進捗 いかが でしょ うか 英語。 「よろしいでしょうか」は正しい敬語?類語・英語表現などを解説!

「(御社の案件の)進捗状況はどうなっていますか。」は敬語でどう言ったらいいですか。 「~なっていますか。」で充分でしょうか。

進捗 いかが でしょ うか 英語

「その後いかがですか?」 私たち日本人がプライベート・ビジネス問わず、対面や手紙、メールなどでよく使う表現ですね。 この「 その後いかがでしょうか?」は、使われるシーンによって、伝えたい意図やニュアンスが変わってくるのではないでしょうか? プライベートの友人や知り合いに、電話やメールで尋ねる場合は、 「元気でお過ごしでしたか?」 「何かお変わりありましたか?」 という意図で聞いていると思います。 一方、 ビジネスの場面で、対面や電話・メール等で、「その後いかがですか?」と言う場合、 「~の件はその後どうなりましたか?」 など進捗を尋ねる意図で使うのではないでしょうか? 今日は、「その後いかがですか?」を英語で表現する場合に、どう言うのが適切なのか、 手紙などでの挨拶表現、あるいは、ビジネスの場など、シーンやニュアンス別に文例を整理してみます。 「元気でしたか?」「最近どうだった?」という意味で 挨拶ついでに、 「元気ですか?」 「お変わりないですか?」 のニュアンスで聞く「その後いかがですか?」です。 How have you been? 「お元気でしたか?」 How have you been getting along? 「お元気でしたか?」 How are you doing after that? 「その後どうしてますか?」 「何か進捗はあった?」という意味で(カジュアル) 友人や仲間内で、「最近どうよ?」みたいな感じでカジュアルに近況を確認する表現です。 Any updates? 「何か新しいことあった?」 Any news? 「何か新しいことあった?」 「進捗はどうですか?」という意味で(ビジネス) ビジネスで、業務やプロジェクトの進捗を確認する、ややフォーマルな表現です。 How have things been after that? 「その後状況はどうですか?」 How are things turning out? 「~の状況はどうですか?」 How is …going? 「~はどうなっていますか?」 With regards to …, how is it after that? 「~の件、その後どうなっていますか?」 「~」の部分に入るものとしては、 the matter(事項) business(仕事) contract(契約) order(注文) project(計画) ・・・などあります。 I would like to know how the thing is. 「そのことがどうなっているか知りたいのですが・・・」 I would like to know what the situation of the matter is. 「その件の状況がどうなっているのか、知りたいのですが・・・」 日本語の「その後いかがでしょうか?」はプライベートにもビジネスにもと色々なシーンで様々な意図で使える便利な表現ですね。 英語にするときは、 どういう意図やニュアンスを込めて使うのかを考えて表現してみましょう。 登録はこちらからできます。

次の

頼りない高卒男

進捗 いかが でしょ うか 英語

ビジネスの場面において、敬語は会話でも文書でも必ず使用しなければなりません。 意味を間違ってはならないのが敬語です。 敬語の意味の使い方を苦手としているフレッシュマンの諸氏は大変多いのが実情です。 ひょっとしたら間違っているかもと問題意識を持っているならまだ改善される可能性はあります。 敬語の間違った使い方に気が付かないと恥をかく 厄介なのは自分では意味を正しく敬語を使っているつもりで、間違いに気付いていないというケースです。 敬語に関する記事にできるだけ目を多く通し、誤った用法を解消する努力が大切だといえます。 では「いかがでしょうか」は正しい敬語だと思いますか。 またそうであるなら「いかがでしょうか」の意味を敬語ではない表現に変えるとどうなるでしょうか。 敬語のもともとの意味を理解する 敬語を正しく身に付けるには、謙譲語や尊敬語の意味を理解しましょう。 敬語ではない普通の言葉で表した場合には「行く」となりますが、こうした普通の言い方と敬語での言い方をペアで理解することが大切です。 敬語だけで覚えようとすると単純な暗記となり忘れやすくなります。 「いかがでしょうか」の意味は意見をたずねる それでは「いかがでしょうか」の意味を解説します。 「いかがでしょうか」は「いかが」という形容動詞に「でしょうか」という丁寧語が組み合わせられたフレーズで敬語としては正しいと言えます。 「いかがでしょうか」とは相手の気分や状態、意見等を尋ねるという意図でどう(でしょうか)といった表現が元になっています。 「いかがでしょうか」は相手に対して改まった意味もある 「いかがでしょうか」の意味としては相手の気分や状態、意見を尋ねることだと理解できましたね。 では「どう」に「でしょうか」を加えた「どうでしょうか」ではいけないのでしょうか。 実は「いかがでしょうか」に対しては相手に対して改まって尋ねる意味があります。 その点で「どう」はそうした改まったニュアンスはなく、疑問をそのままぶつける印象があります。 上司には「いかがでしょうか」を使うのが正しい 上司やお客様に対して意見等を求める場合には「どうでしょうか」ではなく「いかがでしょうか」という言葉が正しいのです。 「いかがでしょうか」のように本来的な意味と共に、それを改まった表現や敬語としての表現を対比的に理解しましょう。 「いかがでしょうか」に対する理解が深まりますし、「どうでしょうか」といった表現より「いかがでしょうか」という表現の方が望ましいことも知識として定着しやすくなります。 「いかがでしょうか」は改まった意味があるので上司や目上の人に使う敬語 「いかがでしょうか」など、敬語に関わる意味や表現は暗記だけに頼ってはなかなか定着しません。 ご紹介した「いかがでしょうか」と「どうでしょうか」のように、元の意味や表現を踏まえた上でそうした敬語を学ぶようにすると理解が深まりますし、知識も定着し、誤用等も解消されてゆくことになります。

次の

頼りない高卒男

進捗 いかが でしょ うか 英語

Q おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 また、国語のカテゴリで質問しているのに恐縮ですが、文法的に間違っていたとしても一般的に違和感のない表現であれば構いません。 みなさんが普段使ってらっしゃる丁寧な表現をぜひ知りたいです。 よろしくお願いいたします。 この言葉の言い換えや言葉尻を変えるだけで言いやすくなる…なども教えていただけると助かります。 おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 A ベストアンサー はじめまして。 「教えていただけますか?」 が一番です。 女性的な上品さを持ち、かつ簡潔で、ひらひらした装飾部分がなく、理知的なイメージを与えます。 やや、丁寧なヴァリエーションは 「教えていただけますでしょうか?」 があります。 ここまでが限度ですね。 それ以上の敬語(丁寧語)の装飾を施しますと、妙に軽薄なオーラが漂います。 ちなみに「ご教示」という言葉は、漢語ですので、男性的な堅さを醸し出します。 女性にはエレガントではありません。 また、「~ませんか」「~ないでしょうか」という否定語との複合語は、相手に「~してくれないということはありませんよね」という二重否定の婉曲表現になっていますから、遠まわしで、素直な感じがしません。 ここは素直に「~くれますか」といった肯定形が、率直でストレートに伝わります。 要は好き好きですので、ご参考になさって下さい。 A ベストアンサー こんにちは。 8/20の英語のご質問以来ですね。 ご質問: <「急かしてすまない」を敬語にするとどうなるでしょうか?> 「お急ぎ立てして申し訳ありません」 などもあります。 1.「すまない」はさらに丁寧な言い方だと 「申し訳ございません」 なども可能です。 2.「急がして」「急がせて」は、相手にある動作を「させる」という強制的な使役のニュアンスがあります。 3.この「使役」のニュアンスを、「立てる」がカバーすることがあります。 例: 「ご用立てして申し訳ありません」 =(常体)「用事を言い付けてすまない」 「お呼び立てして申し訳ありません」 =(常体)「呼びつけてすまない」 4.これらの「立てる」には、「物事や動作がはっきり表われるようにさせる」という、話し手の使役の意志が込められています。 従って「急ぎ立てる」=「話し手が相手を急がせる」という意味で使われています。 5.「お急ぎ立てして」「ご用立て」「お呼び立てして」の「お」「ご」などは、その動作を受ける相手に対する謙譲の接頭語となります。 以上ご参考までに。 こんにちは。 8/20の英語のご質問以来ですね。 ご質問: <「急かしてすまない」を敬語にするとどうなるでしょうか?> 「お急ぎ立てして申し訳ありません」 などもあります。 1.「すまない」はさらに丁寧な言い方だと 「申し訳ございません」 なども可能です。 2.「急がして」「急がせて」は、相手にある動作を「させる」という強制的な使役のニュアンスがあります。 3.この「使役」のニュアンスを、「立てる」がカバーすることがあります。 例: 「ご用立てして申し訳ありません」... A ベストアンサー 『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』 送る行為は、相手にも関わる事なので、 「送付いたします」と、致しますと言っていても、 「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。 「ご」は相手に対する「謙譲語」です。 「ご送付します。 」か「ご送付致します。 」が正しいです。 「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。 」が 正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が 丁寧です。 「お送り致します。 」でもOKです。 ・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。 例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。 連絡するのは 自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、 謙譲の接頭語「ご」を付けます。 相手に頼む場合は「お送りください。 」です。 civillink. 4です。 「思う」「考える」という表現は政治家の選挙演説でも頻繁に使われますが、 自信が無いようには感じませんよね。 主張が一言だけで終わらないのは演説もビジネス文書も同じこと、 意志や主張の強さは文脈の前後で調整していけば良いと思います。 ケースバイケースですが、 自分が「こうだ!」と思っても相手はそう思わない場合もあるので 文をマイルドにしてくれるこういた柔らかい表現、私は重宝していますよ。 その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、 どう書くのが正しいのかわからず質問します。 先程も言いましたが、 「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。 ~~して欲しい。 ~~見積もりを取って欲しい。 などです。 検索エンジンで調べてみましたが、出てきませんでした。 ビジネスマナーの本に例文として出ているかもしれませんが、 もしかしたら出ていないかもしれません・・・。 と思い、教えて欲しいです。 宜しくお願いします。 その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、 どう書くのが正しいのかわからず質問します。 先程も言いましたが、 「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。 ~~して欲しい。 ~~見積もりを取って欲しい。 などです。 A ベストアンサー 外注に対してですよね? それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。 しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。 また、「見積もりを取ってください。 」は文法的におかしいですね。 貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。 という意味になりますね。 貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。 見積もり依頼書 下記条件で見積もりをお願いします。 ~~の見積もりを取って欲しい。 ~~して欲しい。 外注に対してですよね? それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。 しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。 また、「見積もりを取ってください。 」は文法的におかしいですね。 貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。 という意味になりますね。 貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。 そう言われると、B社... Q 先日、メールのやりとりの中で、「いくつかご質問があります。 」という一文がありました。 相手が、私に対して質問したいことがあるという状況です。 自分が質問したい場合に、そのことをさして「ご質問があります」は、なんだか違和感があるな、と思ったのですが正しい用法なのでしょうか? また、そういったご質問に対して、「"ご"回答いたします。 」と自分が回答することに対して「ご」をつけるのは正しいでしょうか? 仕事のメールでしばしば見かけるし、私も曖昧な使い方をしているかもしれないと思って、不安になってきました。 まスマートな表現をお教えいただけましたら幸いです。 ちなみに私は下記のようにしています。 質問があるとき「下記の事項についてお教え下さいますでしょうか」「ご教示下さい」「質問があります」 回答するとき「ご質問頂きました件につき、下記の通り回答いたします」もしくは、質問事項(引用)に回答を付記する。 A ベストアンサー こんにちは(^^ この件、昔上司と議論になったことがあります(汗。 基本的には、敬語はNo. 2のkeydaimonが仰る通り、「尊敬」「謙譲」「丁寧」の3種類に分かれます。 では、この「ご」はどれに当たるかというと・・・この3種類、どの用法でも使われます。 (Goo辞書「ご」で調べてもそうありますね)。 ですから、文法的には「ご回答いたします」はアリです。 たとえばNo. 回答の場合は、(「ご回答」を避けるために) 「ご質問いただきました点につきましては、以下の通りですので、宜しくご確認お願いいたします」 と書いたりします。 ちなみに蛇足ですが「いたします」には「謙譲」「丁寧」の両方の意味がありますが、相手によっては「丁寧」の意味しか無いと思っている場合がありますね~。 これもあいまいなとこです(^^; こんにちは(^^ この件、昔上司と議論になったことがあります(汗。 基本的には、敬語はNo. 2のkeydaimonが仰る通り、「尊敬」「謙譲」「丁寧」の3種類に分かれます。 では、この「ご」はどれに当たるかというと・・・この3種類、どの用法でも使われます。 (Goo辞書「ご」で調べてもそうありますね)。 ですから、文法的には「ご回答いたします」はアリです。 たとえばNo.

次の