岡村隆史 風俗 発言。 岡村隆史、“風俗発言”騒動後の久々投稿に大反響!「私たちはわかってるから…」

ナイナイ岡村炎上!貧困風俗嬢が楽しみ最低発言で謝罪か!?

岡村隆史 風俗 発言

4月23日放送の『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、岡村隆史が新型コロナウイルス感染拡大で風俗通いを自粛していることを語った。 リスナーからの「コロナの影響で、今後しばらくは風俗に行けない?」とのメールに、岡村は「今は辛抱。 『神様は人間が乗り越えられない試練は作らない』って言うてはりますから。 ここは絶対、乗り切れるはずなんです」とコメント。 さらに「コロナが収束したら、もう 絶対面白いことあるんです」と希望を持っていうという。 それは「収束したら、 なかなかのかわいい人が短期間ですけれども、お嬢(風俗嬢)やります」と、風俗店に美女が入店する可能性が高いと持論を披露。 岡村は「 短期間でお金を稼がないと苦しいですから。 3カ月の間、集中的にかわいい子がそういうところでパッと働いてパッとやめます」と予測。 そのため「『え? こんな子入ってた?』っていう子たちが絶対入ってきますから。 だから、今、我慢しましょう。 我慢して、風俗に行くお金を貯めておき、仕事ない人も切り詰めて切り詰めて、その3カ月のために頑張って、今、歯を食いしばって踏ん張りましょう」と呼びかけていた。 引用:Yahooニュース 岡村隆史さんは新型コロナウイルスの影響で風俗通いを自粛しているが、 新型コロナウイルスが収束したら 可愛い女の子が短期間でお金を稼ぐために風俗で働くことを予想し、それまでは我慢するとコメントしたようですね。 確かにコメントを見るとあまりいい気持ちはしません。 html 岡村隆史さんは2020年1月23日に放送されたラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』で、 当時、 唐田恵梨香さんとの不倫が発覚した 東出昌大さんを援護するような発言で炎上しています。 杏ちゃんと東出くんのやつ、びっくりっちゃびっくりですけど…。 すごい印象いいじゃないですか、2人とも。 その分、うわーっていう思いがあるんでしょうけど。 でも、 毎回思うけどこんなにアカンことやったっけね、不倫って。 アカンのかな。 世の中の人が許さへんな。 不倫のとき「ルール違反やで」って僕も言うんですけど、夫婦のルールだけであって周りのルールからの違反ではないじゃないですか。 僕、しゃーないと思う。 東出くんのって。 ほんまにかっこええし、一緒に仕事した時もバリアがない。 すごくナチュラルに接してくれるし、嫌味な感じが全然ない。 ええ人やなって思ってまう。 だからモテるのよ。 結婚したらモテたらアカンのかな?こんなに悪いことやったのかな?芸能人ってモテるもんやと思ってるしね。 こんだけ男前だったらモテるはず。 こんだけリスクがある中で、それでもこうやってこのクラスの方が不倫するということは、世の中の一般の人たちがどれだけ不倫…バレへんもん。 文春ついてないから、普通にしてたらわからへん。 だから、多少お金持っていて男前の方の場合、かなりの数の人が不倫してるんじゃないか。 引用:オールナイトニッポン 唐田恵梨香さんと東出昌大さんの不倫に関しての発言にネットでは、 テレビ番組で岡村隆史さんと共演していた杏さんの味方をしてあげなかったことや、 杏さんの前で「仕方ないよ」と言えるのか! などの批判が殺到しました。 2015年7月25、26日に放送されたFNS27時間テレビで番組の内容に関してネットでは様々な炎上が起きたことに対し、 「やっぱり、好きなんやろね。 あのネットの人たちって。 フジテレビ大好物なんやろね。 どっかあったら カチャカチャカチャ、カチャカチャカチャって」 引用:オールナイトニッポン と、 キーボードを叩く音を強調してコメントを発言しました。 この発言に対しネットでは、 ネット民を一括りにするな! 岡村は何も分かっていない。 と、ネット民を怒らせる騒ぎになりました。 岡村隆史さんはテレビ番組よりも自身のラジオ番組でサラッと炎上コメントを発言してしまうようですね。 ネットで炎上したことがきっかけでテレビ業界から引退せざるを得ない状況にならないことを祈りたいと思います。

次の

【岡村隆史】岡村隆史の人格なき下半身 “コロナ後に風俗”発言で大炎上|日刊ゲンダイDIGITAL

岡村隆史 風俗 発言

都の営業自粛要請の対象には、「個室付き浴場業に係る公衆浴場」など、いわゆる風俗業も含まれているが、タレントの 岡村隆史(ナインティナイン)が4月23日放送のラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で発言した内容が、物議を醸している。 岡村は以前から同番組内で自身の風俗店の利用を公言しているが、リスナーから寄せられた「コロナの影響で、今後しばらくは風俗に行けない?」というメールを受け、次のように語った。 「コロナが収束したら、もう絶対面白いことあるんです。 収束したら、なかなかのかわいい人が短期間ですけれども、お嬢やります」 「短期間でお金を稼がないと苦しいですから。 3カ月の間、集中的にかわいい子がそういうところで、パッと働いてパッとやめます」 「『え? こんな子入ってた?』っていう子たちが絶対入ってきますから。 だから今、我慢しましょう。 我慢して、風俗に行くお金を貯めておき、仕事ない人も切り詰めて切り詰めて、その3カ月のためにがんばって、今、歯を食いしばって踏ん張りましょう」 この発言を受け、インターネット上では次のような批判の声が続出している。 「急にそんな所で働かなきゃならない人って、物凄く困っている人でしょう?好きで働いている人じゃない。 それを楽しみにしているっていうの?」 「風俗という仕事を本当にやりたくないけど、やらないと死ぬという状況に追い詰められた人達が増えるわけで それを楽しみに待つという精神が少しおかしい」 「『コロナ収束後は生活苦に陥った女性が風俗で働かざるを得なくなる』『だから平時なら風俗にいないような女性も買える』ということが、少なくとも岡村さんにとっては『面白いこと』なの? その状況のどこが面白いの?」 注目されるNHK『チコちゃんに叱られる!』の判断 今回の岡村の発言について、テレビ局関係者は語る。 「『オールナイトニッポン』での岡村の風俗ネタは定番で、毎年年末には、一緒に風俗に行く仲の出川哲郎をゲストに呼んで盛り上がるのが恒例となっています。 ただ、岡村の真意がどこにあったのかは定かではありませんが、今回の発言はさすがにコロナ拡大による貧困問題と絡む内容なので、いくらネタだったとしても不適切といえるでしょう。

次の

元風俗嬢がナイナイ岡村擁護「放送をよく聞け」⇒「風俗堕ちする女性が楽しみ」岡村発言全文書き起こしがこちらになります

岡村隆史 風俗 発言

岡村隆史氏の「風俗発言」に対する謝罪 私が4月26日にという記事を配信し、岡村氏の発言を問題視して撤回を求めてから4日目である。 本件を再度、振り返っておいてほしい。 ただ、この上記の記事の岡村発言では、人によって心身に大きなダメージが及ぶので、 閲覧は引き続き注意いただきたい。 一応、形式的であれ、謝罪することは決まったようである。 それについては歓迎したい。 以下の産経新聞など各紙が報道でも伝えるとおり、ようやく本人が公式に謝罪の意を示して、真意をラジオ放送で自ら報告するそうだ。 お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史さん(49)がニッポン放送のラジオ番組で「コロナが明けたら美人さんが風俗嬢やります」などと発言したことについて、29日、「大変不適切な発言だった」として、所属する吉本興業の公式サイトで謝罪した。 岡村さんは24日未明放送の「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」で、新型コロナウイルスの感染拡大をめぐり、「コロナが終息したら絶対面白いことがある」と発言。 続けて「コロナが明けたら、なかなかのかわいい人が、美人さんがお嬢(風俗嬢)やります」「短時間でお金を稼がないと苦しいですから」などと話した。 この発言について吉本興業は公式サイトで、「当社としても、現下の新型コロナ禍で仕事に対する不安を覚えている方々に不快な思いをさせてしまう不適切な発言と考えている」とコメント。 「本人と面談致しましたが、岡村自身発言を深く反省しております」としている。 これに続き、岡村さんは「私の発言により不快な思いをされた方々に深くお詫び申し上げます。 大変申し訳ございませんでした」などと謝罪のコメントを掲載した。 27日にはニッポン放送が、「不快に感じられた皆さま、関係の皆さまにおわび申し上げます」と謝罪していた。 30日深夜放送の同番組で、岡村さん本人から改めてお詫びするという。 岡村さんの29日のコメントの全文は以下の通り。 この度は 4月23日(木)「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」の放送における私の発言により不快な思いをされた方々に深くお詫び申し上げます。 大変申し訳ございませんでした。 世の中の状況を考えず、また苦しい立場におられる方に対して大変不適切な発言だったと深く反省しております。 2020年4月29日 ナインティナイン 岡村隆史 出典: まずもって 対応が遅すぎだろう。 私が 問題提起してから4日目、本人の問題発言からは間もなく1週間である。 そもそも 本人や周囲、ラジオのリスナーさえ、大きな問題意識、人権侵害の意識を持ち合わせていなかったのだろう。 もはや手遅れ感が否めない。 その 権力者に批判をするということは大変な労力がいることだ。 特に社会的に弱い立場にある女性の場合は、怖くて声を上げたくても上げられないだろう。 そして、 謝罪の遅れ、見解発表の遅れは勝手な憶測を呼び、周囲の人々を無意識に「批判者への攻撃」へと導く。 すでにそれを証明するように、私たち批判者や多くの勇気を持って批判・発言できる女性のもとには、数々の心ない非難や罵詈雑言が殺到している。 なかには日常的な社会活動、研究活動、言論活動を脅かすようなものまで現れている始末だ。 権力者は何かを自分たちに与えてくれているので、その存在がいなくなることが耐えられない人々にとって、私たち 批判者は不愉快極まりない存在だ。 現実的にすでにある成立した権力構造、社会構造に異議申し立てをすることは、だからこそ容易ではない。 そのような権力関係のなか、止むに止まれず批判した 重たい意味を岡村氏本人や周囲、ファンなどには理解いただきたい。 つまり、どのような擁護論が出てこようとも、 看過できるような発言では到底無いということだった。 しかし、権力者は批判されても、残念ながら 守ってくれる様々な機構が存在する。 ある意味では 何を言っても免罪したり、被害を最小に抑えようと奔走する人々も多くいることだろう。 早速、以下のような軽薄で無責任な擁護論まで現れ、権力者同士での慰め合いも始まっている。 こうやって権力者同士で権力構造を強化してきたため、きちんと問題化されず、問題自体が無いものか、あるいは一部の批判者、異常者による屈折した批判だと消化させられてきた。 破綻した擁護論であっても、批判者への暴力や暴言でも何でもよく、メチャクチャな論理で権力者を守ろうとする周囲の人間が大量に生み出される。 批判者に対する不当な攻撃や非難も当然許されるものではないが、このような事態を巻き起こした責任も岡村氏は自覚すべきだろう。 少なくとも、 謝罪や見解発表が早ければ、このような被害も抑えられたはずだ。 非常に迷惑である。 だからこそ、 謝罪ではニッポン放送が数行でコメントしたような形式的なものに終始させてはいけない。 あれは謝罪ではなく、 謝罪していることを見せかける文章である。 日本では権力者が謝罪をする際には、具体性もなく、内容がない文章の読み上げが謝罪だということになってしまう。 毎回、中身のない使い回しのテンプレート謝罪文は、権力者がこのような警護役たちに保護されてきたことを表すだけだ。 その意味ではニッポン放送、吉本興業とも相変わらず、今回も興味深い行動だ。 迅速にテンプレートを貼り付けてきている。 だからこそ、岡村氏にはきちんと発言に向き合っていただき、本人だけでなく、その周囲の環境や発言を生み出した構造を自認して欲しいと思う。 私も含め、誰だって間違いは犯すし、自戒しながら死ぬまで成長し続ける生き物が人間である。 周囲の人たちも岡村氏とともに、再発防止策、被害を与えた女性たちへの補償のあり方、本人の番組降板も含めた中身のない謝罪ではなく、具体的で明確、そして厳正な処分を課していってほしい。 今後、どのような処分になるのか、私たちはまずラジオ放送での本人の語りに注目し、継続的に岡村氏らの権力を監視していきたい。 (写真はニッポン放送番組ホームページより抜粋し、Yahoo!編集部が作成).

次の