オレフィン 系 エラストマー。 系 エラストマー 【通販モノタロウ】

アロン化成のエラストマーとは

オレフィン 系 エラストマー

オレフィン系エラストマー(TPO)・スチレン系エラストマーの分類• したがって、TPOは常温ではエラストマー(弾性体)であり、ゴムのような性質を持ちながら、一般のプラスティックと同様な成形加工のできるユニークな合成樹脂です。 最近では、自動車の部品に採用されるなど今後も成長が期待できる材料です。 高温下で老化させても塩ビのような硬度上昇を起こしません。 また寒くなっても硬くなりにくくゴムと変わりません。 耐対候性 TPOは耐候性に優れ、長期間の屋外暴露試験でも表面劣化を起こさず耐オゾン性も極めて良好です。 今までの天然系ゴムと比較して比べ物になりません。 耐薬品性 酸、アルカリ、アルコール、アセトンや植物油には耐性を示しますが,芳香族系有機溶剤、ガソリン、鉱物油などの非極性溶媒には、かなり膨潤するので使用の際には注意が必要です。 勿論、現在のゴムよりも優秀です。 軽量性 比重が約0. 9と小さいので塩ビやゴムに比べて製品の軽量化が図れます。 環境性 熱可塑性樹脂であるためリサイクルが容易であるとともに塩素を含んでいないためダイオキシンが発生しません。 その他 顔料を混ぜることで着色できるため、ゴムに比べ装飾性に優れます。 熱融着のような加工でジョイントすることも可能です。 特殊な添加剤を使用していないので、移行性の心配がありません。 オレフィン系エラストマー(TPO)・スチレン系エラストマーの長所• 耐熱老化、耐候性に優れる• 極性溶媒に耐える• カラフル• 電気絶縁性に優れる• リサイクル可能• 軽量 オレフィン系エラストマー(TPO)・スチレン系エラストマーに適した用途• 自動車部品(バンパー、ダクトホース、ウェザーストリップ他)• 電気製品部品(洗濯機排水ホース、掃除機、フレキシブルコード他)• 建築、土木(防水シート、各種フィルム、サッシガスケット他)• その他(スキーシューズ、自転車やバイクのグリップ他).

次の

エラストマー成形 技術紹介

オレフィン 系 エラストマー

TPS スチレン系エラストマー• TPEE ポリエステル系エラストマー• TPO オレフィン系エラストマー• TPA ポリアミド系エラストマー• ABS アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン樹脂• PS ポリスチレン樹脂• PE ポリエチレン樹脂• PP ポリプロプレン樹脂• AS アクリロニトリル・スチレン樹脂• PC ポリカーボネート樹脂• PMMA アクリル樹脂• PA ポリアミド樹脂• PPS ポリフェニレンスルフィド樹脂• POM ポリアセタール樹脂• FRTP ガラス繊維強化プラスチック など各種プラスチック.

次の

ポリウレタン系熱可塑性エラストマー

オレフィン 系 エラストマー

硬度A10~90以上のものまであらゆる用途に対応することが可能。 特徴として、優れたゴム弾性と拡張力を有し、耐寒性、耐熱劣化、耐候性に優れています。 無色の為自由に着色ができ、明彩色に最適で、加硫ゴムに比べ軽量化が図れます。 自由設計、カスタマイズ、コスト• 顧客ニーズに合わせた質感を設計• 着色を含む機能性を付与したファイナルコンパウンド化を実現• 営業・技術・製造の一本化によりコスト競争力化を実現 徹底した無駄の排除が生む 「ハイクオリティ」と「ローコスト」の両立 西田技研は、社内で全工程が完結する一貫生産体制を敷いているため、時間とコストの無駄を最小限に抑えることができます。 また、従業員ひとりひとりが職人意識を持ち、最適な素材の選定と配合比率を割り出すための「素材設計力」を磨いています。 コンマ1の精度追求をあきらめない日々の努力の積み重ねが、「高品質」と「低コスト」の両立を実現します。 顧客と同じ目線で 共に問題解決に取り組みます 西田技研は、サプライヤー視点だけでなく、メーカー視点でのモノづくりを心掛けています。 例えば、同じお客様・製品であっても、使用する工場の機械や条件を検証し、環境にあわせて調整することもあります。 このようなきめ細やかな対応が、素材安定性を高め、材料としての価値を満たすと考えます。

次の