平成13年 100円玉 発行枚数。 平成31年硬貨の価値はプレミアが付く?1円や500円玉の入手方法も紹介 | 高齢者のための役立ち情報ブログ〜3歩進んで2歩下がる〜

【100円硬貨買取】全種類の100円玉の買取相場一覧(画像有り)

平成13年 100円玉 発行枚数

mof. htm) 貨幣情報 図柄(表/裏) 鳳凰/日章、桜花 素材 銀 品位(千分中) 銀 600、銅 300、亜鉛 100 直径 22. 6mm 量目 4. mof. htm) 貨幣情報 図柄(表/裏) 稲穂/分銅、100 素材 銀 品位(千分中) 銀 600、銅 300、亜鉛 100 直径 22. 6mm 量目 4. mof. htm) 貨幣情報 図柄(表/裏) 桜花/100 素材 白銅 品位(千分中) 銅 750、ニッケル 250 直径 22. 6mm 量目 4. 8g 発行年 昭和42年〜 発行枚数や価格目安など一覧表 年号(西暦) 価格目安 発行枚数(枚) 完未 未使用 美品 並品 昭和42年(1967) 3,000 1,500 - - 432,200,000 昭和43年(1968) 2,000 1,000 - - 471,000,000 昭和44年(1969) 3,000 1,500 - - 323,700,000 昭和45年(1970) 2,000 1,000 - - 237,100,000 昭和46年(1971) 1,000 500 - - 481,050,000 昭和47年(1972) 800 400 - - 468,950,000 昭和48年(1973) 800 400 - - 680,000,000 昭和49年(1974) 600 300 - - 660,000,000 昭和50年(1975) 600 300 - - 437,160,000 昭和51年(1976) 600 300 - - 322,840,000 昭和52年(1977) 600 300 - - 440,000,000 昭和53年(1978) 600 300 - - 292,000,000 昭和54年(1979) 600 300 - - 382,000,000 昭和55年(1980) 600 300 - - 588,000,000 昭和56年(1981) 600 300 - - 348,000,000 昭和57年(1982) 1,000 600 - - 110,000,000 昭和58年(1983) 1,500 1,000 - - 50,000,000 昭和59年(1984) 1,500 1,000 - - 41,850,000 昭和60年(1985) 1,500 1,000 - - 58,150,000 昭和61年(1986) 600 300 - - 99,960,000 昭和62年(1987) 500 200 - - 193,775,000 昭和63年(1988) 300 200 - - 363,112,000 平成元年(1989) 300 200 - - 369,000,000 平成2年(1990) 300 200 - - 444,953,000 平成3年(1991) 300 200 - - 375,120,000 平成4年(1992) 300 200 - - 211,300,000 平成5年(1993) 500 300 - - 82,240,000 平成6年(1994) 500 300 - - 81,767,000 平成7年(1995) 500 - - - 92,874,000 平成8年(1996) 300 - - - 237,213,000 平成9年(1997) 300 - - - 272,088,000 平成10年(1998) 300 - - - 252,612,000 平成11年(1999) 300 - - - 179,130,000 平成12年(2000) 300 - - - 172,026,000 平成13年(2001) 2,000 1,500 700 300 8,024,000 平成14年(2002) 1,500 1,000 500 200 10,667,000 平成15年(2003) 500 300 - - 98,406,000 平成16年(2004) 300 - - - 204,903,000 平成17年(2005) 300 - - - 300,029,000 平成18年(2006) 300 - - - 216,594,000 平成19年(2007) 300 - - - 129,904,000 平成20年(2008) 300 - - - 93,811,000 平成21年(2009) 300 - - - 115,003,000 平成22年(2010) 300 - - - 67,905,000 平成23年(2011) 300 - - - 178,936,000 平成24年(2012) 300 - - - 402,211,000 平成25年(2013) 300 - - - 608,892,000 平成26年(2014) 300 - - - 445,013,000 平成27年(2015) 300 - - - 410,004,000 平成28年(2016) 450,000,000 100円玉で価値の高い年代は? 昭和32,33年に発行された鳳凰図案の100円銀貨、そして 昭和34〜41年に発行された、稲穂図案の100円銀貨ともに、 並品でも200円以上の価値と評価されています。 中でも、昭和39年発行の100円は、(僅差ではありますが)300円という若干高めの相場です。 昭和42年以降に発行された100円は、ほぼ毎年相当な数の貨幣が発行されているため、 本来の通用価値以上の評価はほぼされていません。 そんな中でも、 平成13,14年に発行された100円だけは、300円(H13)、200円(H14)という少し高めの買取相場となっています。 発行枚数が例年よりもぐっと少なくなっているためと考えられます。 【関連】 100円玉の価値はあまり高くない 100円玉は、日常でも非常によく使用される貨幣ということもあって、ほぼ毎年1〜6億枚もの数が発行されています。 「発行枚数が多い=価値が上がりにくい」わけですから、他の硬貨に比べても価値が上がりづらいというのがわかりますよね。 【関連】 【関連】 通用価値以上の100円玉まとめ• 昭和32年,33年(並品 各200円)• 昭和34〜41年(並品 200〜300円)• 平成13,14年(並品 300円、200円) 【注意】記念硬貨の買取でお近くの店舗にいく前に 記念貨幣(硬貨)を買い取ってもらおうと決めた時、あなたはどこで買取査定をしてもらうでしょうか?すぐに思いつくのは、お住まい付近の買取ショップ、またはチラシが入ってきた地域の買取業者ではないかなと思います。 すぐに足を運べる場所なのでつい選びがちですが.... その選択、ちょっとお待ち下さい!! 当サイト独自に行なった 「古銭買取経験のある方への満足度調査」によると、多くの方が地域の買取業者・店舗を利用されていました。 しかしその中には多く不満を抱く回答も多く、次は「ネット買取業者を利用したい」という声が多数上がりました。 近場の買取店を利用した方の「悪い口コミ」と「良い口コミ」.

次の

100円玉の重さと価値が高いレアな年代は?

平成13年 100円玉 発行枚数

100円玉の重さ 100円玉は銅75%、ニッケル25%で出来ています。 その重さは、4. 8g、直径は22. 6mmです。 昭和41年まで発行されていた旧100円玉の材質は銀60%、銅30%、亜鉛10%でした。 材質は変わりましたが、重さやサイズは旧硬貨の頃から変わっていません。 現在発行されている100円玉の表面には「日本国」と「百円」そして桜が描かれています。 裏面には「100」と製造年がデザインされており、側面にはギザギザが103個あります。 レアな年代の100円玉 硬貨は発行枚数が少ないと、額面以上の価値が付くプレミア硬貨になることがあります。 100円玉では、平成13年と14年に発行されたものにプレミアがついています。 平成13年に発行された100円玉の枚数は802. 4万枚で、300円? 700円程度の価値があると言われています。 平成14年は1066. 7万枚が発行され、現在では200円? 500円程度の価値があるそうです。 また旧硬貨では、昭和39年に発行されたものが珍しいとされています。 昭和39年は、東京オリンピック開催を記念して大量に100円記念硬貨が発行されました。 通常の100円硬貨の発行枚数は少なかったので、若干のプレミアがついています。 旧硬貨の価値は銀の価値に左右されます 昭和30年代に発行されていた旧100円硬貨は、銀60%、銅30%、亜鉛10%で作られていました。 材質の半分以上が銀で出来ているため、銀の市場価値によっては額面以上の価格で買い取ってもらえることがあるようです。 100円のエラーコインはめったにありません 製造行程でミスが起こったにも関わらず、検査をすり抜けて市場に流通してしまったエラーコインには、とんでもないプレミア価格が付けられます。 しかし、100円玉のエラーコインというのはめったに見つかりません。 50円玉や5円玉は他のコインと違って、「穴を空ける」という工程があるため、エラーが出やすいのですが、 それ以外の硬貨でエラーコインが見つかるのは非常に稀です。 かつて、2枚重なったまま刻印を押された100円玉というのが見つかったことがありますが、これは50万円もの値段がつけられました。 ギザのない100円玉はエラーコイン? エラーコインを探していると、時々、ふちにギザギザのない100円玉を見かけることがあります。 これは、製造後に加工されたものなのでエラーコインではありません。 パチンコ玉の洗浄機にかけられたものや、旋盤などで人為的にギザを取り除かれたものです。 万が一、製造工程中のミスでギザが付けられなかったものだとしても、判別ができないため、ギザのない100円玉にプレミア価値がつけられることはありません。 【まとめ】100円玉で一攫千金も可能!?• 超プレミア:エラーコイン• プレミア:平成13年と14年• レア:昭和39年と昭和30年代の旧100円 100円玉のエラーコインを見つけるのは至難の業ですが、見つければ一攫千金も夢ではありません。 先ほどもご紹介しましたが、数十万円の価値がつくことさえもあるのですから、レジで支払いをする前に一度、エラーコインはないかチェックしてみることをおすすめします。 確率で言えば年末ジャンボの1等を当てるよりも難しいかもしれませんが、値段で判断するのであれば、やってみる価値はありそうです。

次の

100円玉の重さと価値が高いレアな年代は?

平成13年 100円玉 発行枚数

製造枚数が少ない硬貨 物理的に数が少ないため、とても貴重なものとして高額で取引されているものがあります。 しかし、お店で買い物をするときには当然、どんなに貴重な硬貨であっても金額以上の価値は認められません。 レアな硬貨を見つけたときは、ネットやお近くのコインショップなどに持って行ってみましょう。 買い取り価格は店頭によって異なりますので、確認してみてください。 また、 オークションに出品してみると、思わぬ額が付く可能性があります。 珍しい硬貨及び取引された金額の例は、下記を参考にしてください。 1円玉 平成12年、平成13年、平成14年、平成23年~25年 平成24年のものは4000円以上で取引された例 があります。 5円玉 昭和32年、平成12年、平成22年~平成25年 昭和24年から昭和33年までに製造された5円玉は、通称フデ5と呼ばれています。 これは、文字が明朝体で書かれており、年代を問わず30円から50円で取引されています。 中でも、 数の少ない昭和32年のものは、500円から1000円程度になることがあります。 10円玉 昭和33年 周りにギザギザがある10円は、ギザ10と呼ばれていますが、昭和26年から33年にかけて製造されていました。 ギザ10の流通量はかなりありますので、特別な価値はほとんどありません。 ただ、 昭和33年のものは数が少ないため、60円から200円程度で取引されています。 50円玉 昭和33年、昭和35年、昭和36年、昭和60年、昭和60、昭和62年、平成12年,平成13年,平成14年 特に 昭和62年のものは、極端に少なく、1万円以上の値がついたケースもあります。 100円玉 昭和36年、昭和39年、平成13年、平成14年 製造枚数が少ないため、150円から1000円程度の値がついています。 500円玉 昭和62年、64年 この2つは1000円以上で取引されることが多いです。 このほか、 貨幣カタログというものがあります。 詳細にチェックしたい方は、それでお手持ちの小銭をチェックしてみてはいかがでしょうか。 エラーコイン 硬貨を製造する過程で、5円や50円玉の穴の位置がずれてしまったり、穴がなかったりするものがあります。 これは、 状態にもよりますが、10~50万程度とかなりの金額がつくことがあるんです。 また、 裏表が同じというような失敗したコインも同様に高額となる可能性があります。 基本的に硬貨は厳しいチェックを経た後流通しているはずなのですが、なぜか巷で発見されることがあります。 こういうったコインはエラーコインとして、価値が高いとされています。 1円が280万になった、なんていうオークションもありました。 詳しくはこちらをご覧ください。 youtube. もしお持ちの記念硬貨を手放す際には、参考にしてください。 天皇陛下御即位記念 10万円金貨 120,000円• 皇太子殿下御成婚記念 5万円金貨 65,000円• 長野五輪冬季大会 1万円金貨 50,000円 その他にも記念硬貨はたくさんあります。 今は東京オリンピックの記念硬貨が発売されています。

次の