カラー バター 黒髪 から。 カラーバターは黒髪でブリーチなしでも使えるの?使い方を解説!

【ヘアカラー】カラートリートメントで黒髪に色は入りますか?

カラー バター 黒髪 から

ダメージが気になる方や、ブリーチをする方にはおすすめです。 「ヘアマニキュア」とは? ヘアマニキュアはは酸性カラーといって髪の毛の表面のキューティクルに付着する性質があります。 なので発色と言うよりは、髪の毛をコーティングします。 マニキュアも髪の毛自体にはダメージをさせない薬剤ですが、トリートメントではないので、マニキュア特有の「きしみ」が髪の毛の質感に残ります。 カラートリートメントはほとんど有機溶剤を使用していないために、色を入れながらトリートメント効果を発揮させることが可能です。 なので、大きく分けると ハリコシが欲しい方は「マニキュア」 サラサラが欲しい人は「カラートリートメント」 スポンサーリンク 「シアバター」とは? 「シアバター」なんて言うカラー剤も最近よく耳にする方も多くなってきたのではないでしょうか。 でも「シアバター」って一体何なんなの? シアバターは「シアの木」の種子から取れる保湿力の高い植物性の油脂の事。 主にアフリカ諸国のナイジェリア、ガーナなどに生息している木です。 シアバターは常温の状態だと固形なのですが、人肌の触れたり、温度が上がると、オイル状に変わるため「バター」と呼ばれています。 シアバターはカラー剤に入っていたり、カラートリートメントにも入っていたりするので、どちらのカラー剤にも入っているんです。 シアバターの効果効能は 「抗炎症作用」かゆみや炎症を和らげる。 「酸化防止作用」酸化防止なのでシミや老化を防いでくれます。 お肌にもとても良いのですが、髪の毛にも良いんです。 シアバターは保湿力も高いので、ドライヤーなどの熱にも耐えられるので、髪質が良くなります。 スタイリング剤やシャンプー、トリートメントにも入っていますので、パサつきが気になる方にはおすすめです。 「シアカラー」とは? シアカラーは色味の事。 ブリーチなどをして赤みや黄色味を分解してから色を入れて透明感を出すカラーデザインのことです。 スポンサーリンク カラーバターとヘアカラーの違い 【ヘアカラー】 ヘアカラーは、永久染毛剤と言われ、髪の内部まで浸透してくれます。 その結果、色が持続します。 またアルカリと過酸化水素の力で毛髪内のメラニン色素を破壊するので、髪の毛を明るくすることができます。 結果ダメージもします。 人によってはヘアカラー剤に含まれる「ジアミン」によってアレルギー反応が起きる方もいます。 特に市販のものを使用している方は髪へのダメージとアレルギー反応がすごく強いです。 【カラーバター】 カラートリートメントは半永久染毛料と言われ、ヘアマニキュアのように髪の表面をコーティングするように着色していきます。 なので、シャンプーを繰り返すことで色はどんどん落ちてきます。 ジアミンが入っていないためアレルギーの方でも使えます。 カラーバターはブリーチなしで黒髪にも使えるのか? カラーバターのデメリットでもある部分ですが、黒髪やベースが暗めのトーン状態の髪の毛にカラーバターをのせても色の表現は難しいです。 カラーバターをブリーチ毛に使う 一般的に多いのが、ブリーチをした後にカラーバターをするのが、綺麗に色を出すやり方です。 もしくは普通のカラー剤で明るくしてカラーバターをします。 上記でも書きましたが、カラーバター自体には髪の毛を明るくする力が無いので、色の表現ができません。 1、カラーバターをする前に髪の毛を明るくしておく• 2、カラーバターを準備• 3、カラーバターを塗布• 4、カラーバターを浸透、時間を置く• 5、カラーバターを流す 1、【カラーバターをする前に髪の毛を明るくしておく】 上記でも書きましたが、カラーバターを使う前には、髪の毛の明るさが必要になるため、1度明るくしていきましょう。 できればブリーチなどで明るさを出してあげたほうが良いです。 一般の方でも出来るデザインは「グラデーションカラー」「インナーカラー」あたりですかね。 あまりにも不安な方はしっかりと、美容室でブリーチしてもらいましょう。 2、【カラーバターを準備】 カラーバターをつける前の髪の毛のベースカラーが出来上がったら、次に使うカラーバターを選びましょう。 ピンク、青、赤、オレンジ、ミドリ、グレージュ、ブルージュ、などの 出したい色によってはベースの髪の明るさが大事になってきます。 3、【カラーバターを塗布】 必ず手袋は付けてください!手についたカラーが落ちなくなります。 またクシなどを準備しておきましょう。 根元、中間、毛先にかけて塗布しながら、クシでとかして髪の毛全体にまんべんなくいきわたるようにしましょう。 あまりにも塗りずらい場合は髪留めピンなどを活用して塗ると綺麗に塗布できます。 4、【カラーバターを浸透、時間を置く】 塗り終わったら、ラップなどで髪の毛をくるんでおきましょう。 時間は10分〜20分くらいを目安に置いてください。 5、【カラーバターを流す】 洗い流す時にも必ず手袋!手が汚れます。 まずはシャワーでよくすすいでください。 色がある程度薄くなるまで流して下さい。 よく流したら、次にシャンプーしてトリートメントです。 2〜3日、もしくは1週間くらいは色味が濡らすたびに出てくるかと思いますので、白いタオルや白い枕カバー、白いTシャツなどは気お付けましょう。 スポンサーリンク カラートバターの色別の見極め方、ピンク、赤、グレージュ 出したい色にしたい場合、ベースの明るさが大事なポイントです。 【ブリーチ1回】15〜16レベル カラートリートメント【メリット】• トリートメントなので髪をケアしながら染められる• 自分で染められる• 発色が綺麗• アレルギー体質の方でも使用できるものがある 【トリートメントなので髪をケアしながら染められる】 ヘアマニキュアを同じで髪に定着する性質があります。 またトリートメントなので髪の毛をダメージさせたくない人はヘアカラーよりもカラートリートメントがいいでしょう。 【自分で染められる】 ブリーチをしている方の悩みは「色落ち」ですよね?最近の人気カラーでは、赤、ピンク、ラベンダー、グレージュ。 ブルージュなど色も多彩です。 そんなカラーの色持ちのキープさせるために、自分で使ったりもおすすめです。 薬を混ぜたりする手間がない分とても簡単です。 あとは好きな色を選ぶだけ。 【発色が綺麗】 発色もいいのが人気の1つでもあります。 人気の「インナーカラー」「グラデーションカラー」などのブリーチを使うカラーデザインにはとても相性が良く、ブリーチで傷んでしまった髪の毛をトリートメントしながらカラーも出来る優れもので、ピンク、ラベンダーなどの特殊系カラーにはうってつけのカラー剤です。 【アレルギー体質の方でも使用できるものがある】 ヘアカラーなどに含まれる「ジアミン」と言う成分がまれにアレルギー反応を引き起こすことがあり、ジアミンのアレルギーになってしまった方は普通のヘアカラーができなくなってしまいますが、カラートリートメントにはジアミンが入っていないため、施術が可能になります。 心配な方は内容成分をよく確認しましょう。 カラーバター【デメリット】• 希望の色にするために何度か染めないといけない• 髪の毛の色が暗いと色が出ない• 1度色を入れてしまうと違う色味にチェンジしずらい• シャンプーするごとに落ちていく• 黒髪部分を明るくすることができない。 【希望の色にするために何度か染めないといけない】 カラートリートメントは髪の毛の表面に色素を付着させるために、色落ちがどうしても早いというデメリットがあります。 何度か染めていけば多少は色持ちが良くなります。 最初の1週間くらいは色が抜けていきます。 【髪の毛の色が暗いと色が出ない】 基本的には黒い髪の毛に塗っても色の表現はできません。 なので1度明るくしないといけないというひと手間が必要です。 【1度色を入れてしまうと違う色味にチェンジしずらい】 先ほども色がすぐに抜けてしまうと言いましたが、何度かカラートリートメントを繰り返すと、色が完全に抜けない場合と、コーティング効果があるために色味のチェンジが難しくなります。 簡単に言うと赤やピンクなどの色をしていて、いきなりアッシュ系カラーは難しいです。 アッシュにしたいのに赤味が邪魔をするからです。 【シャンプーするごとに落ちていく】 色を入れたばかりですと、髪の毛を濡らすたびに色が抜けていくので注意が必要です。 なので白い服や白いタオルなどは気おつけましょう。 【黒髪部分を明るくすることができない】 上記でも何度も書いていますが、カラーバターには、髪の毛を明るくする力はありません。 スポンサーリンク よく染まるカラートリートメント【人気ランキング】.

次の

カラーバターって黒髪でも使えるの?特徴や使い方を紹介!

カラー バター 黒髪 から

トリートメント感覚でヘアカラーを楽しめる 「カラーバター」。 ダメージレスに染められることが魅力ですが、もとの髪色によってはイメージ通りに染まらないこともあり、「色を選ぶのが難しい」と感じる人も多いのでは? そこで今回は、おすすめのカラーバター10選を人気ランキング形式でご紹介。 カラーバターの代名詞ともいえるほど人気の 「エンシェールズ」製品は、今回のランキングでもなんと8商品がランクイン! シルバー系やピンク系、ブラウン系、ブルー系などから、カラーの人気度や、ほかのカラーとの組み合わせやすさなどを基準に順位付けしました。 あわせてヘアカラーやカラートリートメントとの違いについても解説しているので、ぜひ参考にしてください。 出典: カラーバターが髪にやさしい理由は、 ほとんどがトリートメント成分で構成されており、髪の表面に色素がつくことで染まる仕組みだから。 一度使っただけでしっかり発色するものではなく、繰り返し使うごとに色が深く染まります。 いっぽう一般的なヘアカラーの場合、脱色しながら髪の内部まで染める仕組みなので、一度でしっかり発色するものの、髪が傷みやすいというデメリットがあります。 カラーバターの注意点として、黒髪を明るくする脱色効果はなく、黒髪の上から使用してもほとんど発色しません。 なのでカラーバターを使用するときは、 事前にブリーチして髪の色を抜いておくか、ある程度明るい髪色に染めておく必要があります。 色落ちしやすいヘアカラーを頻繁に染めなおしたいならカラーバター、暗い色の髪を1回で染めたいなら一般的なヘアカラーがおすすめです。 カラーバターとよく似たアイテムに「カラートリートメント」がありますが、 カラートリートメントがクリームのようなテクスチャなのに対し、カラーバターはやや固めのテクスチャです。 カラートリートメントはカラーバターと違って、ブリーチしていない髪にも使用できますが、今の髪色よりも明るく染めることはできません。 ヘアカラーの褪色防止や、白髪染めとして使われることが多いですよ。 カラートリートメントも候補に入れて探したい方は、以下の記事をあわせて参考にしてください。 トリートメント効果も!カラーバターのおすすめ人気ランキングTOP10 カラーバターでポップな明るい色に染めたい場合、黒髪の上からだと色が入りづらいので、 事前にブリーチしたほうがよく発色します。 ブリーチしていても黄色っぽさが残っていると、透明感のないくすんだ仕上がりになり、パッケージ通りの発色にはならないので注意しましょう。 茶髪の上から染めると、「ほんのりピンクっぽい茶髪」や「アッシュ系の茶髪」など、派手すぎないナチュラルな印象に仕上がりますよ。 また、 カラーバター同士を組み合わせて色も作れるので、理想の色味がない場合は試してみるのもあり! それでは、カラーバターのおすすめ人気ランキングTOP10を発表します。 第10位|エンシェールズ カラーバター ネイビーブルー メーカー エンシェールズ 内容量 200g カラー ネイビーブルー その他カラー キャンディブルー、サファイアブルーなど26色 ダークな漆黒のブルー エンシェールズのブルー系は、明るい色味から深みのある色味まで、4種類が用意されています。 この「ネイビーブルー」は、 ブルー系のなかでも一番暗い色味です。 ブルー系カラーは、使う前のベースカラーによって発色が大きく左右されるので、まずはベースの髪色を整えておきましょう! ネイビーブルーの場合、黄色みが強い金髪の上から使用すると、少しくすんだグリーンっぽい仕上がりになる場合も。 透き通ったブルージュのような色にしたいなら、白金に近いハイトーンベースにしてから使用しましょう。 茶髪の上から使用すると、ブルーブラックになります。 色が濃いデニムのような、落ち着いたブルー系カラーに仕上げたい人へおすすめです。 7種類の植物由来成分が 傷んだ髪をしっかり補修し、指通りをアップさせて髪の美しさに磨きをかけます。 カラートリートメントと違って、 1回だけで白髪が隠れるのも魅力! 色をキープするために、1週間に1度の頻度で使用する必要はありますが、クチコミではキレイに仕上がってニオイも気にならないと評価されていますよ。 髪を傷めず白髪を染めたい人におすすめです。 メーカーサイトからの注文で初回購入が割引になるので、ぜひお得にゲットしてください! メーカー エチュードハウス 内容量 150ml カラー ミステリーパープル その他カラー スパイシーレッド、ファンタジーブルーなど6色 流行をリードするポップなカラー プチプラ韓国コスメブランド「エチュードハウス」の製品。 商品名は「トリートメントヘアカラー」なので、数回使用しないと色がしっかり入らないイメージをもつかもしれませんが、 1回の使用で自然に色づきます。 カラーが持続する期間は約1週間程度なので、3,4日ごとにリタッチすると美しいカラーを保てますよ。 短期間だけヘアカラーを楽しみたい人におすすめです! マカデミア種子油やバオバブ種子油といった、 天然由来の保湿オイルも配合。 髪にしっとりうるおいを与え、指通りのいいツヤやかな髪に仕上げます。 こちらのミステリーパープルは発色がよく、しっかり紫色に染まるカラーです! メーカー エンシェールズ 内容量 200g カラー チェリーピンク その他カラー フラッシュピンク、ベイビーピンクなど26色 茶髪の上からでも、ピンクっぽい髪色に! エンシェールズのピンク系カラーは、茶髪の上から使用しても発色しやすいので、 「ピンクっぽい茶髪になりたい」という人におすすめ! 茶髪を落ち着いたピンクパープルに染めてくれます。 「はっきりピンクだとわかるカラフルなカラーに染めたい」という場合は、白金に近いハイトーンベースか、金髪の上から使用しましょう。 光が当たったときに、透明感のある発色になりますよ。 黄色みが残った金髪の上からでも、しっかり発色してピンク色に染まります。 可愛らしさの中に大人っぽさをあわせもつ、人気のカラーです。 クチコミでも、色がはっきり入ると好評! メーカー エンシェールズ 内容量 200g カラー 925シルバー その他カラー プラチナシルバー、ダークシルバーなど26色 そのまま使っても、混ぜても!マルチに使える人気カラー 3種類あるエンシェールズのシルバー系カラーのなかでも、白っぽすぎず、黒っぽすぎずの直球シルバーカラー! 金髪に使用すると、くすみのある緑がかった発色になります。 透明感のあるシルバーに染めたいなら、白金に近いハイトーンベースにしてから使用しましょう。 茶髪の上から使用すると、元の色が少しトーンダウンしたような、 落ち着いたアッシュブラウンカラーに仕上がります。 単色で使うのはもちろんですが、他の色と組み合わせてアッシュピンクのようなくすみカラーを作るのも人気です。 かなりマルチに使えるので、ひとつ持っておいて損はないかも!? 茶髪をトレンドのアッシュブラウンに染めたい人や、ほかの色と混ぜてくすみカラーを作りたい人におすすめです。 メーカー エンシェールズ 内容量 200g カラー ベイビーピンク その他カラー フラッシュピンク、チェリーピンクなど26色 ブリーチ済みなら青みピンク、茶髪ならピンクっぽいブラウンに! エンシェールズのピンク系カラーは、ベイビーピンク、フラッシュピンク、チェリーピンクの3種類。 メーカーによると、なかでも人気なのがこの「ベイビーピンク」で、ブラウン系をおさえて 2018年の売れ筋第5位のカラーだそうです。 青みのあるマゼンタっぽいピンクで、ブリーチした白金の髪に使用すると、見た目通りのピンクに発色します。 黄色みが残った金髪に使用すると青みが薄れ、少しやわらかいサーモンピンクっぽい色に染まります。 茶髪の上からだと、ふんわり可愛らしい「ピンクっぽいブラウン」になり、派手すぎない仕上がりです。 白金の髪をビビッドな見たままピンクに染めたい人や、ピンクっぽいニュアンスの茶髪にしたい人へおすすめです! メーカー エンシェールズ 内容量 200g カラー ココアブラウン その他カラー モカブラウン、ココナッツブラウンなど26色 黒に近いアッシュブラウン エンシェールズの「ココアブラウン」は、黒に近いアッシュ系のブラウンです。 真っ黒ではないけれど決して派手すぎない、 落ち着きのある印象です。 白金・金髪・茶髪のどのカラーの上から使っても同じような発色になりますが、白金の上から使うと、光に当たったときに透き通るような透明感が出ます。 お仕事の都合で明るい茶髪にはできない人や、黒髪にはしたくないけれど茶髪をトーンダウンさせたい人におすすめですよ。 クチコミでは、黄ばみがおさえられるという評価も多いです。 エンシェールズの「」で薄めると、「」と同じような色味が作れます! メーカー エンシェールズ 内容量 200g カラー ショッキングパープル その他カラー ライトパープル、アッシュパープルなど26色 茶髪の上からでも発色しやすい! こちらの「ショッキングパープル」は、ブルーに近いパープルです。 黄色みが残った金髪の上からも、 しっかりパープルに発色します。 透明感を出したいなら、白金に近いハイトーンの髪に使うのがおすすめですよ。 茶髪の上から使うと、暗めのブラウンベースではありますが、紫だとはっきりわかるくらいに発色します。 クチコミでも、 ブリーチしていない髪の上から染めてもかなり色が入ると好評です! 派手にしたくないなら注意が必要ですが、 遊び心のある髪色を楽しみたい人におすすめです。 似た色味に「」があり、そちらはラベンダーのようなピンクに近いパープル。 茶髪の上から使用すると、ピンクっぽい茶髪に仕上がります。 メーカー エンシェールズ 内容量 200g カラー ダークシルバー その他カラー プラチナシルバー、シルバーなど26色 赤みが出にくいおしゃれなアッシュ 第2位は、エンシェールズの「ダークシルバー」! エンシェールズのシルバー系カラーは、「」「」「ダークシルバー」の3色があります。 この「ダークシルバー」は、そのなかでも一番暗くて黒に近い色味です。 一見すると黒髪のように仕上がりますが、 真っ黒ではなく、光に当たるとほんのりアッシュに見えます。 「銀髪っぽくはしたくない」「おしゃれなアッシュにしたい」という人におすすめです。 白金・金髪・茶髪のどのカラーの上から使っても同じような発色になりますが、白金の上から使ったときは、光に当たった時に透明感が出ますよ。 シャンプーするたび、 赤みの出にくいシルバーカラーに色落ちしていきます。 褪色ケアにはムラサキシャンプーがおすすめです! メーカー エンシェールズ 内容量 200g カラー アッシュミルクティー その他カラー モカブラウン、ココナッツブラウンなど26色 大人気!透明感のあるミルクティー色に 堂々の第1位も、大人気のエンシェールズ。 ふんわりとやさしいミルクティーカラーに仕上がるカラーバターです。 メーカーによると、 毎年変わらず大人気のカラーだそう! 白金に近いハイトーンベース・黄色みが残った金髪ベースの上から使用すると、 アッシュがかった外国人っぽいミルクティーカラーになります。 しっかりブリーチしてあるほど、光に透けるような透明感が出ますよ。 このカラーの場合、茶髪の上から使用してもほとんど発色しないので、必ずブリーチしてから染めてくださいね。 クチコミでもやはり、赤みのある髪よりブリーチしてある髪のほうがしっかり染まるという意見が多いようです。 ハイトーンの髪をおしゃれなミルクティー色に染めたい人へおすすめ!.

次の

1分でわかるカラーバターの使い方 1週間の色落ちはどんな色?

カラー バター 黒髪 から

Contents• 1 カラートリートメントとは? 出典:PIXTA カラートリートメントとは、ヘアマニキュアと同じ「染毛料」という分類で化粧品扱いになります。 髪の表面に着色することで髪色を変えることができるものです。 ちなみに、美容室やセルフで行う2剤を合わせるタイプのおしゃれ染めや白髪染めのヘアカラーは、「染毛剤」という分類になり、医薬部外品扱いになります。 キューティクルを開かせて髪の中に浸透して着色し、髪色を変えるものです。 *カラートリートメントとヘアカラーの違いや仕組みについて詳しくは、こちらの記事を参照ください。 2 カラートリートメントを使用するメリット 2-1 お風呂で手軽に使用できる 出典:PIXTA ヘアカラーをセルフでしようとすると、準備などさまざまな手間がかかります。 しかし、カラートリートメントは いつものシャンプー後のトリートメントの代用で使用すれば良いので、お風呂の時間で手軽に染めることができます。 2-2 何度使用しても髪が傷まない 出典:PIXTA ヘアカラーは時間が経つと色が落ちてきてしまい、染め直しをすればするほど薬剤で髪にダメージを与えてしまいます。 しかし、カラートリートメントは 繰り返し使用することで髪の色を染め続けてくれる上、トリートメント成分が配合されているため髪にダメージを与えることなく、よりきれいな髪に導いてくれます。 2-3 パッチテスト(皮膚アレルギーテスト)は不要 出典:Photo-ac ほとんどのヘアカラー剤にはアレルギーの原因となる「ジアミン系」の酸化染料が含まれていて、これがかぶれの原因になっています。 一方、カラートリートメントやヘアマニキュアの染毛料にはこの ジアミン系が含まれていないので、アレルギーの心配もほとんどなく、多くの商品は素手で使用することができます。 ただし、他の配合成分が肌に合わない可能性もあるので、肌の弱い方は念のため、カラートリートメントでもパッチテストをすることをおすすめします。 2-4 自然な感じで髪を染めることができる 出典:PIXTA カラートリートメントは、使うたびに徐々に色が着色していくので、 日々の生活の中でさりげなく髪を染めていくことができます。 白髪を隠したい方なら、一気に染まるわけではないので、白髪染めをしたことを周囲に気付かれることもありません。 2-5 カラー剤のにおいが気にならない 出典:PIXTA ヘアカラーはツーンとした独特のにおいがしますが、カラートリートメントは 無香料だったり、むしろ良い香りのする商品が多いです。 トリートメントなので、洗い流した後もほのかな香りで癒されます。 3 カラートリートメントの種類 3-1 ブリーチした髪用のカラートリートメント 出典:PIXTA ブリーチ(脱色)した明るい髪色にカラーを入れることで流行のアッシュカラーのようなニュアンスを出すことができます。 ピンク・ブルーなどカラーバリエーションが多いのも特徴です。 色の種類が多いため、主にネット通販で売られています。 3-2 白髪用のカラートリートメント 出典:PIXTA 白髪を黒髪に合わせることを目的としているため、 ブラウンやブラックなど落ち着いた色の商品が多いです。 明るい髪色の人が使うことで髪を暗く抑えることもできます。 一般的にカラートリートメントというと白髪用の商品が多く、通販だけではなくドラッグストアなどでも販売されています。 ニューヨーク生まれで、海外のセレブやアーティストも愛用しています。 笑 使用色 ヴァンパイアレッド、パープルヘイズ、ヴァージンスノー 元々赤系のカラーは少し色を抜いたくらいでも色が入りやすいですが、マニパニのヴァンパイアレッドは少し明るめの茶髪くらいでも赤が入ってくれます。 金まで抜けばガッツリ赤になるし、暗めの茶髪に入れればほんのり赤味のある綺麗な赤茶になる。 白金に使えば綺麗な赤になります。 パープルヘイズを使った時は、やはり白金まで抜かないと中々思った色が入りませんでしたが、白金部分に使うと物凄く綺麗なパープルになります。 ヴァージンスノーは色付けの為ではなく、白金を更に綺麗にする為の感じですかね。 あと、マニパニの良い所は調合して自分好みの色が作れる所です。 私は主にこの三色しか購入しませんが、この三色だけでも少なくても5色以上の色を楽しむ事が出来るし、色持ちもそれなりに良いので他のヘアマニキュアは使う気になれません。 髪を染めながらもつるさらに仕上げることができます。 シャンプー後、少しタオルドライした髪に、トリートメントで薄めたものを塗ってます。 乾いた状態で塗ったこともあるけど、伸びないし量が必要になるのでおすすめしないです。 ココアブラウンの場合、10分だと染まったのか微妙。 30分だと金髪でも焦げ茶くらい真っ黒になりました。 なので、15分~20分くらいで染めていることが多いです。 ベイビーピンクは、茶色の中間色くらいの髪に15分置いただけで、でかなり赤毛になりました。 抜けるまでに2週間以上かかったと思います。 使い慣れてきたら、本当にこれいいです。 50gのミニサイズもあります。 グレーとブルーを愛用中です。 髪色をいつもアッシュ系などくすんだ色味にしており、ハイライトやグラデーション部分をブリーチしています。 2,3日ごとに使っており、シャンプーした後、水気をとり、多めにこのトリートメントをつけます。 そのあと髪をまとめておいて、その間に湯船につかったり、体を洗ったりなどし、3分から10分ほど置いておきます。 それだけでアッシュ特有のくすんだ色味が取り戻され、黄ばみや赤みなどが消えるので助かっています!トリートメント効果もまあまああります。 色々なカラートリートメントがありますが、色がしっかり入るものだと思います。 世界中の有名デパートで取り扱われています。 いつものコンディショナー・トリートメントと同じように使えます。 クリームタイプなのでなじみやすい。 こちらですごいなと思ったのは肌やお風呂場についても、お湯でさっと落ちやすいところです。 手もお湯で流すだけでほとんど落ちるので、とても使いやすいです。 手袋しながらってやっぱり塗りにくいので。 カラー特有のツンとしたニオイに「くぉっ」と頭が痛くなることがないので、優しい。 10分程おいたら、しっかりすすいで乾かして完了~気になる色あせを中和して落ち着いた色合いにしてくれてます。 ci-labo. 染毛時間が従来の10分から3分へと短縮され、3回ほどの使用できれいな色に染まったと実感することができます。 トリートメントタイプなら頭皮に優しいとゆうのでこれを使ってみました。 置き時間が3分で染まるなんて最高! ドライヤーで乾かしたらさらさらの仕上がりだし、白髪も目立たなく染まりました。 5日ほどで白髪が目立ってくるので1週間おきに使用します。 2か月使用していますがかゆみもありません。 ci-labo. 毎日使用しなくても色づくので、コスパが良いという口コミ投稿が多数見られました。 グローイングショットは、しっかり色づくので頻繁に塗りなおす必要がありません。 価格は高いですが、コストパフォーマンスやトリートメントの時間等、総合的に考えるとPOLAさんの製品の方がよいかなと思いました。 美容・保湿成分配合で髪や頭皮にやさしく、しなやかなツヤ髪に導いてくれます。 髪にダメージがなく、染めた後もしなやかだし、きれいに染まります。 amazon. ですが、こちらのヘアカラートリートメントは傷まず、しっとりと髪の毛をいたわってくれてる感じです。 香りも良いです。 白髪も染まりトリートメントもしてくれるのでなくなるまで使用してみたいです。 髪と頭皮のために12種類の植物由来成分を配合。 艶やかに、しなやかに、白髪を美しく染め上げます。 フローラルアロマの香りで癒されながら白髪を染めることができます。 テクスチャは適度な粘度があり髪に馴染ませやすいです。 匂いもツンとしないし、フローラル系の香りがします。 ビックリしたのは、1回でも結構染まる事。 私は5分程、おいたのですが結構目立たなくなっていました。 これは使い続けようと思います。 つんとした匂いがなく、ローズマリーのような香りがけっこう好みです。 仕上がりも、ごわごわになる感じは少ないと思います。 説明通り3回使うと目立ちにくくなりました。 引用: cosme 2ヶ月に一度の美容院でのカラーリングの間に、目立ってきた分け目の白髪に使用しました。 カラートリートメントを塗らない部分には普通のトリートメントをしています。 部分的にだけ使うので、使用量は一回分でピンポン玉一個くらい。 節約です。 公式ストアのキャンペーン価格の時より、近所のドラッグストアのほうが安く買えました。 なので、せっかく綺麗になった髪を傷めたくないと思いこちらを選択しました。 定期購入するとさらに安くなりいつでもやめられ、自分の好きな間隔で注文できるところもよかったです。 商品は、ダークブラウンを使用。 地毛がもともと茶色目なので、少し暗くなったかんじはありますが、ぜんぜん問題ないです。 初めは、自分で染めることも初だったため、不慣れで面倒に感じましたが、3回目くらいからつける量などもわかってきました。 何より、サラサラになることと、カラートリートメントとは思えない仕上がりでびっくり。 全然、傷んだりもなく、むしろつやつや仕上がり。 私は、乾いた髪に使用し、20分くらいおいてそのままお風呂で流します。 お風呂場で寒い思いで待たなくていいのもいいです。 1週間くらいすると、少し落ちてきたかな?くらいで2週間ごとに使用していますが、ほんと便利です。 ただ、2日間位は色落ち注意なのでバスタオルと髪の毛用にタオルを分けてます。 ポンプタイプで使いやすいのも魅力です。 頻繁に美容院で染めるのも髪に負担がかかるし、お財布にも負担がかかるので、こちらの口コミで良かったので試しに購入しました。 結果は、凄く良いです。 2Wに一度の割合で、少しでも目立ち始めたら使用してます。 お風呂に入る前に、TVを見ながら美容院で使用してる刷毛付きコームで、塗布し、100均のシャワーキャップをかぶって結構長めに私は放置してます。 後は、お風呂で、いつも通りお手入れするだけです。 お陰で、いつも艶々した白髪のない髪です。 2か月に1度は、美容院で染めてるので、問題もないです。 気に入ったので、早速リピ購入しましたが、生え際のみの白髪染めなので、まだボトルもなくなりません。 本当コスパも良いです。 ありがとうございました。 引用: cosme.

次の