クローバー フィールド。 映画「クローバーフィールドHAKAISHA」ネタバレあらすじと結末

映画「クローバー・フィールド」あらすじと感想

クローバー フィールド

各作品間で緩やかなつながりを持つ『 』シリーズにおいて、2008年に公開された 第1作目『クローバーフィールド/HAKAISHA』の直接の続編となる映画の企画が現在進められているようだ。 2018年4月23日から26日にかけて米ラスベガスで開催されたイベント「シネマコン」にて、同シリーズを手掛けるJ. エイブラムスが明かした。 また以前より『クローバーフィールド』シリーズ4作目と 『オーバーロード(仮題、原題:Overlord)』は、『クローバーフィールド』とは異なる単独の劇場公開作であることも明らかになった。 エイブラムス製作、マット・リーヴス監督によるSFパニック映画『クローバーフィールド/HAKAISHA』(2008)は、ある日謎の怪獣がニューヨーク市街を襲う様子をファウンド・フッテージ方式で描いた作品。 シリーズ2作目『10 クローバーフィールド・レーン』(2016)、そして2018年2月に突如Netflix上で配信され話題となった『クローバーフィールド・パラドックス』は、第1作目の精神的続編となっていた。 イベントにビデオクリップで登場したJ. エイブラムスは、「『クローバーフィールド/HAKAISHA』の、真の続編を進めています」と発言。 製作日程やストーリーについての詳細は明かされなかったものの、今作は Netflix配信ではなく劇場公開の形になるという。 またシネマコンでは『オーバーロード』の映像も上映された。 これは会場内限定で上映されたもののようだが、は「期待した通り(に面白かった)」と伝えている。 同作は第二次世界大戦中を舞台に、敵兵の背後に降り立った米軍パラシュート部隊の姿を描くもの。 映像には死んだ兵士が木に吊るされている様子や遺伝子操作されたナチス、肉体から切り離され牙を付けた頭部といった不気味なショットが映し出されたという。 また『オーバーロード』 は製作のバッド・ロボット社にとって初のR指定作品になるとのことだ。 映画『Overlord(原題)』は、2018年10月26日より米国にて公開予定。 Source: ,.

次の

Netflix映画「クローバーフィールドパラドックス」感想ネタバレあり解説 全ての始まりがここに。

クローバー フィールド

クローバーフィールドは、謎の怪獣が出現する、J・J・エイブラムス製作のSFパニック映画シリーズです。 海外では「クローバーフィールドユニバース」とも呼ばれてます。 映画1作目と2作目にはストーリー上、直接的な繋がりは何もありません。 ですが、すべての作品に「タグルアト社」という謎の日本企業が登場し、深いところではなにかが繋がっているのでは?? と推測されているシリーズ作品になってます。 いずれ『クローバーフィールド3(仮)』も2018年公開予定ということで、今回はクローバーフィールドシリーズの全体像について調べてみました。 まずはクローバーフィールド全作品の「時系列」をまとめていきます。 badrobot. com クローバーフィールドシリーズの全作品をまとめました。 『クローバーフィールド-HAKAISHA』(2008年・ノベライズ)• 『10 クローバーフィールド・レーン』(2016年)• 『クローバーフィールド3(仮)』(2018年) 映画1作目は2008年に公開されました。 SF映画と書きましたが、作品としては「モンスターパニック映画」の要素がつよく、臨場感はすごいですが、画面が大きくブレるので酔わないように注意が必要です。 映画2作目は2016年に公開されました。 2作目『10 クローバーフィールド・レーン』は「本当に続編映画?」と疑問になるくらい、前作との関連性がうすい映画です。 主人公だけじゃなく「すべての登場人物」が1作目とは異なります。 ですが、1作目の内容を頭に入れて観たほうがより楽しめる深い作品になってます。 2作目でさらなる新情報が追加され、シリーズ作品としての広がりを感じることができるはずです。 最後は次作に繋がるような形で終わりますが、3作目でこの続きを描かれるのかというと今のところは微妙な感じです。 『10 クローバーフィールド・レーン』は密室スリラー要素満載の映画なので、サスペンス映画が好きの方もきっとハマるでしょう。 1作目も2作目もどちらも面白いので、ぜひ観ておいてください! 下記のリンクから視聴できます。 (2018年9月19日まで) (2018年6月19日まで) 初回登録の人は無料。 配信期限は変更になる場合があります。 ノベライズ版の『クローバーフィールド-HAKAISHA』は、映画1作目で描かれなかった細かな描写があり、映画と合わせて読むと楽しめる作品です。 シリーズ2作目に出てきたハワードも、タグルアト社のなかの衛生関係の社員でしたね。 物語の真相は3作目で一気に解明される可能性が高いです! シリーズ3作目『クローバーフィールド3(仮)』は、2018年2月2日にアメリカで公開される予定です。 映画のタイトルは「God Particle」。 日本でも「クローバーフィールド」ではなく「ゴッド・パーティクル」というタイトルで公開されるかもしれませんね。 登場人物も一新されるということで、作品の時系列的は依然として謎に包まれたままですね。 kadokawa. jp さっそくコミック版も購入して読んでみました。 キシンは、タグルアト社や映画に登場する怪物と「密接なつながり」があります。 映画しか観ていない人が漫画を読むと、「え……クローバフィールドってこんな世界なの……?」とびっくりすると思われます。 笑 映画シリーズとの繋がりは不明ですが、 スピンオフというよりは「パラレルワールド」という位置づけになる気がします。 漫画では「タグルアト社」の研究所や「謎の組織」について深く描かれてますが、映画3作目でつながる可能性は低い……?? 気になる方はAmazonで購入できるのでチェックしてみてください。 ぼくは運良く1円で買えました! 『クローバーフィールド』シリーズの時間軸をまとめてみる。 次は公開順ではなく、ストーリーの時間軸を列挙しました。 (漫画版はパラレルワールドの可能性が高いので省略してます。 一応、漫画版のクローバーフィールドも「映画1作目」の「前日譚」となっています。 ) YouTubeにアップされた『謎の映像』の時系列  まずは上記の動画を視聴してみてください。 『謎の映像』の時系列をまとめてみました。 12月7日 ティド・ウェーブ社のテディ・ハンセンが行方不明になる(2007年)• 12月27日 謎のHAKAISHA? が油田掘削現場を襲う(2007年)• に向かって航行中のノルウェー船籍船「ハブ・ビント号」が消息不明になる(2007年) 12月27日 タグルアト社最大のチュウアイ油田の採掘装置の爆発事件が起きた模様。 動画では「爆破事件」と発表されてますが、HAKAISHAの奇襲があったのは明らかです。 動画の2:47あたりで何かの鳴き声が聞こえます。 ニューヨークへ航行中のノルウェー船籍船「ハブ・ビント号」もHAKAISHAに襲われた可能性があります。 タグルアト社は「SLUSHO! 」という飲料水を販売している会社ですが、チュウアイ油田にて独自に発見した「海底の蜜」という未知の成分を密かに混ぜている疑惑があります。 「6杯だけじゃ足りない」というキャッチフレーズにもあるように「SLUSHO! 」はかなり中毒性の高い飲み物のようですが、「海底の蜜」が関係してるのでは……?? 環境保護圧力団体「ティドウェーブ」は、タグルアト社の油田掘削事業を『環境破壊だ』と訴えてますが、裏で「海底の蜜」の事実を知っているのでは……?? 後述しますが、テディ・ハンセンは海底油田掘削爆発事故で死亡した可能性があり、そのテディの彼女が映画1作目に登場してます。 4月27日 06:42 ロブとベスがコニーアイランドでデート(2008年)• 4月27日 空から降ってきた何かがコニーアイランド近海に落ちる(2008年)• 5月22日 18:45 ロブの送別会が開かれる(2008年)• 5月23日 00:06 タンカーの転覆事故が起きる(2008年)• 5月23日 00:16 大きな地震発生(2008年)• 5月23日 HAKAISHAがニューヨークの街を襲う(2008年)• 5月23日 06:42 ロブとベスが最後の撮影を行う(2008年) 最初、映画を観たときは気づきませんでした。 ロブのベスのデート映像は、HAKAISHAに関する重要な映像と音声が入り込んでいる重要なシーンです。 ロブの送迎会でソファに横たわっていたのがジェイミー・ラスカーノという女性。 ジェイミーはロブの友人であるとともに、『謎の映像』で行方不明になったと発表されたテディ・ハンセンの恋人です。 ジェイミーは自身のウェブサイトでテディの行方不明を訴えています。 この映画のプロデューサーである J・J・エイブラムス氏によると、 ニューヨークを襲ったHAKAISHAはまだ「赤ちゃん」で、突然母親から引き離された戸惑いや恐れから破壊行為に及んでいるそうです。 このHAKAISHAの「母親」はどこにいるのでしょうか……?? 謎の多い映画なので、2回目ほど視聴するのがいいかもしれません。 下記のリンクから視聴できます。 (2018年9月19日まで) 初回登録の人は無料。 配信期限は変更になる場合があります。 『10 クローバーフィールド・レーン』の時系列 映画シリーズ2作目『10 クローバーフィールド・レーン』の時系列をまとめました。 彼氏のベンと喧嘩したミシェルが車で事故を起こす(日曜日)• ハワードの地下シェルターにてミシェルが目を覚ます(月曜日の午後6時29分)• ミシェルとエメットが仲良くなり、ハワードが嫉妬する• ミシェルが脱走を試みるが失敗し、地上で1人の女性が死亡する• シェルター内の「ろ過装置システム」が故障する• システムを再起動しようとしたミシェルが天窓にある「HELP」の文字を発見する• ミシェルとエメットがガスマスクを作りはじめる• 外に出たミシェルが謎の生物に襲われる• ミシェルが救助隊が待つヒューストンへと車を走らせる 上記はネタバレを含んでいるので、先に映画を観てみてください。 下記のリンクから視聴できます。 (2018年6月19日まで) 初回登録の人は無料。 配信期限は変更になる場合があります。 『10 クローバーフィールド・レーン』の出来事が、何年の何月に起きたのかは不明です。 『クローバーフィールド3』で、このあたりの時系列も整理してくれたら嬉しいですね。 badrobot. (映画の冒頭で「本編はアメリカ国防総省が保管している記録映像である」というテロップが流れる。 ) 日本本社への栄転が決まったタグルアト社の社員のロブは、友人たちにパーティーを開いてもらう。 パーティには兄のジェイソンと兄の彼女リリー、親友のハッド、そして憧れの女性のベスも参加していた。 ハッドは想いを寄せるマリーナと仲良くなるため、ロブへのメッセージをビデオカメラで撮影しはじめる。 ところが突然、爆音とともにニューヨークの街全体が大きく揺れた。 驚いたロブたちが屋外に出ると、無惨に破壊された自由の女神像の頭部が転げ落ちてきた。 そこに謎のモンスターが現れ、街中を破壊しはじめる。 ロブは途中でパーティを離脱したベスの安否を気にしつつ、ジェイソンやハッドとともに街を脱出しようとするのだが…。 下記のリンクから視聴できます(配信期限は変更になる場合があります)。 badrobot. com クローバーフィールドシリーズ2作目『10 クローバーフィールド・レーン』のあらすじです。 彼氏のベンと喧嘩したミシェルはある日、車で大きな事故に見舞われる。 事故の直前にはカーラジオから南部海岸一帯が原因不明の停電に襲われているとのニュースが流れていた。 やがて目を覚ましたミシェルは、謎の部屋で監禁されていることに気づく。 時刻は丸一日たった月曜日の午後6時29分。 そこに腰に銃を下げた初老の太った大男ハワードがやってきてこう話す。 「外の世界は何者かに攻撃され、汚染されてしまった。 地上で生きている者はいない」 海軍出身のハワードは、タグルアト社という会社の元社員で衛星関連を担当していた男らしい。 ハワードの話を信じられないミシェルは抵抗し、部屋の外に出たとき、もう1人の男エメットに遭遇する。 ハワードによると、ここは核戦争に備えたシェルターで安全だという。 ハワードはミシェルにその様子を見せようと、出口の窓まで案内する。 出口の窓から外を見せられたミシェルは、ハワードの飼っていた2頭の豚の死骸と、事故を起こした痕跡のあるハワードの白いトラックを発見する…。 下記のリンクから視聴できます(配信期限は変更になる場合があります)。 (2018年6月19日まで) 『クローバーフィールド3(仮)』(2018年) 『クローバーフィールド3』のあらすじですが、情報が公開され次第、まとめて追記したいと思います。

次の

映画「クローバー・フィールド」あらすじと感想

クローバー フィールド

生態 [ ] いつ、どこで、どの様に生まれたかは、劇中明示的には全く語られない。 制作者側のコメントによると、「彼」はまだ「生まれたばかりの子供」である(後述)。 ニューヨーク時間2009年5月22日(金)深夜11時42分頃、南端沖の海中から突如として出現。 を転覆させ、上陸するやの頭部をもぎ取り持ち去り、約15分後で高層ビルに向けそれを放り投げ、さらにを蹂躙、ミッドタウンへと向かう。 体長等については劇中明言されないが、視覚効果スーパーバイザーのエリック・レヴィンは「体長100メートル」と語っている。 また、人物とのカラミとなる「大写し」の場面は当初撮影予定が無く、終盤で撮影者ハッドが食われる場面は、巨大モンスターが小さな人間を素早く捕食しても、それまでのシーンのような遠景だと何をやっているのかわからない、という理由で追加されたもの。 このため、ビル街で暴れている遠景と、人物とのカラミとでは、クローバーのサイズが異なっている。 長い指のある手足は細く、前傾姿勢を保つ。 体表に体毛や鱗のようなものは一切無くなめらかで、体色は白みの強いグレーもしくは。 頭部は口吻が極端に短く丸い。 口器は上下に大きく開き、硬質な唇の縁自体がギザギザと鋭い歯をなすと共に、口内にも別に歯が生えており、また、多くの既知の陸生脊椎動物の多くと同様よく発達したピンク色の舌が備わる。 のような黒目のみの眼球を持つ。 眼球の後部上方にはやや赤みがかった状の器官があり常に収縮運動を繰り返しているが、うなり声を発すると特に大きく膨張する。 既知の脊椎動物との発生学的相同性を欠き、6脚。 前肢は最も大きく長く発達し、4足歩行によって移動するもの。 その様子はなどが行うを思わせるが、指は握らず、前方に向けて伸ばしている。 腹部の中脚は最も小さく、通常は歩行にも作業にも用いられない。 後脚は鳥脚状に屈曲していて、歩行に用いられる。 先端が三つ叉のに似た長い尾を持つ。 若干跳躍ができ、映画終盤ではその巨体を併用して、飛行中のヘリに食いついている。 目撃者の「人間を食べていた」という発言からあるいはと思われる。 移動中は何かを求めるように吼え、攻撃を受けた際は金属をすりあわせるような悲鳴を上げる。 アメリカ映画に登場する怪獣としては珍しく、通常兵器が一切通用しない。 銃撃は勿論、の砲撃や、による爆撃も、まるで歯が立たなかった。 アメリカ政府はこの結果を受け、マンハッタン島全域もろともクローバーを撃破する作戦を決行。 最終的には、23日(土)朝、「サイレン」による警報の後核爆撃が行われ、クローバーは「倒された」。 なお、上記の出来事に先立つ2007年12月27日、クローバーは既に存在しているらしいことが、『クローバーフィールド』のバイラルメディアとして設けられた架空ニュース映像で示唆されている。 北大西洋にあるタグルアト社の海底掘削施設=チュウアイプラントが破壊され、海没したその残骸が何者かによって再び海上へ吹き上げられるが、その直前に海中からクローバーのそれと同じ音源の声が聞こえる。 寄生生物 [ ] 街で暴れ回っていたクローバーの表皮にないし付着していた生物。 白いを思わせる姿をしており、体長は1m弱と決して大きくはないが、非常に凶暴である。 巨大な牙と、のような複数の眼を持つ。 クローバーのマンハッタン島上陸と共に体表から剥がれ落ち、次々と人々を襲撃した。 これに噛まれた人間はしばらくすると気分が悪くなり、眼や鼻孔をはじめとする粘膜の充血、出血が進み、最終的には激しい苦痛と発作の末腹部が膨張し破裂して死亡する。 噛まれてから死亡までは十数分から数十分程度である。 この病状は未知の病原菌やウイルスと考えられ、医療関係者が即座に隔離した事から被害者は第3者に2次感染その他の害を及ぼす模様。 こちらは母体のクローバーと違って耐久性は低く、劇中では斧の一撃を食らってダメージを負っている他、軍による攻撃で絶命した寄生生物がケースに入れられて保管されている。 一見、といったにみえるが、その脚はあまり厚い外皮を持たないため各関節が節になっておらず、多くのクモ等のようにほぼシームレスである。 ただ、胴の外皮は鈍器等で殴打されると硬質な音を立てるので甲殻類のように固いらしい。 口器もまた多くの節足動物と異なり、左右でなく上下に開き、かつ、下顎だけではなく上顎側も付け根が可動して開閉する。 上顎は関節が2箇所あり、大きく開くことが出来る。 上顎、下顎は、その先端の縁が巨大な牙や歯のような形状になっていて、獲物や敵に噛みつく際威力を発揮する。 脚は5対(10本)備わっている。 前方から順に、第2〜4脚は胴体下面両側に並んでおり歩脚として機能する。 第1、第5脚は胴側面に付いていて普段は折りたたまれており、歩行用ではない。 敵や獲物に出会うとそれらはのように振り上げられ前方に振り下ろされることで、武器として使用される。 各脚の先端には昆虫の付節の先端にやや似て、2又に分かれた爪があるが、通常の水平面歩行では全て後方に曲げられており、地面その他に突き立てるようにはしていない。 ただ、10本の脚を持つといっても、等それ以外の付属肢は一切備えておらず、実在のとは特徴が異なる。 眼は眼球としての可動機能を持たず、またエビやカニのような眼柄も無く、昆虫やクモののように頭胸部表皮に固定されている。 暗闇で照明を当てられると、既知の夜行性動物と同様、発光してみえる。 そのような眼が多数あり、サイズもそれぞれ異なるが全体に小さく、左右片舷に11眼、計22眼が、上顎を含む頭胸部に備わる。 体の後部先端はやや短い尾になっており、上へ向け三日月型に反った刃物のような形状である。 体色は白に近い褐色だが、部分的に青みがかっている部分もある。 動きは非常に素早く敏捷。 襲撃や闘争の際は、独特の声を発する。 獲物に忍び寄る際は、音を立てず天井に張り付くなどして、気付かれぬようゆっくりと接近する。 ただ、ネズミはいち早く彼らの接近に気付いて逃げ出すことができた。 劇中彼らに襲われた人間は「俺をどこかへ連れて行こうとした」と証言している。 映画の脚本よりも時系列的には過去となるプロモーション用動画でも、彼らは登場している。 タグルアト社が所有するチュウアイの石油採掘現場で潜水艇が撮影した映像として、海底に無数の彼らがたむろす姿が映し出された。 この時は特に何かに寄生しているような状態ではなかった。 現場は、タグルアト社製清涼飲料水『Slusho! 』の主原材である謎の性「海底の蜜」の産出場所でもある。 こぼれ話 [ ]• 作品の詳細が分からなかった時期には「『』のリメイク」「アメリカ版」などの噂も流れた。 また、その「必然性」にそって姿や行動もデザインされているという。 つまり、クローバーは母親をこいしがる感情や知能を持った動物の幼体であり、本来はどこかに母親が存在する、あるいは存在したらしい。 物語の最後、事件の1年1ヶ月前、2008年4月27日日曜日午後6時17分、主人公のロブとヒロインのベスが中、遊園地から見えるに向けて撮影した映像の中で、何か黒い物体が画面右奥の空からの向こう付近に落下する描写がある。 これがクローバーとどう関わっているのかは不明である。 ノベライズ版のカバーの裏には、映画制作のために描かれたモンスターのイメージボードが特典として掲載されている。 はっきりと全身の細かい部分まで見ることのできるこのイメージは、数々の怪獣映画を撮影した日本に対する敬意を表して掲載されたもので、そのイラストはアメリカですら公表されておらず日本限定のものである。 脚注 [ ]• (2007年12月19日時点の)• この「サイレン」で爆撃を予告することで、モンスターがやがて倒された事を示唆する場面は、スティーブン・スピルバーグのアイデアで作られ挿入された。

次の