ハルヒ声優 消えた。 涼宮ハルヒの消失のアニメ映画、キョン、みくると涼子の声優、評価と感想

ハルヒ、らきすた、けいおん、日常←声優全部消えた

ハルヒ声優 消えた

登場作品:ストライクウィッチーズ 身長:154 cm 年齢:16歳(劇場版では17歳) 誕生日:1928年4月19日 通称:「黒い悪魔」「カラヤ・アイン(カラヤ中隊の一番)」 愛称:「フラウ(大人の女性)」 所属:第501統合戦闘航空団「ストライクウィッチーズ」 階級:中尉 使い魔:ダックスフント 固有魔法:『シュトゥルム』(攻撃系魔法に分類。 大気を操作することによって自分の周りに暴風を発生させたり、変則的な機動を繰り出すことが可能となる) 一見すると能天気で何も考えていないようだが、その実冷静に周囲を見ている。 おかしいと思えば上官にも異を唱えるため、上層部受けは良くない そのため昇進が遅れている。 本人自身の階級への執着も薄く、謹慎処分の常習者でもある。 登場作品:D. ~ダ・カーポ~ 朝倉純一は義理の兄。 ヘアスタイルはショートで茶髪、頭頂部にアホ毛あり。 髪の両脇にはリボンを付け、靴下はニーソックス、どこにいても見つけられるようにと贈られた純一手製の小さな鈴付きのチョーカーを着用している。 幼少時に交通事故で両親は他界し、親戚である朝倉家に引き取られる。 主人公朝倉純一とは血の繋がらない妹である。 純一と生年月日が同一のため、姉にするか妹にするか迷われた[2]が、純一が「弟」になることを拒否し、家出して泣いていた音夢を純一が「自分が守る」と宣言した経緯から双子の妹として生活することになる。 以後本当の兄妹のように育てられ、純一を「兄さん」と呼んで慕う。 体が弱く、微熱をよく出して純一に気をかけさせていた。

次の

ハルヒ、らきすた、けいおん、日常←声優全部消えた

ハルヒ声優 消えた

登場作品:ストライクウィッチーズ 身長:154 cm 年齢:16歳(劇場版では17歳) 誕生日:1928年4月19日 通称:「黒い悪魔」「カラヤ・アイン(カラヤ中隊の一番)」 愛称:「フラウ(大人の女性)」 所属:第501統合戦闘航空団「ストライクウィッチーズ」 階級:中尉 使い魔:ダックスフント 固有魔法:『シュトゥルム』(攻撃系魔法に分類。 大気を操作することによって自分の周りに暴風を発生させたり、変則的な機動を繰り出すことが可能となる) 一見すると能天気で何も考えていないようだが、その実冷静に周囲を見ている。 おかしいと思えば上官にも異を唱えるため、上層部受けは良くない そのため昇進が遅れている。 本人自身の階級への執着も薄く、謹慎処分の常習者でもある。 登場作品:D. ~ダ・カーポ~ 朝倉純一は義理の兄。 ヘアスタイルはショートで茶髪、頭頂部にアホ毛あり。 髪の両脇にはリボンを付け、靴下はニーソックス、どこにいても見つけられるようにと贈られた純一手製の小さな鈴付きのチョーカーを着用している。 幼少時に交通事故で両親は他界し、親戚である朝倉家に引き取られる。 主人公朝倉純一とは血の繋がらない妹である。 純一と生年月日が同一のため、姉にするか妹にするか迷われた[2]が、純一が「弟」になることを拒否し、家出して泣いていた音夢を純一が「自分が守る」と宣言した経緯から双子の妹として生活することになる。 以後本当の兄妹のように育てられ、純一を「兄さん」と呼んで慕う。 体が弱く、微熱をよく出して純一に気をかけさせていた。

次の

涼宮ハルヒシリーズの登場人物

ハルヒ声優 消えた

登場作品:ストライクウィッチーズ 身長:154 cm 年齢:16歳(劇場版では17歳) 誕生日:1928年4月19日 通称:「黒い悪魔」「カラヤ・アイン(カラヤ中隊の一番)」 愛称:「フラウ(大人の女性)」 所属:第501統合戦闘航空団「ストライクウィッチーズ」 階級:中尉 使い魔:ダックスフント 固有魔法:『シュトゥルム』(攻撃系魔法に分類。 大気を操作することによって自分の周りに暴風を発生させたり、変則的な機動を繰り出すことが可能となる) 一見すると能天気で何も考えていないようだが、その実冷静に周囲を見ている。 おかしいと思えば上官にも異を唱えるため、上層部受けは良くない そのため昇進が遅れている。 本人自身の階級への執着も薄く、謹慎処分の常習者でもある。 登場作品:D. ~ダ・カーポ~ 朝倉純一は義理の兄。 ヘアスタイルはショートで茶髪、頭頂部にアホ毛あり。 髪の両脇にはリボンを付け、靴下はニーソックス、どこにいても見つけられるようにと贈られた純一手製の小さな鈴付きのチョーカーを着用している。 幼少時に交通事故で両親は他界し、親戚である朝倉家に引き取られる。 主人公朝倉純一とは血の繋がらない妹である。 純一と生年月日が同一のため、姉にするか妹にするか迷われた[2]が、純一が「弟」になることを拒否し、家出して泣いていた音夢を純一が「自分が守る」と宣言した経緯から双子の妹として生活することになる。 以後本当の兄妹のように育てられ、純一を「兄さん」と呼んで慕う。 体が弱く、微熱をよく出して純一に気をかけさせていた。

次の