活の回復とまちの活力を取り戻すため、 国・府の緊急経済対策等の対応に加え、 生活困窮世帯への給付や小学校給食費の無償化等の「きめ細かな生活支援」と、 中小企業・個人事業主への給付による「幅広い事業活動支援」等の 市民生活・地域経済を支援する市独自の取組みを推進するものです。 市民・事業者の皆さまの健やかで活力ある生活の確保に向けた対策を最優先に 全力で取り組んでいきます。 詳細は、資料1「茨木市 緊急対策第2弾」、 資料2「茨木市 補正予算(第1号)の概要」をご参照ください。 問合先 財政課長 足立友司 電話:072-620-1612 1 2交代制による業務継続体制の構築 各職場で職員を2交代制とし、一方の班に感染者が発生した場合でも業務を継続できる体制とします。 1 各職場で2班体制とし、1~2日交代で職場に出勤します。 2 交代勤務による不足分の勤務日は、在宅勤務、週休日・祝日出勤の振替対応、年休等の取得によります。 3 当体制の維持のため、市民サービスへの影響が少なく、また、先送りすることが可能な業務の縮小・休止を行います。 2 実施期間 令和2年4月20日(月曜日)~緊急事態宣言の期間中 3 対象職員 全職員(会計年度任用職員等を含む) 4 問合先 業務継続体制全般(1(3))に関すること 政策企画課長 岩崎 友昭 電話:072-620-1605 勤務条件等(1(1)・(2))に関すること 人事課長 下薗 真一郎 電話:072-620-1601 茨木市長選挙及び市議会議員補欠選挙における投票用紙の交付ミスについて(令和2年4月13日提供) 4月12日午前7時すぎ、茨木市の投票所(中条公民館:茨木市下中条町3-27)で茨木市長選挙と茨木市議会議員補欠選挙の投票用紙を取り違えて有権者に交付する事案が発生しました。 投票用紙を交付する担当の市職員が、自動交付機へ投票用紙をセットする際に確認を怠ったため、9人の有権者に対して誤った投票用紙(市長選挙が9票、市議会議員補欠選挙が6票)を交付しました。 市議会議員選挙の際に、市長選挙の投票用紙を受け取った有権者が交付ミスに気付き、その場にいた市職員に指摘し発覚したため、3人の有権者に対しては、改めて市議会議員補欠選挙の投票用紙を交付しました。 なお、開票の際に確認したところ、これにより無効となった票は市長選挙が8票、市議会議員補欠選挙が5票でした。 茨木市では、本市の子ども達やその保護者を支えている保育施設従業員の健康管理対策の一環として、大塚製薬株式会社(本社:東京都千代田区神田司町2-9 代表取締役社長:井上 眞)からカラダを守る「乳酸菌B240」とカラダを潤す「電解質」が含まれる『ボディメンテドリンク』を提供いただくことになりました。 4月8日(水曜日)~10日(金曜日)にかけて、私立保育園連盟に加入の市内の施設に対し、同ドリンクを120ケース(1ケース:500mlペットボトル24本入)配付する予定です。 茨木市と大塚製薬株式会社は、令和元年11月12日(火曜日)に、市民サービスの向上及び市民の皆様の健康的な生活の実現を目的に、相互で連携と協力を行う協定を締結しています。 茨木市は、引き続き大塚製薬株式会社と連携し、地域発展に努めてまいります。

次の

令和2年度報道提供資料/茨木市

茨木 市 教育 センター オンライン 授業

タイトル 内容 株式会社絵本ナビ 絵本のためし読みができる、絵本・児童書情報サイト。 アルファポリス Web上でオリジナルの絵本を読むことができます。 福音館書店 小学生向け月刊絵本「たくさんのふしぎ」のバックナンバーから、編集部が選んだおすすめ4作品を全ページ無料 誠文堂新光社 ウイルスについて正しい知識を身につけるために、「ウイルスの正体」を特集した2016年12月号を無料公開。 Gakken 朝の読書タイムや自由時間の読書に使える電子書籍を無料配信。 人気の「まんがでよくわかる」シリーズ(ひみつシリーズ)や児童書、絵本、図鑑など、多数取りそろえられています。 KADOKAWA 角川つばさ文庫の無料公開ページ。 公開期間が延長され、ラインナップを更新して6月30日(火曜日)まで無料公開。 見る・聞く タイトル 内容 茨木市立図書館 子どもが使いやすい、調べものに便利なサイトを紹介しているリンク集。 大阪府立中央図書館 ヤングアダルト向けホームページ「YA!YA!YA!べんりやん図書館」内にある、おうちでの読書や学習に参考になるページを集めたリンク集。 茨木市教育センター 茨木っ子オンライン授業や茨木っ子体操を公開。 大阪府 体操・ダンスや英語学習動画を載せているページの紹介や、家庭学習プリントを掲載。 文部科学省 臨時休業期間における学習支援コンテンツポータルサイト。 経済産業省 EdTech(エドテック)事業者が取り組む学習関連の取組を紹介したページ。 NHK NHKが製作する学校教育向けの番組や学習のエッセンスをまとめページ。 NHK 高校生向けの学習番組や教材が掲載されたページ。 様々な教科が載っています。 国立天文台 大人から子どもまでおうちで楽しく学べる国立天文台のコンテンツを集めたページ。 科学技術広報研究会 全国の大学・研究機関の広報担当者有志が子ども達に見せたい科学技術のコンテンツを集めたページ。 スポーツ庁 おうちの中でもできるスポーツや運動・ダンスを紹介。 大人向けコンテンツ 読む タイトル 内容 茨木市 茨木市のホームページ。 新型コロナウイルスについて、茨木市に関する情報を掲載。 大阪府 大阪府のホームページ。 新型コロナウイルスについて、大阪府に関する情報を掲載。 首相官邸 日本の新型コロナウイルス感染症対策本部の開催状況を掲載。 首相官邸 新型コロナウイルスについて、病気の詳細や一人ひとりができる感染症対策を掲載。 厚生労働省 新型コロナウイルスをはじめ、国内の感染症について、情報や対策方法を掲載。 厚生労働省 新型コロナウイルスをはじめ、海外の感染症について、各国の対応など情報を掲載。 外務省 国・地域別の海外安全情報、渡航制限の状況など、各国の情報を掲載。 NIID国立感染症研究所 新型コロナウイルスの解説や、関連情報を掲載。 日本語ページはありません。 国立国会図書館 国立国会図書館「リサーチ・ナビ」内にある、新型コロナウイルスに関する図書館等の取組みを紹介。 なお、上記には一部有料情報が含まれるサイトもあります。 いかなる損害・損失に対しても、茨木市立図書館は一切の責任を負いかねますので、 あらかじめご了承のうえご利用ください。 13:00 警報が発表された場合茨木市に「特別警報」または「暴風警報」が発表された場合、図書館は臨時休館します。 警報が解除された場合 中央図書館および分館(中条・水尾・庄栄・穂積)閉館予定時間の1時間前までに警報が解除された場合、開館準備が整い次第、開館します。 分室(大池・豊川・白川・天王・玉島・山手台・太田・彩都西)警報の発表状況により異なります。 午前8時までに解除のときは、通常どおり開室します。 午前10時までに解除のときは、午後1時から開室します。 午前10時以降に解除のときは、終日休室します。 移動図書館午前10時までに解除された場合は、通常通り巡回します。 正午の時点でなお発表されているときは、その日は終日運行を休止します。 1日かけて巡回する山間部については、午前8時の時点で解除されていない場合は終日運行を休止します。 その他、土砂や積雪等、運行を妨げる恐れがあるときは、状況に応じて館長が判断します。 図書館主催行事等について臨時休館に合わせて中止します。 なお、行事開始予定時間より前に警報が解除され、図書館が再び開館(開室)する場合は、行事開催館にお問い合わせください。 20:00 「見ること」「聞くこと」に障害のある人もない人も、 みんなで楽しむことのできるバリアフリー映画会を開催します。 日時:令和2年2月9日(日曜日)午後2時から4時時半 場所:中央図書館2階多目的室(開場は午後1時半から) 定員:60人(入場無料、事前申込制) 申込: 下記の日付から、中央図書館まで電話・ファックス・来館いずれかの方法でお申込みください。 電話 072-627-4129 ファックス 072-627-7936 当日は受付および司会進行に手話通訳を配置します。 参加にあたり配慮の必要な方は、申込時にお知らせください。 申込について• 障害のある方とその家族・友人・ガイドヘルパー 1月11日(土曜日)の午前9時半から受付を開始します。 ファックスの場合は、氏名・ファックス番号・障害の種別をご記入ください。 障害のない方 1月25日(土曜日)の午前9時半から受付を開始します。 バリアフリー映画とは バリアフリー映画には、映画本来のセリフや効果音の間に、場面解説のナレーションである「音声ガイド」が流れます。 また、セリフや情景を説明した「日本語字幕」が表示されます。 09:40 茨木市立中央図書館で、市内障害福祉サービス事業所などに通う障害者の作品を展示します。 最終日には、手話講座や点訳体験のスペシャルイベントを行います。 日時:令和元年11月26日(火曜日)から12月1日(日曜日) 午前9時30分から午後5時まで(最終日は午後4時まで) 作品展示:1階ロビー 障害者アートの展示:2階ギャラリー(2階ギャラリーは、12月15日(日曜日)まで展示します。 ) 最終日12月1日(日曜日)のスペシャルイベント• 点字でお名前シールを作ろう! 場所:1階ロビー 時間:午後1時30分から午後4時 内容:点字を打つ専用の道具を使って、お名前シールを作ってみましょう。 講座「出張こめっこ」(大阪府乳幼児期手話言語獲得支援事業) 場所:2階会議室 時間:午後2時~午後3時 内容:えほんよみなど。 こめっこの豊かな手話表現をお楽しみください。 すべて、申し込みは必要ありません。 11:05 第55回茨木市教育文化月間に、各図書館で色々な催しを行います。 申込み制の行事もあります。 1.もっと知りたい安威川ダム 展示「もっと知りたい安威川ダム」 期間:10月29日(火曜日)から11月10日(日曜日) 平日は午前9時30分から午後8時まで 土日月祝は午前9時30分から午後5時まで 場所:中央図書館 1階ロビー (内容)安威川ダムに関するパネル展示 講演会「安威川ダム周辺を拠点とした地域づくり」講師:茨木市都市整備部北部整備推進課職員 日にち:11月10日(日曜日) 時間:午前10時から11時30分まで 場所:中央図書館 2階多目的室 定員:事前申込50人 (ご注意)申込受付が必要です。 受付は10月10日(木曜日)午前9時30分から、中央図書館の窓口・電話で受付しています。 2.ライブラリーフェスティバルおはなし会 日にち:11月3日(日曜日) 0才から3才の部:午前11時から11時20分 4才から6才の部:午後2時から2時30分 小学生の部:午後2時45分から3時15分 場所:中央図書館 2階おはなし室 3.こどもの本交換会交換したい児童書や絵本(1人2冊まで)をお持ちいただき、メッセージをカードにご記入ください。 ほかの人のメッセージを読んで持参の冊数分の絵本を選び、お持ちかえりいただけます。 申し込みは必要ありません。 中条図書館 1階集会室(児童室内) 11月3日(日曜日)午前10時から午後3時• 中央図書館 1階ロビー 11月8日(金曜日)から11月10日(日曜日)午前11時から午後4時 (ご注意)マンガや雑誌、テレビ絵本、DVD付き図書、シール図書、図書館のリサイクル本、破れている本、名前の記入等の書き込みのある本は交換できません。 4.朗読会音訳ボランティアグループ藍野による大人向けのエッセイや童話などを聴いて、本の世界をお楽しみください。 申し込みは必要ありません。 日にち:11月9日(土曜日) 時間:午後2時から2時45分 場所:中央図書館 2階多目的室 定員:当日先着50人 5.富士正晴記念館特別講演会 今こそ富士正晴!虚空の魂を生きる司馬遼太郎に「虚空の魂」と評された富士正晴。 富士正晴とはいったいどんな人物だったのか、元ベテラン記者、石野伸子さんが語ります。 講師:元産経新聞記者 石野 伸子さん 日にち:11月4日(月曜日) 時間:午後2時から3時30分 場所:中央図書館 2階多目的室 定員:事前申込80人 (ご注意)申込受付が必要です。 受付は10月4日(金曜日)午前9時30分から、中央図書館の窓口・電話で受付しています。 6.映画会「邦画vs洋画」と題し、全6回映画会を行います。 申し込みは必要ありません。 10月30日(水曜日)『晩春』108分• 10月31日(木曜日)『西鶴一代女』137分• 11月1日(金曜日)『麦秋』126分• 11月6日(水曜日)『怒りの葡萄』129分• 11月7日(木曜日)『レベッカ』130分• 11月8日(金曜日)『スミス都へ行く』123分 すべて午後2時から 場所:中央図書館 2階多目的室 7.ブックツリーの展示と本の特集 今年5月に開催した「BOOK TRAVEL @元茨木川緑地」で、参加者がふせんに「好きな本」を書いて貼ったブックツリーの展示とその本の特集を行います。 日時:10月29日(火曜日)から11月10日(日曜日) 場所:中央図書館 1階特集コーナー 8.リサイクル図書フェアリサイクル図書を1人10冊までお持ち帰りいただけます。 各館、約1,000冊をご用意してお待ちしております。 (ご注意)本がなくなり次第、終了いたします。 絵本はありません。 水尾図書館 2階会議室 11月3日(日曜日)• 穂積図書館 3階エレベーターホール 11月3日(日曜日)• 中条図書館 1階集会室(児童室内) 11月10日(日曜日)• 庄栄図書館 1階ロビー 11月10日(日曜日) すべて午前9時30分から12時 19:00 令和元年度 「茨木市 図書館を使った調べる学習コンクール」の募集要項をお知らせします。 (主催:茨木市教育委員会)• 作品募集期間:令和元年9月1日(日曜日)から9月30日(月曜日)• 募集対象:茨木市在住・在学の児童、生徒(小・中学生)• 授与する賞:最優秀賞(1名) 優秀賞(最優秀賞をのぞく全国コンクール推薦作品) 参加者全員に参加賞を贈呈 募集する作品公共図書館や学校図書館を使って調べまとめた作品。 身近な疑問や不思議に思うこと、興味があることなどテーマは自由です。 調べるときに利用した資料名や図書館名を書いてください。 作品の形態(目安)サイズ:小学生はB4サイズまで、中学生以上はA4サイズまで 模造紙等にまとめる場合は上記サイズに折りたたんで応募します。 ページ数:50ページ以内(目次、参考文献一覧は除く) 集めた情報をまとめた資料集を「別冊」として添付することができます。 応募方法(茨木市立小・中学校在籍児童・生徒) 学校に提出してください。 (私立学校等茨木市立小・中学校以外の学校に在籍している児童・生徒) 1作品につき1点の「応募カード」を添えて、茨木市内の下記の図書館へ提出してください。 応募先: 茨木市立中央図書館、中条図書館、水尾図書館、庄栄図書館、穂積図書館まで 応募作品の扱いについて• 上位の作品は、公益財団法人図書館振興財団が主催する全国コンクールの三次審査に推薦されます。 全国コンクールで入賞した作品の著作財産権は、公益財団法人図書館振興財団に帰属します。 本市コンクール入賞作品は、「広報いばらき」での掲載や、作品展示をお願いすることがあります。 お問い合わせ先学校教育推進課 072-620-1683 茨木市立中央図書館 072-627-4129 11:30 7月・8月の間、課題図書は一人1週間・4冊までの貸出になります。 小学生・中学生対象の課題図書のみ 予約の多い令和元年度課題図書は、夏休み中にご用意することができない場合もあります。 なお、過去の課題図書などもありますので、そちらもどうぞお読みください。 1枚のカードで借りられる資料は、本20冊、課題図書の4冊です。 本とは別に貸出点数を数えます。 7月・8月の間、課題図書の予約は4冊まで予約できます。 7月・8月の間、課題図書とは別に、本の予約は20冊までできます。 7月・8月の間、移動図書館での貸出・予約はできませんのでご注意ください。 貸出されたレシートには、通常の15日貸出の資料と課題図書の7日間貸出の返却日が印刷されます。 返却日には、ご注意ください。 課題図書の表紙には、黄色い課題図書の札をつけています。 1人でも多くの方に、課題図書の本の貸出ができるよう、ご協力をお願いいたします。 18:17 今年は元茨木川緑地を「オーシャン」「フォレスト」「シティ」「アート」の4つのゾーンに装飾。 「本」と一緒に、旅する気分でゆったりと過ごせるイベントです。 新緑が気持ち良い季節に、一人でのんびり、家族や友だちと賑やかに楽しんでください。 日にち:令和元年5月26日(日曜日) 時間:午前9時30分から午後4時まで 場所:元茨木川緑地とその周辺地域 その他:どなたでも参加できます。 申し込みは不要です。 直接会場までお越しください。 (ご注意)雨天時一部決行、荒天時中止。 公共交通機関をご利用ください。 図書館ブースのご紹介 移動図書館ともしび号による本の貸出「旅」をテーマにした本を中心に、緑の中で読めるさまざまな本をお持ちします。 いばらき文学クイズ茨木に関する文学クイズを行います。 参加者には素敵な図書館グッズをプレゼント。 おはなし会緑の中でさまざまなおはなしをみんなで楽しみましょう! (1回目:午前10時30分から11時まで/2回目:午前11時30分から正午まで) ミニ絵本づくり簡単なオリジナルミニ絵本を作ることができます。 (先着200人) ふれあうえほんひろば中条図書館のおはなし室で絵本の世界を楽しみましょう! (1回目:午前11時から11時30分まで/2回目:午後2時から2時30分まで) ブックリストの配付「旅にでかけたくなる本」「旅に持っていきたい本」のリストを配付します。 問い合わせ先:中央図書館(電話072-627-4129) 17:00 平成30年4月から、移動図書館の一部の巡回場所において、場所と日時が変わります。 予約されている本の受け取り館の変更を希望される方は、巡回時に職員にお伝えいただくか、図書館までご連絡ください。 webサービスを利用されている方は、ホームページからも受け取り館を変更することができます(本の状態が「貸出可能」あるいは「配送中」の場合は変更できません。 移動図書館では、ご希望の本を載せて巡回していますので、図書館までお気軽にお問い合わせください。 また、本のご予約ができるサービスもあります。 その他ご不明な点につきましては、中央図書館までお問い合わせください(中央図書館電話:072-627-4129) 7月1日から、北摂地区7市3町で図書館の広域利用が始まりました。 北摂地区7市3町(豊中市・池田市・吹田市・高槻市・茨木市・箕面市・摂津市・島本町・豊能町・能勢町)では、平成29年7月1日(土曜日)から公立図書館の広域利用を始めました。 北摂地区7市3町にお住まいの方は、地区内すべての公立図書館で本が借りられるようになりました。 利用できる人 北摂7市3町に居住する人• 利用手続き 利用を希望される各市町ごとに「広域専用の図書館カード(図書館貸出券)」が必要です。 利用を希望される各市町の図書館で、ご本人の名前・住所が確認できるもの(運転免許証・健康保険証など)をお持ちいただき、手続きしてください。 利用いただけるサービス 図書・雑誌の貸出(予約はできません)• 貸出冊数・貸出期間 一人5冊まで、2週間以内• 返却方法 借りた市町の図書館で返却してください。 広域利用のページもご覧ください。 14:00.

次の

【5月18日】5月18日以降の茨木っ子オンライン授業について/茨木市

茨木 市 教育 センター オンライン 授業

5月18日(月曜日)からの「茨木っ子オンライン授業」は、ご家庭のネット環境等にかかわらず、全てのご家庭で視聴できるようにします。 また、子どもたちが、動画を見ながらワークシートやノートに書き込み、それを登校日に持参することで、学校の先生とのやり取りや学習の振り返りができるものとします。 内容 ・新学年の教科書等を使った学習内容となっています。 ・授業の一部として実施しますので、必ず自分の学年の動画を視聴してください。 ・動画を見て、ワークシートやノートに書きこみながら学習して下さい。 ・ワークシート等は、登校日に学校から配布します。 また学習したワークシート等は、次の登校日に学校に持参してください。 配信日 ・5月18日(月曜日)から1週間ごとに配信します。 (以前の動画も引き続き視聴可能です) ・児童生徒により登校する曜日や時間が異なりますが、各自の登校日から1週間分として学習してください。 視聴方法 (ネット視聴ができるご家庭) ・これまで通り、茨木市教育センターのホームページ内にある「茨木っ子オンライン授業」から視聴してください。 (google、yahoo等の検索サイトで「茨木市教育センター」と検索できます。 ) ・今回から、 動画視聴の際にログインIDとパスワードの入力が必要となります。 (ログインIDとパスワードは、登校日に学校から配布されるプリントに記載しています。 ) (ネット視聴ができないご家庭) ・学校からDVDやタブレットを貸し出します。 ・詳しくは、登校日に学校から配布されるプリントをご覧ください。 保護者のみなさまには、引き続き子どもたちの家庭学習を支援していただくことになります。 ご負担をおかけいたしますが、ご理解・ご協力をよろしくお願いいたします。

次の