豆板醤。 【みんなが作ってる】 手作り豆板醤のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

豆板醤

豆板醤

豆板醤(トウバンジャン)とは 豆板醤(トウバンジャン)は、中華料理の中でも四川料理、そして韓国料理によく使われるピリッと辛い、中国の発酵調味料です。 豆板醤は今から200年以上前に中国の四川省で最初に作られ、現在も四川省は豆板醤の一大産地となっています。 豆板醤(トウバンジャン)の原材料 主原料はそら豆と唐辛子です。 そら豆に大豆、米、大豆油、ごま油、塩、唐辛子などを原料に作ります。 そら豆を麹で発酵させて味噌に似たものを作り、唐辛子で辛味を加えたピリッと辛い調味料です。 豆板醤(トウバンジャン)の味 ピリッと辛いだけでなく、コクと風味があり、少し酸味があります。 日本の調味料に例えると、八丁味噌をピリッと辛くした味に似ていると言われます。 豆板醤(トウバンジャン)の賞味期限と保存方法 賞味期限は半年以上もちますが、カビが生えやすいので開封後は早めに使い切りましょう。 また保存について、開封前は常温保存で大丈夫ですが、開封後は冷蔵庫で保存しましょう。 豆板醤(トウバンジャン)の栄養成分 発酵調味料である豆板醤は豊富な栄養素を含み、体によい効果・効能があります。 豆板醤(トウバンジャン)の栄養成分 脂質、ナトリウム、カリウム、炭水化物、タンパク質、ビタミンC、B6、鉄、マグネシウム、カルシウムなどで、100g中のカロリーは約60kcalになります。 癌の発生と抑えたり、感染症や動脈硬化の予防に効果があると言われ、風邪の予防にも効果があるそうです。 成分のカプサイシンは聞きなれない成分ですが、赤い色の色素成分で、辛味成分の一つです。 抗酸化作用があると言われ脂質の代謝を促したり、疲労回復、アンチエイジングにも効果が期待されています。 豆板醤に含まれるチロシンという成分は神経伝達物質を作り出し、脳の働きを良くする効果が期待されています。 ピリ辛な豆板醤(トウバンジャン)の使い方 中華料理や韓国料理の辛い味の定番・豆板醤は独特のピリ辛さをだす調味料です。 豆板醤(トウバンジャン)の使い方 辛味と塩味の強い調味料なので基本的には何かの食材に混ぜて使う場合が多いです。 マーボー豆腐は豆板醤を使ったポピュラーな料理です。 豆板醤は多くの場合、炒め物や煮込み料理に使います。 そのほか豆板醤そのものを使う場合もあります。 つけだれに混ぜて辛味を加える、うどんやそばのつゆに混ぜてつゆに辛味をだす、淡白な味の豆腐に味付けする醤油に加えて辛味をプラスするために使う場合もあります。 またマヨネーズに豆板醤を加えピリ辛マヨネーズを作り生野菜などにつけていただくのも美味しいと言われます。 油で加熱したり煮込む時に豆板醤を使う場合は、アミノ酸が引きだされて辛さに加えて豆板醤の旨みも増したお料理ができます。 加熱すると香りが出るのも豆板醤の特徴です。 豆板醤(トウバンジャン)を使ったおすすめのお料理 四川料理や韓国料理によく使われる豆板醤のおすすめレシピをいくつかご紹介します。 そして粗熱が取れたら食べやすい大きさに裂いておく。 ・合わせだれを作る(記載の材料を混ぜ合わせる)。 ・ささみの上にキュウリをのせ、合わせだれをかければ出来上がり。 香りが出てきたら甜麺醤と豆板醤を加える。 ・そこにひき肉を入れて中火で炒める。 ひき肉に半分くらい火が通ったら残りの調味料を加えて、完全に火が通ったら出来上がり。 *マーボー茄子を作る時の調味料に加えたり、豆腐やご飯など淡白な食材の上にそのままのせて食べてもおいしい、おすすめのピリ辛の肉味噌そぼろです。 にんにくを多めにすると美味しいです。 最後にすりごまを忘れないように!豆板醤のピリッと辛さのきいた美味しい付けタレです。 豆板醤(トウバンジャン)は味噌風のピリッと辛い調味料 ピリ辛の中華料理の調味料・豆板醤は主原料がそら豆と唐辛子。 栄養効果もかなり期待できそうです。 暑い夏にはピリっと辛さの効いたバンバンジーやマーボー豆腐に生ビールなんて美味しいですよね。 中国のピリ辛調味料・豆板醤を上手に使い、お料理のレパートリーを広げてくださいね。

次の

豆板醤(トウバンジャン)ってどんな調味料?豆板醤の原材料と使い方をご紹介!

豆板醤

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。 低カロリーレシピ• 塩分控えめレシピ.

次の

コチュジャンと豆板醤の違いと使いわけ。代用は出来るの?

豆板醤

豆板醤(トウバンジャン)とは 豆板醤(トウバンジャン)は、中華料理の中でも四川料理、そして韓国料理によく使われるピリッと辛い、中国の発酵調味料です。 豆板醤は今から200年以上前に中国の四川省で最初に作られ、現在も四川省は豆板醤の一大産地となっています。 豆板醤(トウバンジャン)の原材料 主原料はそら豆と唐辛子です。 そら豆に大豆、米、大豆油、ごま油、塩、唐辛子などを原料に作ります。 そら豆を麹で発酵させて味噌に似たものを作り、唐辛子で辛味を加えたピリッと辛い調味料です。 豆板醤(トウバンジャン)の味 ピリッと辛いだけでなく、コクと風味があり、少し酸味があります。 日本の調味料に例えると、八丁味噌をピリッと辛くした味に似ていると言われます。 豆板醤(トウバンジャン)の賞味期限と保存方法 賞味期限は半年以上もちますが、カビが生えやすいので開封後は早めに使い切りましょう。 また保存について、開封前は常温保存で大丈夫ですが、開封後は冷蔵庫で保存しましょう。 豆板醤(トウバンジャン)の栄養成分 発酵調味料である豆板醤は豊富な栄養素を含み、体によい効果・効能があります。 豆板醤(トウバンジャン)の栄養成分 脂質、ナトリウム、カリウム、炭水化物、タンパク質、ビタミンC、B6、鉄、マグネシウム、カルシウムなどで、100g中のカロリーは約60kcalになります。 癌の発生と抑えたり、感染症や動脈硬化の予防に効果があると言われ、風邪の予防にも効果があるそうです。 成分のカプサイシンは聞きなれない成分ですが、赤い色の色素成分で、辛味成分の一つです。 抗酸化作用があると言われ脂質の代謝を促したり、疲労回復、アンチエイジングにも効果が期待されています。 豆板醤に含まれるチロシンという成分は神経伝達物質を作り出し、脳の働きを良くする効果が期待されています。 ピリ辛な豆板醤(トウバンジャン)の使い方 中華料理や韓国料理の辛い味の定番・豆板醤は独特のピリ辛さをだす調味料です。 豆板醤(トウバンジャン)の使い方 辛味と塩味の強い調味料なので基本的には何かの食材に混ぜて使う場合が多いです。 マーボー豆腐は豆板醤を使ったポピュラーな料理です。 豆板醤は多くの場合、炒め物や煮込み料理に使います。 そのほか豆板醤そのものを使う場合もあります。 つけだれに混ぜて辛味を加える、うどんやそばのつゆに混ぜてつゆに辛味をだす、淡白な味の豆腐に味付けする醤油に加えて辛味をプラスするために使う場合もあります。 またマヨネーズに豆板醤を加えピリ辛マヨネーズを作り生野菜などにつけていただくのも美味しいと言われます。 油で加熱したり煮込む時に豆板醤を使う場合は、アミノ酸が引きだされて辛さに加えて豆板醤の旨みも増したお料理ができます。 加熱すると香りが出るのも豆板醤の特徴です。 豆板醤(トウバンジャン)を使ったおすすめのお料理 四川料理や韓国料理によく使われる豆板醤のおすすめレシピをいくつかご紹介します。 そして粗熱が取れたら食べやすい大きさに裂いておく。 ・合わせだれを作る(記載の材料を混ぜ合わせる)。 ・ささみの上にキュウリをのせ、合わせだれをかければ出来上がり。 香りが出てきたら甜麺醤と豆板醤を加える。 ・そこにひき肉を入れて中火で炒める。 ひき肉に半分くらい火が通ったら残りの調味料を加えて、完全に火が通ったら出来上がり。 *マーボー茄子を作る時の調味料に加えたり、豆腐やご飯など淡白な食材の上にそのままのせて食べてもおいしい、おすすめのピリ辛の肉味噌そぼろです。 にんにくを多めにすると美味しいです。 最後にすりごまを忘れないように!豆板醤のピリッと辛さのきいた美味しい付けタレです。 豆板醤(トウバンジャン)は味噌風のピリッと辛い調味料 ピリ辛の中華料理の調味料・豆板醤は主原料がそら豆と唐辛子。 栄養効果もかなり期待できそうです。 暑い夏にはピリっと辛さの効いたバンバンジーやマーボー豆腐に生ビールなんて美味しいですよね。 中国のピリ辛調味料・豆板醤を上手に使い、お料理のレパートリーを広げてくださいね。

次の