ドナルド 帽子。 【公式】ショップディズニー

Amazon

ドナルド 帽子

に続き、第2回のテーマは今月誕生日を迎える「ドナルドダック」です。 そう、ドナルドは初登場した『かしこいメンドリ』が公開された1934年6月9日が誕生日なんですね。 今月はお祝いの意味も込めて、ドナルドをフィーチャーしちゃいます。 でも、ミッキーは描いたことあるけど、ドナルドは描いたことないという人も多いのでは? ドナルドなんて描けるようになるのかな……なんて不安は御無用です! 今回もDisney DAILYがアーティストに誰でも簡単に真似できるテクニックをばっちり聞いてきました。 ポイントさえつかめば、自分でも驚くほど上手にドナルドを描けるようになりますよ。 ガイド線で顔のつくりのバランスを決めながら、イラストを仕上げていくようにしましょう。 丸顔がベースのミッキーと違い、顔が縦長の印象のドナルドですが、ドナルドでもまず大まかな輪郭のために円を描きます。 続いて、一番のポイントとなるくちばし。 このくちばしの線が決まれば、もうドナルドに見えてくるから不思議です。 あとは大きな目、大きく開いた口を描き、最後に帽子を乗せればドナルドの完成です! 1、円を描き、正中線(顔の中心を縦に走る線)と横の線を入れます。 ミッキーのときは横の線(赤道)は中心付近に描きましたが、ドナルドでは円の下の方に描きましょう。 なぜかというと……。 2、この横の線がくちばしを描くガイドになるのです。 これに沿って、くちばしの上の端(口角)を描きます。 この口角を決めるのが、ドナルドを描く際の最大のポイントになります。 3、口角の線の上に目を描きます。 ドナルドは目が大きいのも特徴ですね。 また、ミッキーと比べると、2つの目を若干離し気味に描くと良いでしょう。 ドナルドは顔の造形が大きいので、パース(奥行き)を意識するとうまく掛けます。 下図のように、パースの補助線を入れるのもオススメです。 4、目の上に、目に沿う形で輪郭線を描きます。 5、続いて上のくちばしです。 くちばしは、真上から見ると下図のような形をしています。 くちばしの縦の線(前方向の線)と横の線(くちばしの先の線)を意識しながら、大きな曲線を描きましょう。 先端をちょっと上に曲げるとくちばしっぽくなりますよ。 6、下のくちばしは、大きく口を開けた状態で。 7、目を入れます。 8、頭にはねる羽毛も忘れずに。 9、最後に帽子を描きます。 ドナルドの帽子はちょっと後ろ気味に乗せるのがポイントです。 10、リボンを垂らして出来上がり! あとはこれにペンを入れて完成です。 自分でこんなに上手にドナルドが描けるようになるなんて、ちょっとびっくりですよね。 特徴さえつかめば難しくないので、ぜひ何度か試してみてください。 冒頭でも言いましたが、今月はドナルドの誕生月。 前回描けるようになったミッキーとあわせて、日々のメモやバースデーカードなどにどんどんドナルドを登場させてください!.

次の

Amazon

ドナルド 帽子

に続き、第2回のテーマは今月誕生日を迎える「ドナルドダック」です。 そう、ドナルドは初登場した『かしこいメンドリ』が公開された1934年6月9日が誕生日なんですね。 今月はお祝いの意味も込めて、ドナルドをフィーチャーしちゃいます。 でも、ミッキーは描いたことあるけど、ドナルドは描いたことないという人も多いのでは? ドナルドなんて描けるようになるのかな……なんて不安は御無用です! 今回もDisney DAILYがアーティストに誰でも簡単に真似できるテクニックをばっちり聞いてきました。 ポイントさえつかめば、自分でも驚くほど上手にドナルドを描けるようになりますよ。 ガイド線で顔のつくりのバランスを決めながら、イラストを仕上げていくようにしましょう。 丸顔がベースのミッキーと違い、顔が縦長の印象のドナルドですが、ドナルドでもまず大まかな輪郭のために円を描きます。 続いて、一番のポイントとなるくちばし。 このくちばしの線が決まれば、もうドナルドに見えてくるから不思議です。 あとは大きな目、大きく開いた口を描き、最後に帽子を乗せればドナルドの完成です! 1、円を描き、正中線(顔の中心を縦に走る線)と横の線を入れます。 ミッキーのときは横の線(赤道)は中心付近に描きましたが、ドナルドでは円の下の方に描きましょう。 なぜかというと……。 2、この横の線がくちばしを描くガイドになるのです。 これに沿って、くちばしの上の端(口角)を描きます。 この口角を決めるのが、ドナルドを描く際の最大のポイントになります。 3、口角の線の上に目を描きます。 ドナルドは目が大きいのも特徴ですね。 また、ミッキーと比べると、2つの目を若干離し気味に描くと良いでしょう。 ドナルドは顔の造形が大きいので、パース(奥行き)を意識するとうまく掛けます。 下図のように、パースの補助線を入れるのもオススメです。 4、目の上に、目に沿う形で輪郭線を描きます。 5、続いて上のくちばしです。 くちばしは、真上から見ると下図のような形をしています。 くちばしの縦の線(前方向の線)と横の線(くちばしの先の線)を意識しながら、大きな曲線を描きましょう。 先端をちょっと上に曲げるとくちばしっぽくなりますよ。 6、下のくちばしは、大きく口を開けた状態で。 7、目を入れます。 8、頭にはねる羽毛も忘れずに。 9、最後に帽子を描きます。 ドナルドの帽子はちょっと後ろ気味に乗せるのがポイントです。 10、リボンを垂らして出来上がり! あとはこれにペンを入れて完成です。 自分でこんなに上手にドナルドが描けるようになるなんて、ちょっとびっくりですよね。 特徴さえつかめば難しくないので、ぜひ何度か試してみてください。 冒頭でも言いましたが、今月はドナルドの誕生月。 前回描けるようになったミッキーとあわせて、日々のメモやバースデーカードなどにどんどんドナルドを登場させてください!.

次の

ドナルドダックのイラストの描き方|簡単動画でドナルドを描いてみた!

ドナルド 帽子

準備するもの• 水色の折り紙(3. 5cmの折り紙をはさみで4等分してください。 またデイジーを作る場合は水色の折り紙は必要ございませんので、代わりに「ピンク色の折り紙(7. 5cm)1枚」を準備し、リボンを作ってあげてください。 のり 顔パーツの作り方• 白色の折り紙を三角形になるように対角線で谷折りし、Xの折り筋をつけたら開きます。 下の角を中心の交差した点に合わせたら、中央部分だけに軽く折り筋をつけます。 下の角をつけた折り筋に合わせて谷折りし、開きます。 紙を裏返して台形におった部分が上にくるように置いたら、左右の角を中心の交差した点に合わせて中心に軽く折り筋をつけます。 左右の角を反対側についている折り筋に合わせて少し折り筋をつけたら、中心線の隣にある折り筋に合わせて左右の角を谷折りします。 紙の上下を逆さにして下の両側にある斜めのふちをそれぞれ5mmくらい平行に谷折りします。 下のふちを紙が重なってV字になっている点に合わせて谷折りし、開きます。 紙を上下逆さにしたら下の角をV字に合わせて谷折りし、上のふちも折り筋の通りに折り重ねます。 紙を裏返して4つの角が丸くなるように同じくらいの幅で谷折りしたら、顔パーツの完成です。 帽子パーツの作り方• 水色の折り紙の白い面を表にして、三角形になるように対角線で谷折りし、Xの折り筋をつけます。 3つの角を中心に合わせて谷折りします。 折っていない角にある左右のふちを、それぞれ色の境目に沿うように谷折りして開きます。 つけた折り筋で谷折りしながら角をつまむようにして持ち、左向きに倒したら裏返します。 下のふちを中心線に合わせて谷折りし、半分の幅で折り返します。 上の左右の角が丸くなるように小さく山折りしたら帽子パーツの完成です。 仕上げ• パーツに顔を描きます。 顔が開かないように裏側をのり付けしておきます。 ドナルドは帽子はふちを黒のペンで塗ってから、右上にのりで貼り付けしたら完成です。 ・赤色のリボンをもう1つ作ってドナルドの首に付けるなど、お好みに合わせてアレンジしてください。

次の