コン カラーズ ブレード 攻略。 【コンカラーズブレード】ウィークリークエスト:盗賊掃討のすすめ

【初心者向け】コンカラーズブレードの連盟クエスト左官簡単攻略 砂漠要塞編【だれぱんだ】

コン カラーズ ブレード 攻略

5月30日、運営側より6月11日からが入りました。 内容是非、ご一読ください。 ゆきだるまの所見: 新サーバーの情報が出ましたので、移動を念頭に置いて、AsiaPacificサーバーでのプレイを控える人が出るのではないでしょうか? まず、このお知らせを見ても最終的な結論が見えませんので、どのような方向性に進むのか皆目見当がつきません。 とりあえずSAサーバーでのプレイを継続して、その上で6月11日からのスタートに合わせて様子を見に行きたいと思います。 今後の選択肢の想定ですが: 1、育て上げたキャラクターのサーバー間移動を自由に認める もしサーバー間の移動の自由を認めれば、強いプレーヤーがあちらこちらに散らばって行くでしょう。 このケースでは、私は躊躇なく引退を即決。 2、Asia Novaサーバーでの独立を保持継続、参加者はゼロからスタート これがナイス、こちらのサーバーへと速やかに移動します。 そして、その後もサーバー間のキャラクターの移動は認めない。 今後も新サーバーを立てながら、模擬的なリーグリセットを継続してゲームを進化させてゆく。 理想的な展開ですね。 3、Asia Novaサーバーでの独立保持でスタート、ある程度経過した所でミックス おそらく、このパターンを選択するのでは?と考えています。 このケースが一番ツラい。 ある程度育ったところで、1年熟成の強キャラ兵団に蹂躙されるでしょう。 その時点で私を含め、たくさんのプレーヤーが引退を決意する可能性が高そうです。 最後に私見: 「第五人格」を運営する優秀な皆様、きっと運営側は最適な初歩の構想の答えを知っていると思います。 しかしながら、今までゲーム有料時代から支えてくれたファンを無下にはできない。 「矛盾」そのものですので、答えを言えない。 私が思う折衷案は「サーバーごとの独立を保つ」。 これであれば、プレイヤー自身が自分のレベルにあったサーバー(世界)を選べるのではないでしょうか? 初心者は間違ってもAsiaPacificサーバー(ハードモード世界)を選択しないと思いますが。 是非、お試しでSouthAmericaサーバーに入ってみてください、兵団レベルの違いにすぐ気が付くはずです。 そして、経験値が購入できる仕様の変更もそろそろ行ってみては如何でしょうか? 課金する箇所は「キャラスキン」「兵団スキン」「キャラ動作」「倉庫拡張」と言う所で如何でしょうか? 第五人格同様に、コラボを行いながら、そのスキンを加えていけば良いのではないでしょうか?(衣装が「リッパー」の兵団や、銃を撃つのが「空軍」と言うのも面白いのでは?) もしくは「馬」に乗るだけではなくて、変わったものにスキンを変更できるのも面白いと思います。 終わりに: 願わくば、第五人格の様に、皆様に愛されCOAのような世界大会が開催されるようなメガコンテンツになって欲しいと思います。 そのポテンシャルと、クオリティーは十分。 あとは「ゲーム内の公平」をうまく保つ策をひねり出していただけると嬉しいです。 レギュラーリーグと、シーズンリーグを分離するのも一案かと考えます。 新鯖を独立させてほしいっていうのはすごく同意です! 独立させないならわざわざ新鯖を作る意味が無いですよね 課金についてはレベリング時間を課金で大きく短縮できるようにしてほしいな~と思います できるかぎり課金して運営を応援したい気持ちはあるものの、スキンに全く興味がない私のような人間からすると現状は兵団開放代+月プラン2種+EXPカードしか課金するところがないので大量課金につながりません 攻城戦は大好きですが単調な連盟クエでの長時間レベリングを強いられるのが本当に苦痛で、嫌気がさしてゲーム自体やらなくなってしまいそうです… 挙動やら軍魂やらで課金者を優遇すると一気にP2Wゲーになりそうですが、レベリングの時短はP2Wにはつながらない部分だと思うのでマジでどうにかしてほしいです コメントありがとうございます。 実際、ゲーム参加者の少ないSouthAmericaサーバーで「領土戦」をプレイして体感しましたが、クランのメンバーと領土を獲得するために戦略を持って行動するのがこちらのゲームの醍醐味と思います。 新サーバーが独立していれば、6月11日の運用開始からのゼロスタートになりますので、そこまで大きなクラン兵団の戦力差はつかないと考えます。 経験値の課金要素ですが、こちらがあると「シーズンごとのフルリセット」が出来なくなるので、第五人格の成功を鑑みると、やはりスキンへの課金、もしくは使える武器のアンロック等に固定して欲しいとは思います。 Asia Novaサーバーの運用開始日に沢山のプレーヤーが熱気を持ってレベル上げをすると思います。 その時点で運営側は確信するはずです。 「シーズンフルリセット」はゲームを活性化すると。

次の

Steam:コンカラーズ・ブレード

コン カラーズ ブレード 攻略

5月30日、運営側より6月11日からが入りました。 内容是非、ご一読ください。 ゆきだるまの所見: 新サーバーの情報が出ましたので、移動を念頭に置いて、AsiaPacificサーバーでのプレイを控える人が出るのではないでしょうか? まず、このお知らせを見ても最終的な結論が見えませんので、どのような方向性に進むのか皆目見当がつきません。 とりあえずSAサーバーでのプレイを継続して、その上で6月11日からのスタートに合わせて様子を見に行きたいと思います。 今後の選択肢の想定ですが: 1、育て上げたキャラクターのサーバー間移動を自由に認める もしサーバー間の移動の自由を認めれば、強いプレーヤーがあちらこちらに散らばって行くでしょう。 このケースでは、私は躊躇なく引退を即決。 2、Asia Novaサーバーでの独立を保持継続、参加者はゼロからスタート これがナイス、こちらのサーバーへと速やかに移動します。 そして、その後もサーバー間のキャラクターの移動は認めない。 今後も新サーバーを立てながら、模擬的なリーグリセットを継続してゲームを進化させてゆく。 理想的な展開ですね。 3、Asia Novaサーバーでの独立保持でスタート、ある程度経過した所でミックス おそらく、このパターンを選択するのでは?と考えています。 このケースが一番ツラい。 ある程度育ったところで、1年熟成の強キャラ兵団に蹂躙されるでしょう。 その時点で私を含め、たくさんのプレーヤーが引退を決意する可能性が高そうです。 最後に私見: 「第五人格」を運営する優秀な皆様、きっと運営側は最適な初歩の構想の答えを知っていると思います。 しかしながら、今までゲーム有料時代から支えてくれたファンを無下にはできない。 「矛盾」そのものですので、答えを言えない。 私が思う折衷案は「サーバーごとの独立を保つ」。 これであれば、プレイヤー自身が自分のレベルにあったサーバー(世界)を選べるのではないでしょうか? 初心者は間違ってもAsiaPacificサーバー(ハードモード世界)を選択しないと思いますが。 是非、お試しでSouthAmericaサーバーに入ってみてください、兵団レベルの違いにすぐ気が付くはずです。 そして、経験値が購入できる仕様の変更もそろそろ行ってみては如何でしょうか? 課金する箇所は「キャラスキン」「兵団スキン」「キャラ動作」「倉庫拡張」と言う所で如何でしょうか? 第五人格同様に、コラボを行いながら、そのスキンを加えていけば良いのではないでしょうか?(衣装が「リッパー」の兵団や、銃を撃つのが「空軍」と言うのも面白いのでは?) もしくは「馬」に乗るだけではなくて、変わったものにスキンを変更できるのも面白いと思います。 終わりに: 願わくば、第五人格の様に、皆様に愛されCOAのような世界大会が開催されるようなメガコンテンツになって欲しいと思います。 そのポテンシャルと、クオリティーは十分。 あとは「ゲーム内の公平」をうまく保つ策をひねり出していただけると嬉しいです。 レギュラーリーグと、シーズンリーグを分離するのも一案かと考えます。 新鯖を独立させてほしいっていうのはすごく同意です! 独立させないならわざわざ新鯖を作る意味が無いですよね 課金についてはレベリング時間を課金で大きく短縮できるようにしてほしいな~と思います できるかぎり課金して運営を応援したい気持ちはあるものの、スキンに全く興味がない私のような人間からすると現状は兵団開放代+月プラン2種+EXPカードしか課金するところがないので大量課金につながりません 攻城戦は大好きですが単調な連盟クエでの長時間レベリングを強いられるのが本当に苦痛で、嫌気がさしてゲーム自体やらなくなってしまいそうです… 挙動やら軍魂やらで課金者を優遇すると一気にP2Wゲーになりそうですが、レベリングの時短はP2Wにはつながらない部分だと思うのでマジでどうにかしてほしいです コメントありがとうございます。 実際、ゲーム参加者の少ないSouthAmericaサーバーで「領土戦」をプレイして体感しましたが、クランのメンバーと領土を獲得するために戦略を持って行動するのがこちらのゲームの醍醐味と思います。 新サーバーが独立していれば、6月11日の運用開始からのゼロスタートになりますので、そこまで大きなクラン兵団の戦力差はつかないと考えます。 経験値の課金要素ですが、こちらがあると「シーズンごとのフルリセット」が出来なくなるので、第五人格の成功を鑑みると、やはりスキンへの課金、もしくは使える武器のアンロック等に固定して欲しいとは思います。 Asia Novaサーバーの運用開始日に沢山のプレーヤーが熱気を持ってレベル上げをすると思います。 その時点で運営側は確信するはずです。 「シーズンフルリセット」はゲームを活性化すると。

次の

コンカラーズブレード(Conqueror's Blade)【Steam】動作検証と推奨スペック

コン カラーズ ブレード 攻略

After the opening of the prosperous Gilded Age, the rise of Commerce and mercenaries had filled the whole continent with opportunities, especially in the vital transportations. Just to the south, across the sea from Ungverija, the formerly besieged "Eternal City" was reborn in the Gilded Age. Although it has gradually declined from an empire with many territories to a Mega-City, with the wealth brought by mercenaries and taxes, the "Eternal City" was still a vital hub for merchants traveling to and from the continent by its excellent location. The city, Continopolis, founded over a thousand years ago, has several layers of strong walls, and the sea is surrounded by iron chains blocking the encompassing area. Elite mercenaries were all over the streets. The city possessed great wealth, and scholars and merchants traveled by ship between the eastern and western continents in there. It was once the most prosperous city in the world. But even beneath the cover of prosperity, the darkness grows. As the people of the city drank and sang their praises, they failed to notice that the empire, which had fallen into chaos, was gradually restoring order and making preparations to regain its former glory. Before the prairie tribe becoming the Prairie Khanate, the Adrian Empire was already one of the most powerful empires on the entire continent. Half a century earlier, the Great Lord "Thunder" had swept away the western lords and occupied most of the land south of Ungverija. Then, Jackie I died, and Jackie II took his place. The young Lord was anxious to demonstrate his strength to silence the nobles and various officials who had caused trouble in the early days of his reign. The conquest of the Millennium City had adopted as his primary strategy for making a stand, and two years had spent in preparation. He built up a large navy, blockaded the adjacent seas to isolate the Continopolis, and purchased a factory from the Ungverija to produce heavy Artillery. He also built a fortress on the coast and closed the bridge to the north, preventing any reinforcements from reaching the Continopolis. When everything was in place, he mobilized the massive army and began the siege of the Continopolis. Just as every vast empire would eventually become the cornerstone of an enormous empire, the eastern Lord birthed his brand new empire by destroying the city last a thousand years, which would become the heart of the new empire. The Gilded Age is over, and a whole new era has arrived. It is from this historical moment that Season 3 begins! To guide you to conquer this millennia-old super city, we have upgraded the Territory War system and bring in Doctrines Skills into the game. 1 Construction and occupation of new player-build fiefsNow most of the player-build fiefs will have their unique construction and occupation rules -Players can mouse-click on a self-built stronghold and choose to repair or destroy it, repairing or reducing the life of the player-build fiefs based on the player's Leadership of the troops they bring with them; -The player-build fief under construction is also allowed to be accelerated or destroyed; -Wounded characters can not participate in military operations against the player-build fiefs. 2 New types of the player-build fiefA. Battle Flag -Battle Flag is for players to occupy a player-build fief; -Only with Battle Flag, you can capture a player-build fief when you breach it. Otherwise, you can only loot it; -Only one Battle Flag is allowed to exist in a region. When a Battle Flag under construction, no other battle flag can be built. Artillery Construction Base -Members within the player-build fief's House or Alliance can purchase Artillery and large siege equipment in limited quantities at the Artillery Construction Base; -Those large siege equipment purchased in the Artillery Construction Base will deploy directly into the battlefield. It is only valid for fighters wounded in that area, not for entering the place from other regions. Each House can only build one Medical Tent in a field. 4 The Territory War now has a preparation period-30 minutes before the start of a power battle is considered the preparation period; -Players are allowed to build player-built fiefs during preparation The war has been declared ; -During the preparation, the player-built fiefs can be attacked, but not town, village, or forts. Improvements in Pursuit To make the terrain on the big world really work, to allow players to use human wall tactics to limit their opponents, and also to make every piece of land on the edge of the fief valuable, we've improved the Pursuit, moving from just troop blocking to tactical blocking with the terrain. 1 Bring in Local BattlefieldAll the Pursuits in the same area will be on the same battlefield. -When you enter a Pursuit, a Local Battlefield will be automatically formed within a specific area centered on the encounter point; -Players will have a probability of entering the activate Local Battlefield by stepping into the field; -The further you are from the center of a Local Battlefield, the lower the probability of entering that battle; -When the player triggers the event to enter the battlefield, they are presented with two options, "enter the battlefield" and "turn around". If you select "enter the battlefield", you will join the battle. If you select "turn around," you will not enter the battlefield, but you will be wounded. 2 Pursuit Rules AdjustmentWe've changed the Pursui from a two-way confrontation to a scramble that allows multiple forces to enter. -Pursuit allows various forces to join in, with a maximum of 15 players per force that can bring, but no limit to the number of different powers; -Only the force that captures the flag in the center of the map will be the winner; -The force that eventually captures the flag will get all the loot for this Pursuit; -Players who voluntarily join the local battlefield can choose their spawn position, and players who mistakenly enter the battlefield will be randomly assigned a spawn point. To more realistically recreate the immediacy of the Pursuit, we've removed the deployment and settlement phases. The Doctrine Abilities We've brought the Doctrine Abilities into the game, which will let those units have their Doctrine Ability Pool, and allow players to consume Doctrine to activate the unit's Doctrine Skills. You can mix and match as many as you like based on your usage habits and tactical strategy. Each unit has a given pool of abilities. At first, the capabilities are all locked. When you expend the corresponding Doctrine in your inventory, you can activate the Doctrine Ability in that ability pool. After the maintenance, all warlords shall receive 7500 Bronze Coins and 300 Honors as compensation. Please be patient. In a random siege game, you won't be able to coordinate with your team mates that much because well, it's a random game. And this wall only uses 6 players! There's 9 more players that can counter what ever we are trying to do to counter that pavise wall. I use falconnetis with a shield wall of my friend. While some others are building cannons themselves and mortars. Wha...

次の