トキハ。 本店|ふるさと大分の百貨店トキハ

【ゼノブレイド2】トキハのキャラ性能・ステータス|おすすめスキル、キズナリンクなど

トキハ

回数指定払いの支払回数、支払期間、実質年率、手数料 回数指定払い・支払回数・支払期間・実質年率(トキハグループ(本店・別府・わさだ・トキハインダストリー・アテオ全店)でご利用の場合) 支払回数 支払期間(ヶ月) 実質年率(%) 現金価格100円当りの分割払手数料の額(円) 1回 1 0 0 2回 2 0 0 3回 3 6. 59 1. 10 5回 5 7. 96 2. 00 6回 6 7. 84 2. 30 10回 10 11. 83 5. 50 12回 12 10. 90 6. 00 15回 15 11. 30 7. 70 18回 18 11. 08 9. 00 20回 20 11. 11 10. 00 24回 24 11. 13 12. 00 回数指定払い・支払回数・支払期間・実質年率(OC・Visa加盟店でご利用の場合 ) 支払回数 支払期間(ヶ月) 実質年率(%) 現金価格100円当りの分割払手数料の額(円) 1回 1 0 0 2回 2 0 0 3回 3 11. 66 1. 95 5回 5 12. 91 3. 25 6回 6 13. 25 3. 90 10回 10 13. 94 6. 50 12回 12 14. 10 7. 80 15回 15 14. 24 9. 75 18回 18 14. 30 11. 70 20回 20 14. 32 11. 70 24回 24 14. 33 15. 60 30回 30 14. 28 19. 50 36回 36 14. 21 23. また、お支払回数、ボーナス一括払いの取扱時期・支払月等異なる場合もございますので加盟店にご確認ください。 また残高にお利息を加算した金額がお支払額に満たない場合は残高全額とお利息をお支払いいただきます。 (リボルビング払いのご返済例説明の為、お利息は加味しておりません。 ) お利息の計算例.

次の

本店|ふるさと大分の百貨店トキハ

トキハ

15億円で全館改装-21時閉店、劇場・足湯・オブジェも トキハ別府店は1988年10月に別府国際観光会館(ビーコンプラザに機能移転)、市立北小学校(京町に移転、現:中央小学校)、別府郵便局(新港町に移転、トキハ内に縮小して北浜郵便局として入居)を再開発した再開発ビルの百貨店棟に開業。 建物は地上8階、地下1階建て。 1998年に隣接する地下1階、地上13階建て(現:専門店棟・立体駐車場)のファッションビル「別府ショッピングプラザコスモピア」をトキハが約44億円で購入して統合された。 それ以降、両館はトキハが所有する。 現在の売場面積は29,728㎡で、同規模の都市の地方百貨店では日本一の広さとなっている。 トキハ別府店。 今回の改装は屋上階、8階、6階以外のほぼ全館に及ぶもので、投資額は約15億円。 主な改装内容は以下の通りとなる。 屋上・8階 改装なし。 「展望デッキ」、「神社」、「フットサルコート」、「トキハ大分合同新聞文化教室」となっている。 7階 旧・催し場には福岡県の温泉施設「太平楽」が運営する「 ぶらり劇場 別府」が開設される。 この劇場では「温泉街の名物」とすべく主に1日2回の大衆演劇が実施される。 隣接するレストラン街はそのまま営業を継続する(一部はテナント募集中)。 7階・ぶらり劇場。 6階 オフィスフロア(改装なし)。 「リクルート」と「ジブラルタ生命」のオフィスが入居。 5階 ヨガスタジオ「 ロイブ」が新規出店。 このほか、スポーツクラブなどの誘致が進められている。 追記:当面は5階の一部を催し場とする。 5階・ロイブ。 4階 地階から100円ショップ・雑貨店「 セリア」、「 手芸のいとや」が、1階から「釘宮メガネ」がトキハとコラボして「 トキハメガネサロン」として移転。 ゲームセンター「ナムコ」も改装されるとみられる。 このほか、大手書店「リブロ」、紳士服「フタタ」は営業を継続する。 大型の空き床(元・直営床)があるため、この他にもテナントが導入されると思われる。 追記:ナムコは増床され「 別府あそびめぐり」と題した大型の屋内遊園地が併設される(喫茶サンジュリア跡など)。 起きない遊園地の設置は約20年前に閉店した地階「ワンダープラネット」(サンリオと地元企業の合弁)以来。 4階・セリア。 3階 トキハの婦人服売場、制服売場と「モクモクカフェ」、「ABC-MART」、「ライトオン」、「カーブス」などは営業を継続。 空き床に1階から婦人雑貨、バッグなどが、地階から「ジュエルカフェ」が移設されて営業を開始している。 2階 4階から紳士服、紳士雑貨、スポーツウェア、リビング・家庭用品(旧5階)、寝具(旧5階)が、1階から旅行カバン、ヘルスサポート「トキメキ」、トキハ商品券カウンター、「コムサイズム」、「リフォームコーナー」が移設されるほか、「アメリカンホリック」「grove」など複数のアパレル専門店が出店。 子供服「WARAWA」は同階移転する。 直営床の大部分は6月末から仮営業を開始。 専門店(コムサ含む)については9月上旬までに営業を開始する。 なお、7月現在2階は「しまむら」などの看板・内装が残ったまま百貨店として営業しているため「一種異様な状況」となっている。 2階・WARAWAなど。 内装はしまむらのまま。 1階 百貨店直営売場となる化粧品、土産品などや総合案内所に加えてドラッグストア「 ココカラファイン」、コンビニエンスストア、大分交通バス切符売場などの専門店で構成される。 ココカラファインは別府市初出店(かつてセガミ業態があったが約10年前に閉店)。 「無印良品」、「スターバックスコーヒー」は1階で残留。 この2店は以前よりも増床される予定。 コムサ、釘宮メガネなど一部テナントは他階に移転する。 シンボルゾーンの「センターモール」はそのまま存続。 駅前通り大屋根下の「センタープラザ」は「トキハベップパーク」としてイベントの充実も図られる。 外向きテナントの大分銀行、北浜郵便局、クリニックなども存続する。 追記:専門店棟に「zoff」が出店する。 センタープラザは「トキハブルーテラス」に。 改装中のセンタープラザ。 スターバックスは増床予定。 センターモール。 追記:1階には土産品・銘品売場「 おんせん市場」を開設。 BEAMSによる土産品売場「 ベップニュースタンダード」や豊後高田市の豆菓子店「 まめ秀」の売場も設けられる。 地階 食品売場とフードコート、催し場で構成される。 食品スーパー「トキハインダストリー」も全面改装される。 フードコートは約10年ぶりの復活で、別府らしい店舗構成となる計画だというが、具体的な店舗名については7月現在発表されていない。 トキハ別府店(百貨店・専門店)の地階が全床「食関連」となったのは開業3年目であった1990年以来29年ぶりのこと。 地階のシンボルゾーン「メトロプラザ」には温泉の足湯が設置される。 源泉はかつて1階・専門店棟前にあった温泉の泉のものが利用されるとみられる。 地階・銘菓。 ラウンド什器も存続。 地階・専門店。 追記:地階飲食街「 湯けむり横丁」には以下の6店が出店。 連日21時まで営業する。 六盛(別府冷麺)• レストラン東洋軒(鶏天など)• うどん政太郎(うどん)• 佐賀関食堂(海鮮丼など)• 果実の時間(フレッシュジュース・フルーツパフェ)• Bon Tea(タピオカミルクティー・チーズティーなど) 屋上階の「稲荷神社」「展望デッキ」、 8階の「トキハ・大分合同新聞文化教室」「フットサルコート」、 6階の「ジブラルタ生命」「リクルート」(オフィス)は改装されない。 屋上・フットサルコート。 屋上・神社。 なお、改装に合わせてシースルーエレベーターの停止階が「1階・2階・7階・8階」に改められている(7月現在)ほか、9月からは一部低層階の営業時間が10時~21時に改められる予定。 実現すれば「九州一の長時間営業百貨店」となる。 追記:西館の地階・1階~4階が21時閉店となる予定。 7階・8階は20時から22時半にかけて閉店。 ローソンは24時間、そのほかは19時まで(例外あり)。 LED化など施設更新で「明るい店内」に 今回の改装に合わせて4階「ラグハウス(トキハの絨毯売場)」3階「オッジ」、2階「ファッションセンターしまむら」「アベイル」「シャンブル」、1階「セビアン」「アラミス化粧品」、地階「まるみや」「エッセンハウス」「菊家シャンテドール」「キヘイカフェ」など多くの店舗が退店している。 退店面積が大きいため、現在公開されていないテナントの出店も予想され、誘致に期待がかかる。 また、改装に合わせて全館で内装の刷新・館内照明のLED化など施設更新も進められており、明るくスッキリとした店内へと生まれ変わった。 追記:百貨店棟を「 東館」、専門店街を「 西館」に改める。 (西館=旧「別府ショッピングプラザ コスモピア専門店街」) 北浜交差点には「横断歩道」 このほか、店舗外では8月ごろ北浜交差点に横断歩道が設置される。 横断歩道が設置されるのは駅前通り側がトキハ=ろばた仁の間、国道側がトキハ=大分交通別府北浜バスセンターの間。 北浜交差点は長年に亘って地下道しかなく、近年は旅行カートを持った旅行客が苦労して地下道を行き来する後継が多くみられるため、バリアフリー化を図ることとなった。 横断歩道設置工事が進む北浜交差点。 追記:5階の催し場に設置。 余談ではあるが、トキハ向かいには鉄輪温泉のドライブイン「べっぷ海鮮市場」によるタピオカティーなど台湾スイーツを主体とした飲食店舗の出店準備も進んでいる。 「コト消費」で観光客需要つかむトキハ トキハの全館改装のキーワードが「コト消費」であることは言うまでもない。 トキハでは、劇場の開設に加えて土産品売場の移設拡大、ドラッグストアの導入、そして人気テナントである無印良品の拡大、イベントの増加などにより、外国人観光客の更なる取り込みを狙いたい考えだという。 ラグビーワールドカップのラッピングも。 主な退店テナント(2018年末~2019年8月)• ラグハウス(絨毯)• オッジ(婦人服)• モラビト ブラン・オースチンリード(婦人服)• ファッションセンターしまむら/アベイル/シャンブル• セビアン(宝飾)• アラミス(化粧品/紳士雑貨は販売継続)• まるみや(惣菜)• エッセンハウス(惣菜)• 菊家シャンテドール(洋菓子)• キヘイカフェ(喫茶) 全面改装となる主なテナント• セリア• 手芸のいとや• コムサイズム• 釘宮メガネ(業態転換)• ジュエルカフェ• WARAWA• 無印良品• スターバックスコーヒー• 資生堂• SK-II• 秀栄丸• 若竹園• 京屋本店• キーコーヒー• 銘菓コーナー• 一村一品ふるさとの味• トキハインダストリーフードキッチン• ベルボアーズ(リョーユーパン、業態転換) トキハ別府店 住所:大分県別府市北浜二丁目9番1号 営業時間:10:00~21:00(9月から/西館地階-4階など) 東館の主な売場は19:00まで/ローソンは24時間 9月上旬までは10:00~19:00 7月28日~29日は10:00~20:00 一部飲食店の閉店時間は20:00から22:30(店舗による) 関連記事: 関連記事: 関連記事:.

次の

本店|ふるさと大分の百貨店トキハ

トキハ

概要 [ ] を起点に南北に走る大分市のメインストリートである沿いに位置する。 地上8階・地下2階の本館と、地上6階・地下2階のトキハ会館がを挟んで隣接している。 このうち、本館部分、または、本館全体とトキハ会館1-4階の物販・飲食部門を合わせた部分がトキハ本店と呼ばれる。 本館の売場面積は、約42,564。 本店の年間売上高は329億2400万円(2013年度)。 トキハ本店は、1936年(昭和11年)4月に開店。 1988年(昭和63年)10月8日に別府店が開店するまで、52年間にわたってトキハ唯一の店舗であった。 また、1943年(昭和18年)9月にが廃業してから、2000年(平成12年)12月ににが開店するまで、57年にわたって大分市内唯一の百貨店であった。 このため単に「トキハ」と言えばこの店舗を指し、が開店するまでは特に店名はなかった。 しかし、別府店開店にともない大分店と呼ばれるようになり、同じ大分市内にわさだ店が開店した後は本店と呼ばれるようになった。 トキハ本店前の中央通り沿いには、大分バス本社前停留所の1-2番のりばがあって、本館の1階正面には大分バス総合案内所が設けられており、トキハ本店前は実質的にのとして機能している。 沿革 [ ]• (昭和11年)3月 - 店舗竣工。 1936年(昭和11年)4月 - 開店。 鉄筋コンクリート構造4階建。 (昭和12年)4月 - 増築工事完成。 5階建、1,200坪余となる。 (昭和20年)3月 - 1-2階が接収され、1階が、2階が大分電信電話局となる。 1945年(昭和20年)7月 - により5階を焼失、3-4階で営業継続。 (昭和24年)3月 - 全館での営業再開。 (昭和29年)5月 - 増築工事竣工。 本社及びを併設。 地階に映画館「トキハ地下映画劇場」 が設けられた。 (昭和31年)11月 - 増築工事竣工。 文化ホール、ギャラリーを増設。 (昭和34年)12月 - 増築工事竣工。 冷房設置開始。 (昭和45年)2月 - 大規模増築工事竣工。 店舗面積が2倍になる。 (昭和50年)10月 - 大規模増築工事竣工。 現在の本館の規模となり、当時、西日本(神戸以西)最大であった。 (昭和60年)10月 - トキハ会館開業。 本館改装。 (昭和63年)10月 - トキハ別府店開店に伴い、本店と呼ばれるようになる。 (平成7年)3月 - トキハ会館1階を改装。 (平成15年)3月 - トキハ会館2階催し場を改装。 1-2階部分を「Twinkle City」とする。 (平成17年)10月 - 本店改装。 地下2階に「街の駅トキハ」新設。 (平成20年) - 屋上プレイランド(遊園地)閉園。 (平成21年)3月 - 本店1階正面(大分バス総合案内所を含む)を改装。 (平成25年)11月 - 2014年度に予定する大規模改装計画が明らかになる。 春に予定されているJR大分駅ビルの開業をにらみ、地下2階から6階(4階を除く)をリニューアルし、商品別に構成している売場をコンセプト別展開や家族連れ向けの滞在型に転換。 同時に改装するわさだタウンとの合計での投資額は15億-20億円を予定。 (平成26年)7月19日 - 大規模改装の一部としてを移転リニューアルオープン。 2014年(平成26年)10月23日 - 大規模改装完了。 (平成28年)11月18日 - 13時40分頃に地下1階でが発生して約200m 2に煙が充満。 客・従業員約1,800人が屋外に避難し、従業員2人が煙を吸って病院に運ばれた。 トキハ本店とトキハ会館は営業を中止。 火災は15時頃にした。 (平成31年)1月31日 閉店• (平成31年)5月4日 ルイヴィトン跡に(九州最大級の店舗面積)開店(約340平方メートル)。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年2月)• ペイトンプレイス 2F• トミー ヒルフィガー 4Fメンズ 6Fチルドレン• ベアミネラル 1F• クレージュ 3F• TO BE CHIC 3F• 洋惣菜デリフェリーチェ B1F• ハウスオブローゼプレシャスブーケ 会館2F• クーム 2F• 22オクトーブル 2F• プリーツプリーズイッセイミヤケ 3F• ユキコ・ハナイ 3F• ゲラルディーニ 3F• DKNY 3F• リフレクト 3F• KLラガーフェールド 3F• クリスチャン・ラクロワ 3F• アニエスベーオム・アンファン 会館1F• ロエベ 1F• セリーヌ 1F• カルティエ 1F• ロンシャン 1F• クラランス 1F• 花王エスト1F• アナスイコスメティック 1F• カルバンクライン 3・4F• パサージュミニオン 2F• マリークワント 2F• ホコモモラ 2F• オゾック 2F• MKミッシェルクラン 2F• アリスバーリー 2F• ブリジット 2F• ポールスミスウィメン 2F• ディアープリンセス 2F• エル 2F• ケティー 2F• ヴェールダンス 2F• フィユコムサデモード 6F• 牛丼吉野家 1F(大分バスFC)• 大分バス本社 脚注 [ ] []• トキハ本店には以下の駐車場がある。 ・ トキハ第1パーキング(トキハ会館地下) - 約600台 ・ トキハ第2パーキング(トキハ会館南側) - 約210台• 大分歴史事典. 2014年4月4日閲覧。 ただし、1978年(昭和53年)4月に子会社の臼杵トキハが開店している(後にトキハ臼杵店となり、2006年(平成18年)2月に閉店)。 2002年2月19日時点のよりアーカイブ。 2007年10月26日閲覧。 大分歴史事典(大分放送)• 中原行夫の部屋(原資料「」). 2014年4月4日閲覧。 大分合同新聞. 2008年6月25日. 2014年4月4日閲覧。 大分合同新聞. 2008年8月22日• 大分合同新聞. 2013年11月13日. 2014年4月4日閲覧。 読売新聞. 2014年10月24日. 2014年10月29日閲覧。 大分合同新聞、2016年11月19日• トキハ• トキハ 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の