キャベツ みじん切り。 [キャベツ]栄養を逃さない料理のコツと保存法

フィリップスのマルチチョッパーでキャベツをみじん切りしてみました

キャベツ みじん切り

これでみじん切りをするとあっという間にできます。 しかも床にこぼれず、シンクの中も余り汚れないので掃除の手間が省けます。 やり方は簡単(餃子の場合) ・ざく切りにしたキャベツをミキサーに入れる。 ・水を7分目ぐらいまで入れる。 ・スイッチを入れる。 ・みじん切り完成 同じように玉ねぎ・ニラもミキサーでみじん切りにします。 手順は先ほどのキャベツと同じ ・ざく切りにした玉ねぎ・ニラをミキサーに入れる。 ・水を7分目ぐらいまで入れる。 ・スイッチを入れる。 ・みじん切り完成 こんな感じで一気に仕上げることが出来ます。 あまりやりすぎると野菜ジュースになるので気を付けてください。 ただしこのやり方にも欠点があります。 野菜に大量の水が含まれる。 はい、水を利用して野菜を刻むので 出来上がったみじん切りには大量の水が含まれています。 そのため、かなり念入りな水切りが必要になります。 別の手間がかかるため、注意が必要です。 私は「みじん切りが必要な調理」の時は このやり方でしかみじん切りにしません。 餃子を作る場合この後、野菜に塩を振って 水切りするので余り問題にはなりませんし 玉ねぎなどはザルを振れば水切りできます。 特に離乳食を作る際の野菜のみじん切りには重宝しました。 多少水分が多くても、刻んだ時の水と一緒に煮て 出汁で味付けするだけでしたから。 とても簡単に離乳食を作ることが出来ました。

次の

超簡単!キャベツのみじん切りの仕方

キャベツ みじん切り

旬・産地 日本では一年を通じて栽培されていますが、大きく分けると4~6月、7~10月、11~3月の3回の収穫期があります。 出回る時期によって種類が変わります。 春キャベツ おもに4~6月に出回ります。 「新キャベツ」「春玉」として売られていることもあります。 巻きがゆるやかで、球の中心に近い葉も緑色を帯びています。 葉が柔らかいので、サラダや即席漬けなどの生食向き。 もっともおいしくなる時期は5月ごろです。 冬キャベツ 晩秋から早春(11~3月)にかけて出回ります。 中でも「寒玉」ともよばれるものは、甘みがあるのが特徴。 葉が堅くて煮くずれしにくいので、ロールキャベツなどの煮物に向いています。 寒さのきびしい2月ごろにもっともおいしくなります。 夏秋キャベツ 7~10月に出回るキャベツで、葉が柔らかいのが特徴。 群馬県、長野県、北海道などの高冷涼地でつくられるものは、高原キャベツとも呼ばれます。 レシピ 煮ても炒めても生でもOK!キャベツの甘みを生かした料理レシピ ハンガリー風ロールキャベツ 材料(4人分、8個)• キャベツ:1個• コショウ:少々 タネ(キャベツの中に詰めるもの)• 豚ひき肉:400g• パン粉(またはご飯):25g• 牛乳:50ml• タマネギ(みじん切り):1個分• 塩(肉の1%):4g• ナツメグ:少々 煮込むときに加えるもの• ザワークラウト:500g• ベーコン:100g• ニンニク:1片• ローリエ:1枚• 水:1カップ• 固形スープ:1個• 塩:少々 ブールマニエ• 小麦粉:大さじ2• バター:大さじ2 トッピング• サワークリーム:100ml• パプリカ(粉):少々• パセリ(みじん切り):少々 作り方• キャベツの芯をくり抜き、芯のあったほうを下にして、かぶるくらいの湯で茹でる。 葉が外側から順番にはがれてきたら1枚ずつ盆ザルに広げ、水気をきる。 芯に近いかたい部分をそぐように切り、厚みを均一にする。 塩、コショウをふり、大小のサイズを2枚ずつ8組準備する。 残ったキャベツはせん切りにする。 パン粉(またはご飯)に牛乳を加え、ふやかしておく。 タマネギはサラダ油で炒める。 キャベツに8等分にした「4」をのせ、巻く。 初めは右側のみ折り込んで、左側は巻き終わってから中に折り込むようにする。 すき間に残りのザワークラウトを詰め、上にせん切りにしたキャベツ、ベーコン、残りのタマネギをのせる。 水、固形スープ、つぶしたニンニク、ローリエを入れ、紙ぶたをして強火にかける。 煮立ったら中火で30~40分煮込む。 ロールキャベツを取り出す。 小麦粉とバターを練り混ぜたブールマニエを加え、混ぜながら熱してとろみをつける。 塩、コショウで味をととのえる。 ロールキャベツとともに盛りつけ、サワークリーム、パプリカ、パセリをトッピングする。 芽キャベツのバーニャカウダ 材料(4人分)• 芽キャベツ:200g(20個)• パプリカ(赤・黄ピーマン):各100g• カリフラワー:100g• オリーブオイル:150ml• ニンニク:5片• アンチョビ:30g• オレガノ:少々 作り方• 小鍋にニンニク、オリーブオイルを入れ、弱火でゆっくりと熱する。 オリーブオイルがニンニクにかぶっていることをチェックし、焦げないように火加減をみながら、柔らかくなるまで揚げ煮にする。 ニンニクを取り出してフォークなどでつぶす。 アンチョビはみじん切りにする。 オリーブオイルに「2」とオレガノを加え、弱火で混ぜながらアンチョビが溶けるまで煮る。 芽キャベツは芯を取り、十文字に切り目を入れて塩水につける。 塩を入れた湯で2~3分程茹で、ザルに上げて水気をきる。 パプリカは皮をむき、カリフラワーは茹でて、一口大に切る。 野菜を盛り、バーニャカウダを添える。 memo バーニャカウダは冷蔵庫で保存ができるので、多めにつくって保存しておくのもおすすめ。 食べるときは温めてください。 柔らか春キャベツサラダ 材料(4人分)• キャベツ:400g• レタス:1枚• パセリ(みじん切り):少々• ゆで卵:1個 【A】• フレンチドレッシング:60ml• オリーブ油:12ml• 粒マスタード:8g• 塩:少々• コショウ:少々 作り方• キャベツは大きめの角切り、タマネギは薄切り、にんじんはせん切り、きゅうりは小口切りにする。 ボールに「1」を入れ、野菜の重量の1. 5%の塩(分量外)を加えてもむ。 全体がしんなりしてきたら絞って水気をきる。 ボールにAを入れ、混ぜ合わせる。 「2」を入れ、あえる。 器にレタスを敷き、「3」を盛りつけてパセリをちらし、4等分にしたゆで卵を飾る。 キャベツとグレープフルーツのエスニックサラダ 材料(4人分)• キャベツ:400g• ミントの葉(または青じそ):1本• 焼豚:2枚• サラダ菜:1枚• 香菜:適量 【ドレッシング】• ナンプラー:大さじ2• レモン汁:大さじ3• 砂糖:大さじ3• グレープフルーツ果汁:適量• ニンニク(すりおろし):小さじ1• 赤とうがらし(みじん切り):1本 作り方• キャベツ、ミントの葉はせん切りにし、冷水にひたしてパリッとさせ、水気をきる。 グレープフルーツを切って果肉を取り出し、粗めにほぐして「1」とさっくり混ぜ合わせる。 器にサラダ菜を敷き、「2」を盛りつけ、せん切りにした焼豚、香菜をトッピングする。 ドレッシングの材料を混ぜ合わせ、食べる直前にあえる。 回鍋肉 材料(4人分)• キャベツ:300g• 豚バラ肉:150g• 醤油:小さじ1• ピーマン(赤・緑):各1個• サラダ油:大さじ3• 片栗粉:大さじ1• 水:大さじ1• 熱湯:2カップ• 塩:小さじ1 【A】• 甜麺醤(ないときは赤味噌):大さじ2• 豆板醤:小さじ1• 酒:大さじ1• 醤油:大さじ1• 砂糖:大さじ1• サラダ油:大さじ3• キャベツは5~6cm角に切る。 サラダ油大さじ1でさっと炒め、熱湯と塩を加えて茹で、ザルに上げておく。 ピーマンは一口大に、ネギは斜め切りにする。 豚バラ肉を5~6cmの幅に切り、酒、醤油で下味をつける。 さっと茹でてザルに上げておく。 鍋にサラダ油大さじ2を熱し、ショウガ、ニンニクを炒め、「2」と「3」を加えて炒める。 混ぜ合わせたAを加え、煮立ったら「1」を加えて全体を炒める。 水溶き片栗粉(片栗粉と水を混ぜ合わせたもの)でとろみをつける。

次の

キャベツの切り方まとめ【ざく切り/千切り/みじん切り】おすすめレシピも!

キャベツ みじん切り

【材料】• キャベツ……100g• 山芋……………70g• ねぎ……………10g• 小麦粉…………45g• 水…………………50cc• 天かす…………少量• 塩…………………少々• 豚バラ…………1枚 たくさんの数を作らねばいけなかったので小さめサイズで作っています。 【注意点】 味についての感想は 海斗の独断と偏見になります。 ご了承くださいませ。 みじん切りの感想・特徴 みじん切りのサイズはけっこう細か目。 こちらがみじん切りのキャベツでできたお好み焼きです。 キャベツの食間はゼロ。 ふわふわでとろけるようなお好み焼きが出来上がります。 お箸で簡単にきれて、小さな子供でも食べやすそうですね。 THE粉もの!って感じで 粉や粉に混ぜた山芋の味がしっかり感じられますよ。 粗みじん切りの感想・特徴 粗みじん切りの サイズは3~5ミリ四方サイズです。 多少のばらつきがあっても気にしない…。 こちらが粗みじん切りのキャベツでできたお好み焼きです。 粗みじん切りだと食べていると たまにキャベツのシャキッと感が楽しめます。 まぁまぁふんわりした出来栄えで粉もの感が強くなっています。 お腹もちはまぁまぁ良いですね。 箸で食べようと思うと切り分ける際にちょっと汚くなってしまいます。 千切りの感想・特徴 千切りは 普通の千切りでOKです。 包丁が面倒な方はスライサーを使うのもありですね。 こちらが千切りキャベツでできたお好み焼きです。 食べていると 常にキャベツのシャキシャキの繊維を感じることが出来ます。 けっこう ふんわりとした出来で軽めの食感だけど キャベツのアクセントが美味しいです。 お腹にまぁまぁたまる感じですね。 箸で切り分けるとちょっと汚くなってしまいます。 ざく切りの感想・特徴 ざく切りはサイズとしては 2~3センチ程度のサイズです。 粗みじん切りの4倍程度のサイズですね。 ざく切りキャベツで作ったお好み焼きの写真を撮り忘れました…。 キャベツの存在感ばっちりです。 ふわふわ感はかなり低めで常にしゃきしゃきした感じです。 お腹もちはかなり良いですね。 箸で切り分けようとするとかなり汚くなってしまいます…。 一番美味しいのは〇〇切り! ぶっちゃけ個人的に 1番美味しいのは「千切り」です。 フォロワーの皆様にも人気だった千切り…流石の美味しさでした。 お好み焼き自体もふんわりしており、 ふんわり感とシャキシャキ感のハーモニーがたまりません。 お好み焼きをするならば 千切りキャベツがおすすめですよ! と、言いたいところですが、人によってはふわふわ感を重視するか、シャキシャキ感を重視するかは人によって違いますよね。 なので、 食感や腹持ちなどについて、どの切り方がおすすめかまとめておきますね。 皆様の好きなお好み焼きを作る指標にしてみて下さいね。

次の