海外 fx a book 業者。 海外FX業者のおすすめ8選!取引歴11年のFX海外口座オタクが100業者から厳選。

海外FX歴10年の私が選ぶ!2020年に絶対おすすめの海外FX業者11選

海外 fx a book 業者

FX業者A-book(Aブック)とは? 「A-book」というものは、顧客から受けた注文をインターバンクへ流す(銀行間取引を行う)という、B-bookと比べて透明性が高いスタイルと言われています。 仕組みとしては、A-bookの業者は「スプレッドで利益を出している」というものであり、業者によってはかなりスプレッドが大きく設定されている場合もあります。 顧客側としては、スプレッドを出来るだけ低く設定している業者のほうが良いということですね。 スプレッドが影響してしまうため、スキャルピングをしたいという方にはあまりオススメできませんが、デイトレードなどを考えている方には、そこまでスプレッドの影響も出ないためオススメです。 FX業者B-book(Bブック)とは? B-bookとは、A-bookとは違い、顧客から受けた注文をインターバンクへ流さずに業者側で処理しています。 イメージがしにくいかと思われますが、簡単に言うと「顧客が買い注文を出した場合、同じ金額を業者側で売りを出し相殺している」という具合にいわゆるカバー取引というものを行っているのです。 つまり、B-book業者の利益は、顧客が出した損失分になっているという事ですね。 逆に顧客の利益が大きい場合は、B-book業者の損失となります。 顧客側のメリットとしては、A-bookのようにインターバンクを通すことなく取引が行われるため、A-bookに比べてスプレッドは小さい傾向があります。 スキャルピングなどの短期決済をする場合にはスプレッドが重要になってくるため、向いているといえます。 その反面、大きいロット数で多く注文が入ったりした場合、業者側で注文がさばききれずに約定拒否などが起こるケースもあります。 その対策としてロットの制限がかけられていることが現在では多いようです。 A-book(Aブック)とB-book(Bブック)どちらがオススメ? B-book業者のことを「 ノミ業者」とも呼ぶことがありますが、これは「注文を呑む」ということを指しています。 先ほど説明したようにB-book業者はインターバンクを通さずに顧客の注文をその業者の中で呑み込み、顧客の損益を利益にしているため、顧客に損益を出させようとする動きからそのように呼ばれています。 顧客が利益を出すよりも、資金が尽きることのほうが多いことからこのような業者が存在しています。 それに加えて、B-book業者の損益になるような「利益を出している顧客」を追い出すなんていう噂もあります。 B-book業者の損益になる顧客は、適当に理由を付けて口座を凍結させたり、追い出したりという事は簡単に出来てしまいます。 たまに一見顧客にとってはメリットしかないような大きなキャンペーンを出している業者のほとんどがB-book業者といえます。 結局は顧客が資金を入れさせ、負けさせるという考えがあるので、その点あまりオススメはできません。 そういったキャンペーンボーナスも資金が尽きた後から付与されたり、予告と違う内容だったりすることもザラです。 B-book業者のすべてがそのような業者といっているわけではありませんが、そのように見比べてみると、A-book業者はスプレッドの問題はあるにせよ長く使用していく上では透明性もあり信頼できるといえます。 A-book(Aブック)のオススメするFX業者 これまでのことを踏まえて、オススメのA-book業者を紹介させていただきたいと思います。 1位:TradersTrust TTCM ・透明性を重視しており、情報開示にも積極的であり信頼が高い。 ・日本人サポートも働いており、チャットやメールでの対応が早い。 ・追証なしのゼロカットシステムを採用しているため安心。 ・入金出金方法が多く、クレジットカードに限らず、国内銀行送金やbitwalletにも対応している。 ・スキャルピング向けに200万円入金することでスプレッドが狭いVIP口座を使用することが出来る。 日本人サポートが居ることが大きな安心感にもなっています。 2:Tradeview ・スプレッドが非常に狭い 業界でもNo. 1 ・運営歴が10年以上あるのにも関わらず、出金などのトラブルの噂なし。 ・追証なしのゼロカットシステムを採用しているため安心。 ・サポートの人間に日本人が居るため安心(24時間対応) ・NDD方式で信頼性、透明性が高い。 国内銀行送金に対応していないということが不便化もしれませんが、クレジットカードは使用できますし、入出金の手数料も無料でとてもサービス面も良いです。 B-book(Bブック)のオススメするFX業者 オススメのB-book業者を紹介させていただきたいと思います。 1位:XMTrading ・運営歴10年以上でも入出金のトラブルはほぼ聞いたことがないため、信頼性が高い。 ・顧客数に応じてサーバー強化を行い、常に約定スピードが早く重くならない。 ・取り扱い通貨ペアが多い(FX通貨ペア57種類、貴金属4種類、CFD銘柄42種類 ・入金出金方法が多い(クレジットカード入金・国内銀行入金 三井住友銀行 ・ビットコイン入金・bitwallet入金・海外銀行送金) ・金額にかかわらず入出金手数料が無料。 ・WEBサイトも日本語対応でわかりやすい。 B-bookの中でも最もオススメであり有名どころのFX業者です。 日本人トレーダーの中でも一番の人気業者であり、不正が合った噂もなく信頼性が高いです。 2位:Axiory ・運営における透明性を重視しており、情報開示を大きく行い、運営の透明性が高く信頼性が大きい。 ・「cTrader」というスキャルピングに適した取引ツールを使用することが出来る。 ・Curfexというオンライン決済サービスに加入することで国内送金の入金ができ、Curfex経由で国内銀行送金で出金することが可能。 ・日本語サポートのお問い合わせ部署がある。 ・取り扱い通貨ペアが多い(FX通貨ペアで61種類、貴金属2種類、株価指数CFD11種類、商品CFD 資源・エネルギー 4種類) 短期決済向けの「cTrader」というツールを使用することが出来るため、スキャルピングを多用するという方にぴったり。 その上透明性が高く、信頼性も大きいためオススメ。 まとめ FXトレードを行うには様々な知識が必要になり、なかなかこういった知識はテクニカル手法と違って学びにくい部分ではありますが、 長くFXトレードを行っていく上で「 A-book」と「 B-book」のビジネスモデルに関して理解しておくことは非常に大切です。 FX業者選びは自分の資金を預けるための非常に重要な選択となり、よく見逃されがちなポイントではありますが、知らないがためにトラブルに遭ってしまうことも往々にしてあります。 もしこれから始めたいけど、どこがいいのかわからないという方は、今回の記事を参考にしていただければ幸いです。 上記のオススメのほかにも様々な業者が存在しておりますので、 メリット・デメリットを考えて自分に合ったFX業者を探してみるのもいいかもしれませんね。 自分の取引手法や、サポート環境などからできるだけメリットのある業者を選びましょう!• 現在自動売買の運用をしているが全く増えずに、毎日口座残高が減っているのを眺めている・・• FX初心者でまずはコピートレードから始めてみたいがどれを選んだらいいかわからない• 何もしなくても稼げる収入の柱がもう一つ欲しい• 資産を銀行に預けるのではなくて、有効的に投資していきたい 上記のようなお悩みが1つでも当てはまるようでしたら、当サイトで紹介している「AMMAコピートレード」がおすすめです。 完全無料で、プロトレーダーの取引をあなたの口座でコピーすることができます。 もし興味があれば成績などもすべて公開してますので、見てみてください。 実際のフォワードテストの成績で完全放置でこれだけの成績が出ています!.

次の

海外FX歴10年の私が選ぶ!2020年に絶対おすすめの海外FX業者11選

海外 fx a book 業者

Myfx Markets マイFXマーケッツ はNDD業者とは?A-bookって何? 今回は、 「Myfx Markets マイFXマーケッツ はNDD業者とは?A-bookって何?」について解説します。 割とマイFXマーケッツは情報が少ないので参考にして頂ければと思います。 そこで、今回は、 NDD業者とは?A-bookって何? について解説していきます。 まずNDD業者とDD業者が分かれており、 マイFXマーケッツは、NDD業者です。 NDDとはトレーダーの注文に業者が直接関与せずに、 為替の市場へと注文を流す仕組みのことです。 難しい説明になるので簡単に言うと、 不正ができるような注文の仕組みではなく、 透明性のある取引が可能という事です。 逆に国内FX業者に多いDD業者は、 注文にFX業者が関与する事もあり、 透明性で言うとNDD業者が信頼が高いです。 もちろん、不正する仕組みがあるから絶対に損をするとか、 そういう物ではないので、NDD業者のほうが透明性がある取引注文が 行えると考えてもらえれば良いと思います。 またA-book、B-bookなどという言葉もよく耳にしますが、 A-bookがNDD業者、B-bookはDD業者と認識して頂ければ問題ありません。 最後に、今回の用語は、FX業者間での注文方式の違いと考えてください。 一般的には透明性のあるNDD業者が人気というのは覚えてください。 以上、NDD業者とは?A-bookって何?についてでした。 —————————————————————————- 以上、今回の動画は、いかがでしたでしょうか? Myfx Markets マイFXマーケッツ のNDD業者とは?A-bookって何?について、 簡単ですが解説しました。 詳しく書いても難しいので簡単に覚えておいてくれたら十分です。 これを詳しく覚えたところでトレードに勝てるわけではありませんので(笑 少しでも参考になれば幸いです。 また海外FX比較の虎ちゃんねるの動画を今後も参考にして頂けましたら幸いです。

次の

海外FX歴10年の私が選ぶ!2020年に絶対おすすめの海外FX業者11選

海外 fx a book 業者

海外FXで稼ぐための第一歩 海外FXで利益を上手に利益を出し続けている人は、 FX業者の特徴をしっかりと理解しているということが言えます。 私の場合で言うと海外FX歴は13年目に突入していますが、 海外FX業者のメリットとデメリットを十分に理解し、 適切なリスク管理をしているからこそ、 相場で生き残り続けることができているということが言えます。 海外FX業者の評判や口コミ 多くの人がネット検索で海外FX業者の評判や口コミをチェックして、 オススメの海外FX業者を探すと思います。 ・出金拒否があるのか? ・ストップ狩りはあるのか? ・リクオートやオフクオートはあるのか? いろいろとネット検索をすると思うのですが、 実はこのネット検索はあまり意味がありません。 なぜなら、海外FX業者は口座開設者全員に 出金拒否や、ストップ狩り、レートずらし、リクオートやオフクオート をするのではなく 個別にそれをやるからです。 海外FX業者 B-book(DD業者)の特徴を知る 私の場合トレードによって A-book(NDD業者)とB-book(DD業者)を使い分けるのですが、 ここでは主にB-bookの特徴について書いていこうと思います。 海外FX業者 A-book(NDD業者)とは? NDDとはNo Dealing Deskという注文処理方式のことで、 FX業者はトレーダーの注文を直接金融機関に流すことによって、 その際の手数料をFX業者の利益にするという方法です。 FX業者の利益は注文を右から左に流す際の手数料だけなので、 トレーダーの勝ち負けはFX業者の利益とは関係なく、 むしろトレーダーが利益を出してどんどんトレードをしてくれたほうが FX業者の利益が大きくなります。 そういった意味で トレーダーとFX業者にはWin-Winの関係が成り立ちます。 海外FX業者 B-book(DD業者)とは? 平たく言うとノミ業者にあたるのがDD業者です。 簡単に言うと、トレーダーが出した注文をFX業者がそのまま受けるため、 ・トレーダーが勝った場合はFX業者が負け ・トレーダーが負けた場合はFX業者が勝ち ということになるので、 A-bookとは対照的にトレーダーとFX業者の利益は相反することになります。 B-bookにとっての邪魔者 B-bookにとっての邪魔者は「トレードで利益を出しまくるお客」です。 一般投資家だけで考えるとFXで負けている人のほうが圧倒的に多いので、 注文を呑んでいるだけでもFX業者は利益を上げることが出来ますが、 常に大きな利益を出しているようなお客(トレーダー)がいるようであれば、 そのお客はDD業者にとって邪魔者になります。 前述のとおり、B-bookにとってはトレーダーの利益=会社の損失になるので、 トレードで常に大きな利益を出すようなトレーダーがいるようであれば、 そのトレーダーには別のFX業者に行ってもらいたいと考えるのは当然ですね。 B-bookのブラックリスト 多くの人はFX業者が大々的にストップ狩りをやると思っているかもしれませんが、 ストップ狩りを代表とするレートずらしは、個別でやる場合のほうが圧倒的に多いです。 レートずらしというよりも突発的にスプレッドを広げる というやり方がメインになってきます。 ・大きな経済指標などのボラティリティが高い時 ・早朝などのボラティリティが低い時 はスプレッドが広がるのは当然なのですが、 それ以外の時にスプレッドが突発的に広がるようなことが頻繁におこるようであれば、 あなたはその業者のブラックリストに載っている可能性が高いです。 それ以外にもリクオートやオフクオートなども同じです。 注文がなかなか通らないような状況を意図的につくれば、 そのトレーダーは他の業者に自ら引っ越してくれる可能性があるので、 いろいろな嫌がらせをしてトレーダーの追い出しにかかります。 VDPを駆使してトレーダーの戦意を喪失させ、 自ら他社に引っ越しするように仕向けるのが、DD業者の常とう手段です。 VDPとは? VDP(Virtual Dealer plug-in)とはMT4のプラグインで、リクオート、オフクオート、スリッページ、接続遅延などの不具合を意図的に発生させるプラグインです。 上手なトレーダーを追い出すために様々な嫌がらせをして、まともなトレードができないようにすることから、デーモンプラグイン(悪魔のプラグイン)とも呼ばれています。 海外FXのB-bookについてもっと詳しく 海外FXで稼ぐ通過点として、 DD業者(B-book)を上手に活用するというのは必須 条件です。 なぜなら B-bookにはメリットもたくさん あるからです。 そういった意味ではB-bookと上手に付き合っていく必要があるのですが、 B-bookの上手な活用方法を説明する前に、 B-bookについてもっと詳しく解説をつけ加えておこうと思います。 B-bookの見分け方 公式サイトなどでは自社がA-bookであるというようなことを言っている海外FX業者もたくさんありますが、 そんなことを書いたところでA-bookかB-bookかの見分けは単純明快です。 A-book(NDD業者)はトレーダーがトレードをするたびに手数料を手に入れることができます。 つまり、トレードの手法がどんな手法であってもA-bookには関係のないことです。 特に大ロットのスキャルピングは高回転で資金を動かすので、 A-bookであれば手数料がどんどん入り歓迎されるべきことです。 このことを考えるとA-bookかB-bookかの見分けはとても簡単です。 ・ スキャルピングが禁止、または制限がある ・ 取引ロットに制限がある このような取引制限があるということは、 その時点でB-bookであるということが確定してきます。 さらにB-book確定というわけではないですが、B-bookの特徴としては ・ボーナスキャンペーンが豪華 ・レバレッジが高い という特徴があります。 B-bookでこうなったら要注意 コンスタントに利益を上げることができるトレーダーは、 ブラックリストに載っている可能性があるので、次のことに注意していてください。 ・突発的にスプレッドが頻繁に広がる ・リクオートやオフクオートが増えた トレードで利益をコンスタントに出せるようになり、 このような異変を感じたら他の業者への引っ越しを考えたほうが無難です。 自分のトレードの実力が認められたといい方向に考えて、 他の海外FX業者へと引っ越しをしましょう。 海外FXのB-bookとの上手な付き合い方 ここまでB-bookのマイナス面ばかりを書いてきましたが、 ちょっとやそっと利益を出せたからと言ってブラックリストに載るということはありません。 またB-bookにはメリットもあるので、 実際に私が実践しているB-bookとの上手な付き合い方を参考にしてください。 海外FXの不正トレード B-bookのほとんどがボーナスキャンペーンをやっていますが、 ボーナスやゼロカットを悪用した不正トレードは、FX業者のガイドラインに抵触するため、 一発で退場にできる正当な理由がFX業者にはあります。 このような場合は、最悪の場合出金拒否(利益分取り消し)になりますので、 絶対にやらないようにしましょう。 0ロット程度のトレードであれば十分な証拠金になってきます。 icon-thumbs-o-up あわせて読みたいおすすめ記事 海外FXの ボーナスを有効に使いたい人は 管理人がメインで使っている安全な海外FX業者が分かる なるべく目立たないように あとは なるべく目立たないように稼ぐほうがいいです。 それと、先ほどお話したとおりコンスタントに利益を出せるようになり ・突発的にスプレッドが頻繁に広がる ・リクオートやオフクオートが増えた というような異変を感じたらその業者には見切りをつけましょう。 禁止されているようなトレードをやっていなければ、 この時点で出金拒否というのは考えられないので、 このタイミングで資金を引き揚げるようにしましょう。 海外FXの適正入金額 私の場合は1. 0ロットくらいのトレードが多いので、 100%入金ボーナスを使って5万円を入金するようにしていますが、 0. 1ロットくらいのトレーでであれば、入金額は1万円でも十分だと思います。 無くなったらまた入金すればいいだけの話ですからね。 FX口座には必要以上の資金を入れておくメリットは何一つなく、 入金額を少なくしておけば、突然業者が破綻したというような事態が発生しても、 被害を最小限にとどめることができます。 私がブラックリストに載っている海外FX業者 参考までに私がブラックリストに載っている海外FX業者と、 その経緯を書いておきます。 FXDD 今はそれほど有名なブローカーではないですが、 10年以上前は最も利用者が多かったのではないでしょうか。 今から10年ほど前に資金30万円入金で1,200万円くらいまで増えた時に、 リクオートやオフクオートが急激に増えまし た。 資金は最終的に800万円くらいになってしまいましたが、 出金そのものは出来たという感じです。 特に変わったトレードをやっていなかったので無事出金ができましたが、 ちょっとでも疑わしいトレードをやっていたら出金拒否になっていたかもしれません。 出金拒否、リクオート、オフクオート、レートずらしなどはなかったですが、 それ以降 100% 入金ボーナスに1年以上全く当選しないということが起こっています。 GEMFOREXにとってはおそらく私は邪魔者なので、 100%入金ボーナスに当選させる必要がないということでしょう。 という感じで空気を読んで現在は他の海外FX業者を使っています。 ただGEMFOREX(ゲムフォレックス)はスプレッドも狭く、ボーナスが手厚いので、 今後ボーナスの抽選に当選するような時がくれば、また復活していきたいと思っています。 まとめ B-bookについていろいろと書いてきましたが、 FXのトレードで安定して利益を出せるようになるまでは、 B-bookの100%入金ボーナスを使って資金効率を最大限にしていくというのがベストです。 安定した利益が出ていない状態で、 ボーナスのないA-bookを使うメリットは何一つありません。 B-bookの 100%入金ボーナスを常に使えば、 常にトレード資金を2倍にすることができます。 安定した利益を出せるようになるまでは、 B-bookの100%入金ボーナス をフル活用する 2. 約定拒否やレートずらしなどの 異変を感じたら他の海外FX業者に引っ越しをする 3. どこの業者でも追い出されるような優秀なトレーダーになったら、 最終的にA-bookに引っ越しをする という流れにしていくのがベストなのではないかと思います。

次の